<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 精神神経医学講座(大森・大橋)
 Department of Neuropsychiatry (Omori,Ohashi)

教授:
  根本 隆洋
准教授:
  片桐 直之
講師:
  辻野 尚久(出向中)
  山口 大樹
■ Keywords
臨床精神医学, 社会精神医学, 予防精神医学, 精神科リハビリテーション学
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  厚生労働科学研究費補助金 障害者政策総合研究事業  (研究課題番号:19GC1015)
 研究課題:地域特性に対応した精神保健医療サービスにおける早期相談・介入の方法と 実施システム開発についての研究  (研究代表者:根本隆洋)
 研究補助金:12150000円  (代表)
2.  日本医療研究開発機構(AMED)長寿障害総合研究事業
 研究課題:AYA世代の精神疾患高リスク群における予防的睡眠マネジメントに関する研究  (研究代表者:根本隆洋)
 研究補助金:5175000円  (代表)
3.  日本医療研究開発機構 障害者対策総合研究開発事業
 研究課題:社会認知機能に関する新たな検査バッテリーの開発  (研究分担者:根本隆洋)
 研究補助金:1300000円  (分担)
4.  日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓)  (研究課題番号:20K20603)
 研究課題:統合失調症の病前診断のマーカー開発:世界初AMPA受容体PET研究  (研究分担者:根本隆洋)
 研究補助金:1040000円  (分担)
5.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  (研究課題番号:70459759)
 研究課題:精神病発症危険状態(ARMS)の回復と皮質-線条体-視床回路の変化に関する研究  (研究代表者:片桐直之)
 研究補助金:3770000円  (代表)
6.  日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究  (研究課題番号:21K15736)
 研究課題:若年メンタルヘルス援助希求者の包括的臨床ステージと社会機能の評価  (研究代表者:内野敬)
 研究補助金:1690000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  根本隆洋 :厚生労働省委員, 東京都精神疾患地域医療連携協議会委員, 大田区精神保健福祉地域支援推進会議委員, 大田区成年後見制度等利用促進協議会委員, 東京都社会保険診療報酬支払基金医科審査委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  根本隆洋 :日本精神神経学会 (代議員, 精神神経学雑誌編集委員, 専門医試験委員(副委員長), PCN Reports編集委員(Field Editor), PCNを育てるPIワーキンググループ委員); 日本社会精神医学会 (評議員, 学術委員, 倫理委員); 日本精神科診断学会 (評議員); 日本精神保健・予防学会 (理事, 編集委員(副編集長)); 日本統合失調症学会 (評議員); 東京精神医学会 (理事); CEPD研究会 (理事)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















根本 隆洋   教授
  3 1 5          7
(7)
 12
 
 
 1
(1)
 1
片桐 直之   准教授
  1  3          
 5
 
 
 
 
辻野 尚久   講師
    3          1
(1)
 7
 
 
 
 
山口 大樹   講師
  1  1          
 2
 
 
 
 
大岡 美奈子   助教
              
 
 
 
 
 
落 裕太   助教
              
 
 
 
 
 
角 朋世   助教
              
 
 
 
 
 
田形 弘実   助教
              
 3
 
 
 
 
永本 晃子   助教
              
 
 
 
 
 
舩渡川 智之   助教
    1          
 
 
 
 
 
松村 尭明   助教
              
 
 
 
 
 
松本 裕史   助教
              
 
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  8
(8)
 0
(0)
 1
(1)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














根本 隆洋   教授
  1       7
(7)
 
 1
(1)
片桐 直之   准教授
         
 
 
辻野 尚久   講師
         1
(1)
 
 
山口 大樹   講師
         
 
 
大岡 美奈子   助教
         
 
 
落 裕太   助教
         
 
 
角 朋世   助教
         
 
 
田形 弘実   助教
         
 
 
永本 晃子   助教
         
 
 
舩渡川 智之   助教
         
 
 
松村 尭明   助教
         
 
 
松本 裕史   助教
         
 
 
