東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 産科婦人科学講座(大森)
 Department of Obstetrics and Gynecology (Omori)

教授:
  片桐 由起子
  中田 雅彦
  森田 峰人
准教授:
  前村 俊満
講師:
  土屋 雄彦
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















片桐 由起子   教授
 1 2  3  2        5
(5)
 68
(35)
 
 12
(5)
 6
(6)
 1
(1)
中田 雅彦   教授
 4 3  7  4        1
(1)
 47
(22)
 1
 3
 
 
森田 峰人   教授
  4  3          
 73
(36)
 3
(1)
 12
(4)
 
 
小宮山 慎一   准教授
   4 2          2
(2)
 6
(5)
 
 
 7
(7)
 
土屋 雄彦   准教授
  2            6
(3)
 34
(17)
 2
 10
(5)
 
 
前村 俊満   准教授
  2  1          
 48
(22)
 
 9
(1)
 
 
早田 英二郎   講師
 1 5 1           3
(1)
 22
(11)
 
 4
(1)
 
 
梅村 なほみ   助教
  1  1          
 16
(8)
 
 1
 
 
大路 斐子   助教
  3  1          2
(2)
 22
(8)
 
 4
 
 
谷口 智子   助教
    1          5
(4)
 28
(15)
 2
 6
(3)
 
 
玉置 優子   助教
  1            1
(1)
 21
(10)
 
 1
(1)
 
 
中岡 賢太郎   助教
              2
 11
(6)
 
 
 
 
長島 克   助教
    1          
 5
(5)
 
 1
(1)
 
 
林 裕子   助教
              6
(5)
 27
(12)
 
 5
(2)
 
 
林 理雅   助教
              
 1
 
 
 
 
早田 英二郎   助教
 1 5 1           3
(1)
 22
(11)
 
 4
(1)
 
 
福田 雄介   助教
              2
(2)
 24
(11)
 
 7
(3)
 
 
松江 陽一   助教
              
 1
(1)
 
 
 
 
吉田 義弘   助教
              
 1
(1)
 
 
 
 
 7 6  6 0  0  38
(27)
 8
(1)
 13
(13)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 澁谷剛志, 土屋雄彦, 早田英二郎, 村上充剛, 森田峰人:  成熟嚢胞性奇形腫に対する腹腔鏡下卵巣腫瘍核出術の術中破綻に関する検討.  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  34 (1) :57 -61 , 2018
2. 澁谷剛志, 土屋雄彦, 大塚由花, 川内華佳, 松浦寛子, 吉永洋輔, 堀江稔, 村上充剛, 早田英二郎, 森田峰人:  自衛隊中央病院への体内法による婦人科腹腔鏡手術の導入.  防衛衛生  66 (1,2) :9 -15 , 2019
3. Tadahiro Shoji,Shinichi Komiyama,Junzo Kigawa,Hiroshi Tanabe, Kazuyoshi Kato, Hiroaki Itamochi,Hiroyuki Fujiwara,Shoji Kamiura,Tetsutaro Hamano,Toru Sugiyama.:  An open-label, randomized, phase II trial evaluating the efficacy and safety of standard of care with or without bevacizumab in platinum-resistant epithelial ovarian, fallopian tube, or primary peritoneal cancer patients previously treated with bevacizumab for front-line or platinum-sensitive ovarian cancer: rationale, design, and methods of the Japanese Gynecologic Oncology Group study JGOG3023.  BMC cancer  18 (1) :771 -771 , 2018
4. pregnancy.

Suzumori N, Sekizawa A, Ebara T, Samura O, Sasaki A, Akaishi R, Wada S, Hamanoue H, Hirahara F, Izumi H, Sawai H, Nakamura H, Yamada T, Miura K, Masuzaki H, Yamashita T, Okai T, Kamei Y, Namba A, Murotsuki J, Tanemoto T, Fukushima A, Haino K, Tairaku S, Matsubara K, Maeda K, Kaji T, Ogawa M, Osada H, Nishizawa H, Okamoto Y, Kanagawa T, Kakigano A, Kitagawa M, Ogawa M, Izumi S, Katagiri Y, Takeshita N, Kasai Y, Naruse K, Neki R, Masuyama H, Hyodo M, Kawano Y, Ohba T, Ichizuka K, Nagamatsu T, Watanabe A, Shirato N, Yotsumoto J, Nishiyama M, Hirose T, Sago H.:  Fetal cell-free DNA fraction in maternal plasma for the prediction of hypertensive disorders of pregnancy.  European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology  (224) :165 -169 , 2018
5. Ishii K, Wada S, Takano M, Nakata M, Murakoshi T, Sago H:  Survival Rate without Brain Abnormalities on Postnatal Ultrasonography among Monochorionic Twins after Fetoscopic Laser Photocoagulation for Selective Intrauterine Growth Restriction with Concomitant Oligohydramnios.  Fetal diagnosis and therapy  435 (1) :21 -27 , 2019
6. Shinichi Komiyama,Masaru Nagashima,Tomoko Taniguchida,Yuki Yokouchi,Tsuyoki Kugimiya.:  Ovarian Clear Cell Carcinoma Detected During Long-Term Management of Endometriotic Cysts in Young Patients: Possible Heterogeneity of this Tumor.  Gynecologic and obstetric investigation  (13) :1 -8 , 2018
7. Shinichi Komiyama, Kazuyoshi Kato, Yuki Inokuchi, Hirokuni Takano, Takashi Matsumoto, Atsushi Hongo, Mikiko Asai-Sato, Atsushi Arakawa, Shoji Kamiura,
Tsutomu Tabata, Nobuhiro Takeshima, Toru Sugiyama.:  Bevacizumab combined with platinum–taxane chemotherapy as first-line treatment for advanced ovarian cancer: a prospective observational study of safety and efficacy in Japanese patients (JGOG3022 trial).  International Journal of Clinical Oncology  24 (1) :103 -114 , 2019
8. Tanaka H, Katsuragi S, Hasegawa J, Tanaka K, Osato K, Nakata M, Murakoshi T, Sekizawa A, Kanayama N, Ishiwata I, Ikeda T:  The most common causative bacteria in maternal sepsis-related deaths in Japan were group A Streptococcus: A nationwide survey.  Journal of Infection and Chemotherapy  25 (1) :41 -44 , 2019
9. Shinichi Komiya,Tsuyoki Kugimiya,Kaneyuki Kubushiro.:  Safety and efficacy of neoadjuvant chemotherapy containing bevacizumab and interval debulking surgery for advanced epithelial ovarian cancer: A feasibility study.  Journal of surgical oncology  118 (4) :687 -693 , 2018
10. prediction of success rate of second NIPT.

