東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 泌尿器科学講座(大森)
 Department of Urology (Omori)

教授:
  中島 耕一
  永尾 光一
准教授:
  小林 秀行
講師:
  鈴木 九里
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















中島 耕一   教授
 1   4   1       1
(1)
 22
 1
 14
(3)
 
 1
永尾 光一   教授
 4 2  2  2 1       7
(6)
 28
(1)
 14
(6)
 3
 
 1
小林 秀行   准教授
 1  1 2  1        9
(4)
 17
 
 7
(1)
 2
(1)
 
鈴木 九里   講師
      1        4
 11
 1
 4
 
 1
清水 俊博   助教
              
 3
 
 1
 
 1
田井 俊宏   助教
    2          1
 20
 
 7
(1)
 
 1
田村 公嗣   助教
    1          1
 13
 
 
 
 
中島 陽太   助教
              1
 9
 
 1
 
 1
三井 要造   助教
   1 1          1
 12
 2
 3
 
 1
山辺 史人   助教
    1          1
 12
(1)
 
 2
 
 1
 6 2  4 0  0  26
(11)
 18
(6)
 2
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 荒木徹,小谷俊一,永井敦,石井延久,牛山武久,川西泰夫,木元康介,公文裕巳,佐々木春明,佐藤嘉一,白井将文,武井実根雄,永尾光一,堀田浩貴,丸茂健,安本亮二,吉田英機:  日本性機能学会第1次ICI認可推進委員会・活動始末記..  日性会誌  32 (3) :239 -259 , 2017
2. Yukihide Matsui, Taku Kuwabara, Toyonobu Eguchi, Koichi Nakajima, and Motonari Kondo:  Acetylation regulates the MKK4-JNK pathway in T cell receptor signaling.  Immunology Letters  194 :21 -28 , 2018
3. Jianlin Hu,Koichi Nagao,Toshihiro Tai,Hideyuki Kobayashi,Koichi Nakajima:  Randomized Crossover Trial of Amoxapine Versus VitaminB12 for Retrograde Ejaculation.  International braz j urol : official journal of the Brazilian Society of Urology  43 (3) :496 -504 , 2017
4. Mitsui Y, Shiina H, Kato T, Maekawa S, Hashimoto Y, Shiina M, Imai-Sumida M, Kulkarni P, Dasgupta P, Wong RK, Hiraki M, Arichi N, Fukuhara S, Yamamura S, Majid S, Saini S, Deng G, Dahiya R, Nakajima K, Tanaka Y:  Versican Promotes Tumor Progression, Metastasis and Predicts Poor Prognosis in Renal Carcinoma.  Molecular Cancer Research  15 (7) :884 -895 , 2017
5. Chang I, Mitsui Y, Kim SK, Sun JS, Jeon HS, Kang JY, Kang NJ, Fukuhara S, Gill A, Shahryari V, Tabatabai ZL, Greene KL, Dahiya R, Shin DM, Tanaka Y.:  Cytochrome P450 1B1 inhibition suppresses tumorigenicity of prostate cancer via caspase-1 activation.  Oncotarget  8 (24) :39087 -39100 , 2017
6. Kobayashi H, Tamura K, Tai, T, Nagao K, Nakajima K:  Semen cryopreservation as an oncofertility treatment in 122 Japanese men with cancer: A decade-long study.  Reproductive Medicine and Biology  (16) :320 -324 , 2017
