東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 薬理学講座
 Department of Pharmacology

教授:
  杉山 篤
准教授:
  内藤篤彦
講師:
  中瀬古(泉)寛子
助教:
  長澤(萩原)美帆子、神林隆一
大学院 博士課程
4年:  谷川洋一
3年:  千葉浩輝
1年:  近藤嘉紀
大学院 修士課程
2年:  後藤 愛 
科研費職員(博士研究員):
  古谷昭博、高 峰英
■ 概要
薬理学講座
遺伝子-臓器・器官レベルで得られた情報を生体に反映させ、統合的に解釈し、医療の現場に貢献できる研究を展開しています。研究対象も薬物に限定せず、再生医学に基づいた治療手段や医療機器の開発など、幅広い研究を総合的に推進しています。薬理学講座では、若い人材を募集しています(医学部出身者、他学部出身者)。興味のある方、ご連絡ください。出身学部は問いません。4年制学部卒業者:医科学専攻(修士課程、2年制)、6年制学部卒業者・修士課程修了者:医学専攻(博士課程、4年制)
■ Keywords
Cardiovascular Pharmacology, Heart, Calcium, Ion channels, Long QT syndrome, Torsades de pointes, Atrial fibrillation, Microminipig, iPS
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省科学研究費 基盤研究(c)
 研究課題:EP4受容体刺激の左室等容性弛緩能および充満期拡張能に対する作用および機序の解析  (研究代表者:杉山篤)
 研究補助金:1000000円  (代表)
2.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 医薬品等規制調和・評価研究事業
 研究課題:ヒトiPS分化細胞技術を応用した医薬品の心毒性評価法の開発と国際標準化に関する研究  (研究協力者:杉山篤)
 研究補助金:4000000円  (協力)
3.  AMED 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業
 研究課題:アカデミア創薬支援を目的とした統合的な心血管安全性評価試験系の開発  (研究代表者:内藤篤彦, 研究分担者:杉山篤)
 研究補助金:25000000円  (代表)
4.  文部科学省科学研究費 基盤研究(c)
 研究課題:ヒトiPS細胞由来心筋細胞の特徴付けによる催不整脈性リスク指標の確立  (研究代表者:中瀬古寛子)
 研究補助金:2500000円  (代表)
5.  文部科学省科学研究費(若手研究(B))
 研究課題:心静止に対するパーカッションペーシングの有効性の証明とその作用機序の解明  (研究代表者:和田剛)
 研究補助金:1100000円  (代表)
その他
1.  公益財団法人冲中記念成人病研究所 平成30年度助成事業
 研究課題:拡張不全型心不全(HFpEF)に対する新しい薬物治療法の開発  (研究代表者:杉山篤)
 研究補助金:500000円  (代表)
2.  東邦大学ダイバーシティ推進センター事業 平成30年度<前期>
 研究課題:研究活動支援員派遣制度  (研究代表者:中瀬古寛子)
 研究補助金:100000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  杉山篤 :Visiting Professor Otoch Manramba University of Mongolia, 国立研究開発法人科学技術振興機構専門委員, 福島県立医科大学医学部非常勤講師, Visiting Professor Mongolian National University of Medical Sciences, 大阪大学大学院薬学研究科PRP/PharmaTrain教育コース非常勤講師, 早稲田大学稲門医師会校友会講座「社会と医療」講師
2.  内藤篤彦 :京都大学大学院人間健康科学科・非常勤講師
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第20回応用薬理シンポジウム  (会長 : 杉山篤 )  ,東京  2018/08
2.  第28回日本循環薬理学会  (当番幹事 : 杉山篤 )  ,東京  2018/12
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  杉山篤 :日本薬理学会 学術評議員・企画教育委員会委員, 日本不整脈心電学会 評議員, 日本安全性薬理研究会 評議員, 稲門医学会 基礎医学委員会委員
2.  内藤篤彦 :日本薬理学会 学術評議員
3.  中瀬古寛子 :日本生理学会 男女共同参画推進委員会委員・評議員, 日本薬理学会 学術評議員・代議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















杉山 篤   教授
    8          3
(2)
 9
(3)
 3
(3)
 5
(1)
 4
(4)
 
内藤 篤彦   准教授
    7          4
(3)
 9
(3)
 3
 3
(2)
 
 
中瀬古(泉) 寛子   講師
    7          2
 7
(3)
 1
 5
(2)
 
 
神林 隆一   助教
              
 
 
 
 
 
長澤(萩原) 美帆子   助教
    8          1
 8
(3)
 
 8
(3)
 
