東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 内科学講座 膠原病学分野(大橋)
 Division of Rheumatology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  亀田 秀人
助教:
  小倉 剛久
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















亀田 秀人   教授
 10   5  10 1 1      13
(11)
 9
(5)
 2
(2)
 7
 
 
小倉 剛久   講師
 3 1  2  1        3
(1)
 4
(3)
 2
 1
 
 
小倉 剛久   助教
 3 1  2  1        3
(1)
 4
(3)
 2
 1
 
 
林 則秀   助教
    2          
 5
(3)
 
 2
 
 
平田 絢子   助教
   1 1          1
 6
(4)
 
 3
 
 
 16 1  12 1  0  20
(13)
 6
(2)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 亀田秀人, 西田圭一郎, 南木敏宏, 渡辺 彰, 大島行哉, 桃原茂樹:  関節リウマチに対するセルトリズマブペゴルの安全性及び有効性:使用成績調査の中間解析.  日本臨床免疫学会会誌  40 (3) :196 -205 , 2017
2. Atsumi T, Fujio K, Yamaoka K, Tomobe M, Kuroyanagi K, Kameda H.:  Safety and effectiveness of subcutaneous tocilizumab in patients with rheumatoid arthritis in a real-world clinical setting.  Modern Rheumatology  :in press , 2017
3. Tokuda H, Harigai M, Kameda H, Tomono K, Takayanagi N, Watanabe A, Tasaka S, Suda T, Tateda K, Kadota J:  Consensus statements for medical practice: Biological agents and lung disease [Abridged English translation by the Japanese Respiratory Society].  Respiratory Investigation  55 (3) :229 -251 , 2017
4. Ito H, Ogura T, Hirata A, Takenaka S, Mizushina K, Fujisawa Y, Katagiri T, Hayashi N, Kameda H.:  Global assessments of disease activity are age-dependent determinant factors of clinical remission in rheumatoid arthritis.  Seminars in Arthritis and Rheumatism  47 (3) :310 -314 , 2017
総説及び解説
1. 亀田秀人:  Patient-reported outcome (PRO) の重要性と課題.  Joint And Kinase Frontier  1 :14 -15 , 2017
2. 亀田秀人:  関節リウマチにおける炎症性サイトカインの役割.  THE BONE  31 (2) :177 -180 , 2017
3. 小倉剛久:  【リウマチ・膠原病とアレルギー疾患】 膠原病の発症・増悪における季節性.  アレルギーの臨床  37 (5) :426 -430 , 2017
4. 亀田 秀人, 小倉 剛久:  非腎症SLEの臨床試験における評価.  リウマチ科  57 (5) :520 -526 , 2017
5. 小倉剛久:  RAの関節評価.  リウマチ科  58 (5) :543 -549 , 2017
6. 亀田秀人:  Tight control strategyがcost effectiveである.  リウマチ科  58 (6) :590 -592 , 2017
7. 亀田秀人:  Baricitinibのエビデンス.  リウマチ科  59 (3) :233 -237 , 2018
8. 亀田秀人:  副作用のメカニズム.  消化器病サイエンス  1 (1) :22 -25 , 2017
9. 亀田秀人:  関節痛の鑑別—症状と身体診察でどこまで鑑別可能か.  成人病と生活習慣病  47 (9) :1065 -1070 , 2017
10. 亀田秀人:  乾癬性関節炎.  日本臨床  76 (1) :61 -67 , 2018
11. 小倉剛久:  全身性エリテマトーデスの関節炎を画像で診る.  分子リウマチ治療  11 (1) :8 -11 , 2018
症例報告
1. Baba A, Uno K, Okuyama Y, Munetomo Y, Nakajima S, Mizushina K, Kameda H:  Giant cell arteritis with polymyalgia rheumatic on FDG-PET/CT.  Clinical Case Reports  5 (7) :1186 -1187 , 2017
その他
1. 亀田秀人:  炎症疾患と眼炎症 序.  炎症と免疫  26 (2) :27 -27 , 2018
2. Hirata A, Ogura T, Hayashi N, Takenaka S, Ito H, Mizushina K, Fujisawa Y, Yamashita N, Nakahashi S, Imamura M, Kujime R, Kameda H:  MTX use in Japanese patients with rheumatoid arthritis.  Arthritis Care and Research  :doi: 10.1002/acr.23344 , 2017
■ 著書
1. 亀田秀人:  解熱・鎮痛薬、抗炎症薬.  治療薬ハンドブック  1122-1152.  じほう,  東京, 2018
2. 亀田秀人:  膠原病(関節リウマチ、SLEなど).  ステロイド療法の極意  60-67.  じほう,  東京, 2017
3. 小倉剛久, 亀田秀人:  リウマチ性多発筋痛症.  日常診療に生かす診療ガイドラインUp-To-Date 2018-2019  640-644.  メディカルレビュー社,  大阪, 2018
4. 亀田秀人:  全身性エリテマトーデス.  今日の治療指針2018  840-842.  医学書院,  東京, 2018
5. 亀田秀人:  概念.  診断と治療のABC 関節リウマチ  14-18.  最新医学社,  大阪, 2017
6. 亀田秀人:  関節炎症状.  内科外来診断navi  324-326.  中外医学社,  東京, 2017
7. 亀田秀人:  治療(特に分子標的療法)に関連する呼吸器感染症.  呼吸器疾患診断治療アプローチ 呼吸器感染症  279-284.  中山書店,  東京, 2017