7. Yumura Y, Tsujimura A, Imamoto T, Umemoto Y, Kobayashi H, Shiraishi K, Shin T, Taniguchi H, Chiba K, Miyagawa Y, Iwamoto T:  Nationwide survey of urological specialists regarding male infertility results from a 2015 questionnaire in Japan.  Reproductive Medicine and Biology  (17) :44 -51 , 2018
総説及び解説
1. 永尾光一:  陰圧式勃起補助具・陰茎プロステーシス手術,性機能のエキスパートに聞く術後の性機能..  Prostate Journal  4 (1) :51 -57 , 2017
2. 永尾光一:  けんこうQ&A、 尿道狭窄症.  けんぽだより  176 :10 -10 , 2018
3. 中島耕一:  性器外傷(陰茎折症を含む).  泌尿器care&cure ULO-LO  22 (3) :26 -28 , 2017
4. 永尾光一:  精巣損傷,泌尿器科検査パーフェクトガイド.  臨泌  71 (4) :143 -145 , 2017
5. 永尾光一:  陰茎損傷,泌尿器科検査パーフェクトガイド.  臨泌  71 (4) :146 -148 , 2017
その他
1. 小林 秀行、永尾 光一:  アルコール大量摂取による勃起不全はなぜ生じるか?.  日本医事新報  4867 :68 -68 , 2017
■ 著書
1. 永尾光一(分担):  腎・泌尿器疾患、勃起障害.  日常診療に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE2018-2019  881-885.  メディカルビュー社,  大阪, 2018
2. 永尾光一(分担):  勃起障害・射精障害に対する治療.  生殖医療の必修知識2017  239-243.  杏林舎,  東京, 2017
3. 永尾光一(分担):  泌尿器CQ3 泌尿器がん患者が挙児を希望した場合、治療終了から挙児または妊娠可能になるか?.  小児、思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン2017年版  89-90.  金原出版,  東京, 2017
4. 鈴木九里、中島耕一:  手術を考慮する‘腹痛’の鑑別診断 各論 急性膀胱炎.  成人病と生活習慣病  1579-1583.  東京医学社,  東京、日本, 2017
5. 小林 秀行:  筋層非浸潤性膀胱癌の予後因子.  新腎・泌尿器癌 (下)  71-74.  日本臨床,  東京, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. 小林 秀行: 男性不妊診療Update.  日本A-PART学術講演会,  東京,  2018/03
2. 小林 秀行、岩井 秀憲、田井 俊宏、永尾 光一: 誤ったマスターベーションによる膣内射精障害を克服したサバイバーの1例.  第25回関東アンドロロジーカンファレンス,  東京,  2018/03
3. 小林 秀行、田村 公嗣、岩井 秀憲、田井 俊宏、永尾 光一、片桐 由起子、森田 峰人: 東邦大学医療センター大森病院リプロダクションセンターにおけるがん患者に対する精子凍結の取り組み.  第8回日本がん・生殖医療学会学術集会,  東京,  2018/02
4. ◎永尾光一: 自家組織(真皮)を用いた仙棘靭帯固定術の試み.  第12回日本骨盤臓器脱手術学会(イブニングセミナー),  東京,  2018/02
5. ◎岩井秀憲,田井俊宏,小林秀行,青木九里,中島耕一,永尾光一: 日本人と外国人の受診患者の傾向についての検討.  第28回日本性機能学会東部総会,  横浜,  2018/02
6. ◎尾崎由美,永尾光一,中島耕一,武田明久: 女性性機能メール相談におけるワギニスムス症例の検討.  第28回日本性機能学会東部総会,  横浜,  2018/02
7. 鈴木九里,金子開知, 中島陽太, 山辺史人,三井要造, 小林秀行, 中島耕一,: C.trachomatis による反応性関節炎が疑われた 2 例.  日本性感染症学会第29回学術大会,  札幌, 日本,  2017/12
8. 小林 秀行、岩井 秀憲、田井 俊宏、永尾 光一: 当院における、がん・生殖医療(oncofertility)に対する10年間の取り組み.  第62回日本生殖医学会学術講演会,  下関,  2017/11
9. 小林 秀行: KSの発生機序および挙児への影響.  第62回日本生殖医学会学術講演会,  下関,  2017/11
10. ◎岩井秀憲,田井俊宏,田村公嗣,小林秀行,鈴木九里,片桐由起子,中島耕一,永尾光一: 当院リプロダクションセンターにおける日本人と外国人の受診患者の傾向についての検討.  第62回日本生殖医学会学術講演会,  下関,  2017/11
11. ◎木村将貴,佐々木賢一,遠藤圭織,金谷敦志,山田幸央,宮嵜英世,松下知彦,永尾光一,中川 徹: 3施設における精索静脈瘤の左右発生頻度についての検討.  第62回日本生殖医学会学術講演会,  下関,  2017/11
