東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 総合診療・救急医学講座(大森)
 Faculty of Medicine, Department of General Medicine and Emergency Care (Omori)

教授:
  瓜田 純久
臨床教授:
  島田 長人
  吉原 克則
准教授:
  本多 満
講師:
  財 裕明
  横室 浩樹
■ 概要
教育については、問診能力の向上、臨床推論を行う思考回路の構築を大きな目標としています。「臓器は繋がっている」ことを意識し、ガイドラインやアルゴリズムの習得だけではなく、基礎医学まで立ち返って考えられるように努めています。特に「免疫系」「痛みシステム」「咳嗽」「発熱」など、日常的な症候を短時間で把握するトレーニングを繰り返します。各臓器に共通するシステムを理解して、総合診療を展開できるように留意しています。
 論文作成は最大の自己反省の場であり、臨床重視の総合診療にとっては欠かせません。研修医教育においても、学会発表は重要と考えており、日本病院総合診療医学会、日本内科学会地方会を中心に、多くの初期研修医が学会発表を行っています。また,レジデントの時期は基礎研究の扉を開ける重要な時期であり,動物実験,in vitro研究への第一歩を踏み出すチャンスを与えることを目標としています。脳機能,糖代謝,アルコール代謝,慢性心不全,腎機能、癌の代謝、H.pylori感染、画像の数理解析を中心に基礎研究が8系列進行しています。 数理モデルを用いた病態解析を行い,逆流性食道炎,脳梗塞,頸動脈プラーク形態,肺気腫の進展,拡大内視鏡形態,癌リンパ節の質的診断の可能性を研究しています。さらに感染症伝搬モデルを作成し、感染制御に応用しています。
 東邦大学総合診療・救急医学講座の大学における役割は明確です。大きな視野で物事をとらえ、自分の役割を認識し、非生産的な主張は自重し、自らの時間を進んでヒトのために提供し、余ったわずかな時間で大きな研究成果を上げることです。大きな心と強い意志をもち、専門内科が専門領域の診療に専念できるように、最も大人の診療科でありたいと考えています。
 また、地域の先生方にご指導頂きながら,社会に貢献できる医療を目指しています。新たに基幹18学会(内科、外科、小児科など)の19番目の専門医として「総合診療専門医」が位置づけられ、総合医の育成は社会の要請と思われます。「50人以上の地域で半径4km以内に医療機関がなく、容易に医療機関に受診できない」とする本来の定義にもとづく無医地区は平成21年の調査では13万人以上の方が住んでいます。自治体病院は再編成が行われ、病床削減、無床診療所への転換などで対応しているため、1病院がカバーする地域は広くなっています。専門医はさらに偏在し、疾患単位ではカバーしなければならない地域は広がり、総合医が初期対応をして、高次医療機関へ搬送することが多くなっています。高齢化が進み、多くの疾患を抱える症例が増加しています。故郷への愛着が強く、最善の医療にこだわらず、次善の治療であっても生まれ育った町で治療を受けたいと希望する患者も少なくありません。高齢化社会で多様化する患者の希望に対して、広い守備範囲をもち、複数の疾患に粘り強く対応できる総合診療を目指しています。
■ Keywords
総合診療医学, 感染症,救急医学, 急性腹症, プライマリケア, 臨床推論, 予防医学,災害医学, メタボリック症候群, 生体ガス分析、機能性疾患,数理モデル、がん診療、緩和ケア、GC-MS、Helicobacter pylori、認知症、画像解析、動物実験
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成30年度東邦大学医学部医学科プロジェクト研究
 研究課題:次世代シーケンサーを用いた小腸細菌叢の検討  (研究代表者:前田 正)
 研究補助金:500000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  瓜田純久 :厚生労働省医道審議会委員
2.  吉原克則 :東京消防庁指導医, 東京都地域災害コーディネーター, 東京メディカルコントロール協議会委員,指示指導委員会委員長
3.  本多 満 :東京消防庁救急指導医, 東京都社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員,日本医療安全調査機構医療事故調査・支援センター個別調査部会部会員,JRC(一般社団法人日本蘇生協議会)蘇生ガイドライン2020脳神経蘇生作業部会委員
4.  横室 浩樹 :東京消防庁指導医
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  瓜田純久 :日本消化器内視鏡学会評議員, 日本消化吸収学会副理事長, 日本消化器病学会総会評議員, 日本大腸検査学会理事, 日本平滑筋学会理事, 東京UGI研究会世話人, 潰瘍病態研究会世話人, 日本神経消化器病学会評議員, 日本安定同位体・生体ガス医学応用学会理事, 日本内科学会救急検討委員, 東京消化管機能研究会世話人, 日本病院総合診療医学会理事, 日本プライマリケア連合学会代議員, 日本高齢消化器病学会監事, 東京プライマリケア研究会幹事,日本臨床生理学会評議員,日本アルコール薬物医学会評議員,日本ヘリコバクター学会代議員, 日本臨床栄養学会評議員,日本内科学会評議員
2.  島田長人 :島田 長人 日本臨床外科学会評議員, 日本腹部救急医学会評議員, 日本ヘルニア学会理事・評議員, 城南地区周術期感染・管理懇話会幹事, 日本病院総合診療医学会評議員 Tokyo Hernia Academy世話人
3.  本多 満 :日本救急医学会関東地方会幹事,日本脳神経外科学会評議員,日本救急医学会評議員・脳死臓器組織移植委員・ICLSコース企画運営委員,日本臨床救急医学会評議員,日本集中治療学会評議員,日本脳神経外科救急学会理事・評議員・幹事, 日本神経救急学会理事,日本脳低温療法学会幹事, JPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care )東京世話人, 日本早期認知症学会評議員, 臨床脳電位学会理事長,日本外傷学会評議員
4.  財 裕明 :日本神経消化器病学会評議員, 日本安定同位体・生体ガス医学応用学会評議員, 胃病態機能研究会世話人
5.  横室 浩樹 :日本救急医学会関東地方会幹事
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















