東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 眼科学講座(大橋)
 Department of Ophthalmology (Ohashi)

教授:
  富田 剛司
准教授:
  石田 恭子
  八木 文彦
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















富田 剛司   教授
  6  6   2       
 17
(1)
 2
(2)
 3
(1)
 
 
石田 恭子   准教授
 3 7  8  2        6
(4)
 15
 1
 1
 1
(1)
 
八木 文彦   准教授
              3
(3)
 7
(4)
 2
(2)
 5
(1)
 
 3
(1)
安樂 礼子   助教
    1   1       
 9
(1)
 
 2
(1)
 
 
伊藤 浩幸   助教
   1           
 
 
 
 
 
榎本 暢子   助教
    1  1        
 5
 
 1
 
 
髙木 誠二   助教
   1           
 
 
 
 
 
 3 2  3 0  0  9
(7)
 5
(4)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 川島 拓, 井上 賢治, 塩川 美菜子, 井上 順治, 石田 恭子, 富田 剛司:  多施設による緑内障患者の実態調査2016年版 後発医薬品の使用.  あたらしい眼科  35 (7) :971 -975 , 2018
2. 猪口 宗太郎, 井上 賢治, 高橋 篤史, 川添 賢志, 石田 恭子, 富田 剛司:  眼科IC支援システム「iCeyeアイシーアイ」を用いた緑内障理解度調査.  あたらしい眼科  35 (8) :1127 -1132 , 2018
3. 井上 賢治, 石田 恭子, 富田 剛司:  10年間以上経過観察を行っている原発開放隅角緑内障症例の視野障害進行.  あたらしい眼科  36 (2) :286 -290 , 2019
4. 杉原 瑶子, 井上 賢治, 石田 恭子, 富田 剛司:  ラタノプロスト/カルテオロール配合点眼薬の処方パターンと眼圧下降効果、安全性.  眼科臨床紀要  11 (9) :657 -662 , 2018
5. 遠井 朗, 井上 賢治, 石田 恭子, 富田 剛司:  原発開放隅角緑内障症例におけるタフルプロスト/チモロール配合点眼薬の処方パターン.  臨床眼科  72 (9) :1297 -1302 , 2018
6. 荒木 裕加, 本庄 恵, 石田 恭子, 富所 敦男, 原 岳, 相原 一, 平成緑内障倶楽部研究グループ:  白内障手術および濾過手術周術期における抗菌薬・ステロイド点眼薬使用の多施設検討.  臨床眼科  72 (6) :809 -815 , 2018
7. 井上 賢治, 鶴岡 三惠子, 石田 恭子, 富田 剛司:  ロービジョン外来を受診した緑内障患者と網膜色素変性症患者のQOLの評価.  臨床眼科  73 (3) :361 -367 , 2019
8. Torres LA, Vianna JR, Jarrar F, Sharp GP, Araie M, Caprioli J, Demirel S, Girkin CA, Hangai N, Iwase A, Liebmann JM, Mardin CY, Nakazawa T, Quigley HA, Scheuerle AF, Sugiyama K, Tanihara H, Tomita G, Yanagi Y, Burgoyne CF, Chauhan BC:  Protruded retinal layers within the optic nerve head neuroretinal rim.  Acta ophthalmologica Scandinavica  96 (4) :e493 -e502 , 2018
9. Takagi S, Hirami Y, Takahashi M, Fujihara M, Mandai M, Miyakoshi C, Tomita G, Kurimoto Y:  Optical coherence tomography angiography in patients with retinitis pigmentosa who have normal visual acuity.  Acta ophthalmologica Scandinavica  96 (5) :e636 -e642 , 2018
10. Inoue K, Ishida K, Tomita G:  Effectiveness and safty of switching from prostaglandin analog monotherapy to prostaglandin/timolol fixed combination therapy or adding ripasudil.  Japanese Journal of Ophthalmology  62 (4) :508 -516 , 2018