12. ◎永尾光一: 男性の性機能不全・性障害.  公益財団法人 性の健康医学財団主催 第5回性の健康カウンセラー養成講座(基礎コース)(特別講演),  東京,  2017/10
13. 中島耕一: ED治療における医師のコミュニケーションとQOL向上について.  日本性機能学会 第28回学術総会,  新宿 東京,  2017/09
14. ◎丸山憲一, 篠塚良美, 石田悠里花, 原 真弓, 三塚幸夫, 工藤岳秀, 八鍬恒芳, 小林秀行, 中島耕一, 船橋公彦: 超音波検査が診断に有用であった結腸膀胱棲の1例.  JSS関東甲信越 第36回地方会学術集会,  東京都,  2017/09
15. ◎青木九里,赤星恵子, 竹内晋次郎, 中島陽太, 清水知, 清水俊博, 笠原瑞希, 田井俊宏, 山辺史人, 三井要造, 小林秀行, 永尾耕一, 中島耕一: 男子Down症における精巣発育の検討.  第82回日本泌尿器科学会東部総会,  東京、日本,  2017/09
16. ◎岩田葉子, 芳野弘, 山辺史人, 小泉雅之, 五十嵐弘之, 金口桃子, 土方麻衣, 安藤恭代, 熊代尚記, 内野泰, 池田隆徳, 弘世貴久: 心不全を合併した若年女性のCushing症候群の一例.  第18回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  高崎,  2017/09
17. ◎岩井秀憲,田井俊宏,西郷理恵子,田中祝江,小林秀行,中島耕一,永尾光一: 精索静脈瘤を合併した精巣腫瘍治療に伴う精液所見の変化に対する考察.  第28日本性機能学会総会,  東京,  2017/09
18. ◎田井俊宏,岩井秀憲,西郷理恵子,田中祝江,小林秀行,中島耕一,永尾光一: RigiScan夜間睡眠時陰茎勃起(NPT)評価は陰茎海綿体注射(ICI)検査で代用可能か.  第28日本性機能学会総会,  東京,  2017/09
19. ◎永尾光一: 陰茎プロステーシス手術(Surgical Penile Implant),日本性機能学会卒後・生涯教育プログラム兼日本泌尿器科学会専門医講習会.  第28日本性機能学会総会(特別講演),  東京,  2017/09
20. ◎竹内晋次郎,中島耕一,永尾光一,小林秀行,鈴木九里,三井要造,山辺史人,田井俊宏,清水俊博,中島陽太,岩井秀憲,清水 知: 血行性感染が疑われた前立腺膿瘍の1例.  第82回日本泌尿器科学会東部総会,  東京,  2017/09
21. ◎永尾光一: 「男の子の性教育」、男子の性機能不全の実態と思春期教育.  第36回日本思春期学会総会(ワークショップ),  宮崎,  2017/08
22. ◎松井幸英、 桑原卓、 近藤元就: T細胞受容体刺激によるCBPの核移行と遺伝子発現への影響.  第28回日本生体防御学会学術総会,  相模原市, 神奈川県,  2017/07
23. 小林 秀行、田村 公嗣、田井 俊宏、永尾 光一、中島 耕一: 5年間における非閉塞性無精子症患者に対するmicro TESEの件数、精子採取率および臨床妊娠率の検討.  第36回日本アンドロロジー学術総会,  倉敷,  2017/07
24. ◎永尾光一,岩井秀憲,大川瑞穂,伊藤友梨香,田中祝江,青木九里,中島耕一,片桐由起子,森田峰夫: 自家組織(真皮)を用いた骨盤臓器脱手術の試み.  第19回日本女性骨盤底医学会,  福井,  2017/07
25. ◎鈴木九里, 伊藤友梨香, 清水知, 中島陽太, 松井幸英, 大川瑞穂, 田村公嗣, 田井俊宏, 山辺史人, 三井要造, 小林秀行, 永尾光一, 中島耕一,: 昼夜頻尿症に対し五行説の概念からの漢方治療の一例.  第34回泌尿器科漢方研究会,  東京, 日本,  2017/06
26. ◎臼井健人,福田雄介,片桐由起子,森山 梓,伊藤 歩,海上真美,徳田由紀子,北村 衛,永尾光一,森田峰夫: ARTにより妊娠が成立した総排泄腔遺残症治療後の1例.  第150回関東生殖医学会,  東京,  2017/05
27. ◎永尾光一: 女性の負担を減らす男性不妊治療~妊娠率upとStep downを目指して~.  男性不妊ドクターズ第3回講演会(講演),  東京,  2017/05
28. 小林 秀行: 男性不妊の診断と治療.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
29. 小林 秀行: Oncofertility(がん・生殖医療)に対する取り組み~精子凍結の実態~.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
30. ◎鈴木九里, 中島陽一, 松井幸秀, 大川瑞穂, 田村公嗣, 田井俊宏, 永田雅人, 山辺史人, 三井要造, 小林秀行, 永尾光一, 中島耕一: 尿中MRSA分離症例の臨床的検討.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島市、鹿児島県,  2017/04
31. ◎小林 秀行、清水 知、清水 俊博、中島 陽太、田村 公嗣、田井 俊宏、永田 雅人、山辺 史人、三井 要造、鈴木 九里、永尾 光一、中島 耕一: 当科における、がん・生殖医療(oncofertility)に対する10年間の取り組みと今後の課題.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
