東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 病院病理学講座(佐倉)
 Department of Surgical Pathology (Sakura)

准教授:
  蛭田 啓之
臨床准教授:
  徳山 宣
■ Keywords
骨・軟部腫瘍診断,切除縁評価,治療効果判定,画像解析,腫瘍の遺伝子診断
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  蛭田 啓之 :国立がんセンターがん対策情報センター診療支援部病理診断コンサルテーション推進室コンサルタント, 日本病理学会コンサルテーションシステムコンサルタント
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  蛭田啓之 :日本病理学会評議員, 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会抄録査読委員,日本骨軟部腫瘍研究会常任委員, 日本放射線学会日本骨軟部放射線研究会世話人, 千葉骨・軟部腫瘍症例研究会世話人, 京葉骨転移研究会世話人, 千葉消化器疾患研究会幹事, 千葉IBDフォーラム世話人
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















蛭田 啓之   准教授
  4  3          
 5
(5)
 
 1
 
 2
(2)
徳山 宣   講師
  1            
 2
(2)
 
 
 
 
笹井 大督   助教
              
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Watanabe T, Nema T, Hiruta N, Murano T, Schneider WJ, Bujo H.:  Lp8 is potentially associated with partial lecithin:cholesterol acyltransferase deficiency in a patient with primary biliary cirrhosis.  Journal of Clinical Lipidology  12 (5) :1157 -1163 , 2018
2. 渡邉康弘, 清水直美, 長谷川翔子, 中村祥子, 田中翔, 岡怜奈, 佐藤悠太, 今村榛樹, 山口崇, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 徳山宣, 蛭田啓之, 龍野一郎:  SIADH (Syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone)を発症した悪性リンパ腫3症例についての検討.  日本内分泌学会雑誌  94 :13 -16 , 2018
3. 兒玉奈菜江,伊藤展枝,村野武義,蛭田啓之,武城英明,山本智大,山崎浩樹,横田浩充:  尿中N1,N12-ジアセチルスペルミン測定意義に関する検討.  日本臨床検査自動化学会会誌  43 (1) :21 -27 , 2018
4. Yamashita N, Saito N, Zhao S, Terai K, Hiruta N, Park Y, Bujo H, Nemoto K, Kanno Y.:  Heregulin-induced cell migration is promoted by aryl hydrocarbon receptor in HER2-overexpressing breast cancer cells.  Experimental cell research  S0014-4827 (18) :30116 -2 , 2018
5. Ken Wakai,Takanobu Utsumi,Kei Yoneda,Ryo Oka,Takumi Endo,Masashi Yano,Masaaki Fujimura,
Naoto Kamiya,Nobuyuki Sekita,Kazuo Mikami,Isamu Sugano,Nobuyuki Hiruta ,Hiroyoshi Suzuki:  Development and external validation of a nomogram to predict
high-grade papillary bladder cancer before first-time transurethral
resection of the bladder tumor.  International Journal of Clinical Oncology  :00 -00 , 2018
6. HIROSHI MIKANO,MEIZI JIANG,MAHITO NORO,YASUO SUZUKI,NOBUYUKI HIRUTA,HIROYUKI UNOKI-KUBOTA,WOLFGANG J.SCHNEIDER,and HIDEAKI BUJO:  Susceptibilities of epicardial and subcutaneous fat tissue for browning-gene expression and diet-induced volume reduction are different.  Molecular Medicine Reports  17 (5) :6542 -6550 , 2018
症例報告
1. 山﨑康朗,矢田智之,上村直実,蛭田啓之:  投与4年後に急激に悪化するまでの経過を観察しえたダビガトラン起因食堂炎の1例.  Gastroenterological Endoscopy  60 (8) :00 -00 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 〇本橋みづき,石田洋昭,高島明子、竹下直樹,田杭千穂,長岡理大,加藤正和,横川桂,萬来めぐみ、蛭田啓之,木下俊彦: 卵巣未熟奇形腫術後19年で認められた Growing teratoma syndromeを疑う 骨盤内腫瘍の一例.  第136回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会・学術集会,  東京,  2018/11
2. ◎佐藤麻依,鎌倉正和,山崎利城,寺井謙介,徳山 宣,大塚成美,伊藤靖那,山口みはる,平山美佐子,北村 真,吉田美穂,蛭田啓之: 肺癌遺伝子解析のためのサイトリッチレッド保存検体の活用:FISH法の条件を中心に.  第57回日本臨床細胞学会秋期大会,  横浜,  2018/11
3. ◎村野武義,美子,山口 崇,龍野一郎,蛭田啓之,武城英明: 高トリグリセライド血症での血中可溶性LR11量とリポ蛋白リパーゼ蛋白量の関連.  第65回日本臨床検査医学会学術集会,  東京,  2018/11
4. ◎渡部俊之,柳沢康裕,根間敏郎,村野武義,蛭田啓之,武城英明: 糖化タンパク質が著しく高値を示した2型糖尿病の1症例.  第65回日本臨床検査医学会学術集会,  東京,  2018/11
5. ◎萬来めぐみ,石田洋昭,高島明子,田杭千穂,長岡理大,安達知弘,船登 泉,横川 桂,横山安哉美,徳山 宣,竹下直樹,木下俊彦: 術前に婦人科癌と診断し術後病理組織診断により虫垂癌と診断された2例.  第135回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2018/06
6. ◎山崎利城,鎌倉正和,佐藤麻衣,伊藤靖那,山口みはる,平山美佐子,北村 真,和田 翠,吉田美穂,蛭田啓之: Plasmacytoid cell 細胞質内に基底膜様物質を容れた筋上皮腫の一例.  第59回日本臨床細胞学会総会,  札幌,  2018/06
国際学会
1. ◎Haruki Imamura, Atsuhito Saiki, Rieko Kanai, Karin Hayashi, Takashi Oshiro, Nobuyuki Hiruta, Ichiro Tatsuno: Autopsy findings of a non-diabetic severe obese patient with intractable obesity-related cardiomyopathy and glomerulopathy treated with laparoscopic sleeve gastrectomy.  the 25th European Congress on Obesity,  Vienna, Austria,  2018/05
その他
1. 山下享子,高松 学,武藤麻里子,杉浦善弥,植野映子,船内雄生,阿江啓介,蛭田啓之,町並陸生,高澤 豊,: 背部軟部腫瘍.  第61会日本骨軟部腫瘍研究会,  愛媛,  2018/12
2. ◎村上満美,野里博和,寺井謙介,蛭田啓之,坂無英徳,: 胃生検病理画像における上皮組織構造を考慮したがんの自動検出.  第17回日本デシタルパソロジー研究会総会,  広島,  2018/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者