 0 1  0 0  0  8
(8)
 0
(0)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Takashi Uchino, Yumi Kotsuji, Tomoji Kitano, Takuma Shiozawa, Satomi Iida, Akiko Aoki, Momoko Iwai, Masanori Shirahata, Akihiko Seki, Masafumi Mizuno, Kuniaki Tanaka, Takahiro Nemoto:  An integrated youth mental health service in a densely populated metropolitan area in Japan: Clinical case management bridges the gap between mental health and illness services.  Early Intervention in Psychiatry  1 :1 -in press , 2021
2. Nemoto T, Takeshi K, Niimura H, Tobe M, Ito R, Kojima A, Saito H, Funatogawa T, Yamaguchi T, Katagiri N, Tsujino N, Mizuno M:  Feasibility and acceptability of cognitive rehabilitation during the acute phase of schizophrenia.  Early Intervention in Psychiatry  15 (3) :457 -462 , 2021
3. ENIGMA Clinical High Risk for Psychosis Working Group, Jalbrzikowski M, Hayes RA, Wood SJ, Nordholm D, Zhou JH, Fusar-Poli P, Uhlhaas PJ, Takahashi T, Sugranyes G, Kwak YB, Mathalon DH, Katagiri N (12/118), Mizuno M (77/118), Nemoto T (82/118), Hernaus D:  Association of Structural Magnetic Resonance Imaging Measures With Psychosis Onset in Individuals at Clinical High Risk for Developing Psychosis: An ENIGMA Working Group Mega-analysis.  JAMA Psychiatry  78 (7) :753 -766 , 2021
4. Okano H, Kubota R, Okubo R, Hashimoto N, Ikezawa S, Toyomaki A, Miyazaki A, Sasaki Y, Yamada Y, Nemoto T, Mizuno M:  Evaluation of social cognition measures for Japanese patients with schizophrenia using an expert panel and modified Delphi method.  Journal of Personalized Medicine  11 (4) :275 , 2021
5. Kubota R, Okubo R, Akiyama H, Okano H, Ikezawa S, Miyazaki A, Toyomaki A, Sasaki Y, Yamada Y,
Uchino T, Nemoto T, Sumiyoshi T, Yoshimura N, Hashimoto N:  Study protocol: The Evaluation study for Social Cognition Measures in Japan (ESCoM).  Journal of Personalized Medicine  11 :667 , 2021
6. Kumagai N, Tajika A, Hasegawa A, Kawanishi N, Fujita H, Tsujino N, Jinnin R, Uchida M, Okamoto Y, Akechi T, Furukawa TA:  Assessing recurrence of depression using a zero-inflated negative binomial model: A secondary analysis of lifelog data.  Psychiatry research  300 :113919 , 2021
