東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 心身医学講座(大森)
 Department of Psychosomatic Medicine (Omori)

教授:
  中野 弘一
  端詰 勝敬
准教授:
  竹内 武昭
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















中野 弘一   教授
              
 
 
 
 
 
端詰 勝敬   教授
 1 3  2          
 7
 
 2
 
 
竹内 武昭   准教授
  2 1 2          1
 1
(1)
 
 1
(1)
 
 
天野 雄一   助教
              
 1
 
 
 
 
中村 祐三   助教
  3 1           
 
 
 
 
 
 1 2  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 志村広子, 中村亨, 金鎭赫, 菊地裕絵, 吉内一浩, 山本義春::  勤労者の日常生活下における行動,心理,生理,環境情報の統合連続モニタリングと大規模データベースの利活用.  ヒューマンインタフェース学会論文誌  19 (2) :163 -174 , 2017
2. 小田原幸, 坪井康次::  ストレスコーピング.  作業療法ジャーナル  51 (5) :414 -417 , 2017
3. 富田吉敏, 菊地裕絵, 安藤哲也::  受験生と心療内科―ストレスを抱える受験生への心療内科的対応―.  心身医学  57 (8) :849 -855 , 2017
4. 橋本和明, 小山明子, 中村祐三, 端詰勝敬::  心身症に対する自律訓練法の実践方法.  精神科  31 (5) :421 -425 , 2017
5. 上野孝之, 中村祐三, 都田淳, 竹内武昭, 田中耕一郎, 端詰勝敬::  長期間持続する腹痛症状に対し,心身医学的アプローチと漢方薬で改善をみた1例.  日本東洋心身医学研究2017  32 (1/2) :84 -88 , 2017
6. 端詰勝敬, 都田淳, 小田原幸::  片頭痛が慢性化する心療内科的メカニズム(解説).  日本頭痛学会誌  44 (1) :54 -56 , 2017
7. 橋本和明, 竹内武昭, 中村祐三, 井原一成, 大渕修一, 平野浩彦, 藤原佳典, 河合恒, 小島基永, 端詰勝敬:  都市部高齢者の不眠症状とその関連因子.  不眠研究  2017 :19 -23 , 2017
8. Murai U,Nomura K,Kido M,Takeuchi T,Mitsuhiro S,Rahman M::  Pre-pregnancy body mass index as a predictor of low birth weight infants in Japan.  Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition  26 :434 -437 , 2017
9. Yuzo Nakamura, Takeaki Takeuchi, Kazuaki Hashimoto, Masahiro Hashizume:  Clinical features of outpatients with somatization symptoms treated at a Japanese psychosomtic medicine clinic.  BioPsychoSocial Medicine  11 (16) :epublish , 2017
10. Hachisu M, Hashizume M, Kawai H, Hirano H, Kojima M, Obuchi S, Ihara K:  Relationships between serum brain-derived neurotrophic factor concentration and parameters for health score in community dwellings of elderly people.  Geriatrics & Gerontology International  :10.1111/ggi.13210 , 2017
11. Takeuchi Takeaki, Takenoshita Shinichi, Taka Fumiaki, Nakao Mutsuhiro, Nomura Kyouko:  The relationship between psychotropic drug use and suicidal behavior in Japan: Japanese Adverse Drug Event Report.  Pharmacopsychiatry  50 (2) :69 -73 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. 藤原佳典, 井原一成, 端詰勝敬, 河合恒, 鈴木宏幸, 小川将, 桜井良太, 平野浩彦, 渡邊裕, 大渕修一, 蜂須貢: 地域高齢者における血清BDNF値が簡易検査における認知機能低下におよぼす影響.  第28回日本疫学会学術総会,  福島, 日本,  2018/02
2. 竹内武昭: 医学論文が掲載されるためのノウハウ.  第24回日本行動医学会学術総会,  東京,  2017/12
3. ◎都田淳,小山明子,端詰勝敬:: 不眠症治療における睡眠の質と薬に対する構えについての検討,.  不眠研究会第33回研究発表会,  東京,  2017/12
4. 竹内武昭, 橋本和明, 井原一成, 大渕修一, 平野浩彦, 藤原佳典, 河合恒, 小島基永, 端詰勝敬: 高齢者のうつと食事の関連:定型、非定型の観点から.  第22回日本心療内科学会総会学術大会,  鹿児島, 日本,  2017/11
5. ◎井原一成, 端詰勝敬, 長谷川千絵, 天野雄一, 小山明子, 飯田浩毅, 小島光洋, 金憲経: 後期高齢女性の夕食の準備方法と幼少期における遊びや運動の技能との関係.  第76回日本公衆衛生学会総会,  鹿児島, 日本,  2017/11
6. ◎河合恒, 井原一成, 解良武士, 鈴木宏幸, 平野浩彦, 端詰勝敬, 藤原佳典, 大渕修一: 地域高齢者における継続的なスタチン服用の運動機能、抑うつ、認知機能への影響.  第76回日本公衆衛生学会総会,  鹿児島, 日本,  2017/10
7. ◎杉 真惠, 中田亜希子, 岡田弥生, 端詰勝敬, 廣井直樹: 模擬患者養成講座への学生参加の効果.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
8. ◎岡田弥生, 岸 太一, 中田亜希子, 廣井直樹, 佐藤二美, 端詰勝敬: ボランティア参加は1年次コミュニケーション教育に良い影響をあたえるか.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
9. ◎久我原明朗:: プライマリケアでの生活習慣病治療と行動療法の活かし方.  第58回日本心身医学会総会,  北海道,  2017/06
10. ◎小田原幸: 社会に活かす行動医学,.  第58回日本心身医学会総会ならびに学術講演会,  北海道,  2017/06
国際学会
1. Takeaki Takeuchi, Kazuaki Hashimoto, Yuzo Nakamura, Masahiro Hashizume: Characteristics of outpatients with medically unexplained symptoms at a University Hospital, considering age.  10th Joint Seminar on Biomedical Sciences,  Tokyo,  2017/11
2. ◎Ihara K, Hashizume M, Suzuki T, Kim H: Knee muscle strength, neither vitamin D nor high-sensitive CRP, was a risk factor for major depressive disorder among elderly women.  The 16th International Congress of the International Federation of Psychiatric Epidemiology,  Melbourne, Australia,  2017/10
3. Ihara K, Tanaka M, Hashizume M, Morinobu S, Hirano H, Fujiwara Y, Hachisu M, Kojima M, Kawai H, Obuchi S: Exome-wide association study identifies the association between depression, height and DOCK3.  The 21st Ineternational Epidemiological Association World Congress of Epidemiology,  Saitama, Japan,  2017/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者