32. ◎三井 要造, 笠原 瑞希, 大川 瑞穂, 田村 公嗣, 永田 雅人, 田井 俊宏, 山辺 史人, 鈴木 九里, 小林 秀行, 永尾 光一, 中島 耕一: UREThRAL Stricture Scoreを用いた前部尿道再建術の成績評価.  第105回 日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
33. ○田村公嗣,伊藤友梨香,清水知,伊藤香織,松井幸英,中島陽太,清水俊博,笠原瑞希,
大川瑞穂,三井要造,小林秀行,永尾光一,中島耕一: 当院で経験した陰茎折症の8 例.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
34. ◎伊藤友梨香,清水知,中島陽太,大川瑞穂,田村公嗣,田井俊宏,永田雅人,三井要造,山辺史人,鈴木九里,小林秀行,永尾光一,中島耕一: 当院における転移性腎細胞癌に対するニボルマブの初期投与経験.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
35. ◎山辺史人,清水知,中島陽太,清水俊博,松井幸秀,田村公嗣,大川瑞穂,田井俊宏,三井要造,青木九里,小林秀行,永尾光一,中島耕一: 当院での腹腔鏡下膀胱全摘の初期経験.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
36. ◎清水知,中島耕一,永尾光一,小林秀行,青木九里,山辺史人,三井要造,永田雅人,田井俊宏,田村公嗣,清水俊博,中島陽太,伊藤友梨香: 当院における結石性腎盂腎炎の臨床的検討.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
37. ◎大川瑞穂,伊藤友梨香,中島陽太,笠原瑞希,田村公嗣,永田雅人,田井俊宏,山辺史人,三井要造,鈴木九里,小林秀行,永尾光一,中島耕一: 超高齢社会のCRPC 治療―新規ホルモン剤の安全性の検討―.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
38. ◎中島陽太,清水知,清水俊博,松井幸英,田村公嗣,田井俊宏,永田雅人,山辺史人,三井要造,鈴木九里,小林秀行,永尾光一,中島耕一: 腹部手術歴のある患者に対するロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)の検討.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
39. ◎田井俊宏,永尾光一,乙供太郎,田村公嗣,田中祝江,小林秀行,中島耕一: 男性不妊症に対する精索静脈瘤手術の効果の検討.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
40. ◎永尾光一: 男性不妊診療の実際.  第12回北総生殖医療研究会(特別講演),  柏,  2017/04
国際学会
1. ◎永尾光一,岩井秀憲,大川瑞穂,伊藤友梨香,田中祝江,青木九里,中島耕一,片桐由起子,森田峰夫: 膣前壁自家真皮組織のみ(仙棘靭帯固定術を併用しない)で改善した膀胱瘤2例.  第12回日本骨盤臓器脱手術学会,  東京,  2018/02
2. ◎Iwai H, Tai T, Nagao K: A comparative study of changes in sperm parameters before and after testicular tumor surgery.  World Meeting on Sexual Medicine,  Lisbon,  2018/02
3. ◎Nagao K, Iwai H, Tai T, Ozaki Y, Tanaka N, Kobayashi H, Nakajima K: Usefulness of RigiScan evaluation of nocturnal penile tumescence.  World Meeting on Sexual Medicine,  Lisbon,  2018/02
4. ◎Nagao K, Iwai H, Tai T, Ozaki Y, Tanaka N, Kobayashi H, Nakajima K: Autologous dermal tissue grafting for Peyronie's disease with large tunica albuginea defect.  World Meeting on Sexual Medicine,  Lisbon,  2018/02
5. ◎Nagao K, Iwai H, Okawa M, Tanaka N, Aoki K, Nakajima K: A new surgical technique using autologous dermal tissue for pelvic organ prolapse.  IUGA Regional Symposium,  Kamogawa,  2017/11
