東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 眼科学講座(大橋)
 Department of Ophthalmology (Ohashi)

教授:
  富田 剛司
准教授:
  石田 恭子
  八木 文彦
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















富田 剛司   教授
  8  5   1       1
(1)
 19
(1)
 
 3
 
 
石田 恭子   准教授
 3 9 1 7          4
(1)
 19
(1)
 2
(2)
 3
 2
(2)
 
八木 文彦   准教授
              1
(1)
 2
 
 
 
 
安樂 礼子   助教
  2  2   2       3
(3)
 7
(1)
 1
 2
 
 
伊藤 浩幸   助教
  1            
 1
(1)
 
 
 
 
榎本 暢子   助教
  2  1          
 3
(1)
 
 2
 
 
竹山 明日香   助教
   1           
 
 
 
 
 
 3 2  0 0  0  9
(6)
 3
(2)
 2
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 内匠哲郎、伊藤浩幸、安樂礼子、竹山明日香、榎本暢子、石田恭子、富田剛司:  プロスタグランジン関連薬点眼治療介入前後における視神経乳頭血流変化と乳頭周囲脈絡網膜萎縮との関連の解析.  あたらしい眼科  34 (5) :734 -739 , 2017
2. 井上 賢治, 塩川 美菜子, 比嘉 利沙子, 永井 瑞希, 石田 恭子, 富田 剛司:  ブリモニジン点眼薬からリパスジル点眼薬への変更.  あたらしい眼科  34 (7) :1031 -1034 , 2017
3. 永井 瑞希, 比嘉 利沙子, 塩川 美菜子, 井上 賢治, 石田 恭子, 富田 剛司.:  多施設による緑内障患者の実態調査2016年版 薬物治療.  あたらしい眼科  34 (7) :1035 -1041 , 2017
4. 比嘉 利沙子, 井上 賢治, 永井 瑞希, 塩川 美菜子, 鶴岡 三恵子, 岡山 良子, 井上 順治, 堀 貞夫, 石田 恭子, 富田 剛司.:  緑内障患者の視覚障害による身体障害者手帳申請の実態調査(2015年版.  あたらしい眼科  34 (7) :1042 -1045 , 2017
5. 矢ヶ崎 礼香, 白木 育美, 宇土 一成, 石澤 聡子, 末森 晋典, 川上 秀昭, 石田 恭子, 望月 清文:  岐阜大学附属病院における糖尿病黄斑浮腫に対する治療成績.  眼科臨床紀要  ⑩ (8) :640 -645 , 2017
6. 井上 賢治, 岡山 良子, 井上 順治, 石田 恭子, 富田 剛司:  多施設による緑内障患者の実態調査2016年度版 高齢患者と若年・中年患者.  眼科臨床紀要  10 (8) :627 -633 , 2017
7. 新井 ゆりあ, 井上 賢治, 塩川 美菜子, 石田 恭子, 富田 剛司:  多施設による緑内障患者の治療実態調査2016年版 正常眼圧緑内障と原発開放隅角緑内障.  臨床眼科  71 (10) :1541 -1547 , 2017
8. 井上 賢治, 永井 瑞希, 新井 ゆりあ, 塩川 美菜子, 石田 恭子, 富田 剛司:  多施設による緑内障患者の実態調査2016年版 配合点眼薬の使用.  臨床眼科  71 (12) :1743 -1754 , 2017
9. 塚原瞬、榎本暢子、石田恭子、伊藤浩幸、安樂礼子、富田剛司:  リパスジル点眼液による眼圧下降効果の検討.  臨床眼科  71 (4) :611 -616 , 2017
10. Kuroda , Enomoto N , Ishida K , Shimazawa M , Noguchi T , Horai N , Onoe H , Hara H , Tomita G:  Movement of retinal vessels toward the optic nerve head after increasing intraocular pressure in monkey eyes with experimental glaucoma.  Experimental eye Research  162 :110 -115 , 2017
11. Araie M, Iwase A, Sugiyama K, Nakazawa T, Tomita G, Hangai M, Yanagi Y, Murata H, Taihara H, Burgoyne CF, Chauhan BC:  Determinants and characteristics of Bruch's membrane openinig and bruch's membrane opening-minimum rim width in a normal Japanese population.  Investigative ophthalmology & visual science  58 (10) :4106 -4113 , 2017