瓜田 純久   教授
  1  9  8 2       5
(2)
 30
(7)
 
 
 7
(1)
 1
島田 長人   臨床教授
  1 1   1 1       1
 24
(6)
 
 
 
 
吉原 克則   臨床教授
              1
(1)
 
 
 
 
 
本多 満   准教授
    1          
 8
(7)
 
 
 
 
財 裕明   講師
       2       1
 18
(2)
 1
 
 
 
横室 浩樹   講師
              
 
 
 
 
 
石井 孝政   助教
   1   2 2       2
 18
(2)
 
 
 
 
一林 亮   助教
    1          3
(3)
 6
(4)
 
 
 
 
大津 秀一   助教
              
 1
(1)
 
 
 
 
貴島 祥   助教
    2   1       
 18
(2)
 
 
 
 
城戸 秀倫   助教
   1           1
 3
(1)
 
 
 
 
熊手 絵璃   助教
       1       
 14
(1)
 
 
 
 
佐々木 陽典   助教
  1 1 4   2       2
(1)
 25
(3)
 
 
 1
(1)
 4
(4)
鈴木 銀河   助教
              2
(2)
 6
(6)
 
 
 
 
竹本 育聖   助教
   1    3       1
 17
(2)
 
 
 
 
原 規子   助教
              
 
 
 
 
 
本田 善子   助教
  1     1       5
(3)
 19
(3)
 
 
 
 
前田 正   助教
    1   2       
 23
(3)
 
 
 2
(1)
 
三浦 健   助教
    3          1
 2
 
 
 
 
宮崎 泰斗   助教
       2       
 19
(2)
 
 
 
 1
渡辺 雅之   助教
              1
(1)
 5
(5)
 
 
 