6. ◎Nagao K: Autologous dermal grafting for Peyronie's disease and pelvic organ prolapse.  The CNUH international Symposium for Uro-genital Translational Research2017 (State of art in functional urology),  Gwangju(Korea),  2017/11
7. ◎Nagao K: Surgical treatment for penile deformity.  Vietnamese Society for Sexual Medicine Congress (lecture),  Vung Tau(Vietnam),  2017/11
8. ◎Kuri Suzuki, Keiko Akahoshi, Yota Nakajima, Shinjiro Takeuchi, Tomo Shimizu, Yukihide Matsui, Toshihiro Shimizu, Fumito Yamabe, Yozo Mitsui, Hideyuki Kobayashi, Koichi Nagao, Koichi Nakajima: Testicular Growth in Down Syndrome.  35th Congress of the Societe Internationale d'Urologie,  Lisbon, Portugal,  2017/10
9. Koichi Nakajima, Sonali Dighe, Tarek A. Hassan,: Understanding the Sexual Habits of Men Taking Medication for Erectile Dysfunction:Survey Results From Three Asian Countries.  16th Asia-Pacific socirty for sexual medicine and 12th Japan-Asian conference on Men's health and aging,  Chiang Mai Thailand,  2017/10
10. ◎Nagao K, Nakajima K: Problems of penile plication for penile curvature.  16th Biennial Meeting of The Asia Pacific Society for Sexual Medicine and 12th Japan-Asean Conference on Mens Health and Aging,  Chiang Mai,  2017/10
11. ◎Nagao K, Nakajima K: Autologous Dermal Grafting for Peyronie's disease and Pelvic Organ Prolapse.  16th Biennial Meeting of The Asia Pacific Society for Sexual Medicine and 12th Japan-Asean Conference on Mens Health and Aging,  Chiang Mai,  2017/10
12. ◎Nagao K, Iwai H, Tai T, Kobayashi H, Nakajima K: Autologous Dermal Tissue Grafting for Peyronie's disease with large Tunica Albuginea Defect.  18th Annual Fall Scientific Meeting of Sexual Medicine Society of North America,  San Antonio,  2017/10
13. ◎Nagao K, Okawa M, Iwai H, Tai T, Tanaka N, Kobayashi H, Nakajima K: Use of Autologous Dermal Tissue Preserve Sexual Function after Pelvic Organ Prolapse.  18th Annual Fall Scientific Meeting of Sexual Medicine Society of North America,  San Antonio,  2017/10
14. ◎Nagao K: Autologous Dermal Grafting for Peyronie's disease and Pelvic Organ Prolapse.  18th Annual Fall Scientific Meeting of Sexual Medicine Society of North America (Topics from Asia),  San Antonio,  2017/10
