東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 内科学講座 血液・腫瘍学分野(大森)
 Division of Hematology and Oncology, Department of Internal Medicine (Omori)

准教授:
  名取 一彦
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















名取 一彦   准教授
    1          
 3
 
 
 
 
和泉 春香   助教
              
 2
 
 
 
 
長瀬 大輔   助教
              
 1
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
症例報告
1. 清水知、三井要造、中島陽太、清水俊博、岩井秀憲、山辺史人、青木九里、小林秀行、永尾光一、中島耕一、石原晋、栃木直文、根本哲生:  右腎に発生した髄外性形質細胞腫の1例.  西日本泌尿器科  80 (10) :541 -546 , 2018
2. 清水知、三井要造、中島陽太、清水俊博、岩井秀憲、山辺史人、青木九里、小林秀行、永尾光一、中島耕一、石原晋、栃木直文、根本哲生:  多発性両側腎腫瘍を合併したBirt-Hogg-Dube症候群の1例.  西日本泌尿器科  80 (9) :485 -489 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎江嶋 梢、藤野 春香、定本 聡太、二本柳 康博、密田 亜希、若山 恵、栃木 直文、
根本 哲生、名取 一彦、澁谷 和俊: Hodgkinリンパ腫におけるDNMT1, 3A, 3Bの免疫組織学的発現についての検討.  第107回日本病理学会総会,  ロイトン札幌,北海道, 日本,  2018/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者