東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 内科学講座 膠原病学分野(大森)
 Division of Rheumatology, Department of Internal Medicine (Omori)

教授:
  南木 敏宏
助教:
  村岡 成
  佐藤 洋志
  鹿野 孝太郎
  川添 麻衣
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















南木 敏宏   教授
医学博士
  3  4   5       
 19
(6)
 
 5
(3)
 
 
村岡 成   助教
医学博士
    1          1
(1)
 6
(5)
 
 
 
 
佐藤 洋志   助教
医学博士
       1       1
(1)
 6
(5)
 
 
 
 
鹿野 孝太郎   助教
医学博士
    1          
 5
(5)
 
 
 
 
川添 麻衣   助教
医学博士
    1          1
(1)
 5
(4)
 1
(1)
 
 
 
 0 0  0 0  0  3
(3)
 1
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Mai Kawazoe, Kaichi Kaneko, Kotaro Shikano, Natsuko Kusunoki, Toshihiro Nanki, Shinichi Kawai:  Glucocorticoid therapy causes contradictory changes of serum Wnt signaling-related molecules in systemic autoimmune diseases.  Clin. Rheumatol  37 (8) :2169 -2178 , 2018
2. Keiko Kondo, Sei Muraoka, Toshihiro Nanki, Satoru Komatsumoto:  Successful treatment of IgA vasculitis complicated with bowel perforation and crescentic glomerulonephritis by glucocorticoid, cyclosporine and factor XIII replacement.  Intern Med. (in press)  ー :ー , 2018
3. Yoshiya Tanaka, Tsutomu Takeuchi, Hisanori Umehara, Toshihiro Nanki, Nobuyuki Yasuda, Fumitoshi Tago, Makoto Kawakubo, Yasumi Kitahara, Seiichiro Hojo, Tetsu Kawano, Toshio Imai.:  Safety, pharmacokinetics, and efficacy of E6011, an antifractalkine monoclonal antibody, in a first-in-patient phase 1/2 study on rheumatoid arthritis.  Mod. Rheumatol  28 (1) :58 -65 , 2018
4. Wataru Hirose, Masayoshi Harigai, Takashi Uchiyama, Kenji Itoh, Toshiaki Ishizuka, Mitsuyo Matsumoto, Toshihiro Nanki:  Low BMI and lymphocytopenia associate with Mycobacterium avium complex pulmonary disease in patients with rheumatoid arthritis.  Mod. Rheumatol. (in press).  ー :ー , 2018
総説及び解説
1. 南木敏宏:  関節リウマチ治療における新規ターゲット.  Clinical Calcium  28 (5) :53(637) -57(641) , 2018
2. 南木敏宏, 鏑木誠:  IL-6阻害療法の基礎と臨床。新たなIL-6阻害薬(シルクマブ、サリルマブ)の有用性と問題点。.  リウマチ科  60 (2) :175 -181 , 2018
3. 南木敏宏:  関節リウマチ~診断から治療まで~.  東京都医師会雑誌  71 (7) :19(573) -22(576) , 2018
■ 著書
1. 佐藤洋志, 南木敏宏:    看護用語辞典 ナース pedia  -.  (株)クイック,  東京, 2018
2. 山本竜大, 南木敏宏:    看護用語辞典 ナース pedia。看護roo!  -.  (株)クイック,  東京, 2018
3. 鏑木誠, 南木敏宏:    看護用語辞典 ナース pedia。看護roo!  ー.  (株)クイック,  東京, 2018
4. 南木敏宏, 村岡成:  結合組織病.  看護用語辞典 ナース pedia。看護roo!。  ー.  (株)クイック,  東京都, 2018
5. 南木敏宏:  服薬・注射指導〜抜歯時・周術期、妊娠希望時・妊婦・授乳、ワクチン接種時の注意点〜。.  リウマチ・膠原病治療薬ハンドブック-エキスパートが教える極意-。  12-15.  文光堂,  東京都, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎野口宥, 貴島祥, 川添麻衣, 緒方秀昭, 大久保直人, 鹿嶋直康, 竹本育聖, 佐々木陽典, 城戸秀倫, 前田正, 石井孝政, 宮﨑泰斗, 財裕明, 本田善子, 栃木直文, 島田長人,澁谷和俊, 瓜田純久: 乳癌切除術直後にリウマチ性多発筋痛症(Polymyalgia rtheumatica:PMR)を発症した一例.  第17回日本病院総合診療医学会 学術総会,  岐阜,  2018/09
2. 南木敏宏: アバタセプトによる関節リウマチ治療〜最近の話題も含めて〜.  リウマチエリアWEBセミナー首都圏地区,  東京,  2018/07
3. 南木敏宏: 関節リウマチ治療の進歩と今後の展望.  第31回臨海リウマチ性疾患談話会,  東京,  2018/07
4. 南木敏宏: 生物学的製剤による膠原病治療の進歩.  第11回東邦バイオフォーラム,  東京,  2018/07
5. 南木敏宏: 関節リウマチにおける肺MAC症.  第14回リウマチ肺研究会,  東京,  2018/07
6. 金地美和, 佐藤洋志, 山田善登, 増岡正太郎, 水谷聡, 川添麻衣, 鏑木誠, 村岡成, 南木敏宏: 3枝病変を認め冠動脈限局性の高安動脈炎の一例.  内科学会関東地方会,  東京,  2018/07