8. 亀田秀人:  関節リウマチの治療には疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)が有効と聞きました。その種類と副作用について教えて下さい。.  ズバッと答える関節リウマチ〜患者さんからの85通の挑戦状〜  81-82.  日本医学出版,  東京, 2018
9. 亀田秀人:  結節性多発動脈炎(PAN).  1336専門家による私の治療 2017-2018年度版  831-833.  日本医事新報社,  東京, 2017
10. 亀田秀人:  ステロイド等価換算.  ステロイドの選び方・使い方ハンドブック改訂第3版  27-29.  羊土社,  東京, 2018
11. 亀田秀人:  薬物相互作用.  ステロイドの選び方・使い方ハンドブック改訂第3版  30-33.  羊土社,  東京, 2018
12. Kameda H:  DLI caused by disease-modifying antirheumatic drugs: What are the characteristics of DLI by disease-modifying antirheumatic drugs?.  Drud-induced lung injury  165-176.  Springer,  Singapore, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎亀田秀人: 全身性エリテマトーデス.  日本臨床免疫学会アニュアルエビデンスレビュー2018大阪大会,  大阪,  2018/03
2. ◎亀田秀人: 全身性エリテマトーデスなどの膠原病エビデンスレビュー.  日本臨床免疫学会アニュアルエビデンスレビュー2018大阪大会,  大阪,  2018/03
3. ◎亀田秀人: RA高齢者の感染症の現状と対策.  第32回日本臨床リウマチ学会,  神戸、日本,  2017/12
4. ◎亀田秀人: 免疫疾患における生物学的製剤とステロイドの位置づけ.  第25回日本ステロイドホルモン学会学術集会,  東京、日本,  2017/11
5. ◎亀田秀人: 全身性エリテマトーデスなどの膠原病エビデンスレビュー.  第45回日本臨床免疫学会総会,  新宿, 日本,  2017/09
6. ◎亀田秀人: 脊椎関節炎と全身性エリテマトーデスの治療におけるトピックス.  第45回日本臨床免疫学会総会,  新宿, 日本,  2017/09
7. ◎小倉剛久, 平田絢子, 伊東秀樹, 武中さや佳, 水品研之介, 井上有希, 片桐翔治, 今泉ちひろ, 高倉悠人, 亀田秀人: 関節リウマチ(RA)における超音波によるMCP, PIP関節軟骨の検討.  第45回日本臨床免疫学会総会,  新宿, 日本,  2017/09
8. ◎長澤知也, 渡邊恒輔, 髙橋美咲, 新山史朗, 向井秀樹, 福田英嗣, 今泉ちひろ: 乳癌発見の契機となった水疱を伴う皮膚筋炎の1例..  第874回東京地方会,  東京,  2017/09
9. ◎亀田秀人: PsAの治療Update.  第32回日本乾癬学会学術大会,  品川,  2017/09
10. ◎亀田秀人: IL-6阻害製剤の基礎と臨床.  第54回九州リウマチ学会,  北九州市,  2017/09
11. ◎片桐 翔治、朴 雪花、進藤 綾大、駒沢 幸子、大村谷 昌樹、中野 裕康: 腸上皮特異的cFLIP欠損マウスで見られるTNFR1非依存性腸炎の発症メカニズムの解析.  第26回日本Cell Death学会学術集会,  東京都大田区,  2017/07
12. ◎小倉剛久, 平田絢子, 伊東秀樹, 武中さや佳, 藤澤有希, 水品研之介, 片桐翔治, 林則秀, 久次米吏江, 今村宗嗣, 亀田秀人.: 関節リウマチ(RA)における超音波による手指軟骨の検討.  第38回日本炎症・再生医学会,  大阪,  2017/07
13. ◎亀田秀人: 生物学的製剤による全身性炎症性疾患に対する治療戦略の現況と未来.  第38回日本炎症・再生医学会,  大阪,  2017/07
14. ◎亀田秀人: PsAの治療Update.  第116回日本皮膚科学会総会,  仙台,  2017/06
15. ◎亀田秀人: MTXの適応、禁忌と慎重投与、開始時のスクリーニング.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡, 日本,  2017/04
16. ◎亀田秀人: 脊椎関節炎の疾患概念と関節・関節外症状.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
17. ◎中村誠二, 鈴木勝也, 亀田秀人, 天野宏一, 竹内勤: 関節リウマチ患者に対するTNF阻害薬の治療効果と関連する遺伝子発現シグネチャの同定.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
18. ◎藤澤有希, 山下奈多子, 水品研之介, 今村宗嗣, 武中さや佳, 伊東秀樹, 林則秀, 平田絢子, 小倉剛久, 亀田秀人: 膠原病分類基準改訂における重複症候群を含めた課題.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
19. ◎武中さや佳, 小倉剛久, 藤澤有希, 水品研之介, 伊東秀樹, 平田絢子, 泉啓介, 秋谷久美子, 大島久二, 亀田秀人: 膠原病患者における非結核性抗酸菌症(NTM)の臨床経過.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
20. ◎伊東秀樹, 小倉剛久, 藤澤有希, 水品研之介, 武中さや佳, 平田絢子, 林則秀, 亀田秀人: 関節リウマチの寛解導入に関連する因子の検討.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
21. ◎亀田秀人, 佐藤美奈子, 角真理子, Owen Hagino, Hubert van Hoogstraten, 田中良哉: 新規抗IL-6受容体ヒトモノクローナル抗体サリルマブの安全性:日本人関節リウマチ患者を対象としたプラセボ対照二重盲検試験(KAKEHASI試験)24週における検討.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡, 日本,  2017/04
22. ◎田中良哉, 佐藤美奈子, 角真理子, Owen Hagino, Hubert van Hoogstraten, 亀田秀人: サリルマブ(IL-6受容体ヒトモノクローナル抗体)の日本人関節リウマチ患者を対象とした第3相試験(KAKEHASI試験)における有効性.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡, 日本,  2017/04
23. ◎Ogura T, Hirata A, Ito H, Takenaka S, Mizushina K, Fujisawa Y, Hayashi N, Kujime R, Imamura M, Katagiri T, Kameda H: Seasonal variations in disease onset and exacerbation of systemic lupus erythematosus.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
