東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 内科学講座 消化器内科学分野(大橋)
 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  前谷 容
講師:
  富永 健司
  根本 夕夏子
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















前谷 容   教授
  9  1          
 18
(1)
 
 2
 
 
富永 健司   講師
  4            
 5
(1)
 
 
 
 
根本 夕夏子   講師
              
 4
 
 
 
 
木村 隆輔   助教
  2            1
(1)
 7
(1)
 
 
 
 
権 勉成   助教
  2            
 6
 
 
 
 
三枝 善伯   助教
              
 4
 
 2
 
 
齋藤 倫寛   助教
  2            
 5
 
 
 
 
塩澤 一恵   助教
    1          1
 6
 1
 2
 
 
新後閑 弘章   助教
  2     1       
 7
 
 
 
 
牧野 敏之   助教
  1            
 
 
 
 
 
松井 貴史   助教
              1
 6
 
 2
 
 
森 麻紀子   助教
  2            
 6
(1)
 
 
 
 
吉田 有輝   助教
 1 2            
 9
(1)
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  3
(1)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kogure H,Ryozawa S,Maetani I,Nakai Y,Kawakami H,Yasuda I,Mochizuki H,Iwano H,Maguchi H,Kida M,Kubota K,Mukai T,Hasebe O,Igarashi Y,Hanada K,Irisawa A,Ito K,Itoi T,Isayama H:  A Prospective Multicenter Study of a Fully Covered Metal Stent in Patients with Distal Malignant Biliary Obstruction:WATCH‑2 Study.  Digestive Diseases and Sciences  63 :2466 -2473 , 2018
2. Mito K, Saito M, Morita K, Maetani I, Sata N, Mieno M, Fukushima N:  Clinicopathological and prognostic significance of MUC13 and AGR2 expression in intraductal papillary mucinous neoplasms of
the pancreas.  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]  18 (4) :407 -412 , 2018
3. Kikuchi Y, Ito K, Nemoto T, Yajima S, Shiozawa K, Suzuki T, Oshima Y, Nanami T, Watanabe M, Igarashi Y, Shimada H:  Thymidine Phosphorylase Expression in Gastric Cancer Tissues is Associated with Thrombocytosis but not with Serum Thymidine Phosphorylase Concentration.  Toho Journal of Medicine  4 (2) :66 -73 , 2018
総説及び解説
1. 新後閑弘章,権勉成,齋藤倫寛,徳久順也,田中貴志,前谷容:  [3.困難例とトラブルシューティング]
胃・十二指腸狭窄に対する胆管ドレナージ.  消化器内視鏡 胆膵ドレナージup date  30 (11) :1618 -1624 , 2018
2. 吉田有輝,富永健司,前谷容:  特集:大腸憩室出血に対する診断と治療-各科からの提言-大腸憩室出血の診断と内科的治療-消化器内科の立場から-.  日本腹部救急医学会雑誌  38 (5) :813 -818 , 2018
3. 新後閑弘章,権勉成,齋藤倫寛,徳久順也,田中貴志,前谷容:  難治性腹水に対するDenverシャント.  臨床雑誌 外科  80 (6) :619 -624 , 2018
4. 富永健司,木村隆輔,森麻紀子,吉田有輝,高橋厚子,前谷容:  腸閉塞.  臨牀消化器内科  33 (5) :521 -526 , 2018
5. Nakai Y,Yamamoto R,Matsuyama M,Sakai Y,Takayama Y,Ushio J,Ito Y,Kitamura K,Ryozawa S,Imamura T,Tsuchida K,Hayama J,Itoi T,Kawaguchi Y,Yoshida Y,Sugimori K,Shimura K,Mizuide M,Iwai Tdaga,Nishikawa K,Yagioka H,Nagahama M,Toda N, Saito T,Yasuda I,Hirano K,Togawa O,Nakamura K,Maetani I,Sasahira N,Isayama H:  Multicenter study of endoscopic preoperative biliary drainage