7. 南木敏宏: 東邦大学医療センター大森病院リウマチ膠原病センターの取り組み.  城南地区PsA連携セミナー,  東京,  2018/06
8. 南木敏宏: 関節リウマチ治療の進歩:当リウマチ膠原病センターでの治療実績.  リウマチ医療連携セミナー,  東京,  2018/06
9. 南木敏宏: 細胞遊走を誘導するケモカインを標的とした関節リウマチ治療開発.  第19回長崎リウマチ・サイトカイン研究会,  長崎,  2018/05
10. 南木敏宏: 関節リウマチの薬物治療 up-to-date。関節リウマチ〜診断から治療まで〜.  日本医師会生涯教育講座。東京医師会,  東京,  2018/05
11. 南木敏宏: 関節リウマチ治療薬の注意点.  実践勉強会。大田区薬剤師会,  東京,  2018/05
12. ◎山田壯一,楠 夏子,佐藤洋志,村岡 成,今井俊夫,川合眞一,南木敏宏: フラクタルカインによる間質性肺炎病態形成への関与.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
13. ◎山田善登,鏑木 誠,増岡正太郎,水谷 聡,川添麻衣,山田壯一,佐藤洋志,村岡 成,金子開知,山本竜大,南木敏宏: ミコフェノール酸モフェチル投与中に進行性多巣性白質脳症を発症した全身性エリテマトーデスの一例.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
14. ◎水谷 聡,佐藤洋志,山田善登,増岡正太郎,川添麻衣,山田壯一,鏑木 誠,村岡 成,金子開知,山本竜大,南木敏宏: 抗ミトコンドリア抗体陽性の原発性胆汁性胆管炎に,全身性強皮症,免疫介在性壊死性ミオパチーを合併した一例.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
15. ◎川添麻衣,金子開知,山田善登,増岡正太郎,水谷 聡,山田壯一,鹿野孝太郎,佐藤洋志,鏑木 誠,村岡 成,山本竜大,川合眞一,南木敏宏: 全身性エリテマトーデスにおけるミコフェノール酸モフェチルの有効性の検討.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
16. ◎村岡 成,金子開知,楠 夏子,山田壯一,佐藤洋志,川合眞一,南木敏宏: フラクタルカインによるヒト末梢血単球からの破骨細胞分化誘導亢進.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
17. ◎佐藤洋志,村岡 成,楠 夏子,増岡正太郎,山田壯一,川合眞一,南木敏宏: レジスチンはケモカイン産生を誘導し関節リウマチの病態へ関与する.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
18. 南木敏宏: ケモカイン阻害による関節リウマチ治療開発.  第31回香川膠原病研究会,  高松,  2018/04
19. 増岡正太郎, 楠夏子, 川合眞一, 南木敏宏: 関節リウマチ滑膜組織におけるEpstein-Barrウイルス遺伝子の発現と遺伝子変異の解析.  第62回日本リウマチ学会総会,  東京,  2018/04
20. 田中良哉、竹内勤、梅原久範、南木敏宏、安田信之、田胡文利、川久保真、北原靖実、河野鉄、今井俊夫: 日本人関節リウマチ患者におけるE6011(抗フラクタルカイン モノクローナル抗体)の安全性・忍容性、薬物動態及び有効性の評価:臨床第1/2相First-in-Patient試験(52週間継続期データ).  第62回日本リウマチ学会総会,  東京,  2018/04
国際学会
1. ◎Kusunoki N, Nanki T, Kawai S: Prostanoid production is impaired due to the decreased expressions of enzymes related to the cellular prostanoid metabolism in the iPS cell-derived endothelial cells.  WCP2018-18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology,  Kyoto, Japan,  2018/07
2. ◎Kawazoe M, Kaneko K, Kawai S, Nanki T: The efficacy of mycophenolate mofetil in japanese patients with systemic lupus erythematosus.  WCP2018-18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology,  Kyoto, Japan,  2018/07
3. ◎Mizutani S, Sato Y, Nanki T, Yoshida S: Efficacy and safety of iguratimod in patients with rheumatoid arthritis.  WCP2018-18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology,  Kyoto, Japan,  2018/07
4. Hiroko Shibata, Kazuko Nishimura, Chizuru Miyama, Akiko Ishii-Watabe, Yoshiro Saito, Shinichi Kawai, Soichi Yamada, Toshihiro Nanki.: Factors influencing production of anti-drug antibodies against biopharmaceuticals in rheumatoid arthritis patients.  18th World Congress of basic and clinical Pharmacology. Kyoto,  Kyoto,  2018/07
5. Toshihiro Nanki: Advances in Molecular Targeting Therapy for Rheumatoid Arthritis. Advances of treatment with IL-6/IL-6 receptor inhibitors for RA.  18th World Congress of basic and clinical Pharmacology. Kyoto,  Kyoto,  2018/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者