7. Sasabayashi D, Takayanagi Y, Takahashi T, Nishiyama S, Mizukami Y, Katagiri N, Tsujino N, Nemoto T, Sakuma A, Katsura M, Ohmuro N, Okada N, Tada M, Suga M, Maikusa N, Koike S, Furuichi A, Kido M, Noguchi K, Yamasue H, Matsumoto K, Mizuno M, Kasai K, Suzuki M:  Reduced cortical thickness of the paracentral lobule in at-risk mental state individuals with poor 1-year functional outcomes.  Translational Psychiatry  11 (1) :396 , 2021
総説及び解説
1. 内野敬, 水野雅文:  At-risk mental stateのトランジション.  精神科治療学  36 (6) :647 -650 , 2021
症例報告
1. 落裕太, 片桐直之, 山口大樹, 佐藤大輔, 高井雄二郎, 根本隆洋, 水野雅文:  アルコール依存症の断酒維持期の不眠に対するAsenapine maleateの効果.  東邦医学会雑誌  :1 -印刷中 , 2021
その他
1. 山口英理子, 小野坂益成, 川下貴士, 丸山昭子, 三浦左千夫, 根本隆洋:  在日ラテンアメリカ人に対応した、精神保健医療サービスにおける早期相談・介入の方法と実装システム開発について.  公益財団法人 井之頭病院 研究紀要 令和二年度  :26 -33 , 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎田形弘実: 精神病発症危険状態(ARMS)における末梢血グルタミン酸関連代謝物の検討.  第24回日本精神保健・予防学会学術集会,  横浜市(Web開催),  2021/11
2. ◎北村 真吾, 盛本 翼, 岸本 直子, 田形 弘実, 樋口 悠子, 加藤 隆郎, 小曽根基裕, 三島 和夫, 石間 環, 大西 隆, 大庭 真梨, 松木 佑, 桂 雅宏, 富田 博秋, 内村 直尚, 鈴木 道雄, 根本 隆洋, 橋本 謙二, 岸本 年史, 住吉 太幹, 中込 和幸: Ultra High Risk 症例における COVID-19 感染拡大に伴うサイトカインおよび睡眠関連パラメータへの影響の検討
Effects of COVID-19 pandemic on cytokine levels and sleep pattern in UHR for psychosis.  第24回日本精神保健・予防学会,  Web (横浜市),  2021/11
3. ◎吹谷和代, 相川祐里, 山田紀昭, 渕上美香, 伊藤めぐむ, 秋葉靖雄, 岩井桃子, 田久保陽司, 辻野 尚久, 根本隆洋: 周産期メンタルヘルス支援における ICT 活用~より充実した地域包括支援への取り組み~.  第24回日本精神保健・予防学会学術集会,  横浜市(Web開催),  2021/11
4. ◎相川祐里, 吹谷和代, 伊藤めぐむ, 秋葉靖雄, 田久保陽司, 辻野尚久: 周産期精神保健医療サービスにおける心理相談に関する後方視的分析と検討.  第24回日本精神保健・予防学会学術集会,  横浜市(Web開催),  2021/11
5. ◎辻野尚久: 精神疾患における早期介入の現状と展望~早期介入の港をより広く、より深く、そしてより近くに~.  第24回日本精神保健・予防学会学術集会,  横浜市(Web開催),  2021/11
6. ◎飯田さとみ, 内野敬, 小辻有美, 青木瑛子, 塩澤拓亮, 北野知地, 松本裕史, 水野雅文, 田中邦明, 根本隆洋: 臨床型ケースマネジメントによる若年者早期支援が有効であった社会的ひきこもりの 1 例.  第24回日本精神保健・予防学会学術集会,  横浜市(Web開催),  2021/11
7. ◎木村文祥, 辻野尚久, 今川弘, 田久保陽司, 山口大樹, 根本隆洋: 急性期の精神科入院治療における入院期間、再入院率と試験外泊の関連性について.  第24回日本精神保健・予防学会学術集会,  横浜市(Web開催),  2021/11
8. ◎塩野良太, 阿部逸郎, 舩渡川智之, 山口大樹, 片桐直之, 根本隆洋: 抑うつ症状が先行し治療中に幻視を認めたParkinson病の1例.  第123回東京精神医学会,  ステーションコンファレンス東京, 東京,  2021/11