12. Oie S, Ishida K, Yamamoto T:  Impact of intraocular pressure reduction on visual field progression in normal-tension glaucoma followed up over 15 years.  Japanese Journal of Ophthalmology  61 (4) :314 -323 , 2017
13. Ishida K, Moroto N, Murata K, Yamamoto T.:  Effect of glaucoma implant surgery on intraocular pressure reduction, flare count, anterior chamber depth, and corneal endothelium in primary open-angle glaucoma.  Japanese Journal of Ophthalmology  :[Epub ahead of print] , 2017
14. Haruka Moroi , Ayako Anraku , Kyoko Ishida , and Goji Tomita:  Factors Related to a Right-Left Difference in Visual Field
Defect in the Eyes with Untreated Normal Tension Glaucoma.  Journal of Ophthalmology  2018 :1 -7 , 2018
15. Asuka Takeyama , Kyoko Ishida , Ayako Anraku , Masahiro Ishida,
and Goji Tomita:  Comparison of Optical Coherence Tomography Angiography
and Laser Speckle Flowgraphy for the Diagnosis of
Normal-Tension Glaucoma.  Journal of Ophthalmology  :1 -7 , 2018
16. Inoue K, Matsumoto M, Ishida K, Tomita G:  Efficacy and safety of switching from prostaglandin analog therapy to prostaglamdin/timolol fixed combination or prostaglamdin/brimonidine therapy.  Open Ophthalmolgy Journal  11 :156 -163 , 2017
総説及び解説
1. 石田 恭子:  【眼科手術の適応-最新情報】 ぶどう膜炎の合併症 続発緑内障.  眼科  59 (10) :1032 -1040 , 2017
2. 石田 恭子:  手術手技のコツ EX-PRESS閉塞例のリカバリー(解説).  眼科手術  30 (2) :298 -302 , 2017
3. 石田 恭子:  緑内障手術の長期成績】 EX-PRESSシャントの長期手術成績.  眼科手術  30 (4) :588 -593 , 2017
症例報告
1. Mochizuki K, Nishida T, Murata K, Ishida K, Sunada A, Asari S, Ohkusu K, Tanaka K:  Roussoella solani causing keratomycosis, with an observed both sexual and asexual morphs.  J Infect Chemother  :651 -654 , 2017
2. Kanno H, Ishida K, Yamada W, Nishida T, Takahashi N, Mochizuki K, Mizuno Y, Matsuyama K, Takahashi T, Seishima M:  Uveitis induced by programmed cell death protein 1 inhibitor therapy with nivolumab in metastatic melanoma patient.  Journal of Infection and Chemotherapy  61 (1) :314 -323 , 2017
■ 著書
1. 安樂礼子:  緑内障点眼薬の持つ血流改善作用.  眼科グラフィック  332-344.  メディカ出版,  大阪、日本, 2017
2. 編集:富田剛司
共著者:安樂礼子:    緑内障を見逃さない眼底・OCTの見かた  24-28.  日本医事新報社,  東京都, 2018
