東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 泌尿器科学講座(佐倉)
 Department of Urology (Sakura)

教授:
  鈴木 啓悦
  高波 眞佐治
准教授:
  神谷 直人
講師:
  矢野 仁
助教:
  西見 大輔(2018年12月まで), 遠藤 匠, 岡 了,内海孝信(2019年1月から)
シニア・レジデント:
  李 芳菁(2018年9月まで)
レジデント:
  加藤 精二(2018年10月から),米田 慧,三田真朗, 森堂道,飯島正太
■ 概要
東邦大学医療センター佐倉病院泌尿器科
2018年4月から,飯島先生が新たに佐倉病院泌尿器科で後期専門研修を開始されました。3週おきに泌尿器科のベッドサイド実習を受け入れています。

診療に関しましては,外来は月曜日から土曜日まで,午前中に原則4-5名での新規・再来患者の診察を行ったほか,各種専門外来を火曜日除く午後におこなっております。専門外来は,前立腺・内分泌,腹腔鏡・腫瘍,尿路結石,排尿機能,尿路感染症,男性機能に関して行いました。これらの専門外来を通じて,患者さんの疾患特異性にあわせたきめ細かい診療を提供しております。

泌尿器科領域での医療連携を強化するために,当院医師を当院の診療県内の周辺医療機関へ派遣して,患者様の紹介・逆紹介の強化をおこなっております。市民公開講座などを通じた患者様の啓蒙活動も積極的におこなっております。2012年からは,印旛市郡・八千代・習志野市の3医師会のご協力もあり,千葉県央泌尿器科医療連携協議会を設立し、年1回のペースで医療連携講演会を開催しており、泌尿器科と他診療科の先生方の積極的な交流をさらに深めて参りたいと考えております。
■ Keywords
泌尿器科腫瘍学, 排尿機能, 尿路結石症, 尿路感染症, 男性機能学
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  鈴木啓悦 :St.Gallen APCCC Consensus Panel Member 2015/2017/2019 日本泌尿器科学会・理事・代議員・男女共同参画委員会委員長,専門医制度審議会委員,専門研修委員会委員 日本アンドロロジー学会・理事・評議員, 日本泌尿器内視鏡学会・代議員, 日本排尿機能学会・代議員, 日本泌尿器腫瘍学会・代議員,日本内分泌学会・評議員 日本泌尿器病理研究会(JSUP)・代表幹事 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会・世話人, 泌尿器科分子・細胞研究会・世話人, 腎泌尿器予防医学研究会・世話人 関東ホルモンと癌研究会・幹事, 千葉内視鏡外科研究会・世話人, 放射線医学総合研究所・重粒子線治療泌尿器腫瘍研究班・班員, 筑波大学陽子線医学利用研究センター・効果安全性評価委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  鈴木啓悦 :St.Gallen APCCC Consensus Panel Member 2015/2017/2019 日本泌尿器科学会・理事・代議員・男女共同参画委員会委員長,専門医制度審議会委員,専門研修委員会委員 日本アンドロロジー学会・理事・評議員, 日本泌尿器内視鏡学会・代議員, 日本排尿機能学会・代議員, 日本泌尿器腫瘍学会・代議員,日本内分泌学会・評議員 日本泌尿器病理研究会(JSUP)・代表幹事 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会・世話人, 泌尿器科分子・細胞研究会・世話人, 腎泌尿器予防医学研究会・世話人 関東ホルモンと癌研究会・幹事, 千葉内視鏡外科研究会・世話人, 放射線医学総合研究所・重粒子線治療泌尿器腫瘍研究班・班員, 筑波大学陽子線医学利用研究センター・効果安全性評価委員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















鈴木 啓悦   教授
 4 3  10  1   1     6
(6)
 26
(6)
 2
(2)
 5
 21
(21)
 1
高波 眞佐治   教授
  1            
 16
(3)
 
 
 
 1
神谷 直人   准教授
  4  4     1     5
(3)
 16
(2)
 
 6
(1)
 
 1
矢野 仁   講師
  4  1     1     2
(1)
 19
(3)
 1
 4
(1)
 1
(1)
 2
(1)
内海 孝信   助教
 1 3  2  1  1      
 2
 
 4
(1)
 1
 1
遠藤 匠   助教
  4  2     1     1
 18
(4)
 
 5
(1)
 
 1