 
 0 5  11 0  0  26
(13)
 1
(0)
 10
(3)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Takemoto I, Kawagoe N, Kijima S, Sasaki Y, Watanabe T, Urita Y:  13C-glucose breath tests: a non-invasive method for detecting earlclinical manifestations of exogenous glucose metabolism in type 2 diabetic patients.  Acta Diabetologica 2018  :10.1007/s00592-018-1276-y , 2018
2. Nagata N, Ishii N, Manabe N, Tomizawa K, Urita Y, Funabiki T, Fujimori S, Kaise M:  Guidelines for Colonic Diverticular Bleeding and Colonic Diverticulitis.  Japan Gastroenterological Association. Digestion.  1 (99 Suppl) :1 -26 , 2019
3. Gomi A, Yamaji K, Watanabe O, Yoshioka M, Miyazaki K, Iwama Y, Urita Y:  Bifidobacterium bifidum YIT 10347 fermented milk exerts beneficial effects on gastrointestinal discomfort and symptoms in healthy adults: A double-blind, randomized, placebo-controlled study.  Journal of Diary Science  101 (6) :4830 -4841 , 2018
4. Ishii T, Sasaki Y, Maeda T, Komatsu F, Suzuki T, Urita Y:  Clinical differentiation of infectious mononucleosis that is caused by
Epstein-Barr virus or cytomegalovirus: A single-center case-control
study in Japan.  Journal of Infection and Chemotherapy  25 (2019) :431 -436 , 2019
5. Sasaki Y, Nagai Y, Mikami T, Akasaka Y, Shibuya K, Urita Y,:  Anti-phospholipase A2 receptor antibody positive hepatitis B virus-associated membranous nephropathy remitted with entecavir after relapse with lamivudine.  Journal of Nephropathology.  7 (2) :93 -97 , 2018
6. Ikeda K, Aoyagi J, Hanashiro S, Sawada M, Kyuzen M, Morioka H,Ebina J, Nagasawa J, Yanagihasi M, Ishikawa Y, Miura K, Murata K, Takazawa T, Kawabe K, Iwasaki Y:  Preventive treatment with lomerizine increases cerebral blood flows during the interictal phase of migraine.  Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases  27 :998 -1002 , 2018
7. Ikeda K, Yanagihashi M, Miura K, Ishikawa Y, Hirayama T, Takazawa T, Kano O, Kawabe K, Mizumura N, Iwasaki Y:  Zonisamide cotreatment delays striatal dopamine transporter reduction in Parkinson disease.  Journal of the Neurological Sciences  391 :5 -9 , 2018
8. Furuya K, Nakajima H, Sasaki Y, Urita Y,:  Anisakiasis: The risks of seafood consumption.  Nigerian Jarnal of Clinical Practice  21 (11) :1492 -1494 , 2018