Suzumori N, Sekizawa A, Takeda E, Samura O, Sasaki A, Akaishi R, Wada S, Hamanoue H, Hirahara F, Kuriki H, Sawai H, Nakamura H, Yamada T, Miura K, Masuzaki H, Yamashita T, Kamei Y, Namba A, Murotsuki J, Tanemoto T, Fukushima A, Haino K, Tairaku S, Matsubara K, Maeda K, Kaji T, Ogawa M, Osada H, Nishizawa H, Okamoto Y, Kanagawa T, Kakigano A, Endo M, Kitagawa M, Ogawa M, Izumi S, Katagiri Y, Takeshita N, Kasai Y, Naruse K, Neki R, Masuyama H, Hyodo M, Kawano Y, Ohba T, Ichizuka K, Nagamatsu T, Watanabe A, Nishikawa N, Hamajima N, Shirato N, Yotsumoto J, Nishiyama M, Koide K, Hirose T, Sago H.:  Classification of factors involved in nonreportable results of noninvasive prenatal testing (NIPT) and prediction of success rate of second NIPT.  Prenatal Diagnosis  :999 -999 , 2018
11. Harada T, Kuji N, Ishihara O, Ichikawa T, Irahara M, Katagiri Y, Saito H, Harada T, Wada-Hiraike O, Taniguchi F; Ethics Committee in Japan Society of Reproductive Medicine.:  Guideline for cryopreservation of unfertilized eggs and ovarian tissues in Japan Society of Reproductive Medicine.  Reproductive Medicine and Biology  18 (1) :3 -6 , 2018
12. Tanaka H, Katsuragi S, Hasegawa J, Osato K, Nakata M, Murakoshi T, Sekizawa A, Kanayama N, Ishiwata I, Ikeda T:  Relationship between reproductive medicine for women with severe complications and maternal death in Japan.  The Journal of Obstetrics and Gynaecology  45 (1) :164 -167 , 2019
13. Shinichi Komiyama,Tsuyoki Kugimiya,Chiaki Takeya,Rena Takahashi,Kaneyuki Kubushiro.:  Platinum-resistant recurrent ovarian cancer with long survival on bevacizumab and gemcitabine.  The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  44 (7) :1330 -1334 , 2018
14. Katsuragi S, Tanaka H, Hasegawa J, Nakamura M, Kanayama N, Nakata M, Murakoshi T, Yoshimatsu J, Osato K, Tanaka K, Sekizawa A, Ishiwata I, Ikeda T:  Analysis of preventability of stroke-related maternal death from the nationwide registration system of maternal deaths in Japan.  The Journal of maternal-fetal medicine  31 (16) :2097 -2104 , 2018
15. Murata S, Takano M, Kagawa Y, Sumie M, Nakata M:  The experience of modified sequential selective laser photocoagulation of communicating vessels technique for twin-twin transfusion syndrome.  The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians  31 (9) :1137 -1141 , 2018
16. Takano M, Nakata M, Oji A, Nagasaki S, Umemura N, Maemura T, Morita M.:  Utility of fetal anteroposterior to transverse cerebellar diameter ratio to exclude cerebellar hypoplasia in trisomy 18.  The journal of obstetrics and gynaecology research  44 (6) :1031 -1035 , 2018
17. Hayata E, Matsumoto , Kitazawa T, Seto K, Morita M, Hasegawa T:  Cost of illness of the obstetrical diseases in Japan: a time-trend and future projection analysis.  Toho Journal of Medicine  4 (2) :58 -65 , 2018
18. Takano M, Nakata M, Nagasaki S, Ueyama R, Morita M:  Assessment of diastolic function of normal fetal heart using dual-gate Doppler.  Ultrasound in obstetrics & gynecology : the official journal of the International Society of Ultrasound in Obstetrics and Gynecology  52 (2) :238 -242 , 2018
総説及び解説
1. 中田雅彦, 梅村なほみ, 早田英二郎, 大路斐子:  妊産婦の生理学 総論:妊娠に伴う生体の変化について.  ICUとCCU  42 (6) :339 -343 , 2018
2. 中田 雅彦, 佐久間 淳也, 鷹野 真由実, 長崎 澄人:  妊産婦は怖くない!周産期を知って内科疾患を診よじゅ 周産期を知るためのミニマム知識 放射線診断(X線、CT、MRI).  Modern Physician  38 (11) :1133 -1136 , 2018
3. 中田 雅彦:  妊娠中のクリニカル・ギモン 妊娠管理のギモン 切迫流早産 内服薬は効かない?.  ペリネイタルケア  2018夏季増刊 :45 -48 , 2018