11. Ozawa K, Mochizuki K, Takagi D, Ishida K, Sunada A, Ohkusu K, Kamei K, Hashimoto A, Tanaka K.:  Identification and antifungal sensitivity of two new species of Diaporthe isolated.  Journal of Infection and Chemotherapy  25 (2) :96 -103 , 2019
12. Kanno H, Ishida K, Yamada W, Shiraki I, Murase H, Yamagishi Y, Mochizuki K.:  Clinical and Genetic Features of Tubulointerstitial Nephritis and Uveitis Syndrome with Long-Term Follow-Up.  Journal of Ophthalmology  Apr (16) :2018: 4586532 , 2018
13. Inoue K, Shiokawa M, Iwasa M, Ishida K, Tomita G:  Short-term efficacy and safety of a latanoprost/carteolol fixrd combination switched from concomitant therapy to in patients with primary open-angle glaucoma or ocular hypertension.  Journal of glaucoma  12 :1175 -1180 , 2018
14. Inoue K, Ueda T, Ishida K, Tomita G:  Efficacy abd safety of switching from tafluprost to a tafluprost/timolol fixed combination in patients with primary oprn-angle glaucoma.  Open Ophthalmology Journal  12 :121 -126 , 2018
15. Ito H, Takumi T, Enomoto N, Anraku A, Ishida K, Tomita G:  Correlation between peripapillary atrophy and optic nerve head blood flow in eyes with untreated normal-tension glaucoma.  Toho Journal of Medicine  4 (4) :123 -131 , 2018
総説及び解説
1. 石田 恭子:  機器・薬剤紹介 バルベルト緑内障インプラント.  眼科  60 (5) :511 -519 , 2018
2. 石田恭子:  機器・薬剤紹介 アーメド緑内障バルブ(解説).  眼科  61 (1) :71 -78 , 2019
3. 石田 恭子:  【一挙公開 前視野緑内障診療の最前線】 DH・血流・危険因子(解説/特集).  眼科グラフィック  7 (4) :426 -440 , 2018
症例報告
1. Onda M, Niimi Y, Ozawa K, Shiraki I, Mochizuki K, Yamamoto T, Sugita S, Ishida K:  Human Herpesvirus-6 corneal Endotheliitis after intravitreal injection of Ranibizumab.  BMC ophthalmology  19 (1) :19 , 2019
2. Yamada W, Yamada H, Murata K, Kosugi H, Asano Y, Mochizuki K, Ishida K.:  Case of cryptococcal choroiditis in adult with T-cell leukemia/lymphoma.  Journal of Infection and Chemotherapy  25 (1) :121 -126 , 2019
■ 著書
1. 榎本暢子, 富田剛司:  高齢者に対する緑内障治療(手術以外)で気を付けるポイントを教えてください.  あたらしい眼科
Vol35.臨時増刊号「加齢性疾患への対応 Q&A」(2018)  136-137.  メディカル葵出版,  日本, 2018
2. 石田恭子:  OCT(Optical Coherence Tomography.  図説緑内障診断  17-41.  メディカル葵出版,  東京, 日本, 2018
3. 安樂礼子:    主訴と所見からみた眼科common disease  1177-1183.  金原出版,  東京, 2018
4. 石田恭子:  長期点眼治療での注意点/血管新生の出現.  眼科診療ビジュアルラーニング 緑内障  333-337.  中山書店,  東京都, 日本, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 八木文彦、富田剛司: Inverted ILM flap法を行い5か月後に閉鎖した陳旧性
黄斑円孔の1例.  第57回日本網膜硝子体学会総会,  京都,  2018/12