岡 了   助教
  4 1 1          2
 16
(4)
 2
 3
(1)
 
 1
西見 大輔   助教
  1            
 16
(3)
 
 2
 
 1
 5 1  2 1  0  16
(10)
 5
(2)
 23
(22)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 米田慧, 矢野仁, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 上島修一, 神谷直人, 鈴木啓悦:  後期高齢者の上部尿路結石に対する経尿道的破砕術(URS)の検討.  Japanese Journal of Endourology  :126 -129 , 2018
2. Oka R, Utsumi T, Endo T, Yano M, Kamijima S, Kamiya N, Suzuki H:  Worening of the low-density lipoprotein cholesterol to high-density lipoprotein cholesterol ratio in patients with prostate cancer after androgen deprivation therapy.  Asian Journal of Andrology  20 :634 -636 , 2018
3. Matsubara N, Yamada Y, Tabata KI, Kamiya N, Suzuki H, Kawahara T, Uemura H, Yano A, Kawakami S, Otsuka M, Fukasawa S:  Abiraterone followed by enzalutamide versus enzalutamide followed by abiraterone in chemotherapy-naive patients with metastatic castration-resistant prostate cancer.  Clin Genitourin Cancer  16 (2) :142 -148 , 2018
4. Kasuya G, Tsuji H, Nomiya T, Makishima H, Haruyama Y, Kobashi G, Ebner D, Hayashi K, Omatsu T, Kishimoto R, Yasuda S, Igarashi T, Oya M, Akakura K, Suzuki H, Ichikawa T, Shimazaki J, Kamada T, the Working Group for Genitourinary Tumors:  Updated Long-term outcomes after carbon-ion radiotherapy for primary renal cell carcinoma.  Cncer Science  :2873 -2880 , 2018
5. Sakakibara R, Shimizu A, Takahashi O, Tateno F, Kishi M, Aiba Y, Suzuki H, Yamamoto T, Shibata C, Yamanishi T:  Lower Urinary Tract Function in Familial Spastic Paraplegia.  Eurpean Neurology  :121 -125 , 2018
6. Sakakibara R, Lee F-C, Suzuki H, Tateno F, Kishi M, Aiba Y:  Parkinson's disease and prostate enlargement: Both contribute to overactive bladder in the elderly.  Int J Urol  25 (11) :982 -983 , 2018
7. Wakai K, Utsumi T, Yoneda K, Oka R, Endo T, Yano M, Fujimura M,
Kamiya N, Sekita N, Mikami K, Sugano I, Hiruta N, Suzuki H:  Development and external validation of a nomogram to predict
high-grade papillary bladder cancer before first-time transurethral
resection of the bladder tumor.  International Journal of Clinical Oncology  23 (5) :957 -964 , 2018
