東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 外科学講座 呼吸器外科(大森)
 Division of Chest Surgery, Department of Surgery (Omori)

教授:
  伊豫田 明
准教授:
  秦 美暢
助教:
  田巻 一義
  大塚 創
  牧野 崇
  東 陽子
  肥塚 智
  佐野 厚
■ Keywords
肺癌,超高齢者肺癌,術後補助療法,COPD,気管支鏡下治療,ステント療法,EBUS,肺神経内分泌腫瘍
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















伊豫田 明   教授
    4          1
(1)
 8
(5)
 
 
 
 
秦 美暢   准教授
    3          
 7
(5)
 
 
 
 
東 陽子   助教
   1 3          8
(6)
 4
(3)
 
 
 
 
大塚 創   助教
   1 3          
 8
(5)
 
 
 
 1
肥塚 智   助教
   1 3          2
(2)
 6
(3)
 
 
 
 1
田巻 一義   助教
              
 
 
 
 
 
牧野 崇   助教
   1 3          2
 7
(5)
 
 
 
 
 0 4  0 0  0  13
(9)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Takuma Yotsumoto、Atsushi Sano、Tsutomu Fukuda:  Clinical study of asbestos-related lung cancer diagnosed by asbestos medical examination.  Cancer Reports  :doi.org/10.1002 -/cnr2.1124 , 2018
総説及び解説
1. Atsushi Sano:  Multidisciplinary team approach for complicated pneumothorax.  Journal of Thoracic Disease  10.21037/ :jtd.2018.06.94 , 2018
症例報告
1. Yoko Azuma、Hajime Otsuka、Takashi Makino、Satoshi Koezuka、Yoichi Anami、Sota Sadamoto、Megumi Wakayama、Naobumi Tochigi、Kazutoshi Shibuya
Akira Iyoda:  Giant thymoma successfully resected via median sternotomy and anterolateral thoracotomy:a case report.  Journal of Cardiothoracic Surgery  doi.org/ (10.1186/) :s13019-018- -0711-z , 2018
2. Satoshi Koezuka、Yoshinobu Hata、Hajime Otsuka、Takashi Makino、Yoko Azuma、Takashi Azumi、Yoichi Anami、Kazuhiko Natori、Akira Iyoda:  Lobectomy for lung cancer in a myelodysplastic syndrome patient with decreasing platelet aggregation.  Journal of Cardiothoracic Surgery  doi.org/10.1186/ :s13019-018-0777-7 , 2018
3. Hajime Otsuka、Takashi Makino、Yoko Azuma、Satoshi Koezuka、Keishi Sugino、Yoshinobu Hata、Yoichi Anami、Takashi Azumi、Akira Iyoda:  Surgical removal of an intrapulmonary aberrant needle: report of a case.  Journal of Thoracic Disease  10 (5) :328 -331 , 2018
その他
1. Atsushi Sano:  Transmanubrial thoracotomy for superior mediastinal lesions.  International Journal of Surgery and Medicine  DOI:10.5455/ijsm :149 -151 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎東 陽子、: 特発性肺線維症合併肺癌の特徴と手術治療成績.  第59回 日本肺癌学会学術集会,  東京都港区,  2018/12
2. ◎牧野 崇、: 病理病期I 期COPD 合併肺癌における肺葉切除の治療成績.  第59回 日本肺癌学会学術集会,  東京都港区,  2018/11
3. ◎東 陽子、: 間質性肺炎合併肺癌の特徴と手術手法の工夫.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都港区,  2018/11
4. ◎東 陽子、: 気管食道科学会で目指そう、みんなのキャリアアップ・スキルアップ.  第70回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会,  東京都港区高輪,  2018/11
5. ◎東陽子、大塚創、牧野崇、肥塚智、秦美暢、伊豫田明: COPD 合併肺癌に対する周術期LABA/LAMA 吸入療法と呼吸リハビリテーションの有用性.  第71 回日本胸部外科学会定期学術集会,  東京都港区,  2018/10
6. ◎牧野崇、大塚創、肥塚智、東陽子、秦美暢、伊豫田明: 慢性閉塞性肺疾患の合併が肺癌手術の予後に及ぼす影響.  第71 回日本胸部外科学会定期学術集会,  東京都港区,  2018/10
7. ◎肥塚智、三上哲夫、栃木直文、大塚創、牧野崇、東陽子、秦美暢、渋谷和俊、伊豫田明: 2cm 以下の小型肺腺癌のCT 所見・FDG-PET のSUVmax 値とSpread Through Air Spaces(STAS)との相関および治療成績の検討.  第71回日本胸部外科学会定期学術集会,  東京都港区,  2018/10
8. ◎伊豫田明: 肺神経内分泌腫瘍‐大細胞神経内分泌癌研究の新時代‐.  第6回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会,  京都市左京区,  2018/09
9. ◎東陽子、佐野厚、大塚創、牧野崇、肥塚智、栃木直文、本間栄、伊豫田明: 肺大細胞神経内分泌癌手術例の臨床的特徴と治療成績.  第6回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会,  京都市左京区,  2018/09
10. ◎肥塚智、大塚創、牧野崇、東陽子、秦美暢、卜部尚久、栃木直文、本間栄、渋谷和俊、伊豫田明: 胸骨正中切開+前側方開胸下に切除した原発不明縦隔リンパ節転移腺癌の1例.  第177回日本胸部外科学会,  東京都大田区,  2018/06
11. ◎東陽子: 東邦大学における呼吸器外科育成の取り組み-教育を受ける立場から-.  第177回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  東京都大田区,  2018/06
12. ◎東陽子、大塚創、肥塚智、牧野崇、秦美暢、栃木直文、澁谷和俊、伊豫田明: 完全鏡視下に切除した両側多発神経線維腫の1 例.  第41 回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  東京都新宿区,  2018/05
13. ◎東陽子、大塚創、牧野崇、肥塚智、秦美暢、本間栄、伊豫田明: 間質性肺炎合併肺癌の予後改善を目指して.  日本呼吸器外科学会,  千葉県幕張,  2018/05
14. ◎牧野崇、大塚創、肥塚智、東陽子、秦美暢、磯部和順、栃木直文、大国生幸、渋谷和俊、本間栄、海老原覚、伊豫田明、: 重症COPD合併肺癌切除例の治療成績.  日本呼吸器外科学会,  千葉県幕張,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者