3. 高橋真生,柴友明(池田隆徳):  循環器検査法.眼底検査.  循環器診療スマートブック  154-157.  文光堂,  東京都, 日本, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎石田恭子: EX-PRESS.  日本眼科手術学会,  京都,  2018/01
2. ◎石田恭子: もちろん重要!眼圧下降!.  第71回臨床眼科学会,  東京都,  2017/10
3. 井上賢治、岩佐真弓、石田恭子、富田剛司: ラタノプロスト+カルテオロールからラタノプロスト/カルテオロール配合剤への変更.  第71回臨床眼科学会,  東京,  2017/10
4. 富田剛司: 緑内障視神経乳頭の不思議に迫る.  第71回日本臨床眼科学会,  東京,  2017/10
5. ◎石田恭子: preperimetric glaucoma No.4 乳頭出血と血流から考えるPPG治療.  第71回臨床眼科学会,  東京,  2017/10
6. ◎石田恭子、千原悦夫、谷戸正樹、濱中輝彦、稲谷大: ロングチューブ型緑内障チューブシャント(LTSS)手術の適応、手技、合併症対策.  第71回臨床眼科学会,  東京,  2017/10
7. 遠井朗、井上賢治、石田恭子、富田剛司: 原発開放隅角緑内障症例びおけるタフルプロスト/チモロール配合点眼薬の処方パターン.  第71回臨床眼科学会,  東京都,  2017/10
8. 荒木裕加、本庄恵、石田恭子、富所敦男、原岳、相原一: 白内障及び緑内障周術期薬剤使用の多施設検討.  第71回臨床眼科学会,  東京都,  2017/10
9. ◎安樂礼子: 緑内障の黄斑血流.  第71回 日本臨床眼科学会,  東京、日本,  2017/10
10. ◎正井智子、安樂礼子、石田恭子、内匠哲郎、富田剛司: 緑内障眼における 線維柱帯切除術前後と点眼前後の 視神経乳頭血流波形変化の比較.  第71回 日本臨床眼科学会,  東京、日本,  2017/10
11. 井上賢治、石田恭子、富田剛司: プロスタグランジン関連薬+リパスジル併用症例とプロスタグランジン/チモロール配合薬症例との比較.  第28回日本緑内障学会,  広島,  2017/10
12. 杉原瑤子、井上賢治、石田恭子、富田剛司.: ラタノプロスト/カルテオロール配合点眼薬の処方パターン.  第28回日本緑内障学会,  広島,  2017/10
13. 川島拓、井上賢治、塩川美穂子、井上順治、石田恭子、富田剛司: 多施設による緑内障患者の実態調査2016年版-後発医薬品の使用.  第28回日本緑内障学会,  広島,  2017/10
14. ◎安樂礼子: 緑内障と血流・臨床の観点から.  第28回 日本緑内障学会,  広島市、日本,  2017/09
15. ◎飯田 純也、安樂 礼子、石田 恭子、内田 望、竹山 明日香、富田 剛司: 広義原発開放隅角緑内障病期別における 黄斑部血管密度の解析.  第28回 日本緑内障学会,  広島市、日本,  2017/09
16. ◎竹内玲美, 榎本暢子, 石田恭子, 安樂礼子, 富田剛司: 広義開放隅角緑内障における上方あるいは下方半視野障害に関与する因子.  第28回日本緑内障学会,  広島市、日本,  2017/09
17. 塩川美穂子、片倉聖基、井上賢治、石田恭子、富田剛司: 緑内障患者でのIcare HOMEによる24時間眼圧自己測定不良症例の検討.  第28回日本緑内障学会,  広島,  2017/09
18. 猪口宗太郎、井上賢治、高橋篤史、川添賢志、石田恭子、富田剛司: 眼科IC支援システム「iCeye アイシーアイ」を用いた緑内障理解度調査.  第28回日本緑内障学会,  広島,  2017/09
19. 片倉聖基、塩川美穂子、井上賢治、石田恭子、富田剛司.: 24-h intraocular pressure self-monitoring by use of icare HOME rebound tonometer pre-/post—Trabeculectomy: A case report.  第28回日本緑内障学会,  広島,  2017/09
20. ◎伊藤浩幸、川島良、岩瀬愛子、堤妙、安樂礼子、榎本暢子、石田恭子、酒井寛、新家眞、富田剛司: 多治見スタディ・久米島スタディ間での正常視神経乳頭形状比較.  第28回日本緑内障学会,  広島,  2017/09
21. ◎安樂礼子: 緑内障における 黄斑部血流の評価.  第34回 日本眼循環学会,  大阪、日本,  2017/07
22. ◎林盛人, 八木文彦, 石井匡, 富田剛司, 岩渕聡: 頚動脈ステント留置術による網膜循環への影響 短期および中長期変化の検討.  第34回日本眼循環学会,  大阪,  2017/07
23. ◎林盛人, 石井匡, 伊古田雅史, 岩間淳哉, 藤田聡, 平井希, 齋藤紀彦, 青木和哉, 中山晴雄, 八木文彦, 岩渕聡: 頚動脈ステント留置前後における網脈絡膜血流の変化.  第4回日本心血管脳卒中学会学術集会,  福岡,  2017/06
