東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 外科学講座 心臓血管外科学分野(大森)
 Division of Cardiovascular Surgery, Department of Surgery (Omori)

教授:
  渡邉 善則
臨床教授:
  塩野 則次
准教授:
  小澤 司
  藤井 毅郎
講師:
  益原 大志
  片山 雄三
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第117回日本胸部外科学会関東甲信越地方会  (会長 : 渡邉 善則 )  ,東京  2018/06
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















渡邉 善則   教授
              
 5
 
 
 
 
小澤 司   准教授
      1        2
 2
 
 
 
 
塩野 則次   准教授
              
 2
 
 
 
 
藤井 毅郎   准教授
              
 6
 
 
 
 
片山 雄三   講師
              
 3
 
 
 
 
益原 大志   講師
              
 3
 
 
 
 
大熊 新之介   助教
              
 4
 
 
 
 
片柳 智之   助教
              
 2
 
 
 
 
布井 啓雄   助教
              
 2
 
 
 
 
原 真範   助教
              
 1
 
 
 
 
 0 0  1 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 著書
1. 小澤司:  第6章-13.新生児期に行われる心臓血管外科手術の術式.新生児学テキスト(日本新生児成育医学会編)  296-306.  メディカ出版,  大阪, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小澤司,片山雄三,塩野則次,吉川翼,磯部 将,矢尾尊英,保坂達明,川田幸太,亀田徹,布井啓雄,大熊新之介,片柳智之,原真範,益原大志,藤井毅郎,渡邉善則: 小児先天性心臓外科の医療経済的評価.  第71回日本胸部外科学会定期学術集会,  東京,  2018/10
2. ◎大久保直人、岡村由利子、秋津克哉、小原浩、木下利雄、小泉雅之、冠木敬之、木内俊介、中西理子、藤野紀之、天野英夫、久武真二、池田隆徳、益原大志、藤井毅郎、渡邉善則: 左房粘液腫が術中に塞栓となり全脳虚血をきたした1例.  第249回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2018/09
3. ◎藤盛 莉乃、木内俊介、冠木敬之、中西理子、藤野紀之、天野英夫、久武真二、池田 隆徳、渡邉善則: 冠動脈末梢病変を伴うLeriche症候群により心不全を惹起した一例.  第249回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2018/09
4. ◎谷島 聡, 鈴木 隆, 大熊新之助, 藤井毅郎, 名波竜規, 大嶋陽幸, 白鳥史明, 根本哲生, 船橋公彦, 島田英昭: 縦隔鏡・左開胸アプローチで大動脈合併切除を施行した進行バレット食道癌の一例.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮市,  2018/06
5. ◎鈴木 隆, 谷島 聡, 名波竜規, 大嶋陽幸, 大熊新之介, 藤井毅郎, 根本哲生, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌術後(T1aN0M0),#112Ao リンパ節再発に対する下行大動脈置換を施行した1例.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮市,  2018/06
6. 島田脩平,長島俊介,小梛地洋,山崎信人1,酒井正人,緒方公平,斉藤敬子,定本聡太,若山 恵,小澤 司,与田仁志,渋谷和俊,黒岩 実: 救命し得なかった極低出生体重児の巨大仙尾部奇形腫の1 例.  第55 回日本小児外科学会学術集会,  新潟市,  2018/06
7. ◎荻野晶弘、大西 清、中道美保、岡根谷哲哉、藤井毅郎、渡邉善則: 心臓血管術後縦隔炎に対する治療方針.  第61回日本形成外科学会総会・学術集会,  博多,  2018/04
8. ◎小澤司,片山雄三,塩野則次,磯部 将,矢尾尊英,保坂達明,川田幸太,亀田徹,布井啓雄,大熊新之介,片柳智之,益原大志,藤井毅郎,渡邉善則: Aortopulmonary windowに対し切離および自己組織再建が施行された連続3例.サージカルフォーラム..  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者