4. 早田英二郎, 横尾郁子, 早田季美恵, 中田雅彦:  妊娠管理のギモン:鎮痛薬 妊娠中に使ってよい?.  ペリネイタルケア  491 :70 -73 , 2018
5. 中田 雅彦:  周産期 腹式帝王切開術 標準術式~非定型的子宮切開法.  産婦人科の実際  67 (11) :1350 -1360 , 2018
6. 片桐由起子:  不妊症患者に対するチョコレート嚢胞手術治療の優先度.  日本医事新報  4914 :24 -25 , 2018
症例報告
1. 小瀧曜, 大路斐子, 臼井健人, 古守真由子, 向井隆文, 河西貞智, 長﨑澄人, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人:  進行性の原発性胎児左胸水に対し胎児胸腔羊水シャント術を施行し良好な経過を得た1例.  東京産科婦人科学会会誌  67 (2) :200 -204 , 2018
2. 向井隆文, 玉置優子, 大路斐子, 長﨑澄人, 森山梓, 長島克, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人:  妊娠中の梅毒治療後に無症候性神経梅毒が疑われた1例.  東京産科婦人科学会会誌  67 (3) :541 -544 , 2018
■ 著書
1. 中田 雅彦:    周産期のくすり大辞典  1-251.  メディカ出版,  大阪市、日本, 2019
2. 片桐由起子:  生殖外科と生殖補助医療.  生殖外科のすべて  152-160.  メディカ出版,  大阪、日本, 2018
3. 中田 雅彦:    病気がみえる vol.10 産科 第4版  50-61.  メディックメディア,  東京都、日本, 2018
4. 片桐由起子 高島明子:  生殖器の解剖と機能
女性生殖器.  新 不妊ケア ABC  11-12.  医歯薬出版,  東京都、日本, 2019
5. 中田 雅彦、河西 貞智、佐久間 淳也:  胎児採血および輸血.  臍の外科 小児の臍疾患治療と臍を利用した手術  266-268.  株式会社メジカルビュー社,  東京都, 2018
6. 中田 雅彦:  胎児発育不全における治療薬開発の歴史.  胎児発育不全  183-186.  中外医学社,  東京都, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎林裕子、片桐由起子、福田雄介、中岡賢太郎、森田峰人: 反復着床障害におけるEndowetrial Receptivity Analysisの有用性に関する検討.  第1回日本不育症学会,  名古屋,  2019/03
2. ◎早田英二郎, 土屋雄彦, 奥田誠, 大路斐子, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 妊婦の自己血貯血時におけるリアルタイム胎児心拍数モニタリング体制の構築.  第32回日本自己血輸血学会学術集会,  東京,日本,  2019/03
3. ◎土屋雄彦, 片桐由起子, 前村俊満, 早田英二郎, 中田雅彦, 森田峰人: 腹腔鏡下子宮筋腫核出術2014例における出血因子の検討.  第32回日本自己血輸血学会学術集会,  東京,日本,  2019/03
4. ◎福田雄介, 片桐由起子, 臼井健人, 伊藤歩, 林裕子, 玉置優子, 土屋雄彦, 永尾光一, 森田峰人: 未授精卵子凍結に対する卵巣刺激法.  第9回日本がん・生殖医療学会学術集会,  岐阜,日本,  2019/02
5. ◎古守真由子, 谷口智子, 中岡賢太郎, 林裕子, 土屋雄彦, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: Lee-Huang Pointを用い腹腔鏡下手術を施行した巨大子宮筋腫の11症例.  第41回日本産婦人科手術学会,  東京,日本,  2019/02
6. ◎谷口智子 土屋雄彦 中岡賢太郎 古守真由子 林裕子 福田雄介 前村俊満 片桐由起子 森田峰人: 3.5㎜の細径トロッカーを用いて腹腔鏡下付属器切除術施行した16例.  第41回日本産婦人科手術学会,  東京,日本,  2019/02
7. ◎谷口智子 玉置優子 梅村なほみ 林裕子 阿部歩美 若井未央 竹下直樹 片桐由起子 森田峰人: PARP阻害薬の情報提供を契機に遺伝子検査を再検討したBRCA変異陽性の1例.  第4回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会,  東京,日本,  2018/12
8. ◎阿部歩美, 梅村なほみ, 片桐由起子, 玉置優子, 若井未央, 林裕子, 谷口智子, 竹下直樹, 森田峰人: NIPT 陰性結果後に結節性硬化症と診断された1 例.  第4回 日本産科婦人科遺伝診療学会 学術講演会,  東京都:スクエア荏原,  2018/12
9. ◎玉置優子, 片桐由起子, 阿部歩美, 若井未央, 梅村なほみ, 鷹野真由実, 谷口智子, 竹下直樹, 中田雅彦, 森田峰人: 染色体検査で染色分体早期解離を認めた2例.  第4回 日本産科婦人科遺伝診療学会 学術講演会,  東京都:スクエア荏原,  2018/12
10. ◎若井未央, 玉置優子, 阿部歩美, 梅村なほみ, 鷹野真由実, 林裕子, 竹下直樹, 片桐由起子, 森田峰人: 無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)を契機に18p テトラソミーが判明した症例.  第4回 日本産科婦人科遺伝診療学会 学術講演会,  東京都,  2018/12
11. ◎梅村なほみ, 片桐由起子, 玉置優子, 阿部歩美, 若井未央, 鷹野真由実, 斉藤敬子, 森山梓, 林裕子, 町田真雄子, 谷口智子, 竹下直樹, 中田雅彦, 森田峰人: 無侵襲的出生前遺伝学的検査導入後に羊水染色体検査を選択した症例についての検討.  第4回 日本産科婦人科遺伝診療学会 学術講演会,  東京都:スクエア荏原,  2018/12
12. ◎谷口智子, 玉置優子, 梅村なほみ, 林裕子, 阿部歩美, 若井未央, 竹下直樹, 片桐由起子, 森田峰人: PARP阻害薬の情報提供を契機に遺伝子検査を再検討したBRCA変異陽性の一例.  第4回産婦人科遺伝診療学会,  東京,  2018/12
13. ◎片倉雅文, 土屋雄彦, 谷口智子, 林 裕子, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 腹腔鏡下子宮筋腫核出術における組織収納サック使用下モルセレーションの有用性の検討.  第31回日本内視鏡外科学会総会,  福岡,  2018/12
14. ◎林裕子, 土屋雄彦, 片桐由起子, 谷口智子, 前村俊満, 森田峰人: 妊孕性温存希望のある患者における卵巣子宮内膜症性嚢胞微小破裂に対する保存的治療
と外科的治療の比較.  第31回 内視鏡外科学会総会,  福岡市,  2018/12
15. ◎土屋雄彦, 片桐由起子, 谷口智子, 片倉雅文, 林裕子, 福田雄介, 田中京子, 前村俊満, 森田峰人: 異所性妊娠にて1000ml以上の腹腔内出血を来した輸血を要した62症例の検討.  第31回内視鏡外科学会総会,  福岡,  2018/12
16. ◎林 裕子, 土屋雄彦, 谷口智子, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 妊孕性温存希望のある患者における卵巣子宮内膜症性嚢胞微小破裂に対する保存的治療と外科的治療の比較.  第31回日本内視鏡外科学会総会,  福岡,  2018/12
17. ◎鷹野真由実, 中田雅彦, 長﨑澄人, 大路斐子, 早田英二郎, 森田峰人: 双胎間輸血症候群受血児の心機能障害と羊水NT-proBNP濃度に関する検討.  第16回日本胎児治療学会学術集会,  東京, 日本,  2018/12
