東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 産科婦人科学講座(佐倉)
 Department of Obstetrics and Gynecology (Sakura)

教授:
  木下 俊彦
准教授:
  竹下 直樹
講師:
  高島 明子
助教
  石田洋昭
  萬来めぐみ
■ 概要
.周産期
当院新生児医とのカンファランスを定期的に行い,緊密な関係を保っている。千葉県下においては周産期医療が立ち遅れており,母子ともに周産期管理を行える施設は少ない。地域周産期母子医療センターにおいて周産期医療に貢献を図った。臨床研究の一部は新生児学会において発表し,論文にまとめた。
2.内視鏡手術
良性卵巣腫瘍,子宮外妊娠に対し積極的に内視鏡手術を施行した。同手術法は通常手術として定着したものと思われる。子宮鏡下手術も増加し術前処置に低用量ピルを使用することにより子宮内膜の増殖が抑制されて良好な視野が確保されることを明らかにするなど臨床的研究を行い,その成績について内視鏡学会において報告した。
3.不妊治療・内分泌
リプロダクションセンターを中心に体外受精,顕微授精を継続して行った。リプロダクションセンター内に顕微授精も可能な培養施設を設置し外来ベースでの採卵と胚移植が可能となり,症例数も増加している。
4.悪性腫瘍治療
 子宮癌。卵巣癌に対し標準的治療を行った。子宮体癌Ⅰ期に対して腹腔鏡下手術を導入した。
東邦大学医療センター佐倉産婦人科
■ Keywords
女性医学、 内視鏡手術、 悪性腫瘍、NIPT
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  竹下直樹 :日本産婦人科医会先天異常委員会 委員, 日本生殖免疫学会 評議員, 日本生殖再生学会 幹事, 遺伝医学セミナー実行委員, 生殖工学会評議員・理事, 日本IVF学会 評議員, 日本IVF学会学会誌編集委員,  胎児遺伝子診断研究会, 日本人類遺伝学会 評議員, 日本人類遺伝学会遺伝医学セミナー実行委員, 日本人類遺伝学会将来構想委員会, 遺伝カウンセリング学会 評議員
2.  高島明子 :日本産科婦人科内視鏡学会 評議員 日本産科婦人科内視鏡学会 技術審査委員 日本産科婦人科子宮鏡研究会 評議員
3.  木下俊彦 :日本産科婦人科学会代議員, 日本更年期医学会評議員, 日本内分泌学会評議員, 日本生殖医学会評議員,日本アンドロロジー学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















木下 俊彦   教授
  1  2   1       
 10
(2)
 
 2
(1)
 
 2
(1)
竹下 直樹   准教授
  1  2          
 17
(6)
 
 2
(1)
 
 2
(1)
高島 明子   講師
  1 1 1   1       6
 5
(2)
 1
 
 2
 2
(1)
石田 洋昭   助教
 1  1           1
 7
(2)
 
 
 
 2
(1)
萬来 めぐみ   助教
  1            1
(1)
 9
(1)
 
 
 