8. Fukasawa S, Suzuki H, Kawaguchi K, Noguchi H, Enjo K, Tran N, Todd M, Fizazi K, Matsubara N:  Efficacy and safety of abiraterone acetate plus prednisone in Japanese patients with newly diagnosed, metastatic hormone-naïve prostate cancer: a sub group analysis of LATITUDE, a randomized, double-blind- placebo-controlled, phase 3 study.  Jpn J Clin Oncol  48 (11) :1012 -1021 , 2018
9. Takahashi S, Kinuya S, Nonomura N, Shinohara N, Suzuki K, Suzuki H, Nakamura K, Satoh T, Tateishi U, Yoneda T, Horikoshi H, Igawa T, Kamai T, Koizumi M, Kosaka T, Matsubara N, Miyake H, Mizokami A, Mizowaki T, Nakamura N, Nozawa M, Takahashi T, Uemura H, Uemura M, Yokomizo A, Yoshimura M, Kakehi Y:  Japanese Expert Panel Meeting on the Management of Prostate Cancer with Bone Metastases.  Oncology and Therapy  6 :157 -171 , 2018
10. Kato S, Kamijima S, Inaoka T, Kamiya N, Sasai D, Terada H, Hiruta N, Suzuki H:  Quantitative evaluation of the relative apparent diffusion coefficient values on multiparametric magnetic resonance imaging to predict higher Gleason score prostate cancer.  Scand J Urol  52 (3) :180 -185 , 2018
総説及び解説
1. 内海孝信, 宋本尚俊, 加藤精二, 若井健, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 西見大輔, 矢野仁, 上島修一, 神谷直人, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦:  9.前立腺癌.  コンセンサス癌治療  15 (2) :103 -107 , 2018
2. 鈴木啓悦, 岡了, 内海孝信, 遠藤匠, 矢野仁, 神谷直人:  特集:泌尿器がん 前立腺がん1)去勢感受性前立腺がんに対する治療戦略-ADT+ドセタキセル/アビラテロンの選択.  腫瘍内科  23 (1) :14 -21 , 2019
3. 鈴木啓悦:  進行性前立腺癌治療の最新動向~St.Gallen APCCC2017からのフィードバック~.  第44回尿路悪性腫瘍研究会記録  :58 -69 , 2018
4. 李芳菁:  泌尿器科から見た神経難病~排泄指導管理を含めて.  難病と在宅ケア  24 (1) :10 -15 , 2018
5. 滑川剛史,内海孝信,鈴木啓悦,市川智彦:  原発性アルドステロン症における鏡視下副腎摘除術後の高血圧治療成績.  日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌  35 (1) :18 -22 , 2018
6. 鈴木啓悦,福原浩,宮北英司,渡邉豊彦,小島聡子:  男女共同参画「ダイバーシティ時代における提案」.  日本泌尿器科学会雑誌109Supplement  109 :113 -114 , 2018
7. 鈴木啓悦, 岡了, 内海孝信, 遠藤匠, 矢野仁, 神谷直人:  転移性前立腺癌に対する一次治療 ―アビラテロン―.  泌尿器外科  32 (2) :107 -113 , 2019
8. Heinrich D, Bruland Ø, Guise TA, Suzuki H, Sartor O:  Alkaline phosphatase in metastatic castration-resistant prostate cancer: reassessment of an older biomarker.  Future Oncol  14 :2543 -2556 , 2018