9. ◎根本隆洋: 睡眠の仕組みと睡眠障害.  第70回東邦大学薬学部公開講座 講演会「睡眠障害と薬物治療」,  千葉県船橋市(WEB),  2021/10
10. ◎根本隆洋: 防災とこころのケア 職員のこころのケア.  令和3年度大田区官学連携人材育成講座,  東京都大田区(WEB),  2021/09
11. ◎根本隆洋, 内野敬: シンポジウム75 After/with COVID-19における学校を取り巻く環境変化と精神保健の在り方 コロナ禍における若者に向けたメンタルヘルス相談―SODAの取り組み―.  第117回日本精神神経学会学術総会,  京都市、国立京都国際会館,  2021/09
12. ◎根本隆洋: シンポジウム5 大学病院における精神医学教育の役割 東邦大学における精神医学教育.  第117回日本精神神経学会学術総会,  京都市、国立京都国際会館,  2021/09
13. ◎山口英理子, 小野坂益成, 川下貴士, 岩井桃子, 田久保陽司, 丸山昭子, 三浦左千夫, 水野雅文, 辻野尚久, 根本隆洋: 全国の在留ブラジル人を対象としたメンタルヘルス相談会を通して.  第117回日本精神神経学会学術総会,  京都市、国立京都国際会館,  2021/09
14. ◎内野敬, 小辻有美, 飯田さとみ, 青木瑛子, 塩澤拓亮, 辻野尚久, 藤井千代, 清水徹男, 水野雅文, 田中邦明, 根本隆洋: 大都市部における若年者早期相談・支援窓口の実践―ワンストップ相談センターSODAの取り組み.  第117回日本精神神経学会学術総会,  京都市、国立京都国際会館,  2021/09
15. ◎根本隆洋: 防災とこころのケア 避難者のこころのケア.  令和3年度大田区官学連携人材育成講座,  東京都大田区(WEB),  2021/09
16. ◎荒井悠, 片桐直之, 齋藤淳一, 堀正明, 神谷昂平, 大久保卓史, 紫藤佑介, 田形弘実, 今川弘, 根本隆洋, 水野雅文: At Risk Mental Stateにおける上視床放線と探索眼球運動の関連.  第43回日本生物学的精神医学会・第51回日本神経精神薬理学会 合同大会,  京都市, 国立京都国際会館,  2021/07
17. ◎今川弘, 片桐直之, 齋藤淳一, 辻野尚久, 福島健, 小野里磨優, 堀正明, 神谷昂平, 大久保卓史, 田形弘実, 荒井悠, 根本隆洋, 水野雅文: At Risk Mental Stateにおける多価不飽和脂肪酸代謝と鉤状束DTI定量値の関連.  第43回日本生物学的精神医学会・第51回日本神経精神薬理学会 合同大会,  京都市、国立京都国際会館,  2021/07
18. ◎片桐直之、根本隆洋、堀正明、神谷昂平、大久保卓史、田形弘実、荒井悠、今川弘、齋藤淳一、水野雅文: At-risk mental stateにおける前頭-線条体-視床ループの生物学的変化.  第43回日本生物学的精神医学会・第51回日本神経精神薬理学会 合同大会,  京都,  2021/07
19. ◎永田ゆかり, 松村尭明, 山口大樹, 片桐直之, 水野雅文, 根本隆洋: 卵巣癌に対し付属器切除術を行った後、多彩な精神症状をきたした1例.  東京精神医学会 第122回学術集会プログラム,  東京,  2021/07
20. ◎岩田裕行, 木村文祥, 山川翔太郎, 田久保陽司, 斎藤淳一, 山口大樹, 辻野尚久, 根本隆洋: コロナ禍のストレスを契機に退行期メランコリーを発症した1例.  東京精神医学会 第122回学術集会プログラム,  東京,  2021/07
21. ◎小畑洋平: 質量分析を用いたマウス脳内におけるモノアミン酸化酵素Bの基質の解析.  第158回東邦医学会例会,  東邦大学医学部,  2021/06
22. ◎根本隆洋,岩井桃子: 【旅行医学のトピックス3】 派遣留学生のメンタルヘルス.  第19回日本旅行医学会大会,  東京(Web開催),  2021/04
23. ◎根本隆洋: ハイリスク状態(ARMS)に対する早期介入の社会実装に向けて―MEICISプロジェクトから.  第15回日本統合失調症学会,  富山(WEB開催),  2021/04
その他
1. ◎根本隆洋: 精神障がい者のリカバリーとそれを支える医療について.  精神障がい者と家族のための市民公開講座,  Web(TKPガーデンシティ御茶ノ水),  2021/11
2. ◎山口英理子: 在日ラテンアメリカ人に対応した、精神保健医療サービスにおける早期相談・介入の方法と実施システム開発についての研究.  公益財団法人 井之頭病院 第36回(令和2年度)助成研究論文発表会,  東京,  2021/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者