15. Hisasue Shinichi, Takeuchi Hisashi, Ohta Shigeyuki, Kubota tetsuya, Mitsui Yozo: Outcome of near-infrared fluorescence imaging with indocyanine green in robot-assisted partial nephrectomy on different tumor morphology: preliminary 1st case series in Japan.  35th World Congress of Endourology,  Vancouver,  2017/09
16. ◎Nagao K, Okawa M, Tanaka N, Nakajima K: Autologous dermal graft for pelvic organ prolapse(cystocele).  International Continence Society 2017,  Florence,  2017/09
17. ◎Nagao K, Iwai H, Tai T, Kobayashi H, Nakajima K: Usefulness of RigiScan evaluation of nocturnal penile tumescence.  The 2017 GreatWall International Translational Andrology and Urology Forum Huaxia Medical forum-Genitourinary,  Shenyang(China),  2017/08
18. ◎Nagao K, Okawa M, Tanaka N, Aoki K, Nakajima K: A new surgical technique using autologous dermal tissue for pelvic organ prolapse.  IUGA 42nd Annual Meeting,  Vancouver,  2017/06
19. ◎Yozo Mitsui,Inik Chang, Koji Tamura, Toshihiro Tai, Masato Nagata, Fumito Yamabe,
Kuri Suzuki, Hideyuki Kobayashi, Koichi Nagao, Koichi Nakajima, Rajvir Dahiya, Yuichiro Tanaka: Overexpression of cyp1b1 mediated by loss of mir-200c promotes renal cell carcinoma tumorigenesis via altered expressions of cdc20 and dapk1.  American Urological Association's 2017 Annual Meeting,  Boston, USA,  2017/05
20. Yutaka Hashimoto, Marisa Shiina, Taku Kato, Soichiro Yamamura, Yuichiro Tanaka, Shahana Majid, Sharanjot Saini, Varahram Shahryari, Priyanka Kulkarni, Pritha Dasgupta, Yozo Mitsui, Mitsuho Sumida, Guoren Deng, Laura Tabatabai, Deepak Kumar and Rajvir Dahiya: The role of miR-24 as a race-related genetic factor in prostate cancer.  AACR Annual Meeting 2017,  Washington, DC,  2017/04
21. ◎Yozo Mitsui , Taku Kato, Shigekatsu Maekawa, Yutaka Hashimoto, Marisa Shiina, Mitsuho Imai Sumida, Ryan Kenji Wong, Soichiro Yamamura, Varahram Shahryari, Shahana Majid, Sharanjot Saini, Guoren Deng, Rajvir Dahiya, Koichi Nakajima, Yuichiro Tanaka: VCAN promotes clear cell renal cell carcinoma tumor progression and metastasis, and predicts poor prognosis.  AACR Annual Meeting 2017,  Washington, DC,  2017/04
その他
1. 小林 秀行 稲毛 達朗 竹内 晋次朗 堀 俊介 清水 知 小磯 泰裕 清水 俊博 中島 陽太 笠原 瑞希 岩井 秀憲 田井 俊宏 山辺 史人 三井 要造 鈴木 九里 永尾 光一 中島 耕一: 当院で経験したBirt-Hogg-Dube症候群の2例.  第14回Tokyo Metropolitan Kidney Cancer Meeting,  東京,  2017/09
2. 小林 秀行: 我が国における男性不妊に対する検査・治療に関する調査研究.  男性不妊ドクターズ第3回講演会,  東京,  2017/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者