18. ◎窪田麻美, 佐久間淳也, 安部来美, 鷹野真由実, 長﨑澄人, 大路斐子, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 胎児腹水を合併したCongenital pulmonary airway malformationに対して母体ステロイド投与が著効した一例.  第16回日本胎児治療学会学術集会,  東京, 日本,  2018/11
19. ◎中岡賢太郎, 福田雄介, 力武崇之, 伊藤 歩, 林 理雅, 林 裕子, 玉置優子, 土屋雄彦, 片桐由起子, 森田峰人: 採卵後遅発性に卵巣卵管膿瘍を発症した卵巣子宮内膜症性膿瘍合併不妊の1例.  第136回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2018/11
20. ◎小瀧曜, 谷口智子, 臼井健人, 長島克, 大路斐子, 定本聡太, 土屋雄彦, 小宮山慎一, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 嚢胞性病変を呈し診断に苦渋した子宮頸部筋腫の1例.  第136回 関東連合産科婦人科学会 総会・学術集会,  東京:日本,  2018/11
21. ◎臼井健人、長島 克、谷口智子、小滝 曜、定本聡太、小宮山慎一、土屋雄彦、前村俊満、片桐由紀子、中田雅彦、森田峰人: 膀胱子宮窩の腹膜子宮内膜症病変から発生したと考えられる類内膜癌の一例.  第136回 関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京都,  2018/11
22. ◎小瀧 曜, 谷口智子, 臼井健人, 長島 克, 大路斐子, 定本聡太, 土屋雄彦, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 嚢胞性病変を呈し診断に苦慮した子宮頸部筋腫の1例.  第136回 関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2018/11
23. ◎臼井健人, 長島 克, 谷口智子, 小瀧 曜, 定本聡太, 小宮山慎一, 土屋雄彦, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 膀胱子宮窩の腹膜子宮内膜症病変から発生したと考えられる類内膜腺癌の一例.  第136回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2018/11
24. ◎林 裕子, 片桐由起子, 福田雄介, 玉置優子, 徳田由紀子, 海上真美, 土屋雄彦, 永尾光一, 森田峰人: 天然型プロゲステロン発砲錠使用時の血中プロゲステロン濃度と年齢の検討.  第63回日本生殖医学会学術講演会・総会,  旭川,  2018/11
25. ◎林 裕子, 片桐由起子, 福田雄介, 玉置優子, 徳田由紀子, 海上真美, 土屋雄彦, 永尾光一, 森田峰人: 天然型プロゲステロン発砲錠使用時の血中プロゲステロン濃度と患者年齢の検討.  第63回 日本生殖医学会学術講演会,  Web開催,  2018/11
26. ◎土屋雄彦, 片桐由起子, 福田雄介, 伊藤歩, 片倉雅文, 林裕子, 前村俊満, 永尾光一, 森田峰人: 筋層内筋腫・粘膜下筋腫を対象とした腹腔鏡下子宮筋腫核出術の出血因子の検討.  第63回日本生殖医学会学術講演会,  Web開催,  2018/11
27. ◎福田雄介, 片桐由起子, 臼井健人, 力武崇之, 中岡賢太郎, 伊藤 歩, 林 裕子, 玉置優子, 土屋雄彦, 徳田由紀子, 永野妙子, 永尾光一, 森田峰人: 黄体ホルモン併用下卵巣刺激の有用性.  第63回日本生殖医学会学術講演会・総会,  旭川,  2018/11
28. Yukiko Katagiri: ARTにおける黄体補充.  第16回N・H・K生殖医療勉強会,  兵庫県、日本,  2018/11
29. 片桐由起子: 性腺 骨粗鬆症の予防と性ホルモン.  日本内分泌学会 第5回生涯教育講習会,  博多、福岡,  2018/11
30. ◎福田雄介, 片桐由起子, 森山梓, 伊藤歩, 海上真美, 徳田由紀子, 北村衛, 中田雅彦, 森田峰人: 黄体ホルモン併用下卵巣刺激法の有用性.  第63回日本生殖医学会学術講演会,  旭川,北海道,  2018/11
31. ◎土屋雄彦, 片桐由起子, 福田雄介, 片倉雅文, 中岡賢太郎, 谷口智子, 前村俊満, 森田峰人: 子宮鏡下手術における術前ジエノゲスト投与法とその後の妊娠に関する検討.  第2回日本子宮鏡研究会 学術講演会,  東京, 日本,  2018/10
32. ◎斉藤敬子、玉置優子、梅村なほみ、阿部歩美、竹下直樹、与田仁志、片桐由起子: 複数の臓器に形態異常を認めた児に対する遺伝学的検討.  第63回日本人類遺伝学会,  横浜,  2018/10
33. ◎窪田麻美, 大路斐子, 安部来美, 古守真由子, 梅村なほみ, 長﨑澄人, 玉置優子, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 妊娠中期に診断し予定帝王切開で生児を得た臍帯卵膜付着の1例.  第387回東京産科婦人科学会例会,  東京,  2018/09
34. ◎小宮山慎一: エビデンスから再考する進行卵巣癌に対する俯瞰的治療戦略.  第66回北日本産科婦人科学会総会・学術講演会,  富山県,  2018/09
35. ◎佐久間淳也, 鷹野真由実, 河西貞智, 梅村なほみ, 長﨑澄人, 上山怜, 早田英二郎, 大路斐子, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 與田仁志, 森田峰人: 胎児鏡下手術後の前期破水により羊水過少をきたし、胎児MRI検査で出生後の呼吸障害が予想できた1例.  第41回日本母体胎児医学会学術集会,  東京,  2018/08
36. ◎早田英二郎, 中田雅彦, 大路斐子, 窪田麻美, 上山怜, 鷹野真由実, 長﨑澄人, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: ハイブリッド手術室を使用した二絨毛膜二羊膜双胎・全前置胎盤の集学的治療経験.  第41回日本母体胎児医学会学術集会,  東京,  2018/08
37. ◎鷹野真由実, 中田雅彦, 長﨑澄人, 佐久間淳也, 森田峰人: 双胎間輸血症候群受血児の静脈間血流波形は心室壁応力負荷を反映する.  第41回日本母体胎児医学会学術集会,  東京,  2018/08
38. ◎林裕子, 土屋雄彦, 中岡賢太郎, 谷口智子, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 卵巣子宮内膜症性のう胞微小破裂に対する保存的治療と外科的治療の比較.  第58回 日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  松江市, 日本,  2018/08
39. ◎小瀧 曜, 谷口智子, 臼井健人, 古守真由子, 向井隆文, 力武崇之, 土屋雄彦, 前村俊満, 片桐由起子, 森田 峰人: 緊急腹腔鏡下手術により子宮筋腫の表在血管の破綻による腹腔内出血であることを診断した1例.  第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  松江, 日本,  2018/08
40. ◎中岡賢太郎, 土屋雄彦, 片倉雅文, 林 裕子, 谷口智子, 福田雄介, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 腹腔鏡下全子宮全摘術における子宮トランスイルミネーターの有用性.  第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  松江, 日本,  2018/08