2. 井上賢治、鶴岡三恵子石田恭子、富田剛司: ロービジョン外来を受診した緑内障患者と網膜色素変性症患者のQOLの評価.  第72回日本臨床眼科学会,  東京,  2018/10
3. 石田恭子、 千原悦夫、赤木忠道、浜中輝彦、谷戸正樹: MIGS (trabectome, i-stent, suture lotomy, Kahookdual blade, microhookなど)の成績とコツについて.  第72回日本臨床眼科学会,  東京,  2018/10
4. 高橋由衣、榎本暢子、石田恭子、正井智子、内匠哲郎、安樂礼子、富田剛司.: 線維柱帯切除術後の視神経乳頭血流波形と構造変化の関連.  第72回日本臨床眼科学会,  東京,  2018/10
5. 黒田敦美、安樂礼子、石田恭子、飯田純也、本田博英、榎本暢子、富田剛司: 広義原発開放隅角緑内障における視野障害の左右差と血管密度の関連.  第72回日本臨床眼科学会,  東京,  2018/10
6. 中牟田爽史、井上賢治、塩川美菜子、岩佐弓子、山本智恵子、石田恭子、富田剛司: ラタノプロスト点眼液からラタノプロスト/カルテオロール配合点眼液への変更.  第72回日本臨床眼科学会,  東京,  2018/10
7. 坂本健太郎、岡畑純江、近藤祐子、三松貴子、田中翔士、八木文彦、柴 輝男: 短時間作用型GLP-1受容体作動約による血糖改善に伴う糖尿病網膜症早期悪化と
ラニビズマブ投与での改善.  第33回日本糖尿病合併症学会,  東京,  2018/10
8. 三松貴子、八木文彦、安樂礼子、近藤祐子、田中翔士、岡畑純江、坂本健太郎、
富田剛司、柴 輝男: 著名な高血糖は糖尿病患者の乳頭部血流の減少と関連する.  第33回日本糖尿病合併症学会,  東京,  2018/10
9. 八木文彦: 白内障治療の今とこれから.  八木文彦先生講演会実行委員会,  千葉,  2018/10
10. ◎石田恭子: 手術治療前後の患者ケア.  第29回日本緑内障学会,  新潟市,  2018/09
11. ◎石田恭子: MIGS;切開、留置、それとも?iStent.  第29回日本緑内障学会,  新潟市,  2018/09
12. 井上賢治、石田恭子、富田剛司: 緑内障点眼薬の日本人緑内障患者における有効性と安全性の相対比較.  第29回日本緑内障学会,  新潟市,  2018/09
13. 正井智子、井上賢治、塩川美菜子、岩佐弓子、石田恭子、富田剛司: ラタノプロスト+カルテオロールからラタノプロスト/カルテオロール配合点眼薬への変更による長期投与.  第29回日本緑内障学会,  新潟市,  2018/09
14. 村松理世、井上賢治、塩川美菜子、小野まどか、谷原秀信、石田恭子、富田剛司: ROCK阻害剤1滴天眼による角膜内皮形状変化.  第29回日本緑内障学会,  新潟市,  2018/09
15. 中道晶子、高橋嘉子、石田恭子、富田剛司、井上賢治: 緑内障患者を対象とした点眼用機のアンケート調査報告.  第29回日本緑内障学会,  新潟市,  2018/09
16. 塚原瞬、榎本暢子、石田恭子、安樂礼子、富田剛司: リパスジル点眼液長期使用における眼圧下降効果の検討.  第29回日本緑内障学会,  新潟市,  2018/09
17. 良田浩氣、安樂礼子、石田恭子、榎本暢子、富田剛司: カルテオロール塩酸塩/ラタノプロスト配合点眼液の眼圧下降効果の検討.  第29回日本緑内障学会,  新潟市,  2018/09
18. ◎石田恭子: チューブシャント手術~術中、術後の合併症と対処法.  第29回日本緑内障学会,  新潟市,  2018/09
19. ◎石田恭子: 緑内障の歴史 手術治療.  第29回日本緑内障学会,  新潟市,  2018/09
20. 塩川美菜子、片倉聖基、井上賢治、石田恭子、富田剛司: 緑内障患者におけるIcare HOMEを用いた24時間眼圧自己測定の検討.  第29回日本緑内障学会,  新潟市,  2018/09
21. ◎石田恭子: 広義原発開放隅角緑内障のリスクファクターと眼圧.  第10回福島眼科シンポジウム,  郡山市,福島県,  2018/09
22. 岩渕成祐(昭和大)、渡辺 朗(慈恵医大)、前野貴俊(東邦佐倉)、
西信良嗣(滋賀医大)、有村 哲(東邦大森)、小菅正太郎(昭和大)、八木文彦: RVO関連.  第5回網膜疾患診療セミナーin South Tokyo,  東京,  2018/09
23. 本田博英、安樂礼子、石田恭子、富田剛司: 初期緑内障眼における黄斑部血管密度と黄斑局所網膜電図との関連.  第798回東京眼科集談会,  東京,  2018/08
24. 八木文彦: 眼科医に必要な医療安全の基礎知識.  第798回東京眼科集談会,  東京,  2018/08
25. 内田望, 榎本暢子, 石田恭子, 竹山明日香, 安樂礼子, 富田剛司: 広義原発開放隅角緑内障における視野障害進行に関与する因子.  第122回日本眼科学会,  東京、日本,  2018/04
26. 井上賢治、石田恭子、富田剛司: 10年以上経過観察を行っている原発開放隅角緑内障例の視野進行.  第122回日本眼科学会総会,  大阪,  2018/04
27. 本田博英、安樂礼子、石田恭子、富田剛司: 初期緑内障眼における黄斑部血管密度と黄斑局所網膜電図との関連.  第122回日本眼科学会総会,  大阪,  2018/04
国際学会
