東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 内科学講座 神経内科学分野(大森)
 Division of Neurology, Department of Internal Medicine (Omori)

教授:
  岩崎 泰雄
准教授:
  池田 憲
講師:
  狩野 修
  川邉 清一
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















岩崎 泰雄   教授
    3   1       
 6
(2)
 
 
 
 
池田 憲   准教授
   3           1
 4
(1)
 
 
 
 
狩野 修   講師
    2   1       2
(2)
 5
(3)
 
 
 
 
川邉 清一   講師
    3          1
 2
(1)
 
 
 
 
髙澤 隆紀   助教
    3          
 3
(1)
 
 
 
 
村田 貴代子   助教
    2          
 2
(1)
 
 
 
 
 0 3  0 0  0  4
(2)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Ikeda K, Aoyagi J, Hanashiro S, Sawada M, Kyuzen M, Morioka H,Ebina J, Nagasawa J, Yanagihasi M, Ishikawa Y, Miura K, Murata K, Takazawa T, Kawabe K, Iwasaki Y:  Preventive treatment with lomerizine increases cerebral blood flows during the interictal phase of migraine.  Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases  27 :998 -1002 , 2018
2. Ikeda K, Yanagihashi M, Miura K, Ishikawa Y, Hirayama T, Takazawa T, Kano O, Kawabe K, Mizumura N, Iwasaki Y:  Zonisamide cotreatment delays striatal dopamine transporter reduction in Parkinson disease.  Journal of the Neurological Sciences  391 :5 -9 , 2018
3. Tohnai G, Nakamura R, Sone J, Nakatochi M, Yokoi D, Katsuno M, Watanabe H, Watanabe H, Ito M, Li Y, Izumi Y, Morita M, Taniguchi A, Kano O✝, Oda M, Kuwabara S, Abe K, Aiba I, Okamoto K, Mizoguchi K, Hasegawa K, Aoki M, Hattori N, Onodera O, Naruse H, Mitsui J, Takahashi Y, Goto J, Ishiura H, Morishita S, Yoshimura J, Doi K, Tsuji S, Nakashima K, Kaji R, Atsuta N, Sobue G:  Frequency and characteristics of the TBK1 gene variants in Japanese patients with sporadic amyotrophic lateral sclerosis.  Neurobiology of Aging  64 :158 , 2018
その他
1. Ikeda K, Kyuzen M, Morioka H, Ebina J, Hanashiro S, Sawada M, Nagasawa J, Yanagihashi M, Miura K, Murata K, Takazawa T, Kano O, Kawabe K, Iwasaki Y:  Single or add-on therapy of levetiracetam prevents migraine attacks in non-responders to usual anti-migraine medications: clinical profile of excellent levetiracetam-responders.  Headache  58 (suppl S2) :118 , 2018
■ 著書
1. 蝦名潤哉、狩野 修、岩崎泰雄:  代謝性パーキンソニズム.  パーキンソン病  382-387.  日本臨牀社,  東京, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎狩野 修, 海老原 覚, 蝦名 潤哉, 給前 まや, 森岡 治美, 澤田 雅裕, 花城 里依, 長澤 潤平, 柳橋 優, 三浦 健, 高澤 隆紀, 村田 貴代子, 川邉 清一, 池田 憲, 岩崎 泰雄: ALSクリニックの始動.  第59回日本神経学会学術大会,  札幌,  2018/05
2. 林 直毅, 熱田 直樹, 横井 大知, 中村 亮一, 伊藤 瑞規, 渡辺 宏久, 勝野 雅央, 和泉 唯信, 饗場 郁子, 狩野 修 谷口 彰, 森田 光哉, 阿部 康二, 金井 数明, 服部 信孝, 青木 正志, 桑原 聡, 梶 龍兒, 祖父江 元: 多施設共同前向きコホートでみたALS患者に対する気管切開下陽圧換気療法の予後.  第59回日本神経学会学術大会,  札幌,  2018/05
3. 熱田 直樹, 中村 亮一, 林 直毅, 横井 大知, 伊藤 瑞規, 渡辺 宏久, 勝野 雅央, 和泉 唯信, 森田 光哉, 谷口 彰, 織田 雅也, 阿部 康二, 狩野 修 , 桑原 聡, 青木 正志, 金井 数明, 服部 信孝, 梶 龍兒, 祖父江 元: ALSFRS-Rを用いた筋萎縮性側索硬化症患者の進行、予後予測と治験デザイン.  第59回日本神経学会学術大会,  札幌,  2018/05
4. ◎三浦 健,池田 憲,岩崎 泰雄: 当院における胃瘻造設患者の現状..  第59回日本神経学会総会,  札幌,  2018/05
5. ◎清塚鉄人, 前田順子, 森岡治美, 平山剛久, 岩本康之介, 池田 憲, 岩崎泰雄: J-SNAQを用いた認知症外来での食欲の検討..  第59回日本神経学会総会,  札幌,  2018/05
6. ◎池田 憲,柳橋優,三浦健,石川裕一,平山剛久,高澤隆紀,狩野修,川辺清一,水村 直, 岩崎 泰雄: Zonisamide co-treatment maintains striatal dopamine transporter in patients with Parkinson's disease.  第59回日本神経学会総会,  札幌,  2018/05
7. ◎狩野 修, 田中 一則, 菅野 拓也, 岩崎 泰雄, 池田 穰衛: Neuronal apoptosis inhibitory protein as a risk factor and a new diagnostic biomarker in ALS.  第59回日本神経学会学術大会,  札幌,  2018/05
8. 中村 亮一, 熱田 直樹, 藤内 玄規, 中杤 昌弘, 林 直毅, 横井 大知, 渡辺 宏久, 勝野 雅央, 和泉 唯信, 森田 光哉, 谷口 彰, 服部 信孝, 狩野 修, 織田 雅也, 阿部 康二, 桑原 聡, 溝口 功一, 梶 龍兒, 祖父江 元: Validation of genetic factors affecting survival in Japanese ALS patients.  第59回日本神経学会学術大会,  札幌,  2018/05
9. ◎川辺清一,花城里依, 澤田雅裕, 給前まや, 蝦名潤哉, 長澤潤平, 柳橋 優, 三浦 健, 髙澤隆紀, 村田貴代子, 狩野 修, 池田 憲, 岩崎泰雄: Angiotensin 1-7 inhibits Klra6 expression in mice brain.  第59回日本神経学会総会,  札幌,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者