 2
(1)
 1 2  0 0  0  8
(1)
 1
(0)
 2
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
症例報告
1. 〇石田 洋昭, 高島 明子, 竹下 直樹, 萬来 めぐみ, 横川 桂, 安達 知弘, 船登  泉, 長岡 理大, 田杭 千穂, 本橋 みづき, 木下 俊彦:  子宮全摘術後に腟断端離開をきたした3例.  日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌  55 (4) :597 -600 , 2018
2. ○Akiko Takashima, Naoki Takeshita, Toshihiko Kinoshita:  A case of scarred uterine rupture at 11 weeks of gestation having a uterine scar
places induced by in vitro fertilization-embryo transfer.  Clinics and Practice  8 (1038) :49 -51 , 2018
3. Hiroaki Ishida, Akiko Takashima, Masahiro Nagaoka Naoki Takeshita, Toshihiko Kinoshita:  Uterine rupture due to placenta percreta in the first trimester of a pregnancy subsequent to a transverse uterine fundal cesarean section: a case report.  journal of obstetrics and gynecology reserch  44 :1832 -1835 , 2018
■ 著書
1. 横手幸太郎、龍野一郎,橋本尚武,岩岡秀明:  女性における性腺疾患(PCOSを含めて).  内分泌疾患診療ハンドブックVer2  299-303.  中外医学社,  東京, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎高島明子、大高究、石田洋昭、本橋みずき、田杭千穂、長岡理大、横川桂、萬来めぐみ、 竹下直樹、木下俊彦: 安全かつ確実な子宮鏡下手術のための工夫.  第8回千葉産婦人科内視鏡手術研究会,  千葉,  2019/03
2. 高島明子: 腹腔鏡下子宮内膜症性嚢胞摘出術の検討 ~妊孕能温存と再発低下を目指して~.  第44回神奈川産婦人科内視鏡研究会,  横浜,  2019/03
3. ◎本橋みづき,石田洋昭,高島明子,萬来めぐみ、横川桂、長岡理大、田杭千穂,加藤正和,竹下直樹,蛭田啓之,木下俊彦: 術前の子宮内膜組織診でurothelial carcinoma-like ccarcinomaと診断された子宮内膜癌の一例、.  千葉県産科婦人科医学会平成30年度冬期学術講演会,  千葉,  2019/01
4. 〇本橋みづき,石田洋昭,高島明子、竹下直樹,田杭千穂,長岡理大,加藤正和,横川桂,萬来めぐみ、蛭田啓之,木下俊彦: 卵巣未熟奇形腫術後19年で認められた Growing teratoma syndromeを疑う 骨盤内腫瘍の一例.  第136回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会・学術集会,  東京,  2018/11
5. 〇486. 田杭千穂、高島明子、長岡理大、石田洋昭、萬来めぐみ、横川桂、加藤正和、本橋みづき、竹下直樹、木下俊彦: 原発性アルドステロン症合併妊娠の一例.  第10回下総内科産婦人科臨床フォーラム,  千葉,  2018/09
6. ◎高島明子、竹下直樹,萬来めぐみ,横川桂,瓜田麻由美,横山安哉美,木下俊彦: 高年齢患者に対するIVF-ETと内視鏡治療の併用療法において術前に凍結胚を得られなかった症例の検討.  第63回日本生殖医学会学術講演会・総会,  旭川,  2018/09
7. 〇高島明子、大高究、内出一郎、田杭千穂、長岡理大、横川桂,萬来めぐみ,石田洋昭、竹下直樹,木下俊彦: 腹腔鏡下子宮内膜症性嚢胞摘出術後の再発予防の検討―LEPの投薬期間は1再発予後に影響するか.  第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  島根,  2018/08
8. 高島 明子: ワークショッ3 子宮鏡技術認定医をめざして 必要なスキルと経験
安全かつ確実な子宮鏡下手術のためのちょっとした工夫.  第58回日本産科婦人科内視鏡学会,  島根,  2018/08
9. ○高島明子、竹下直樹、田杭千穂、長岡理大、横川 桂、安達知弘、船戸 泉、萬来めぐみ、木下俊彦: 妊娠を契機に診断された常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)の一例.  第54回新生児周産期学術講演会,  東京,  2018/07
10. ◎萬来めぐみ,石田洋昭,高島明子,田杭千穂,長岡理大,安達知弘,船登 泉,横川 桂,横山安哉美,徳山 宣,竹下直樹,木下俊彦: 術前に婦人科癌と診断し術後病理組織診断により虫垂癌と診断された2例.  第135回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2018/06
11. ○高島明子,竹下直樹,萬来めぐみ,田杭千穂,長岡理大,安達知弘,船登泉,横川桂,石田洋昭,木下俊彦: 当院における高齢者患者に対するIVF-ETと内視鏡治療の併用療法の後方視的検討,.  日本産科婦人科学会第70回学術講演会,  宮城,  2018/05
12. ○石田洋昭、船登泉、竹下直樹、田杭千穂、安達知弘、横川桂、長岡理大、萬来めぐみ、高島明子、蛭田啓之、木下俊彦: TC+ベバシズマブ療法が著効した卵巣成熟奇形腫悪性転化ⅣB期の一例.  日本産科婦人科学会第70回学術講演会,  宮城,  2018/05
国際学会
1. Akiko Takashima, Naoki Takeshita, Toshihiko Kinoshita: To Evaluate the Difference of the Efficacy of Short or Long-Term Cyclic Low-Dose Monophasic Oral Contraceptive (OC) Hormonal Therapy in the Recurrence of Endometrioma after Surgery.  47th AAGL Global Congress on Minimally Invasive Gynecology,  ラスベガス、USA,  2018/11
2. ◎Akiko Takashima, Naoki Takeshita, Toshihiko Kinoshita: To evaluate the difference of the efficacy of short or long term cyclic low dose monophasic oral contraceptive(OC) hormonal therapy in the recurrence of endometrioma after surgery.  47th AAGL Global Congress on Minimally Invasive Gynecology,  USA,  2018/11
その他
1. 高島明子: 薬剤師が知っておくべき代表的疾患ー不妊治療ー.  東邦大学薬学部生涯学習講座,  千葉,  2019/03
2. 高島明子: 腹腔鏡下子宮内膜症性嚢胞摘出術の検討 ~妊孕能温存と再発低下を目指して~.  神奈川内視鏡研究会,  神奈川,  2019/03
3. ◎本橋みづき,石田洋昭,高島明子,萬来めぐみ、横川桂、長岡理大、田杭千穂,加藤正和,竹下直樹,蛭田啓之,木下俊彦: 術前の子宮内膜組織診でurothelial carcinoma-like ccarcinomaと診断された子宮内膜癌の一例、.  第24回日医・東邦・印旛市郡産婦人科臨床研究会,  千葉,  2019/01
4. ◎本橋みづき、萬来めぐみ、石田洋昭、高島明子、田杭千穂、長岡理大、横川桂、徳山宣、竹下直樹、木下俊彦、: 術前に婦人科癌と診断し術後病理k組織診断により虫垂癌と診断された2例.  第23回日医・東邦・印旛市郡産婦人科臨床研究会,  千葉,  2018/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者