■ 著書
1. 内海孝信, 鈴木啓悦:  第4章 主要疾患編 C.副腎疾患 5.副腎偶発腫瘍.  ここが知りたい!内分泌疾患診療ハンドブックVer.2  249-254.  中外医学社,  日本東京, 2018
2. Utsumi T, Kamiya N, Yano M, Endo T, Suzuki H:  Alternative antiandrogen therapy for CRPC.  Hormone therapy and castration resistance of prostate cancer  215-223.  Springer,  Germany, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎神谷直人, 遠藤匠, 岡了, 米田慧, 飯島正太, 森堂道, 三田真朗, 加藤精二, 矢野仁, 西見大輔, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 前立腺癌に対する腹腔鏡下前立腺全摘除術の改良に伴う治療効果の検討.  第24回千葉内視鏡外科研究会,  千葉県千葉市,  2019/02
2. ◎鈴木啓悦: Oligometsを考えると前立腺癌診療が変わる!?.  第34回前立腺シンポジウム:教育セミナー2,  東京都港区,  2018/12
3. ◎三田真朗, 神谷直人, 飯島正太, 森堂道, 米田慧, 李芳菁, 岡了, 遠藤匠, 西見大輔, 矢野仁, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: 後腹膜繊維症に対する臨床的検討.  第110回千葉泌尿器科集談会,  千葉市中央区,  2018/12
4. ◎岡了, 神谷直人, 米田慧, 遠藤匠, 矢野仁, 鈴木啓悦: 上部尿路腫瘍術前の尿管鏡検査の有用性についての検討.  第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,  宮城県仙台市,  2018/11
5. ◎藤村正亮, 白石智大, 杉山真康, 中森央貴, 西川里佳, 佐藤広明, 河野弘圭, 矢野仁, 鈴木啓悦, 三上和男: 長径15~30mm腎結石に対するTUL、PNLの治療成績.  第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,  宮城県仙台市,  2018/11
6. ◎飯島正太, 神谷直人, 米田慧, 森堂道, 三田真朗, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 西見大輔, 矢野仁, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 膀胱全摘除術を施行した筋層浸潤性膀胱癌の再発および予後予測因子の検討.  第70回西日本泌尿器科学会総会,  長崎県長崎市,  2018/11
7. ◎米田慧, 内海孝信, 飯島正太, 森堂道, 三田真朗, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 西見大輔, 矢野仁, 神谷直人, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: 初回経尿道的膀胱腫瘍切断術(TUR-BT)前にlympohovascular invasion (LVI) を予測する因子の検討.  第70回西日本泌尿器科学会総会,  長崎県長崎市,  2018/11
8. ◎鈴木啓悦: 進行性前立腺癌診断の新展開:診断が変わると治療も変わる!.  第70回西日本泌尿器科学会総会:教育セミナー5,  長崎県長崎市,  2018/11
9. ◎飯島正太, 李芳菁, 矢野仁, 森堂道, 三田真朗, 米田慧, 岡了, 遠藤匠, 西見大輔, 神谷直人, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: 経尿道的破砕術症例に対する経時的な治療成績と術後尿路感染症についての臨床的検討.  第11回東邦大学医療センター佐倉病院学術集会・東邦医学会分科会,  千葉県佐倉市,  2018/10
10. ◎森堂道, 神谷直人, 米田慧, 三田真朗, 李芳菁, 岡了, 遠藤匠, 矢野仁, 鈴木啓悦: CRPC骨転移症例に対するRa-223の効果予測因子の臨床的検討.  日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会,  神奈川県横浜市,  2018/10
11. ◎神谷直人, 鈴木啓悦, 関田信之, 巣山貴仁, 深沢賢, 三上和男, 納谷幸男, 市川智彦: ハイリスクNMIBCに対する2ndTURの意義.  第56回日本癌治療学会学術集会,  神奈川県横浜市,  2018/10