9. Koichiro Tanaka, Hiroshi Uchino, Kazuhiko Nara, Yoshifumi Irie, Takahisa Hirose, Yoshihisa Urita,:  Current Research The Traditional Herbal Medicine Boiogito (Fang-Yi-Huang-Qi-Tang) Slows Postprandial Oxidation of Ingested Glucose Only in Women.  The Journal of Kampo, Acupuncture and Integrative Medicine  13 :8 -12 , 2018
10. Kido H,Mizumura S, Funahashi K, Shibuya K, Urita Y, Terahara A,:  Metabolic Tumor Volume and Total Lesion Glycolysis in PET/CT are Related with the Clinicopathological T Stage of Colorectal Cancer and Predict its Prognosis.  Toho Journal of Medicine  4 (4) :132 -140 , 2018
総説及び解説
1. 島田長人, 諏訪勝仁, 本田善子, 栗原奈津子, 髙地良介, 皆川輝彦,:  腹壁瘢痕ヘルニア手術 Component separation 法.  手術  72 (7) :1127 -1134 , 2018
2. 島田長人:  Anterior Component Separation Technique for the Repair of Abdominal Wall Incisional Hernias.  Toho Journal of Medicine  4 (1) :1 -6 , 2018
症例報告
1. 田中耕一郎,佐々木陽典,瓜田純久,:  下痢型過敏性腸症候群に対し、胆汁酸性下痢と漢方医学的所見に着目して著効した一例.  日本病院総合診療医学会雑誌  15 :28 -29 , 2019
2. Saito F, Osaku T, Sato G, Sumazaki M, Sasaki Y, Kijima S, Urita Y, Ogata H:  Drug-induced Fanconi syndrome in a patient with breast cancer: a case report.  Toho Journal of Medicine  4 (4) :146 -151 , 2018
その他
1. Ikeda K, Kyuzen M, Morioka H, Ebina J, Hanashiro S, Sawada M, Nagasawa J, Yanagihashi M, Miura K, Murata K, Takazawa T, Kano O, Kawabe K, Iwasaki Y:  Single or add-on therapy of levetiracetam prevents migraine attacks in non-responders to usual anti-migraine medications: clinical profile of excellent levetiracetam-responders.  Headache  58 (suppl S2) :118 , 2018
■ 著書
1. 瓜田純久,:  脱便秘の腸になる。.  NHKガッテン  3-9.  NHK,  東京, 2018
2. 島田長人:  組織修復法‐McVay法.  鼠径部ヘルニアの手術  203-214.  へるす出版,  東京, 2018
3. 瓜田純久:  「分けて」考える、「分けずに」考える.  クターズマガジン  228.  メディカル・プリンシプル社,  東京, 2018
4. 瓜田純久, 鹿嶋直康, 竹下智史, 河越尚幸, 竹本育聖, 中嶋均,:  糖尿病における小腸細菌増殖(small bpwel bacterial overgrowth)は合併症か?.  月刊糖尿病  71-77.  医学出版,  東京, 2018
5. 瓜田純久, 竹下智史, 鹿嶋直康, 柏木克仁, 小松史哉, 河越尚幸, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均,:  過敏性腸症候群(腸内細菌を中心に).  消化器・肝臓内科4  290-299.  化学評論社,  東京, 2018
6. 石井孝政, 瓜田純久:  蛋白漏出性胃腸症の迅速診断.  Modern Physician 38  1001.  新興医学出版社,  東京, 2018
7. 瓜田純久, 竹下智史, 鹿嶋直康,:  胆汁酸性下痢.  診断と治療  873-876.  診断と治療社,  東京, 2018
8. 瓜田純久, 鹿嶋直康, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 宮崎泰斗, 財裕明, 中嶋均,:  大腸憩室出血の疫学.  消化器内視鏡  692-698.  東京医学社,  東京, 2018
9. 石井孝政, 瓜田純久,:  総合診療科へのコンサルト、腹痛.  内科  493-495.  南江堂,  東京, 2018
10. 瓜田純久,:  東北に学ぶ.  日本医事新報  89.  日本医事新報社,  東京, 2019