 
 0 0  0 0  0  10
(5)
 7
(3)
 4
(4)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Wada T, Ando K, Naito AT, Nakamura Y, Goto A, Chiba K, Lubna NJ, Cao X, Hagiwara-Nagasawa M, Izumi-Nakaseko H, Nakazato Y, Sugiyama A:  Sunitinib does not acutely alter left ventricular systolic function but induces diastolic dysfunction.  Cancer chemotherapy and pharmacology  82 (1) :65 -75 , 2018
2. Motokawa Y, Nakamura Y, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Lubna NJ, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Naito AT, Yamazaki H, Sugiyama A:  In vivo analysis of the anti-atrial fibrillatory, proarrhythmic and cardiodepressive profiles of dronedarone as a guide for safety pharmacological evaluation of antiarrhythmic drugs.  Cardiovascular toxicology  18 (3) :242 -251 , 2018
3. Goto A, Nakamura Y, Lubna NJ, Chiba K, Hagiwara-Nagasawa M, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Naito AT, Sugiyama A:  Analysis of safety margin of lithium carbonate against cardiovascular adverse events assessed in the halothane-anesthetized dogs.  Cardiovascular toxicology  :in press , 2018
4. Wada T, Hagiwara-Nagasawa M, Yoshihara K, Nakazato Y, Lurie KG, Sugiyama A:  Knocking the chest as a "bridge to pacemaker" -Reply-.  Circulation Journal  :in press , 2018
5. Matsukura S, Nakamura Y, Hoshiai K, Hayashi T, Koga T, Goto A, Chiba K, Lubna NJ, Hagiwara-Nagasawa M, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Naito AT, Sugiyama A:  Effects of moxifloxacin on the proarrhythmic surrogate markers in healthy Filipino subjects: Exposure-response modeling using ECG data of thorough QT/QTc study.  Journal of pharmaceutical sciences  136 (4) :234 -241 , 2018
6. Goto A, Izumi-Nakaseko H, Hagiwara-Nagasawa M, Chiba K, Ando K, Naito AT, Sugiyama A:  Analysis of torsadogenic and pharmacokinetic profile of E-4031 in dogs bridging the gap of information between in vitro proarrhythmia assay and clinical observation in human subjects.  Journal of pharmacological sciences  :in press , 2018
7. Cao X, Nakamura Y, Izumi-Nakaseko H, Chiba K, Lubna NJ, Goto A, Hagiwara-Nagasawa M, Ando K, Naito AT, Takahara A, Sugiyama A:  Measurement of phosphodiesterase activity in the conduction system and contractile muscle of the rat heart: Evidence of regional difference.  Toho Journal of Medicine  :in press , 2018
8. Lubna NJ, Nakamura Y, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Kitta K, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Naito AT, Akie Y, Sugiyama A:  Electropharmacological characterization of microminipigs as a laboratory animal using anti-influenza virus drug oseltamivir.  Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology  :in press , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎中瀬古(泉)寛子, 諫田泰成, 長澤(萩原)美帆子, 内藤篤彦, 関野祐子, 杉山篤: ヒト人工多能性幹細胞由来心筋細胞シートの細胞外電位持続時間の補正式の開発.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
2. ◎長澤(萩原)美帆子, 篠崎誠, 後藤愛, 千葉浩輝, 中瀬古(泉)寛子, 内藤篤彦, 岩田邦男, 金子昇, 杉山篤: 抗心房細動治療薬候補化合物M201-A:in vivoモデルでの評価.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
3. ◎内藤篤彦: iPS細胞の最前線−幹細胞を用いた創薬研究−.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京都大田区,  2018/08
4. ◎後藤愛, 千葉浩輝, 長澤(萩原)美帆子, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 内藤篤彦, 杉山篤: Azithromycinによる心臓死の解明:日本発超小型研究用ミニブタ(マイクロミニピッグ)を用いた心臓電気薬理学的作用の評価.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
5. ◎後藤愛, 長澤(萩原)美帆子, 千葉浩輝, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 内藤篤彦, 杉山篤: 炭酸リチウムの急性投与における心血管有害事象に対する安全域の分析:ハロセン麻酔犬モデルを用いた評価.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
6. ◎杉山篤: 心臓安全性試験におけるin vivo実験モデルとしてのマイクロミニピッグの薬理学的特徴.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
7. ◎杉山篤, 長澤(萩原)美帆子, 後藤愛, 千葉浩輝, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 和田剛, 内藤篤彦: 抗不整脈薬の安全性薬理評価の指針としてのドロネダロンの抗心房細動、催不整脈および心臓抑制作用のin vivo評価.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
8. ◎千葉浩輝, 長澤(萩原)美帆子, 後藤愛, 中瀬古(泉)寛子, 内藤篤彦, 杉山篤: Sunitinibの単回投与は左室収縮機能に影響することなく拡張障害を誘発する.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