12. ◎岡了, 神谷直人, 米田慧, 遠藤匠, 李芳菁, 西見大輔, 矢野仁, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: 実臨床において上部尿路上皮癌の診断や予後予測として尿管鏡は有用であるか.  第56回日本癌治療学会学術集会,  神奈川県横浜市,  2018/10
13. ◎間庭章光, 中津裕臣, 神谷直人, 扇瑞枝, 小林久謹, 中山正彦: ADT開始後早期に去勢抵抗性を獲得した前立腺癌患者に対するアビラテロンの有用性.  第56回日本癌治療学会学術集会,  神奈川県横浜市,  2018/10
14. ◎鈴木啓悦, 米田慧, 李芳菁, 岡了, 遠藤匠, 矢野仁, 神谷直人: 進行性前立腺癌アップデート2018.  第56回日本癌治療学会学術集会:教育セッション5 泌尿器がん,  神奈川県横浜市,  2018/10
15. ◎神谷直人, 飯島正太, 森堂道, 三田真朗, 米田慧, 李芳菁, 岡了, 遠藤匠, 西見大輔, 矢野仁, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: ハイリスク転移性ホルモン感受性前立腺癌に対する薬物療法.  第83回日本泌尿器科学会東部総会 シンポジウム8「ハイリスク前立腺がん:最新の治療法の使い分け」,  東京都港区,  2018/10
16. ◎松下千枝, 那須保友, 藤井靖久, 山本新吾, 樋口はるか, 山本恭代, 小林知子, 西田幸代, 佐々木ひと美, 高橋さゆり, 小島聡子, 前田佳子, 鈴木啓悦: 2017年版泌尿器科医アンケートから見えた泌尿器科医師の現状.  第83回日本泌尿器科学会東部総会:男女共同-2 JUA男女共同参画委員会シンポジウム,  東京都港区,  2018/10
17. ◎森堂道, 遠藤匠, 飯島正太, 三田真朗, 米田慧, 李芳菁, 岡了, 西見大輔, 矢野仁, 神谷直人, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: デュタステリドを投与された前立腺肥大症患者のMRI画像におけるADC値の有用性に関する検討.  第68回日本泌尿器科学会中部総会,  愛知県名古屋市,  2018/10
18. ◎高橋修, 榊原隆次, 清水彩未, 西村春香, 杉山恵, 丹治直映, 舘野冬樹, 矢野仁, 鈴木啓悦, 清水一寛, 高田伸夫: 下部尿路機能障害とCAVI・頸動脈エコーとの対比.  第25回日本排尿機能学会,  愛知県名古屋市,  2018/09
19. ◎矢野仁, 榊原隆次, 高橋修, 李芳菁, 飯島正太, 森堂道, 三田真朗, 米田慧, 岡了, 遠藤匠, 西見大輔, 神谷直人, 髙波眞佐治, 鈴木啓悦: パーキンソン病・レビー小体型認知症における運動障害と排尿障害の関連性の検討.  第25回日本排尿機能学会,  愛知県名古屋市,  2018/09
20. ◎李芳菁: 当院における≦2cmの腎結石に対するf-TULとTAPの比較.  日本尿路結石症学会第28回学術集会,  大阪府大阪市,  2018/08
21. ◎鈴木啓悦: 進行性前立腺癌に対するシーケンシャル療法:新規AR標的治療薬によって前立腺癌治療がどう変わるか?.  第16回日本臨床腫瘍学会学術集会:シンポジウム14:泌尿器科癌に対するシーケンシャル療法;新規薬剤によって治療法はどのように変わるか?,  兵庫県神戸市,  2018/07
22. ◎神谷直人, 遠藤匠, 岡了, 米田慧, 若井健, 李芳菁, 矢野仁, 西見大輔, 高波眞佐治, 徳山宣, 蛭田啓之, 吉田正, 松澤康雄, 岡住慎一, 鈴木啓悦: 肺多型癌副腎転移に対して左副腎摘除を行い腫瘍熱が改善した1例.  第30回日本内分泌外科学会総会,  北海道札幌市,  2018/06
23. ◎森堂道, 矢野仁, 飯島正太, 三田真朗, 米田慧, 李芳菁, 岡了, 遠藤匠, 西見大輔, 神谷直人, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: ディスポーザブル軟性尿管鏡 Litho Vue™の使用経験.  第109回千葉泌尿器科集談会,  千葉市中央区,  2018/06
24. ◎飯島正太, 岡了, 森堂道, 三田真朗, 米田慧, 李芳菁, 遠藤匠, 西見大輔, 矢野仁, 神谷直人, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: 限局性尿管アミロイドーシスの1例.  第109回千葉泌尿器科集談会,  千葉市中央区,  2018/06
