東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 内科学講座 血液・腫瘍学分野(大森)
 Division of Hematology and Oncology, Department of Internal Medicine (Omori)

准教授:
  名取 一彦
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















名取 一彦   准教授
    1          
 9
(1)
 
 
 
 
和泉 春香   助教
              
 7
(1)
 
 
 
 
酒井 亜紀子   助教
              
 1
 
 
 
 
長瀬 大輔   助教
              2
(1)
 5
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  2
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
症例報告
1. 清水知、三井要造、中島陽太、清水俊博、岩井秀憲、山辺史人、青木九里、小林秀行、永尾光一、中島耕一、石原晋、栃木直文、根本哲生:  右腎に発生した髄外性形質細胞腫の1例.  西日本泌尿器科  80 (10) :541 -546 , 2018
2. 清水知、三井要造、中島陽太、清水俊博、岩井秀憲、山辺史人、青木九里、小林秀行、永尾光一、中島耕一、石原晋、栃木直文、根本哲生:  多発性両側腎腫瘍を合併したBirt-Hogg-Dube症候群の1例.  西日本泌尿器科  80 (9) :485 -489 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎長瀬大輔+藤野春香+廣田愛+入田博史+三井ゆりか+澁谷亜紀子+石渡誉郎+加藤元浩+倉石安庸+根本哲生+澁谷和俊+名取一彦: 難治性末梢性T細胞リンパ腫に対するPDX療法にたいし、ロイコボリンを併用した1例.  第56回癌治療学会学術集会,  横浜市,  2018/10
2. ◎三井ゆりか+藤野春香+入田博史+廣田愛+澁谷亜紀子+長瀬大輔+倉石安庸+名取一彦: 3年以上にわたりブレンツキシマブ・ベドチンで加療しているホジキンリンパ腫の一例.  第56回日本館治療学会学術集会,  横浜市,  2018/10
3. ◎三井ゆりか+藤野春香+入田博史+廣田愛+定本聡太+澁谷亜紀子+長瀬大輔+栃木直文+若山恵+倉石安庸+渋谷和俊+名取一彦: 急性膵炎契機に発見されたinv(16)(p13,1q22)を伴う骨髄肉腫の一例。.  第80回日本血液学会学術集会,  大阪,  2018/10
4. ◎長瀬大輔+藤野春香+廣田愛+入田博史+柏木克仁+三井ゆりか+澁谷亜紀子+加藤元浩+倉石安庸+名取一彦: t(8;21)転座を示した治療関連骨髄増殖性腫瘍の2例。.  第80回日本血液学会学術集会,  大阪市,  2018/10
5. ◎澁谷亜紀子+入田博史+廣田愛+三井ゆりか+長瀬大輔+藤野春香+加藤元浩+篠原正哉+細野啓介+倉石安庸+名取一彦: 悪性リンパ腫に対する化学療法中にたこつぼ型心筋症を発症した一例.  第80回日本血液学会学術集会,  大阪市,  2018/10
6. ◎江嶋 梢、藤野 春香、定本 聡太、二本柳 康博、密田 亜希、若山 恵、栃木 直文、
根本 哲生、名取 一彦、澁谷 和俊: Hodgkinリンパ腫におけるDNMT1, 3A, 3Bの免疫組織学的発現についての検討.  第107回日本病理学会総会,  ロイトン札幌,北海道, 日本,  2018/06
7. ◎Ai Hirota+Haruka Izumi+Daisuke Nagase+Hirofumi Irita+Akiko Shibuya+Yurika Mitusi+Motohiro Katoh+Yasunobu Kuraishi+Kazuho Arai+Kazuhiko Natori: Studies on the early stage primary head and neck diffuse large B-cell lymphoma.  The 80th nnual Meeting of the Japanese Society of Hematology,  Osaka City,  2018/10
  :Corresponding Author
  :本学研究者