1. Fumihiko Yagi: The most advanced ophthalmological treatment of Toho Unversity.  Medipas Hospital lecture 2018,  Erdenet, Mongol,  2018/08
2. Fumihiko Yagi: Diagnosis and treatment of diabetic retinopathy.  Medipas Hospital lecture 2018,  Erdenet, Mongol,  2018/08
3. Tomita G: Focal macular ERG and OCTA in early glaucoma.  6th International Congress on OCT Angiography and Advances in OCT,  ローマ イタリア共和国,  2018/12
4. Yagi F, Fujiwara N, Tomita G: Incidence and cause of iatrogenic retinal breaks 20G VS 25G vitrectomy in the idiopathic macular hole.  The 12th Asia Pacific Vitreo-retina Society Congress,  Seoul, Korea,  2018/12
5. Tomita G: Glaucoma diagnosis using OCTA.  OCT Angiography Summit,  ポートランドオレゴン アメリカ合衆国,  2018/08
6. Hiroki Tanaka, Akira Sawada, Kiyofumi Mochizuki, Tetsuya Yamamoto, Kyoko Ishida: A relationship between structural and functional changes in glaucoma eyes.  World Ophthalmic Congress 2018,  Barcelona, Spain,  2018/06
7. Mitsumatsu T, Yagi F, Kondo Y, Anraku A, Okahata S, Sakamoto K, Tomita G, Shiba T: Extreme hyperglycemia causes vascular hypoperfusion at optic nerve head in diabetic patient (DM).  78th American diabetic association,  Orlando, The United States of America,  2018/06
8. ◎Kyoko Ishida, Satoko Masai, Ayako Anraku, Tatsuro Takumi, Goji Tomita: Pulse-wave analysis of optic nerve head circulations before and after medical or surgical treatment in eyes with glaucoma.  The 13th European Glaucoma Society Congress,  Florence, Italy,  2018/05
9. Tetsuro Takumi, Nobuko Enomoto, Fumihiko Yagi, Goji Tomuta: Changes in Bruch's membrane opening-minimum rim width after reduction of intraocular pressure in eyes with open angle glaucoma.  Association for research in visual science and ophthalmology,  ハワイ、アメリカ,  2018/05
10. Yagi F, Takumi T, Tomita G: Long-term outcome of idiopathic macular hole vitrectomy without postoperative face-down positioning.  Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2018 Annual Meeting,  Honolulu, The United States of America,  2018/04
その他
1. 八木文彦: 医療安全の基礎知識とモンゴル医療協力の報告.  バイエル薬品社内講演会,  東京,  2018/11
2. 八木文彦: あなたの目のお悩みにお答えします.  八木文彦先生講演会実行委員会,  千葉,  2018/10
3. Fumihiko Yagi: Diagnosis and treatment of retinal disease.  Medipas Hospital lecture 2018,  Erdenet, Mongol,  2018/08
4. ◎石田恭子: Minimally Invasive Glaucoma Surgery.  第22回千葉緑内障研究会,  幕張市、千葉県,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者