11. 瓜田純久,:  健康力、お腹の張り.  文藝春秋  3-7.  文藝春秋,  東京, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎本田善子, 皆川輝彦, 久保田喜久, 大塚由一郎, 島田英昭, 船橋公彦, 瓜田純久, 島田長人: I.A.に行ったTULAA(Trans umbilical laparoassist appendectomy)100例の検討.  第55回日本腹部救急医学会総会,  仙台,  2019/03
2. ◎一林亮、野口晃司、鈴木銀河、渡辺雅之、本多満、池田隆徳: クローン病を合併した高安病による大動脈弁逆流症に対してVAV ECMOを用いて術後管理を行った一例.  第46回日本集中治療医学会学術集会,  京都、日本,  2019/03
3. ◎鈴木 銀河, 渡辺 雅之, 一林 亮, 本多 満: ICUにおける高たんぱく栄養の効果.  第46回日本集中治療医学会学術集会,  京都,  2019/03
4. ◎米山 雅人, 前田 正: 発熱、頸部リンパ節腫脹および両眼球結膜充血を伴った 1 例.  第153回 東邦医学会例会,  東京,  2019/02
5. 窪田 幸世, 前田 正: 発熱と HIV スクリーニング陽性で近医より紹介となった一症例.  第157回 東邦医学会例会,  東京,  2019/02
6. ◎佐々木陽典,: 地域医療における都市部大学病院総合診療医の存在意義.  第18回日本病院総合診療医学会学術総会,  沖縄,  2019/02
7. ◎塚原麻希子, 佐々木陽典, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 熊手絵璃, 貴島祥, 竹本育聖, 石井孝政, 前田正, 宮﨑泰斗, 財裕明, 瓜田純久: 多型性滲出性紅斑と診断されていた慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症関連リンパ腫の一例.  第18回日本病院総合診療医学会学術総会,  沖縄,  2019/02
8. ◎南雲秀樹, 佐々木陽典, 石井孝政, 前田正, 柏木克仁, 鹿嶋直康, 小松史哉, 齋藤隆弘, 鈴木健志, 竹内泰三, 山田篤史, 竹下智史, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 宮﨑泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 瓜田純久: Epstein-Barrウイルスとサイトメガロウイルスによる伝染性単核球症と臨床的鑑別点.  第18回日本病院総合診療医学会学術総会,  沖縄,  2019/02
9. ◎半田貴之, 貴島祥, 廣田愛, 澁谷亜紀子, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 佐藤高広, 熊手絵璃, 竹本育聖, 佐々木陽典, 城戸秀倫, 前田正, 石井孝政, 宮﨑泰斗, 高地良介, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 瓜田純久: 夜間帯の周期的発熱を契機に来院した一例.  第18回日本病院総合診療医学会学術総会,  沖縄,  2019/02
10. ◎繁田知之, 佐々木陽典, 判治永律香, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 前田正, 石井孝政, 宮﨑泰斗, 財裕明, 瓜田純久: 血栓性血小板減少性紫斑病様症状を呈したビタミンB12欠乏症の一例.  第18回日本病院総合診療医学会学術総会,  沖縄,  2019/02
11. ◎本田善子, 高地良介, 皆川輝彦, 大塚由一郎, 瓜田純久, 島田長人, 島田英昭, 船橋公彦: 膿瘍形成性虫垂炎の治療成績(ワークショップ).  第31回日本内視鏡外科学会総会,  福岡市,  2018/12
12. ◎高地良介, 島田長人, 山﨑信人, 皆川輝彦, 本田善子, 船橋公彦, 瓜田純久: Transversus Abdominis Muscle Release(TAR)法を用いた腹壁瘢痕ヘルニア修復術.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
13. ◎本田善子, 石岡伸規, 皆川輝彦, 島田英昭, 船橋公彦, 瓜田純久, 島田長人: 臍から排膿したS 状結腸憩室穿孔による膿瘍形成の1例.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
14. ◎一林亮,鈴木銀河,渡辺雅之,本多満: 気管挿管が施行された80歳以上の高齢者の予後に影響する因子.  第46回日本救急医学会総会・学術集会,  横浜,  2018/11
15. ◎吉原克則, 鈴木銀河, 一林亮, 田巻一義, 佐藤大輔, 本多満, 杉山篤: 病院前心肺蘇生におけるITDの使用は、日本人の転帰を改善するか?JRCガイドライン2020を目指して.  第46回日本救急医学会総会・学術集会,  横浜,  2018/11
16. ◎城戸秀倫,水村直, 石井宣友, 大久保卓史, 船橋公彦, 澁谷和俊: FDG-PET/CTにおけるMTV・TLGと大腸・直腸がんの臨床病理所見や予後との関連について.  第58回日本核医学会学術総会,  沖縄,  2018/11
17. ◎鈴木 銀河, 渡辺 雅之, 酒井 浩多, 野口 晃司, 一林 亮, 本多 満: 救命センターにおける尿中L-FABP測定の意義.  第46回日本救急医学会総会・学術集会,  横浜市,  2018/11