25. ◎矢野仁, 李芳菁, 米田慧, 岡了, 西見大輔, 遠藤匠, 神谷直人, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: 高齢者における尿路ドレナージの意義.  第31回日本老年泌尿器科学会:シンポジウム4,  福井県福井市,  2018/05
26. ◎神谷直人, 米田慧, 宋本尚俊, 若井健, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 矢野仁, 上島修一, 西見大輔, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: 高リスク群前立腺癌における骨盤内リンパ節郭清の廓清法(限局廓清 vs. 拡大廓清)に対する臨床的検討.  第106回日本泌尿器科学会総会,  京都,  2018/04
27. ◎中森央貴, 藤村正亮, 杉山真康, 西川里佳, 関田信之, 鈴木啓悦, 近藤幸尋, 三上和男: 筋層非浸潤性膀胱癌に対する2nd TURBTの検討.  第106回日本泌尿器科学会総会,  京都,  2018/04
28. ◎藤村正亮, 杉山真康, 中森央貴, 西川里佳, 関田信之, 鈴木啓悦, 三上和男: 過活動膀胱(OAB)に対するフェストロジンの効果に対する臨床的検討.  第106回日本泌尿器科学会総会,  京都,  2018/04
29. ◎米田慧, 内海孝信, 宋本尚俊, 岡了, 李芳菁, 遠藤匠, 西見大輔, 矢野仁, 神谷直人, 髙波眞左治, 蛭田啓之, 鈴木啓悦: 前立腺全摘除術後の早期PSA再発を予測する因子の検討.  第106回日本泌尿器科学会総会,  京都,  2018/04
30. ◎鈴木啓悦: 日本における進行性前立腺癌治療のパラダイムシフト.  第106回日本泌尿器科学会総会・16th UAA congress 2018:教育セミナー31:進行性前立腺癌治療におけるパラダイムシフト,  京都,  2018/04
31. ◎鈴木啓悦: APCCC2017を踏まえた前立腺癌薬物療法の新展開.  第106回日本泌尿器科学会総会:シンポジウム27:前立腺癌薬物治療の過去・現在・未来,  京都,  2018/04
32. ◎遠藤匠, 杉﨑裕香, 米田慧, 李芳菁, 岡了, 西見大輔, 矢野仁, 神谷直人, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: 経直腸的前立腺針生検における予防抗菌薬について.  第106回日本泌尿器科学会総会,  京都,  2018/04
33. ◎松下千枝, 佐々木ひと美, 那須保友, 藤井靖久, 山本新吾, 山本恭代, 高橋さゆり, 西田幸代, 小林知子, 樋口はるか, 小島聡子, 前田佳子, 鈴木啓悦: 泌尿器科医アンケート2017から見えた泌尿器科医師の現状.  第106回日本泌尿器科学会総会:男女共同参画委員会シンポジウム:泌尿器科医の実態・悩み・苦しみ そして希望~性別・年齢を超えたダイバーシティを目指して,  京都,  2018/04
34. ◎杉山真康, 藤村正亮, 中森央貴, 西川里佳, 関田信之, 鈴木啓悦, 三上和男: 当院におけるmini TAP(TUL-assisted PNL)の臨床的検討.  第106回日本泌尿器科学会総会,  京都,  2018/04
国際学会
1. ◎Suzuki H: Multidisciplinary approach to advanced prostate cancer :How to stratify and treat them?.  11th International Symposium on Focal Therapy and Imaging in Prostate and Kidney Cancer:Luncheon Seminar Ⅲ,  京都府京都市,  2019/02
2. ◎Gillessen S, Schmid S, Beltran H, Almeida DVP, Mehra N, Lavaud P, Barrera M, Pignataro D, Marcos C, Conteduca V, Efstathiou E, Le HML, Pezaro C, Suzuki H, Zivi A, Hayoz S, Klingbiel D, Omlin A: Platinum-based therapy in men with metastatic castration resistant prostate (mCRPC) with or without DNA repair defects – a multicentre retrospective analysis.  ESMO 2018 congress,  Munich, Germany,  2018/10