41. ◎力武崇之, 土屋雄彦, 片倉雅文, 中岡賢太郎, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 抗NMDA受容体脳炎が疑われ腹腔鏡下右卵巣奇形腫摘出術を施行した一例.  第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  松江, 日本,  2018/08
42. ◎土屋雄彦, 前村俊満, 北村衛, 澁谷剛志, 早田英二郎, 福田雄介, 谷口智子, 片桐由起子, 森田峰人: 卵巣チョコレート嚢胞での卵巣機能温存を目的とした嚢胞摘出術での工夫~術前薬物療法の比較~.  第58回日本産科婦人科内視鏡学会,  松江, 日本,  2018/08
43. ◎土屋雄彦, 片桐由紀子, 片倉雅文, 中岡賢太郎, 林裕子, 福田雄介, 谷口智子, 前村俊満, 森田峰人: 当院における腹腔鏡下子宮筋腫核出術2014症例の出血因子の検討.  第58回日本産科婦人科内視鏡学会,  松江, 日本,  2018/08
44. ◎片倉雅文, 土屋雄彦, 中岡賢太郎, 林 裕子, 長島 克, 谷口智子, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 腹腔鏡下子宮筋腫核出術のモルセレーション時の組織収納サックに対する有用性の検討.  第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  松江, 日本,  2018/08
45. ◎古守真由子, 土屋雄彦, 早田英二郎, 臼井健人, 小瀧曜, 向井隆文, 林裕子, 谷口智子, 福田雄介, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 巨大子宮筋腫を有する患者に対し、Lee-Huang pointを用いて腹腔鏡下手術を施工した8症例.  第58回 日本産科婦人科内視鏡学会,  島根, 日本,  2018/08
46. ◎谷口智子, 土屋雄彦, 小守真由子, 向井隆文, 中岡賢太郎, 福田雄介, 片桐由起子, 森田峰人: 当院で腹腔鏡下手術を行った20歳未満患者の検討.  第58回 日本産婦人科内視鏡学会学術講演会,  松江市, 日本,  2018/08
47. ◎向井隆文, 土屋雄彦, 力武崇之, 片倉雅文, 中岡賢太郎, 長崎澄人, 林 裕子, 福田雄介, 谷口智子, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 筋腫分娩をきたした粘膜下筋腫が原因で子宮内反症を認めた1例.  第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  松江, 日本,  2018/08
48. ◎片桐由起子: 融解胚移植における黄体補充
~承認薬と未承認薬、適応外使用のルールも含めて~.  第36回日本受精着床学会総会・学術集会,  幕張、千葉,  2018/07
49. ◎片桐由起子: 生殖医療における遺伝カウンセリング.  第36回日本受精着床学会総会学術講演会,  幕張、千葉,  2018/07
50. ◎小瀧曜, 大路斐子, 古守真由子, 長﨑澄人, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由紀子, 中田雅彦, 豊田理奈, 玉置一智, 與田仁志, 森田峰人: 母体CMV-IgMが陰性であり出生後に先天性サイトメガロウイルス感染症の診断に至った1例.  第54回 日本周産期・新生児医学会 学術集会,  東京,  2018/07
51. ◎小瀧曜、大路斐子、古守真由子、長崎澄人、早田英二郎、前村俊満、片桐由起子、中田雅彦、豊田理奈、玉置一智、与田仁志、森田峰人: 母体CMV-IgMが陰性であり出生後に先天性サイトメガロウイルス感染症の診断に至った1例.  第54回日本周産期・新生児医学会,  東京,  2018/07
52. ◎鷹野真由実, 中田雅彦, 長崎澄人, 日根幸太郎, 早田英二郎, 大路斐子, 前村俊満, 与田仁志, 森田峰人: 双胎間輸血症候群の受血児における1峰性の心室流入波形と心機能障害の関係.  第54回 日本周産期新生児医学会学術集会,  東京, 日本,  2018/07
53. ◎長崎澄人, 鷹野真由実, 佐久間淳也, 河西貞智, 上山怜, 中田雅彦, 日根幸太郎, 与田仁志, 森田峰人: 胎児頻脈性不整脈における胎児治療時のAuto FSによる心機能評価の可能性についての検討.  第54回日本周産期・新生児医学会学術集会,  東京, 日本,  2018/07
54. ◎河西貞智, 鷹野真由実, 佐久間淳也, 長﨑澄人, 梅村なほみ, 早田英二郎, 大路斐子, 前村俊満, 與田仁志, 中田雅彦, 木戸浩一郎, 森田峰人: reversal of TTTSにより両児羊水過多をきたし供血児の破水を認めたがFLPの施行により良好な転帰を得た一例.  第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会,  東京,  2018/07
55. ◎古守真由子, 大路斐子, 小瀧曜, 佐久間淳也, 長﨑澄人, 梅村なほみ, 玉置優子, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由紀子, 中田雅彦, 森田峰人: ヘパリン起因性血小板減少症既往のあるAT3欠乏症合併妊娠にアピキサバンを使用し正期産に至った一例.  第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会,  東京,  2018/07
56. ◎荒井博子, 平林将明, 豊田理奈, 緒方公平, 日根幸太郎, 斉藤敬子, 玉置一智, 水書教雄, 川瀬泰浩, 鷹野真由美, 中田雅彦, 与田仁志: 1絨毛膜2羊膜性双胎における低侵襲バイオマーカーの検討-尿中NTproBNP/Crの有用性について-.  第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会,  東京,  2018/07
57. ◎緒方公平, 森谷菜央, 平林将明, 日根幸太郎, 豊田理奈, 斉藤敬子, 玉置一智, 水書教雄, 荒井博子, 川瀬泰浩, 梅村なほみ, 長崎澄人, 中田雅彦, 与田仁志: TTTSにより生じた機能的肺動脈閉鎖(fPA)に対して胎児鏡下胎盤吻合血管凝固術(FLP)が有効であった2症例.  第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会,  東京,  2018/07
58. ◎早田英二郎, 中田雅彦, 長﨑澄人, 鷹野真由実, 大路斐子, 前村俊満, 森田峰人: 総合周産期母子医療センターにおける分娩第2期子宮底圧迫法の安全性:後方視的観察研究.  第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会,  東京,  2018/07
59. ◎鷹野真由実, 中田雅彦, 長﨑澄人, 日根幸太郎, 早田英二郎, 大路斐子, 前村俊満, 與田仁志, 森田峰人: 双胎間輸血症候群の受血児における1峰性の心室流入波形と心機能障害の関係.  第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会,  東京,  2018/07
60. ◎豊田理奈, 日根幸太郎, 森谷菜央, 本山みどり, 平林将明, 緒方公平, 斉藤敬子, 玉置一智, 水書教雄, 荒井博子, 川瀬泰浩, 鷹野真由美, 中田雅彦, 与田仁志: 胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術施行を含む一絨毛膜二羊膜双胎の短期予後に関する検討.  第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会,  東京,  2018/07