24. ◎内匠哲郎, 榎本暢子, 石田恭子, 富田剛司: 開放隅角緑内障眼における線維柱帯切除後の視神経乳頭構造の変化.  第121回日本眼科眼科学会総会,  東京、日本,  2017/04
25. 井上 賢治, 岡山 良子, 井上 順治, 石田 恭子, 富田 剛司.: 多施設による緑内障患者の実態調査2016年度版 高齢者と若・中年者.  日本眼科学会,  東京、日本,  2017/04
26. 上田 健昭, 井上 賢治, 石田 恭子, 富田 剛司: タフルプロスト点眼薬からタフルプロスト/チモロール配合点眼薬への変更.  日本眼科学会,  東京都、日本,  2017/04
27. 竹山 明日香, 石田 恭子, 安樂 礼子, 石田 政弘, 富田 剛司: OCT angiographyとlaser speckle flowgraphyの緑内障診断能.  日本眼科学会,  東京、日本,  2017/04
28. ◎内田 望、安樂 礼子、竹山 明日香、石田 恭子、富田 剛司: 半視野障害の原発開放隅角緑内障におけるOCTangiographyによる黄斑部血管密度の解析.  第121回 日本眼科学会総会,  東京、日本,  2017/04
29. ◎八木文彦, 斉田芳久, 田中友里, 増渕孝子, 風間利文, 富田剛司: 当院における転倒・転落イベントの発生件数およびその特徴の検討.  第121回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
30. 本田 博英, 飯田 純也, 石田 恭子, 榎本 暢子, 安樂 礼子, 伊藤 浩幸, 富田 剛司: 正常眼における体位変換に伴う視神経乳頭血流変化の検討.  日本眼科学会,  東京、日本,  2017/04
国際学会
1. ◎Kyoko Ishida.: Ocular blood flow in glaucoma.  The 58 the Annual meeting of the ophthalmological society of Taiwn. International Eye Forum-Taiwan 2017,  Taipei, Taiwan,  2017/11
2. ◎Kyoko Ishida: Positioning of the tube: where in which patient? Tube surgery- the elements.  World Glaucoma Congress 2017,  Helsinki in Finland,  2017/07
3. ◎Atsumi Kuroda, Nobuko Enomoto, Kyoko Ishida, Masamitu Shimazawa, Tetsuro noguchi, Naoto Horai, Hirotaka Onoe, Goji Tomita: Movement of retinal vessels toward the optic nerve head layer afterincreasing intraocular pressure in monkey eyes with experimental glaucoma.  World Glaucoma Congress,  ヘルシンキ、フィンランド,  2017/06
4. ◎Ayako Anraku, Kyoko Ishida, Nobuko Enomoto, Goji Tomita: Effects of prostagrandin analogs on optic nerve head microcirculation in untreated normal tension glaucoma.  World Glaucoma Congress,  ヘルシンキ、フィンランド,  2017/06
5. ◎Haruka Moroi, Ayako Anraku, Kyoko Ishida, Goji Tomita: Related Factors For The Right- Left Differences Of Visual Field Defects In Untreated Normal Tension Glaucoma.  World Glaucoma Congress,  ヘルシンキ、フィンランド,  2017/06
6. Haruka Moroi, Ayako Anraku, Kyoko Ishida, Goji Tomita: Related Factors for the right-lefy differences of visual field defects in untreated normal tension glaucoma.  World Glaucoma Congress 2017,  Helsinki in Finland,  2017/06
その他
1. ◎石田恭子: Minimally Invasive Glaucoma Surgery.  第22回千葉緑内障研究会,  千葉市,  2018/03
2. ◎石田恭子: 緑内障のリスクファクター:眼圧.  第18回青森県緑内障談会,  青森市,  2018/02
  :Corresponding Author
  :本学研究者