3. ◎Suzuki H, Iijima S, Mori T, Sanda M, Lee F, Oka R, Utsumi T, Endo T, Yano M, Kamiya N: Treatment Strategies for Metastatic Castration Sensitive Prostate Cancer(mCSPC).  The 17th International Prostate Forum:Session4:High Risk PCA and CRPC Update,  東京都港区,  2018/10
4. ◎Oka R, Utsumi T, Endo T, Yano M, Kamiya N, Suzuki H: SERUM LIPID PROFILE CANNOT IMPROVE AFTER WITHDRAWAL OF ANDROGEN DEPRIVATION THERAPY IN PATIENTS WITH PROSTATE CANCER DESPITE THE RECOVERY OF SERUM TESTOSTERONE: IS THE CARDIOVASCULAR RISK STILL REMAINING?.  AUA2018,  San Francisco, USA,  2018/05
5. ◎Nakatsu H, Maniwa A, Kamiya N, Ogi M, Kobayashi H, Nakayama M: ABIRATERONE ACETATE(AA)+PREDNISOLONE(P) FOR METASTATIC CASTRATION-RESISTANT PROSTATE CANCER(MCRPC) WITH EARLY PROGRESSION OR NO-RESPONSE TO ANDROGEN DEPRIVATION THERAPY(ADY);FINAL ANALYSIS.  AUA2018,  San Francisco, USA,  2018/05
6. ◎Wakai K, Utsumi T, Somoto T, Yoneda K, Oka R, Endo T, Yano M, Kamiya N, Hiruta H, Fujimura M, Sekita N, Mikami K, Suzuki H: Clinical predictors for high-grade papillary bladder tumor before first-time transurethral resection:Construction and External Validation of a Nomogram.  16th UAA congress 2018,  京都,  2018/04
7. ◎Oka R, Utsumi T, Endo T, Yano M, Nishimi D, Kamijima S, Kamiya N, Suzuki H: Assessment of Arterial Stiffness Using Cardio-Ankle Vascular index in Patients with Prostate Cancer Treated by an Androgen Deprivation Therapy.  16th UAA congress 2018,  京都,  2018/04
8. ◎Yano M, Iijima S, Sanda M, Yoneda K, Lee F, Oka R, Endo T, Nishimi D, Kamiya N, Takanami M, Suzuki H: The Clinical usefulness of MRI findings in Patients with Symptomatic Benign Prostatic Enlargement Treated with Dutasteride.  16th UAA congress 2018,  京都,  2018/04
その他
1. ◎鈴木啓悦: 進行性前立腺癌治療のパラダイムシフト.  第8回 Kongoh Urology Meeting,  大阪府大阪市,  2019/02
2. ◎鈴木啓悦: 去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)診療の現在・過去・未来.  山梨前立腺癌研究会,  山梨県甲府市,  2019/01
3. ◎森堂道: mCRPCにおけるRa-223の至適投与に対する検討.  第40回千葉泌尿器科同門会学術集会・第1398回千葉医学会例会,  千葉市中央区,  2019/01
4. ◎内海孝信: UNC留学記:Billy Labで学べる知識とスキル.  第40回千葉泌尿器科同門会学術集会・第1398回千葉医学会例会,  千葉市中央区,  2019/01
5. ◎米田慧: 東邦大学医療センター佐倉病院での3年間を振り返って.  第40回千葉泌尿器科同門会学術集会・第1398回千葉医学会例会,  千葉市中央区,  2019/01