61. ◎大路斐子, 中田雅彦, 力武崇之, 鷹野真由実, 長崎澄人, 梅村なほみ, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 当院における経腟分娩時のCTGレベル分類評価の検討.  日本周産期・新生児医学会学術集会,  東京, 日本,  2018/07
62. ◎玉置一智, 平林将明, 緒方公平, 豊田理奈, 日根幸太郎, 斉藤敬子, 水書教雄, 荒井博子, 川瀬泰浩, 玉置優子, 中田雅彦, 与田仁志: 胎児期から経過観察した結節性硬化症の1例.  第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会,  東京,  2018/07
63. ◎佐久間淳也, 鷹野真由実, 河西貞智, 梅村なほみ, 長﨑澄人, 上山怜, 早田英二郎, 大路斐子, 前村俊満, 片桐由紀子, 中田雅彦, 與田仁志, 森田峰人: 胎児期のMRI検査による出生後呼吸機能評価の予測に対する有用性についての検討.  第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会,  東京,  2018/07
64. ◎日根幸太郎, 本山みどり, 森谷菜央, 平林将明, 緒方公平, 豊田理奈, 斉藤敬子, 玉置一智, 水書教雄, 荒井博子, 川瀬泰浩, 中田雅彦, 与田仁志: 胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術が出生後の心機能に与える影響.  第54回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会,  東京,  2018/07
65. ◎玉置優子, 片桐由起子, 阿部歩美, 鷹野真由実, 梅村なほみ, 斎藤敬子, 森山梓, 林裕子, 町田真雄子, 谷口智子, 竹下直樹, 中田雅彦, 森田峰人: 当院でのNIPT判定保留例・陽性例の検討.  第42回 日本遺伝カウンセリング学会,  仙台, 日本,  2018/06
66. ◎斉藤敬子, 玉置優子, 梅村なほみ, 阿部歩美, 竹下直樹, 与田仁志, 片桐由起子: 新生児における染色体検査の適応と結果に対する検討.  第42回 日本遺伝カウンセリング学会,  仙台, 日本,  2018/06
67. ◎阿部歩美, 片桐由起子, 玉置優子, 若井未央, 梅村なほみ, 林裕子, 谷口智子, 町田真雄子, 斉藤敬子, 竹下直樹, 森田峰人: 当院における無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)で陰性結果となった症例の周産期予後について.  第42回 日本遺伝カウンセリング学会学術集会,  仙台, 日本,  2018/06
68. ◎長崎澄人, 鷹野真由実, 佐久間淳也, 河西貞智, 中田雅彦, 森田峰人: 2Dトラッキング法によるAuto FSを用いた胎児心収縮能の検討.  日本超音波医学会第91回学術集会,  神戸, 日本,  2018/06
69. ◎長島 克, 鷹野真由実, 谷口智子, 三塚幸夫, 石田悠里花, 丸山憲一, 土屋雄彦, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 充実成分および隔壁成分を有する子宮内膜症性嚢胞における超音波所見の特徴.  第91回日本超音波医学会学術集会,  神戸, 日本,  2018/06
70. ◎臼井健人, 福田雄介, 伊藤 歩, 長崎澄人, 林 裕子, 玉置優子, 大路斐子, 土屋雄彦, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 総排泄腔遺残症治療後に経腹採卵および経子宮筋層的胚移植で妊娠が成立し,生児を得た1 例.  第386回東京産科婦人科学会例会,  東京, 日本,  2018/05
71. ◎林裕子, 片桐由起子, 福田雄介, 玉置優子, 徳田由紀子, 海上真美, 大井川智子, 土屋雄彦, 永尾光一, 森田峰人: 当院におけるがん患者の卵子凍結、胚凍結の検討.  第59回 日本卵子学会,  さいたま市, 日本,  2018/05
72. ◎伊藤歩, 片桐由起子, 福田雄介, 臼井健人, 林裕子, 森山梓, 長島克, 玉置優子, 谷口智子, 土屋雄彦, 森田峰人: 当院における悪性腫瘍患者およびサバイバーに対する生殖補助医療(ART)の現状.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
73. ◎土屋雄彦, 片桐由起子, 福田雄介, 片倉雅文, 澁谷剛志, 長島克, 谷口智子, 前村俊満, 中田雅彦, 森田峰人: 当院における術前ジエノゲスト法を施行した子宮鏡下手術の検討.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
74. ◎力武崇之, 早田英二郎, 中田雅彦, 佐久間淳也, 河西貞智, 鷹野真由実, 長崎澄人, 大路斐子, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 専攻医の帝王切開習熟度に関する研究.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
75. ◎林裕子, 土屋雄彦, 森山梓, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人: 内膜症性嚢胞破裂に対し、腹腔鏡下洗浄ドレナージ後に二期的に嚢胞摘出を行った2症例.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
76. ◎小瀧曜, 大路斐子, 臼井健人, 古守真由子, 向井隆文, 長崎澄人, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 与田仁志, 森田峰人: 診断に難渋した先天性サイトメガロウイルス感染症の1例.  第70回 日本産科婦人科学会学術講演会,  仙台, 日本,  2018/05
77. ◎河西貞智, 鷹野真由実, 佐久間淳也, 長崎澄人, 早田英二郎, 大路斐子, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 与田仁志, 森田峰人: 胎児3D-CT検査で診断しえたFemur-Fibula-Ulna syndromeの一例.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
78. ◎大路斐子, 中田雅彦, 河西貞智, 佐久間淳也, 鷹野真由実, 長崎澄人, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 当院における過去5年間の周産期心筋症の検討.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
79. ◎谷口智子, 長島克, 釘宮剛城, 波平制士, 力武崇之, 福田雄介, 土屋雄彦, 片桐由起子, 森田峰人: 当院で子宮頸部円錐切除術を施行した325例の治療成績の検討.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
80. ◎澁谷剛志, 土屋雄彦, 谷口智子, 早田英二郎, 村上充剛, 片桐由起子, 森田峰人: 成熟嚢胞性奇形腫に対する腹腔鏡下卵巣腫瘍核出術の後方視的検討.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台,  2018/05