9. ◎中瀬古(泉)寛子, 李巍, 長澤(萩原)美帆子, 田中耕一郎, Choijamts G, Batkhuyag P, Yeruult C, Khaliun N, Narantungalag D, 内藤篤彦, 小池一男, 杉山篤: モンゴル薬用植物Adonis mongolicaの心血管系に対す
る薬理作用.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
10. ◎安東賢太郎, 内藤篤彦, 後藤愛, 中村裕二, 長澤(萩原)美帆子, 千葉浩輝, 中瀬古(泉)寛子, 杉山篤: LapatinibはQT間隔を延長するが、致死的な不整脈を誘発しない.  日本毒性学会,  大阪市,  2018/07
11. ◎内藤篤彦, 安東賢太郎, 後藤愛, 中村裕二, 長澤(萩原)美帆子, 千葉浩輝, 中瀬古(泉)寛子, 杉山篤: パターン培養したヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた抗がん薬の心毒性評価.  日本毒性学会,  大阪市,  2018/07
12. ◎杉山篤: 不整脈に対するリズム治療のための薬理学的標的因子.  第65回日本不整脈心電学会学術大会,  横浜,  2018/07
13. ◎藏本勇希, 内藤篤彦, 李鍾國, 坂田泰史, 小室一成: 女性ファブリー病患者由来iPS細胞を用いたファブリー心筋症モデルの構築及び表現型解析.  第4回日本心筋症研究会,  奈良市,  2018/06
14. ◎山田亨, 宮本毅治, 山田緑, 中村裕二, 杉山篤: 小学生に対する心肺蘇生教育教材“Dock-kun”を使用した教育の効果-教育前後の手技実施に関する自信の変化-.  第21回日本臨床救急医学会学術集会,  名古屋市,  2018/06
15. ◎内藤篤彦: ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた薬物の心機能毒性評価.  第25回HAB研究機構学術年会,  茨城県つくば市,  2018/05
16. ◎内藤篤彦: ヒトiPS細胞由来心筋細胞を利用した医薬品の安全性評価.  第22回日本心血管内分泌代謝学会,  宮崎市、日本,  2018/04
国際学会
1. ◎Yamada M, Miyamoto T, Yamada T, Iwaya R, Hagiwara‐Nagasawa M, Sugiyama A: Effectiveness of a cardiopulmonary resuscitation training program using an educational equipment for junior high school students.  Asian Society of Human Services,  Kyoto,  2018/07
2. ◎Naito AT, Sakai T, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Hagiwara-Nagasawa M, Nakamura Y, Sugiyama A: TRPC3 Inhibitor Pyr3 Corrects the Disease-specific Phenotype of the Induced Pluripotent Stem Cell-derived Cardiomyocytes from the Patients with Infantile Hypertrophic Cardiomyopathy.  WCP2018,  Kyoto,  2018/07
3. ◎Izumi-Nakaseko H, Kanda Y, Nakamura Y, Hagiwara-Nagasawa M, Ando K, Naito AT, Sekino Y, Sugiyama A: Development of correction formula for frequency-dependent changes of field potential duration of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes sheets.  the 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology,  Kyoto,  2018/07
4. ◎Nagasawa Y, Hagiwara-Nagasawa M, Shibuta S, Takada K, Kambayashi R, Nakajo M, Cao X, Aimoto M, Takahara A: Sensitivity of the acute atrioventricular block rabbit as a novel model for detecting drug-induced Torsade de Pointes arrhythmias.  The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology,  Kyoto,  2018/07
5. ◎Naito AT, Ito M, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Hagiwara-Nagasawa M, Nakamura Y, Sugiyama A: Assessment of the drug-induced cardiac functional toxicity by pattern-cultured hiPSC-CMs.  WCP2018,  Kyoto,  2018/07
6. ◎Naito AT, Higo T, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Hagiwara-Nagasawa M, Nakamura Y, Sugiyama A: Pathogenic role of DNA single-strand break accumulation and DNA damage response in pressure overload-induced heart failure.  WCP2018,  Kyoto,  2018/07
7. ◎Sugiyama A: Anti-atrial fibrillatory, proarrhythmic, and cardiodepressive profiles of anti-arrhythmic drugs.  The 2018 International Congress on Electrocardiology,  Chiba,  2018/06
8. ◎Sugiyama A, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A Chiba K, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Wada T, Naito AT: Analysis of the anti-atrial fibrillatory, proarrhythmic and cardiodepressive profiles of dronedarone.  23rd Annual Scientific Meeting of the International Society of Carduivascular Pharmacotherapy,  Kyoto,  2018/05
9. ◎Sugiyama A, Wada T, Naito AT, Goto A, Chiba K, Hagiwara-Nagasawa M, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Nakazato Y: Sunitinib doesn't acutely alter left ventricular systolic function but induces diastolic dysfunction.  23rd Annual Scientific Meeting of the International Society of Carduivascular Pharmacotherapy,  Kyoto,  2018/05
その他
1. ◎杉山篤: 臨床開発における心臓安全性評価-ICH S7B/E14ガイドライン改定後を見据えた薬物性不整脈評価試験の現状と今後の展望-.  心臓安全性評価セミナー,  東京,  2018/07
2. ◎杉山篤: 薬物性QT延長症候群の臨床.  医薬品安全研修会(2),  静岡県,  2018/06
3. ◎杉山篤: 薬物性QT延長症候群の基礎.  医薬品安全研修会(1),  静岡県,  2018/06
4. ◎杉山篤: 健康寿命延長への挑戦.  早稲田大学稲門医師会校友会講座「社会と医療」,  東京,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者