18. ◎木村ゆりあ,前田正,瓜田純久: タンポン使用を契機に発症したtoxic shock syndromeの一例.  第7回東邦医学会総会,  東京,  2018/11
19. ◎齊藤芙美, 尾作忠知, 佐藤源紀, 須磨崎真, 佐々木陽典, 貴島祥, 瓜田純久., 緒方秀昭: 乳癌患者における薬剤起因性Fanconi 症候群の1例.  第56回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2018/10
20. ◎瓜田純久: 目に見えないガスを診る~biomarkerとしての生体ガス~.  第53回日本小児外科学会関東甲信越地方会,  東京都,  2018/10
21. ◎山田英行, 竹本育聖, 熊手絵璃, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 瓜田純久: 旅行者下痢症から急性腎不全を来した一例.  第17回日本病院総合診療医学科学術総会,  岐阜,  2018/09
22. 山嵜奨、古庄憲浩、上山貴嗣、太田梓、平峯智、加勢田富士子、高山耕治、豊田一弘、小川栄一、貝沼茂三郎、村田昌之、瓜田純久: 一般住民におけるHelicobacter pylori持続感染と胃癌-同抗体価と生化学的胃粘膜萎縮の評価.  第17回日本病院総合診療医学会学術総会,  岐阜,  2018/09
23. ◎野口宥, 貴島祥, 川添麻衣, 緒方秀昭, 大久保直人, 鹿嶋直康, 竹本育聖, 佐々木陽典, 城戸秀倫, 前田正, 石井孝政, 宮﨑泰斗, 財裕明, 本田善子, 栃木直文, 島田長人,澁谷和俊, 瓜田純久: 乳癌切除術直後にリウマチ性多発筋痛症(Polymyalgia rtheumatica:PMR)を発症した一例.  第17回日本病院総合診療医学会 学術総会,  岐阜,  2018/09
24. ◎石井孝政, 佐々木陽典, 竹下智史, 柏木克仁, 鹿嶋直康, 小松史哉, 鈴木健志, 山田篤史, 齋藤隆弘, 佐藤高広, 河越尚幸, 竹本育聖, 貴島祥, 前田正, 宮﨑泰斗, 本田善子, 財裕明, 瓜田純久, 島田長人,: 抗血栓療法が大腸憩室出血の臨床経過に及ぼす影響.  第17回日本病院総合診療医学会学術総会,  岐阜,  2018/09
25. ◎塚原麻希子, 佐々木陽典, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 佐藤高広, 貴島祥, 竹本育聖, 前田正, 城戸秀倫, 石井孝政, 宮﨑泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 瓜田純久: 低循環容量性ショックと急性腎不全で救急搬送され保存的治療で治療しえた上腸間膜動脈症候群の一例.  第17回日本病院総合診療医学会学術総会,  岐阜,  2018/09
26. ◎米山雅人, 前田正, 鹿嶋直康, 佐藤高広, 佐々木陽典, 石井孝政, 瓜田純久: 発熱、頸部リンパ節腫脹および両眼球結膜充血を伴った1例.  第17回日本病院総合診療医学会学術総会,  岐阜,  2018/09
27. ◎佐藤信維, 石井孝政, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 佐藤高広, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 宮﨑泰斗, 本田善子, 財裕明, 瓜田純久, 島田長人: 低体温で入院し、経過中に穿孔性胆嚢炎を発症し外科的治療を行い救命し得た超高齢者の一例.  第17回日本病院総合診療学会学術総会,  岐阜,  2018/09
28. ◎永井洋子, 山辺史人, 佐々木陽典, 石井孝政, 中島耕一, 三上哲夫, 渋谷和俊, 赤坂喜清, 瓜田純久, 山中宣昭.: アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬による腎輸入細動脈の病理形態学的変化の検討.  第41回日本高血圧学会総会,  旭川,  2018/09
29. ◎瓜田純久, 竹下智史, 鹿嶋直康, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均,: 消化管ガス増加で来院し、呼気試験を行った210例の検討。.  第10回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会,  横浜,  2018/09
30. 津田孝雄, 小松史哉, 河越尚幸, 豊田幸樹年, 鈴木健志, 佐々木陽典, 瓜田純久,: 皮膚ガスの臨床場での捕集方法と皮膚ガス中に存在する化学物質の種類および由来の推定.  第10回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会,  横浜,  2018/09
31. ◎佐々木陽典, 竹下智史, 柏木克仁, 鹿嶋直康, 小松史哉, 斎藤隆弘, 山田篤史, 鈴木健志, 河越尚幸, 竹本育聖, 熊手絵璃, 貴島祥, 前田正, 石井孝政, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 瓜田純久: カテーテルアブレーション後に増悪した機能性消化管障害の2例.  第10回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会大会,  神奈川,  2018/09