6. ◎鈴木啓悦: 本当は怖いM0CRPC.  JanssenPro Webセミナー,  東京都,  2018/12
7. ◎米田慧, 内海孝信, 飯島正太, 森堂道, 三田真朗, 岡了, 遠藤匠, 西見大輔, 矢野仁, 神谷直人, 蛭田啓之, 髙波眞左治, 鈴木啓悦: 前立腺全摘除術後の早期PSA再発を予測する因子の検討.  第34回前立腺シンポジウム,  東京都港区,  2018/12
8. ◎鈴木啓悦: 進行性前立腺癌治療のエビデンスを整理する.  第22回信州泌尿器科腫瘍研究会,  長野県松本市,  2018/12
9. ◎鈴木啓悦: 進行性前立腺癌治療のパラダイムシフト.  前立腺がんのトピックス2018,  東京都中央区,  2018/12
10. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌の骨転移マネジメント~ハワード・ケリーを知っていますか~.  第2回埼玉前立腺癌骨転移治療研究会,  埼玉県さいたま市,  2018/11
11. ◎鈴木啓悦: 転移性前立腺癌診療の個別化:ちょうどいいを考える.  HNPC Round Table Discussion in KANAGAWA,  神奈川県横浜市,  2018/11
12. ◎鈴木啓悦: 進行性前立腺癌治療のパラダイムシフト.  第9回山口ウロ・オンコロジーフォーラム,  山口県山口市,  2018/11
13. ◎鈴木啓悦: 近未来(AI時代)の前立腺癌診療.  第25回東京前立腺癌フォーラム 前立腺癌診療:25年の集大成と近未来に向けて,  東京都千代田区,  2018/10
14. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌に対するホルモン療法~その功罪と変革~.  泌尿器科エキスパート講演会,  千葉県佐倉市,  2018/09
15. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌の骨転移マネジメント.  Xofigo Proper Use Forum,  熊本県熊本市,  2018/09
16. ◎矢野仁: 男性下部尿路症状のマネジメント.  印旛市郡医師会学術講演会~第8回千葉県央泌尿器科医療連携フォーラム~,  千葉県佐倉市,  2018/07
17. ◎深沢賢, 鎌迫智彦, 宋本尚俊, 植村俊彦, 竹下暢重, 大塚真史, 篠崎哲男, 小林将行, 小丸淳: 当科でのニボルマブ使用経験と免疫関連有害事象(irAE)の報告.  第49回腎癌研究会,  東京都港区,  2018/07
18. ◎鈴木啓悦, 杉元幹史, 北村寛, 松原伸晃: mHNPCの“標準治療”を考える.  Update on Prostate Cancer 2018,  東京都港区,  2018/06
19. ◎鈴木啓悦: 進行性前立腺癌治療の最適化:逆算のすすめ.  浜松泌尿器科CRPCセミナー2018,  静岡県浜松市,  2018/06
20. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌に対するホルモン療法-その功罪と変革-.  横須賀市泌尿器科医会学術講演会,  神奈川県横須賀市,  2018/06
21. ◎矢野仁: 高齢者OABの治療戦略2018.  第19回ゐのはな泌尿器科検討会,  千葉市中央区,  2018/06
22. ◎鈴木啓悦: 前立腺癌の骨転移マネジメント~ハワード・ケリーを知っていますか?~.  北里大学病院 病病連携の会,  神奈川県相模原市,  2018/06
23. ◎鈴木啓悦: 転移性前立腺癌治療のパラダイムシフト~new CAB 時代へ~.  第2回CRPC Conference in Izumo,  島根県出雲市,  2018/05
24. ◎鈴木啓悦, 松原伸晃: どうする?どうなる?転移性前立腺癌治療.  Janssen/AstraZeneca Webセミナー,  東京都,  2018/05
25. ◎鈴木啓悦: 転移性前立腺癌治療のパラダイムシフト~new CAB 時代へ~.  Prostate Cancer Cutting Edge in Chiba,  千葉市美浜区,  2018/05
26. ◎鈴木啓悦: 前立腺がん.  市民公開講座:お父さんの健康を考えよう!「前立腺のお話」,  千葉県佐倉市,  2018/05
27. ◎鈴木啓悦: 転移性前立腺癌治療のパラダイムシフト~new CAB時代へ~.  第13回Itabashi Urological Workshop,  東京都豊島区,  2018/04
28. ◎鈴木啓悦: 手術ファーストで考えるハイリスク前立腺癌の治療戦略.  目黒区泌尿器科医会,  東京都目黒区,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者