<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 精神神経医学講座(大森・大橋)
 Department of Neuropsychiatry (Omori,Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















根本 隆洋   教授
  2 1 4          2
(2)
 3
 
 
 
 1
片桐 直之   准教授
  1  3          
 1
 
 
 
 
辻野 尚久   講師
    2          
 1
 
 
 
 
山口 大樹   講師
  1  1          
 2
 
 
 
 
角 朋世   助教
              
 
 
 
 
 
田形 弘実   助教
              
 
 
 
 
 
永本 晃子   助教
              
 
 
 
 
 
舩渡川 智之   助教
    1          
 
 
 
 
 
松村 尭明   助教
              
 
 
 
 
 
松本 裕史   助教
              
 
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  2
(2)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














根本 隆洋   教授
  1       2
(2)
 
 
片桐 直之   准教授
         
 
 
辻野 尚久   講師
         
 
 
山口 大樹   講師
         
 
 
角 朋世   助教
         
 
 
田形 弘実   助教
         
 
 
永本 晃子   助教
         
 
 
舩渡川 智之   助教
         
 
 
松村 尭明   助教
         
 
 
松本 裕史   助教
         
 
 
 0 1  0 0  0  2
(2)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Nemoto T, Takeshi K, Niimura H, Tobe M, Ito R, Kojima A, Saito H, Funatogawa T, Yamaguchi T, Katagiri N, Tsujino N, Mizuno M:  Feasibility and acceptability of cognitive rehabilitation during the acute phase of schizophrenia.  Early Intervention in Psychiatry  15 (3) :457 -462 , 2021
2. ENIGMA Clinical High Risk for Psychosis Working Group, Jalbrzikowski M, Hayes RA, Wood SJ, Nordholm D, Zhou JH, Fusar-Poli P, Uhlhaas PJ, Takahashi T, Sugranyes G, Kwak YB, Mathalon DH, Katagiri N (12/118), Mizuno M (77/118), Nemoto T (82/118), Hernaus D:  Association of Structural Magnetic Resonance Imaging Measures With Psychosis Onset in Individuals at Clinical High Risk for Developing Psychosis: An ENIGMA Working Group Mega-analysis.  JAMA Psychiatry  78 (7) :753 -766 , 2021
3. Okano H, Kubota R, Okubo R, Hashimoto N, Ikezawa S, Toyomaki A, Miyazaki A, Sasaki Y, Yamada Y, Nemoto T, Mizuno M:  Evaluation of social cognition measures for Japanese patients with schizophrenia using an expert panel and modified Delphi method.  Journal of Personalized Medicine  11 (4) :275 , 2021
4. Kubota R, Okubo R, Akiyama H, Okano H, Ikezawa S, Miyazaki A, Toyomaki A, Sasaki Y, Yamada Y,
Uchino T, Nemoto T, Sumiyoshi T, Yoshimura N, Hashimoto N:  Study protocol: The Evaluation study for Social Cognition Measures in Japan (ESCoM).  Journal of Personalized Medicine  11 :667 , 2021
5. Sasabayashi D, Takayanagi Y, Takahashi T, Nishiyama S, Mizukami Y, Katagiri N, Tsujino N, Nemoto T, Sakuma A, Katsura M, Ohmuro N, Okada N, Tada M, Suga M, Maikusa N, Koike S, Furuichi A, Kido M, Noguchi K, Yamasue H, Matsumoto K, Mizuno M, Kasai K, Suzuki M:  Reduced cortical thickness of the paracentral lobule in at-risk mental state individuals with poor 1-year functional outcomes.  Translational Psychiatry  11 (1) :396 , 2021
総説及び解説
1. 内野敬, 水野雅文:  At-risk mental stateのトランジション.  精神科治療学  36 (6) :647 -650 , 2021
症例報告
1. 落裕太, 片桐直之, 山口大樹, 佐藤大輔, 高井雄二郎, 根本隆洋, 水野雅文:  アルコール依存症の断酒維持期の不眠に対するAsenapine maleateの効果.  東邦医学会雑誌  :1 -印刷中 , 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎永田ゆかり, 松村尭明, 山口大樹, 片桐直之, 水野雅文, 根本隆洋: 卵巣癌に対し付属器切除術を行った後、多彩な精神症状をきたした1例.  東京精神医学会 第122回学術集会プログラム,  東京,  2021/07
2. ◎岩田裕行, 木村文祥, 山川翔太郎, 田久保陽司, 斎藤淳一, 山口大樹, 辻野尚久, 根本隆洋: コロナ禍のストレスを契機に退行期メランコリーを発症した1例.  東京精神医学会 第122回学術集会プログラム,  東京,  2021/07
3. ◎小畑洋平: 質量分析を用いたマウス脳内におけるモノアミン酸化酵素Bの基質の解析.  第158回東邦医学会例会,  東邦大学医学部,  2021/06
4. ◎根本隆洋,岩井桃子: 【旅行医学のトピックス3】 派遣留学生のメンタルヘルス.  第19回日本旅行医学会大会,  東京(Web開催),  2021/04
5. ◎根本隆洋: ハイリスク状態(ARMS)に対する早期介入の社会実装に向けて―MEICISプロジェクトから.  第15回日本統合失調症学会,  富山(WEB開催),  2021/04
その他
1. ◎山口英理子: 在日ラテンアメリカ人に対応した、精神保健医療サービスにおける早期相談・介入の方法と実施システム開発についての研究.  公益財団法人 井之頭病院 第36回(令和2年度)助成研究論文発表会,  東京,  2021/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者