81. ◎小宮山慎一: 卵巣癌治療におけるVEGF阻害薬の新たなエビデンス~国内臨床試験を中心に~.  第70回日本産科婦人科学会学術講演会,  仙台,  2018/05
82. ◎中田雅彦: 胎児治療時代の一絨毛膜双胎診断と管理について.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
83. ◎片桐由起子: 専門医試験のおさえどころ「産婦人科」.  第91回 日本内分泌学会学術総会,  宮崎,  2018/04
84. ◎Mayumi Takano, Masahiko Nakata, Sumito Nagasaki, Junya Sakuma, Sadanori Kasai, Rei Ueyama, Eijiro Hayata, Ayako Oji, Toshimitsu Maemura, Mineto Morita: The hemodynamic influence of twin-twin transfusion syndrome on diastolic function in recipient twins:Insight into pathophysiology.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
85. ◎Katakura M, Tsuchiya T, Taniguchi T, Sakuma J, Nagashima M, Takano Y, Yoshida Y, Matsue Y, Maemura T, Nakata M, Katagiri Y, Morita M: Subserosal Liomyoma Complicated with Peritoneal Cysts Difficult to Differentiate from Brenner tumor of the Ovary.  70th Annual Congress of the Japan Society of Obstetrics and Gynecology,  仙台, 日本,  2018/05
86. ◎Junya Sakuma, Mayumi Takano, Sadanori Kasai, Sumito Nagasaki, Eijiro Hayata, Ayako Oji, Toshimitsu Maemura, Yukiko Katagiri, Masahiko Nakata, Mineto Morita: Prediction of functional pulmonary hypoplasia using MRI.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
87. ◎Sumito Nagasaki, Masahiko Nakata, Mayumi Takano, Kento Usui, Junya Sakuma, Mineto Morita: Novel technique to assess fetal fractional shortening by two-dimensional tracking.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
88. ◎Yusuke fukuda, Yukiko Katagiri: A Study on the usefulness of hysteroscopy for ET repeated failure cases in ART.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
国際学会
1. ◎Taniguchi T, Tsuchiya T, Fukuda Y, Maemura T, Katagiri Y, Morita M: Laparoscopic Surgery for Ovarian Tumor in Patients Under 20 Years Old.  47 th AAGL,  Las Vegas, USA,  2018/11
2. ◎Mayumi Takano, Masahiko Nakata, Sumito Nagasaki, Junya Sakuma, Eijiro Hayata, Ayako Oji, Toshimitsu Maemura, Mineto Morita: The relationship between recipient twin's hemodynamic influence and ductus venosus Doppler flow in Twin–twin transfusion syndrome.  28th World Congress on Ultrasound in Obstetrics and Gynecology,  Singapore,  2018/10
3. ◎J. Sakuma, M. Takano, S. Nagasaki, E. Hayata, A. Oji, M. Nakata, M. Morita: Prediction of functional pulmonary hypoplasia using magnetic resonance imaging (MRI).  28th World Congress on Ultrasound in Obstetrics and Gynecology,  Singapore,  2018/10
4. ◎M. Nakata, M. Takano, S. Nagasaki, J. Sakuma, A. Oji, N. Umemura, E. Hayata, T. Maemura: Postoperative cerebroplacental ratio can predict subsequent fetal demise of donor or smaller twin after fetoscopic laser surgery.  28th World Congress on Ultrasound in Obstetrics and Gynecology,  Singapore,  2018/10
5. ◎M. Takano, M. Nakata, S. Nagasaki, J. Sakuma, E. Hayata, A. Oji, T. Maemura, M. Morita: The relationship between recipient twin's hemodynamic deterioration and ductus venosus Doppler flow in Twin–twin transfusion syndrome.  28th World Congress on Ultrasound in Obstetrics and Gynecology,  Singapore,  2018/10
6. ◎Tomoko Taniguchi, Masaru Nagashima, Sota Sadamoto, Hikari Kotaki, Kento Usui, Takehiko Tsuchiya, Yukiko Katagiri, Mineto Morita: Low-grade SArcoma arising after repeat local resection of benign metastasizing leiomyoma after hysterectomy: A case report.  International Gynecologc Cancer Society 2018,  Kyoto, JAPAN,  2018/09