24. ◎Hirata A, Ogura T, Ito H, Takenaka S, Fujisawa Y, Mizushina K, Imamura M, Hayashi N, Kameda H: Concordance between ultrasound joint synovitis and clinical joint assessments by patients or physicians in rheumatoid arthritis.  第61回日本リウマチ学会総会・学術集会,  福岡,  2017/04
国際学会
1. ◎Cohen SB, Alten R, Kameda H, Rehman MI, Schumacher K, Schmitt S, Hua SY, Sewell KL.: A randomized, double-blind study comparing PF-06438179/GP1111, a potential infliximab biosimilar, and infliximab, both in combination with MTX, as treatment for patients with moderate to severe active RA who have had an inadequate response to MTX therapy.  81th Annual Scientific Meeting of American College of Rheumatology,  San Diego, USA,  2017/11
2. ◎Yajima N, Sada K, Fukuma S, Tsujimoto Y, Shimizu S, Niihata K, Mimori T, Tanaka Y, Takeuchi T, Sugiura M, Kohsaka H, Tamura N, Kuwana M, Kameda H, Asano Y, Azuma T, Matsui T, Suzuki K, Takahashi R, Fukuhara S, Atsumi T.: Development of quality indicator set of systemic lupus erythematosus in Japan.  81th Annual Scientific Meeting of American College of Rheumatology,  San Diego, USA,  2017/11
3. ◎Ogura T, Hirata A, Takenaka S, Ito H, Inoue Y, Imaizumi C, Takakura Y, Mizushina K, Katagiri T, Hayashi N, Kujime R, Imamura M, Kameda H: Finger joint cartilage thickness evaluated by semiquantitative ultrasound score in patients with rheumatoid arthritis.  81th Annual Scientific Meeting of American College of Rheumatology,  San Diego, USA,  2017/11
4. ◎Tanaka Y, Kameda H, Saito K, Kaneko Y, Tanaka E, Yasuda S, Tamura N, Fujio K, Kojima T, Anzai T, Hamada C, Fujino Y, Matsuda S, Kohsaka H: Improvement in overall work productivity among biologic-naïve patients with rheumatoid arthritis treated with tocilizumab subcutaneous injection: A prospective, real world, observational study in Japan.  81th Annual Scientific Meeting of American College of Rheumatology,  San Diego, USA,  2017/11
5. ◎Kameda H: Evidence of IL-6 targeted therapy in Japan.  2017 Taiwan Rheumatology Association Annual Meeting,  台中、台湾,  2017/09
6. ◎Kameda H: Diagnosis and management of rheumatic diseases in the elderly.  Medical Care for Old People with Arthritis,  台中、台湾,  2017/09
7. ◎Ogura T, Hirata A, Hayashi N, Ito H, Takenaka S, Fujisawa Y, Mizushina K, Katagiri T, Kujime R, Imamura M, Yamashita N, Kameda H.: Finger joint cartilage thickness evaluated by ultrasound in patients with rheumatoid arthritis (RA).  Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2017),  Madrid, Spain,  2017/06
8. ◎Takenaka S, Kameda H, Ogura T, Oshima H, Izumi K, Hirata A, Ito H, Fujisawa Y.: Non-tuberculous mycobacterial (NTM) infection in patients with rheumatic diseases: Possible importance of pulmonary barrier function rather than systemic immune state in the development and exacerbation of NTM infection.  Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2017),  Madrid, Spain,  2017/06
9. ◎Mahlich J, Kameda H, Sruamsiri R: Persistence with biological disease-modifying antirheumatic drugs – A retrospective database study in Japanese patients with rheumatoid arthritis.  Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2017),  Madrid, Spain,  2017/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者