東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 放射線医学講座(大橋)
 Department of Radiology (Ohashi)

教授:
  五味 達哉
臨床教授:
  関口 隆三
講師:
  長基 雅司
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















五味 達哉   教授
 1 1  2          2
(2)
 8
 
 
 1
(1)
 
関口 隆三   臨床教授
 1 1  1  1        5
 2
 
 
 
 
長基 雅司   講師
  1  1          
 7
 
 
 
 
江戸 博美   助教
  1 1 1          
 2
 
 
 
 
杉山 三紀   助教
              
 
 
 
 
 
角尾 美果   助教
              
 
 
 
 
 
長谷川 誠   助教
              
 
 
 1
 
 
村田 望   助教
  1            
 2
 1
 
 
 
 2 1  1 0  0  7
(2)
 1
(0)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 関口隆三、桑島 章、神田泰一、板垣信生:  超音波検診における膵の描出程度に影響する因子の検討.  日本消化器がん検診学会雑誌  56 (4) :508 -517 , 2018
2. Hiromi Edo, Ryuzo Sekiguchi, Naoki Edo, Akiko Kajiyama, Masashi Nagamoto, Tetsuya Gomi:  Evaluation of Biliary Anatomy in the Caudate Lobe using Drip Infusion Cholangiography-Computed Tomography.  Abdominal Radiology  :doi: 10.1007/s00261-018-1825-4. , 2018
3. Kamitani T, Yabuuchi H, Kanemaki Y, Tozaki M, Sonomura T, Mizukoshi W, Nakata W, Shimono T, Urano M, Yamano T, Kato F,Kuchiki M, Shiraga N, Yanagita H, Katsuda E, Kataoka M, Yamaguchi K, Hirokoshi T, Gomi T, Nozaki M, Shiotani M, Amano M, Saigusa H, Sadaoka S, Kamiya H, Kubo M, Yamashita N, Yamamoto H, Honda H:  Effects of menstrual cycle on background parenchymal enhancement and detectability of breast cancer on dynamic contrast-enhanced breast MRI: A multicenter study of an asian population.  European journal of radiology  110 :130 -1352019 , 2019
4. Naoki Edo, Koji Morita, Miki Sakamoto, Tatsuro Kaminaga, Hiromi Edo, Erina Okamura, Masumi Ogawa, Kazuhisa Tsukamoto, Hiroko Okinaga, Toshio Ishikawa:  Correlation between anti-thyroid peroxidase antibody levels and diffuse thyroid uptake of 18F-fluorodeoxyglucose in Hashimoto's thyroiditis: a retrospective study.  Thyroid Research  :doi: 10.1186/s13044-018-0058-5. , 2018
総説及び解説
1. 服部尚史,中野晃枝,五味達哉:  Ingenia prodiva 1.5T CX の使用経験.  ROUTINE CLINICAL MRI 2019 BOOK  50 (14) :130 -134 , 2018
2. 五味達哉,服部尚史,中野晃枝,梶山亜希子,布施かおり,江戸博美,村田 望,長基雅司,関口隆三:  シーメンスMAGNETOM Vida の使用経験.  ROUTINE CLINICAL MRI 2019 BOOK  50 (14) :81 -84 , 2018
■ 著書
1. 関口隆三:  検診で指摘された肝腫瘤精査.  外来での疾患別プライマリ・エコー  38-41.  文光堂,  東京、日本, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 五味達哉: 腹部画像診断における新しい撮像方法および造影剤情報の管理方法..  第38回日本画像医学会,  東京,  2019/03
2. ◎梶山亜紀子, 五味達哉, 平井希, 齋藤紀彦, 青木和哉, 高橋啓, 岩渕聡: Gliosarcomaの一例(ポスター).  第48回日本神経放射線学会,  久留米,  2019/02
3. ◎関口隆三: 消化器イメージリーディング.  日本超音波医学会第30回関東甲信越地方会学術集会,  東京、日本,  2018/10
4. ◎関口隆三、長基雅司、五味達哉、渡邉 学、藤崎 純: 超音波の精査はCT やMRI で十分か?.  日本超音波医学会第30回関東甲信越地方会学術集会,  東京、日本,  2018/10
5. ◎金澤真作✝, 島宏彰, 中村卓, 三塚幸夫, 野呂綾, 佐藤恵美, 野間翠, 加賀輝美, 今吉由美, 亀井桂太郎, 加藤久美子, 竹政伊知郎, 久富五郎, 長谷川匡, 森満, 関口隆三✝, 位藤俊一, 平井都始子, 奥野敏隆: JABTS乳房造影超音波における乳がんの広がり診断に関する研究部会企画
乳房造影超音波における乳がんの広がり診断に関する研究 -Evergreen試験の概要について-.  第41回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  大阪,  2018/10
6. ◎服部尚史,中野晃枝,長基雅司,梶山亜希子,並木隆,中村理宣,岩渕聡,五味達哉: 3D-radial sampling併用頚動脈Black-Blood imagingの検討.  第46回日本磁気共鳴医学会大会,  金沢,  2018/09
7. ◎服部尚史,中野晃枝,長基雅司 ,梶山亜希子 ,五味達哉: 残留造影剤量の観点から検討したスパイラルフローチューブの有用性の検討.  第46回日本磁気共鳴医学会大会,  金沢,  2018/09
8. ◎梶山 亜希子, 江戸 博美, 村田 望, 長基 雅司, 関口 隆三, 五味 達哉: カテーテルアブレーション後に発症した Upper lobe venous drainage posterior to the bronchus intermedius (UVPBI) を伴う肺静脈閉塞の1例.  第453回 日本医学放射線学会関東地方会,  大宮、日本,  2018/06
9. ◎関口隆三、長基雅司、五味達哉、渡邊 学、藤崎 純、女屋博昭: 超音波シミュレーションモデルによる肝区域解剖の学習.  日本超音波医学会第91回学術集会,  神戸、日本,  2018/06
10. ◎関口隆三、長基雅司、五味達哉、渡邊 学、藤崎 純: 腹痛を伴う消化器領域疾患の超音波診断.  日本超音波医学会第91回学術集会,  神戸、日本,  2018/06
11. ◎五味達哉: ヨード造影剤の安全性-CTにおける造影手技の観点から-.  第77回日本医学放射線学会,  横浜,  2018/04
12. ◎Sekiguchi R, Edo H, Murata N, Yamasaki Y, Nagamoto M, Gomi T, Onaya H: Vascular Malformation: Aortic Arch Malformation and Inferior Vena Cava Malformation.  第77回日本医学放射線学会総会,  Yokohama, Japan,  2018/04
国際学会
1. ◎Nozomu Murata , Kiyoko Murata , Luis F. Gonzalez-Cuyar ,Desiree Marshall,
Daniel S.Hippie, Russell Dills, Ken R. Maravilla: The correlation of Gd deposition with administration of GBCAs and the elimination trends in human Brain Bone and Skin.  RSNA(Radiology Society of North America)2018,  Chicago, USA,  2018/11
2. Makoto Hasegawa, Clay Davis, Luis Gonzalez-Cuyar, Debra Ellisor, Donna Roberts, Kenneth Maravilla: Detection of Chelated GBCA in Human Postmortem Brain and Bone Tissue;
Distribution by different chelate species.  American Society of Neuroradiology 56th Annual Meeting,  Vancouver, Canada,  2018/06
その他
1. ◎五味達哉: 腹部画像診断,CT と MRI の使い分け.  画像診断研究会,  東京,  2018/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者