7. ◎Morita M, Tsuchiya T, Hayashi Y, Fukuda Y, Taniguchi T, Katagiri Y: Laparoscopic Hysterectomy in Large Myoma Uteri byUsing Lee-Huang Point.  Minimally Invasive Surgery Week 2018,  New York, USA,  2018/08
8. ◎Tsuchiya T, Katagiri Y, Taniguchi T, Maemura T, Morita M: Ideal Operative Method for Laparoscopic Myomectomy.  Minimally Invasive Surgery Week 2018,  New York, USA,  2018/08
9. ◎Morita M, Tsuchiya T, Hayashi Y, Fukuda Y, Taniguchi T, Katagiri Y: Blood Loss and Operating Time of the Relationship in Laparoscopic Hysterectomy.  Minimally Invasive Surgery Week 2018,  New York, USA,  2018/08
10. ◎Taniguchi T, Tsuchiya T, Maemura T, Katagiri Y, Morita M: Laparoscopic adnexectomy using 3-mm miniport: a report of 9 cases.  Minimally Invasive Surgery Week 2018,  New York, USA,  2018/08
11. ◎Komori M, Tsuchiya T, Hayata E, Hayashi Y, Tanicuchi T, Fukuda Y, Maemura T, Katagiri Y, Morita M: Laparoscopic Hysterectomy in Large Myoma Uteri by Using Lee-Huang Point.  70th Annual Congress of the Japan Society of Obstetrics and Gynecology,  仙台, 日本,  2018/05
12. ◎Usui K, Katagiri Y, Fukuda Y, So A, Kitamura M, Moriyama A, Ito A, Hayashi Y, Tamaki Y, Tsuchiya T, Morita M: Comparison of Anti-Mullerian-Hormone levels between pregnant women with natural conception and sterile women in assisted reproductive technology.  70th Annual Congress of the Japan Society of Obstetrics and Gynecology,  仙台, 日本,  2018/05
13. ◎Katakura M, Tsuchiya T, Namihira T, Taniguchi T, Takano M, Uemura Y, Katagiri Y, Morita M: Minimally invasive surgery for ectopic pregnancy using 3 mm trocar laparoscopic surgical system:A case report.  The 8th Congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction,  Taipei, TAIWAN,  2018/04
14. ◎Morita M, Tsuchiya T, Fukuda Y, Katagiri Y: Comparison of hormonal therapy for endometrioma before laparoscopic cystectomy.  The 8th Congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction,  Taipei, TAIWAN,  2018/04
15. ◎Rikitake T, Tsuchiya T, Maemura T, Katagiri Y, Morita M: Retrospective study of 72 cases requiring surgery and transfusion for ectopic pregnancy at our hospital.  The 8th Congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction,  Taipei, TAIWAN,  2018/04
16. ◎Tsuchiya T, Katagiri Y, Fukuda Y, Katakura M, Hayashi Y, Maemura T, Morita M: Retrospective study on the pregnancy rate after hysteroscopy in our hospital.  The 8th Congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction,  Taipai, TAIWAN,  2018/04
その他
1. ◎小宮山慎一: 進行卵巣癌に対する俯瞰的治療戦略.  婦人科がんヘルスケア研究会,  東京都,  2018/12
2. 片桐由起子: ホルモン剤と女性の健康.  大田区・区民公開講座,  東京、日本,  2018/11
3. ◎小宮山慎一: 最新の知見から進行卵巣癌に対する俯瞰的治療戦略を考える.  第3回明石西神戸Gynecology Conference,  兵庫県,  2018/11
4. ◎片桐由起子: ARTにおける黄体補充 適応外使用のルールと承認薬・未承認薬.  第16回N・H・K生殖医療勉強会,  尼崎、兵庫,  2018/11
5. 片桐由起子: 妊孕能温存手術と生殖補助医療 妊孕能に配慮した術前薬物療法.  大分市医師会産婦人科 ~内分泌・不妊・代謝~懇話会,  大分,  2018/10
6. 片桐由起子: 生殖医療における遺伝カウンセリング.  杉山産婦人科FD,  東京、日本,  2018/10
7. ◎小宮山慎一: 本邦の進行卵巣癌におけるアバスチンの安全性と有用性-JGOG3022試験を中心に-.  城南婦人科腫瘍カンファレンス,  東京都,  2018/07
8. ◎小宮山慎一: 進行卵巣癌治療におけるベバシズマブの意義を再考する.  Ovarian Cancer Symposium in Hiroshima,  広島県,  2018/07
9. ◎片桐由起子: 生殖医療.  あすか製薬FD勉強会,  東京、日本,  2018/07
10. ◎片桐由起子: 生殖医療.  生殖医療研究会,  東京都、日本,  2018/07
11. ◎小宮山慎一: エビデンスと臨床的ベネフィットから考えるベバシズマブを用いた進行卵巣癌治療.  Gynecologic Cancer Conference in 倉敷,  岡山県,  2018/07
12. ◎小宮山慎一: 進行卵巣癌患者の予後改善を目指して-最新の知見より考える治療戦略-.  中外eセミナー,  東京都,  2018/07
13. ◎小宮山慎一: 実臨床における有用性から再考するアバスチンを用いた卵巣がん治療.  北信産婦人科勉強会,  長野県,  2018/06
14. ◎片桐由起子: 生命倫理 母体保護法の視点から.  東京産婦人科医会主催 母体保護法指定医研修会,  東京、日本,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者