東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 心理学研究室
 Department of Psychology

教授:
  田崎 美弥子
講師:
  山口 哲生
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















田崎 美弥子   教授
   1 1          1
 1
 
 
 
 
山口 哲生   講師
    1          1
 2
 
 
 1
 
 0 1  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Yuko Hamasaki, Tetuso Yamaguchi, Yusuke Takahashi Junya Hashimoto Masaki Muramatsu Takeshi Kawamura, Ken Saakai, Seiichiro Shishido, Miyako Tazaki:  Change in the quality of life of caregivers of pediatric department patients undergoing kidney transplantation : a single-center prospective study.  Clinical and Experimental Nephrolgy  :24日 , 2018
総説及び解説
1. Miyako Tazaki:  A consideratoin on current treatment for dementia.  OBM Geriatrics Special Issue  :33 -36 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 田崎美弥子、中島正代、山口哲生、土屋垣内晶、良峯徳和、加藤康広、斉藤大輔: 心理臨床におけるニューロフィードバックの効果と可能性.  日本心理学会第82回大会,  仙台、日本,  2018/09
2. 山口哲生・田崎美弥子: ニューロフィードバックが高齢者の認知機能に及ぼす効果の検討.  日本心理学会第82回大会,  仙台、日本,  2018/09
3. 柳井修一、高瀬堅吉、山口哲生、内田さえ、泉尾直孝、溝口博之、稲垣宏樹、日下菜穂子: 認知症との共生社会を支える基礎研究.  日本心理学会第82回大会,  仙台、日本,  2018/09
その他
1. 山口哲生: 高齢者を対象としたニューロフィードバックにおけるシータ波の抑制とワーキングメモリの関係.  第2回臨床ニューロフィードバック研究会,  横浜、日本,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者