for malignant hilar biliary obstruction: E-POD hilar study.  Journal of gastroenterology and hepatology  33 (5) :1146 -1153 , 2018
症例報告
1. 村上貴寛,木村隆輔,髙橋厚子,富永健司,吉田有輝,森麻紀子,牧野敏之,馬場隆成,里井新,前谷容:  大腸内視鏡で摘出しえた回腸アニサキス症の1例.  Progress of Digestive Endoscopy  92 (1) :128 -129 , 2018
2. 浅井浩司,渡邉学,松清大,齋藤智明,鯨岡学,森山穂高,斉田芳久,前谷容,草地信也:  膵頭十二指腸切除後の門脈狭窄に伴う繰り返す挙上空腸静脈瘤出血に対して門脈ステント留置が奏功した1例.  日本腹部救急医学会雑誌  38 (6) :1059 -1064 , 2018
3. 浅井浩司,渡邉学,齋藤智明,斉田芳久,前谷容,草地信也:  消化管ステント留置により術後経口摂取を可能とした膵頭十二指腸切除の2例.  日本臨床外科学会雑誌  79 (3) :578 -584 , 2018
その他
1. 中村真一,濱口真吾,富永健司,早川克己,前谷容,山本雅一,平田公一:  特集:大腸憩室出血に対する診断と治療-各科からの提言-
大腸憩室出血全国アンケート調査の結果報告
-日本腹部救急医学会プロジェクト研究報告-.  日本腹部救急医学会雑誌  38 (5) :801 -805 , 2018
■ 著書
1. 新後閑弘章:  増刊レジデントノート 研修医に求められる消化器診療のエッセンス
病棟、救急外来で必要な対応力と領域別知識が身につく!.  第4章受け持ち医に求められる領域別知識
2.胆道・胆膵ほの内視鏡的アプローチ  159-164.  株式会社羊土社,  東京, 2018
2. 前谷容:  Q.慢性すい炎になったら禁酒した方がよいのでしょうか?.  健康かわら版
健康づくりの疑問解決Q&A  0-0.  第一生命保険株式会社,  東京, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎日原大輔,吉永繁高,阿部清一郎,小田一郎,斎藤豊: バルーンアシストを用いず内視鏡的に除去可能であった空腸異物の1例.  第107回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2018/12
2. ◎塩澤一恵,松井貴史,山本修平,三枝善伯,渡邉学: 血管拡張術前後で経時的に肝硬度を評価することができたBudd-Chiari症候群の一例.  第42回日本肝臓学会東部会,  東京,  2018/12
3. ◎田中貴志: 膵疾患における興味深い症例(膵炎・膵癌etc).  第29回Tokyo Pancreas Club,  東京,  2018/11
4. ◎高田和典,吉田将雄,会澤大介,佐藤純也,川田登,田中雅樹,角嶋直美,滝沢耕平,伊藤紗代,今井健一郎,堀田欣一,石渡裕俊,松林宏行,杉野隆,小野 裕之: 免疫組織化学染色・特殊染色追加による早期胃癌の脈管侵襲診断能に関する検討.  JDDW2018(消化器内視鏡学会),  神戸,  2018/11
5. ◎石渡裕俊,金子淳一,佐藤純也,藤江慎也,松林宏行,吉田将雄,今井健一郎,伊藤紗代,川田登,田中雅樹,角嶋直美,滝沢耕平,堀田欣一,小野裕之: 膵腫瘤に対する標準22G針を用いたEUS-FNAにおける検体適正判断のための肉眼観察の意義に関する検討.  JDDW20188(消化器内視鏡学会),  神戸,  2018/11
6. ◎佐藤純也,石渡裕俊,藤江慎也,松林宏行,吉田将雄,川田登,田中雅樹,角嶋直美,滝沢耕平,伊藤紗代,今井健一郎,堀田欣一,佐々木恵子,小野 裕之: 膵腫瘍における標準22G針を用いたEUS-FNAでの高吸引圧と通常吸引圧の比較検討.  JDDW2018(消化器内視鏡学会),  神戸,  2018/11
7. ◎齋藤倫寛,新後閑弘章,権勉成,徳久順也,田中貴志,大原関利章,前谷容: 膵充実性腫瘤に対する新型franseen形状針を用いたEUS-FNAの有用性の検討.  JDDW2018(消化器内視鏡学会),  神戸,  2018/11
8. ◎堀江義政,由雄敏之,青山和玄,藤崎順子,多田智裕: Conventional neural networksによる人工知能を用いた食道癌診断の有用性.  JDDW2018(消化器内視鏡学会),  神戸,  2018/11
9. ◎堀江義政,堀内裕介,藤崎順子: 食道内視鏡治療における抗血栓薬休薬の有無での後出血率の比較検討.  JDDW2018(消化器病学会・消化器内視鏡学会),  神戸,  2018/11
10. ◎塩澤一恵,渡邉学,山本修平,松井貴史,三枝善伯,池原孝,五十嵐良典: 肝細胞癌に対するDEB-TACEにおける早期造影超音波所見と治療評価について.  JDDW2018(肝臓学会),  神戸,  2018/11
11. ◎松井貴史,山本修平,三枝善伯,塩澤一恵,渡邉学: 当院での次世代マイクロ波焼灼療法(MTA:microwave thermosphere ablation)の使用経験.  JDDW2018(肝臓学会),  神戸,  2018/11