32. 瓜田純久,: 腸内細菌と消化吸収・栄養代謝.  第20回日本臨床腸内微生物学会,  東京,  2018/09
33. ◎中村陽一, 中田亜希子, 島田長人, 神部雅子, 木村伊都紀, 祖父江由起子, 永井由美子, 平田香苗, 渕本雅昭, 松本幸則, 廣井直樹: 「多職種で考える臨床倫理検討会」の定期開催への取り組み.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
34. ◎瓜田純久: 専門医が見逃しやすい低栄養.  第60回日本平滑筋学会,  東京,  2018/08
35. ◎財裕明, 安藤明美,佐藤信明: 経度~中度等UC患者の腹部症状に対する新規5-HT2B受容体拮抗扼(QR-00310941)の効果
-第I相試験の結果と今後の臨床応用に関する考察-.  第60回日本平滑筋学会,  東京,  2018/08
36. 山瀬美紀,円城寺由久,瓜田純久,: 心房細動に対するカテーテルアブレーション前後の胃運動の変化.  第60回日本平滑筋学会,  東京,  2018/08
37. ◎皆川輝彦, 本田善子, 高地良介, 栗原奈津子, 酒井隆光, 瓜田純久, 島田長人: Rives-Stoppa法術後に発症した右外鼠経ヘルニアの一例.  第16回日本ヘルニア学会学術集会,  札幌,  2018/06
38. 佐々木陽典: 東日本型救急」病院の 総合診療科での救急スキル養成 「転びそうな患者」を見抜き1-3次までギア・シフトする能力を養う インタレスト・グループ「大学病院総合診療部門による総合診療医の救急スキル養成についての検討」.  第9回 プライマリ・ケア連合学会学術大会,  三重,  2018/06
39. ◎望月聖太、荻野晶弘、中道美保、岡根谷哲哉、大西 清、一林 亮、本多 満: 自家培養表皮移植による広範囲熱傷の治療経験.  第 152 回東邦医学会例会,  東京,  2018/06
40. ◎ 一林亮鈴木銀河、佐藤洋一郎、渡辺雅之、古田雅、鷲沢尚宏、本多満: ECPR患者における経腸栄養開始時期.  第10回日本静脈経腸栄養学会 首都圏支部学術集会,  東京,  2018/06
41. ◎渡辺雅之, 一林亮, 鈴木銀河, 本多満: 抜管後の経口摂取時期の検討~舌圧測定を用いて~.  第21回日本臨床救急医学会総会,  名古屋,  2018/06
42. ◎吉田隆之, 佐々木陽典,: 肺結節影に悩まされた不明熱の一例.  第152回東邦医学会例会,  東京,  2018/06
43. ◎川村悠太, 佐々木陽典,: 多発肺結節と大動脈炎をきたした多発血管炎性肉芽腫症の一例.  第152回東邦医学会例会,  東京,  2018/06
44. ◎渡邉沙耶香, 佐々木陽典: 初期治療に難渋したWheezy dyspnea の一例.  第152回東邦医学会例会,  東京,  2018/06
45. ◎島田長人, 本田善子, 栗原奈津子, 髙地良介, 皆川輝彦, 船橋公彦, 瓜田純久,: 当科における正中型腹壁瘢痕ヘルニア修復の術式選択.  第16回日本ヘルニア学会学術集会,  札幌,  2018/06
46. ◎本田善子, 皆川輝彦, 島田英昭, 船橋公彦, 瓜田純久, 島田長人,: 当科の女性鼠径部ヘルニア手術症例から内膜症・Nuck管水腫併存症例について(パネル).  第16回日本ヘルニア学会学術集会,  札幌,  2018/06
47. ◎本田善子, 島田長人,: 鼠径ヘルニアと診断しPlug法で修復した,大腿ヘルニア再発嵌頓症例.  第16回日本ヘルニア学会学術集会,  札幌,  2018/06
48. ◎鈴木 銀河, 渡辺 雅之, 一林 亮, 本多 満: 救命センターにおける尿中L-FABP測定の意義.  第21回日本臨床救急医学会総会・学術集会,  名古屋,  2018/06
49. ◎小松史哉, 貴島祥, 竹下智史, 柏木克仁, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 瓜田純久,: フラクタル解析による早期胃癌内視鏡像の検討.  第24回日本ヘリコバクター学会総会,  大分,  2018/06
50. ◎石井孝政, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 瓜田純久,: Helicobacter pylori 感染における好中球・リンパ球比の検討.  第24回日本ヘリコバクター学会総会,  大分,  2018/06
51. ◎竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 瓜田純久,: 胃壁細胞抗体測定例の臨床的背景と Helicobacter pylori 感染の検討.  第24回日本ヘリコバクター学会総会,  大分,  2018/06
52. ◎三浦 健,池田 憲,岩崎 泰雄: 当院における胃瘻造設患者の現状..  第59回日本神経学会総会,  札幌,  2018/05
53. ◎池田 憲,柳橋優,三浦健,石川裕一,平山剛久,高澤隆紀,狩野修,川辺清一,水村 直, 岩崎 泰雄: Zonisamide co-treatment maintains striatal dopamine transporter in patients with Parkinson's disease.  第59回日本神経学会総会,  札幌,  2018/05