12. ◎木村隆輔,斉田芳久,髙橋厚子,長尾さやか,榎本俊行,村上貴寛,馬場隆成,里井新,森麻紀子,吉田有輝,富永健司,五十嵐良典,前谷容: 虫垂上皮性腫瘍に対し大腸LECSを施行した1例.  第18回腹腔鏡内視鏡合同手術研究会,  神戸,  2018/10
13. ◎塩澤一恵,山本修平,松井貴史,渡邉学,佐々木祐太,平栗有沙,金子南紀子,藤崎純,佐藤若菜,前谷容: 下部胆管癌門脈浸潤に対する門脈ステント留置前後にShear Wave Elastography で肝硬度測定を行った1例.  日本超音波医学会 第30回関東甲信越地方会学術集会,  東京,  2018/10
14. ◎徳久順也,新後閑弘章,前谷容: 当院における胆嚢胆管結石の治療戦略.  第54回日本胆道学会学術集会,  千葉,  2018/09
15. ◎田中貴志,新後閑弘章,徳久順也,齋藤倫寛,齋藤智明,浅井浩司,渡邉学,大原関利章,前谷容: 肝門部領域胆管癌術後9ヵ月で遺残膵内胆管に再発をきたしSpyglass DSを用いて診断を得た一例.  第54回日本胆道学会学術集会,  千葉,  2018/09
16. ◎齋藤倫寛,新後閑弘章,権勉成,徳久順也,田中貴志,前谷容: 総胆管結石に対して経皮経肝的バルーン拡張術(PTPBD)及び順行性胆管結石除去を行った5例の検討.  第54回日本胆道学会学術集会,  千葉,  2018/09
17. ◎塩澤一恵,松井貴史,山本修平,三枝善伯,渡邉学,佐々木祐太,平栗有沙,金子南紀子,藤崎純,権勉成,根本夕夏子,前谷容: 血管拡張術前後で経時的に肝硬度を評価することができたBudd-Chiari症候群の一例.  第43回超音波ドプラ・新技術研究会,  東京,  2018/09
18. ◎柿崎奈々子,斉田芳久,榎本俊行,長尾さやか,高橋亜紗子,渡邉学,浅井浩司,前谷容,木村隆輔,草地信也: 虫垂腫瘍に対し腹腔鏡・内視鏡合同手術(Laparoscopy Endoscopy Cooperative Surgery:LECS)を施行した1例.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島,  2018/07
19. ◎前谷容: 胆膵診療の現況(胆嚢結石、総胆管結石).  第33回日本消化器病学会関東支部教育講演会,  東京,  2018/06
20. ◎前谷容: 膵のう胞(特にIPMN)と膵癌リスク-どのように診療するか-.  東邦医師会城北支部講演会,  東京,  2018/06
21. ◎渡邉学: 血行改変術におけるAZURの使用経験.  第13回肝アンギオ研究会,  東京,  2018/06
22. ◎権勉成,新後閑弘章,前谷容: 選択的胆管挿管困難例に対するPrecut.  第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2018/06
23. ◎日原大輔,高丸博之,居軒和也,阿部清一郎,斎藤豊: 大腸ESD後切除後潰瘍に対するインパクトシューターおよび留置スネアを用いた巾着縫合の使用経験と手技の工夫.  第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2018/06
24. ◎吉田有輝,佐藤啓,神戸和泉: アルギニン含有食品が創傷治癒に有効であった1例.  第10回日本静脈経腸栄養学会首都圏支部会学術集会,  東京,  2018/06
25. ◎紺野晋吾,村田眞由美,吉田有輝,高畑喜臣,久保田俊輝,城田知己,若佐麻依子,横山葉子,藤岡俊樹: 経腸栄養が必要であった神経・筋疾患患者の予後因子の検討.  第10回日本静脈経腸栄養学会首都圏支部会学術集会,  東京,  2018/06
26. ◎佐藤啓,神戸和泉,吉田有輝,小林秀樹: 東邦大学医療センター大橋病院における点滴用脂肪乳剤の使用実態調査.  第10回日本静脈経腸栄養学会首都圏支部会学術集会,  東京,  2018/06
27. ◎髙橋厚子,富永健司,木村隆輔,吉田有輝,森麻紀子,里井新,馬場隆成,村上貴寛,前谷容: 大腸憩室出血の再出血におけるDOACの影響.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
28. ◎細谷和也,堀田欣一,今井健一郎,伊藤紗代,岸田圭弘,吉田将雄,川田登,田中雅樹,角嶋直美,滝沢耕平,石渡裕俊,松林宏行,小野裕之: 拡大内視鏡を用いた早期大腸癌の診断と治療選択の現状.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
29. ◎伊藤紗代,堀田欣一,今井健一郎,岸田圭弘,滝沢耕平,角嶋直美,田中雅樹,川田登,吉田将雄,松林宏行,石渡裕俊,小野裕之: Backup内視鏡としての超細径大腸内視鏡(PEF-PQ260L)の有用性と役割.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
30. ◎塩澤一恵,渡邉学,山本修平,高橋厚子,吉田有輝,森麻紀子,松井貴史,松清靖,木村隆輔,根本夕夏子,富永健司,五十嵐良典,前谷容: 造影CTでextravasationを認めた大腸憩室出血の検討.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
31. ◎根本夕夏子,三登久美子,木村晴,中村文彦,松浦良徳,剛崎寛徳: 急性出血性直腸潰瘍の疫学について.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
32. ◎佐藤純也,石渡裕俊,松林宏行,松井徹,藤江慎也,吉田将雄,川田登,田中雅樹,角嶋直美,滝沢耕平,伊藤紗代,今井健一郎,堀田忻一,小野裕之: 非切除悪性肝門部胆管閉塞に対する金属ステント留置におけるSide by sideとPartial stent in stentの組み合わせ法の検討.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