54. ◎瓜田純久, 渡辺利泰, 竹本育聖, 鹿嶋直康, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 斎藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 貴島 祥, 佐々木陽典, 前田 正, 石井孝政, 宮崎泰斗, 本田善子, 財 裕明, 島田長人, 中嶋 均,: 総合診療における糖尿病診療の変遷。.  第61回日本糖尿病学会総会,  東京,  2018/05
55. ◎鹿嶋直康, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 瓜田純久,: 消化管運動が75g oGTTに及ぼす影響。.  第61回日本糖尿病学会総会,  東京,  2018/05
56. ◎竹本育聖, 鹿嶋直康, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 斎藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 貴島 祥, 佐々木陽典, 前田 正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財 裕明, 島田長人, 中嶋 均, 瓜田純久,: SGLT2阻害薬ルセオグリフロジン治療後のタンパクプロフィールの変化。.  第61回日本糖尿病学会総会,  東京,  2018/05
57. ◎石井利明,迫屋 舞,米谷三奈,大須賀裕至, 氏家真二,宮﨑泰斗,盛田俊介: 当院臨床検査部における外来検体採取およびonsite検査実施の試み.  第67回日本医学検査学会,  浜松,  2018/05
58. ◎小松史哉, 貴島祥, 鹿嶋直康, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 坪井久美子, 丸山憲一, 瓜田純久,: フラクタル次元を用いた甲状腺超音波像の定量的数理解析.  第91回日本超音波医学会総会,  神戸,  2018/05
59. ◎川辺清一,花城里依, 澤田雅裕, 給前まや, 蝦名潤哉, 長澤潤平, 柳橋 優, 三浦 健, 髙澤隆紀, 村田貴代子, 狩野 修, 池田 憲, 岩崎泰雄: Angiotensin 1-7 inhibits Klra6 expression in mice brain.  第59回日本神経学会総会,  札幌,  2018/05
国際学会
1. ◎Hiroaki Zai, Akemi Ando, Nobuaki Sato: FIRST-IN-HUMAN STUDY OF THE NOVEL 5-HT2B RECEPTOR ANTAGONIST, RQ-00310941, DEMONSTRATED SAFETY AND TOLERABILITY BOTH IN HEALTHY SUBJECTS AND ULCERATIVE COLITIS PATIENTS, WITH IMPROVEMENT OF A SENSE OF ABNORMAL BOWEL MOVEMENT.  DDW 2018 – Digestive Disease Week,  Washington, DC,  2018/06
その他
1. ◎瓜田純久: 気になるコレステロール、中性脂肪について.  東大和市医師会 第17回市民講座,  東大和,  2019/01
2. 瓜田純久,: 総合診療医が頼りにする複雑系科学.  湧源クラブ 冬季地方会,  東京,  2018/12
3. ◎判治永律香, 佐々木陽典: Goblins had gone, ghost came.  第14回東京総合診療カンファレンス,  東京,  2018/11
4. ◎瓜田純久: 複雑系科学としての総合診療.  東邦会湘南支部総会,  藤沢,  2018/11
5. ◎判治永律香, 佐々木陽典: Goblins had gone, ghost came.  Tokyo GIM conference 72,  東京,  2018/10
6. ◎佐々木陽典: 酸塩基平衡.  輸液・栄養領域薬剤師養成研究会,  東京,  2018/09
7. ◎佐々木陽典: 脱水・低Na血症.  輸液・栄養領域薬剤師養成研究会,  東京,  2018/07
8. ◎前田 正, 田中佑樹、柏木克仁, 佐藤高広, 宮崎泰斗, 佐々木雅一, 濱田 将風、 山口哲央, 石井良和, 瓜田純久, 舘田一博,: MRSAの新たな潮流.  MRSAフォーラム2018,  東京,  2018/07
9. 瓜田純久: 診療所の院長から大学病院院長へ.  佐賀大学総合診療科同門会,  佐賀,  2018/06
10. ◎瓜田純久: 慢性便秘に対する治療戦略.  渋谷区薬剤師会学術講演会,  東京,  2018/06
11. ◎瓜田純久: 慢性便秘に対する治療戦略.  大田区薬剤師会学術講演会,  東京,  2018/06
12. ◎佐々木陽典: 生活習慣病治療薬のPitfall.  東京ファーマシーカンファレンス2018,  東京,  2018/06
13. ◎前田正: 最近のMRSAの話題“CA-MRSAを中心に”.  第14回病診連携会,  東京,  2018/05
14. ◎瓜田純久: 総合診療科におけるストレス性疾患と排便障害の治療の現状.  北区薬剤師会学術講演会,  東京,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者