33. ◎新後閑弘章,権勉成,齋藤倫寛: 当科における直接経口胆道鏡(DPOCS:direct peroral cholangioscopy)の臨床成績の検討.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
34. ◎川田登,滝沢耕平,角嶋直美,田中雅樹,吉田将雄,伊藤紗代,今井健一郎,石渡裕俊,堀田欣一,松林宏行,小野裕行: 抗血栓薬継続症例に対する胃ESD後出血の予防法の有効性についての検討.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
35. ◎前谷 容: 胃十二指腸ステントの現況と課題.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
36. ◎藤江慎也,石渡裕俊,佐藤純也,松林宏行,吉田将雄,伊藤紗代,川田登,今井健一郎,田中雅樹,角嶋直美,滝沢耕平,堀田欣一,小野裕之: 膵腫瘍に対するEUS-FNAにおける新型コアトラップ付き20G針と標準22G針の比較検討.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
37. ◎堀江義政,堀内裕介,吉水祥一,由雄敏之,石山晃世志,平澤俊明,土田知宏,藤崎順子: 食道内視鏡治療における抗血栓薬休薬の有無での後出血率の比較検討.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
38. ◎木村隆輔,斉田芳久,高橋亜紗子,髙橋厚子,高橋啓,長尾さやか,榎本俊行,村上貴寛,馬場隆成,里井新,森麻紀子,吉田有輝,富永健司,五十嵐良典,前谷容: 大腸LECS にて摘出した虫垂腫瘍の1 例.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
39. ◎齋藤倫寛,新後閑弘章,徳久順也,田中貴志,前谷容: 当教室における術後再建腸管症例に対するダブルバルーン内視鏡を用いたERCP関連手技の現状.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
40. ◎安江千尋,千野晶子,西川雄祐,堀江義政,田顔夫佑樹,井出大資,為我井芳郎,五十嵐正広,斎藤彰一,高松学,河内洋,山本智理子: 大腸T1(SM)癌の発生部位別および形態別の特徴と正診率について.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
41. ◎吉田有輝,富永健司,木村隆輔,森麻紀子,牧野敏之,髙橋厚子,馬場隆成,村上貴寛,前谷容: 出血性胃・十二指腸潰瘍に対する内視鏡的止血術における再出血危険因子の検討.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
42. ◎三登久美子,木村晴,権勉成,中村文彦,松浦良徳,剛崎寛徳,根本夕夏子: 当院における内視鏡治療後出血を含む偶発症についての検討.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
43. ◎森麻紀子,木村隆輔,富永健司,吉田有輝,牧野敏之,髙橋厚子,馬場隆成,村上貴寛,榎本泰典,前谷容: 当院で内視鏡治療を施行した表在型バレット食道腺癌の検討.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
44. ◎松井貴史, 山本修平, 塩澤一恵, 渡辺学, 松井輝明: 難消化性でんぷんの消化機能改善作用.  第115回日本内科学会学術集会,  京都,  2018/04
45. ◎Maetani I: GI stent: present and future from Japanese perspective.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  Tokyo,  2018/05
国際学会
1. ◎Shiozawa K ,Watanabe M,Yamamoto S,Matsui T,Saigusa Y,Ikehara T,Igarashi Y,Okubo Y,Tsukamoto N,Maetani I: Comparison of percutaneous radiofrequency ablation and CyberKnife for small hepatocellular carcinoma.  APASL single topic conference 2018 on HCC,  Yokohama,  2018/05
2. ◎Watanabe M,Shiozawa K,Yamamoto S,Matsui T,Saigusa Y,Ikehara T,Igarashi Y,Maetani I: Intra-arterial contrast-enhanced ultrasound evaluation of therapeutic response for hepatocellular carcinoma during transarterial chemoembolization with drug-eluting beads.  APASL single topic conference 2018 on HCC,  Yokohama,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者