<<< 前 2020年度 | 2021年度 | 2022年度
 医学部 医学科 臨床腫瘍学講座
 Department of Clinical Oncology

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















島田 英昭   教授
医学博士
  2  18       2   1
(1)
 25
(3)
 
 
 
 
中村 陽一   教授
博士(医学)
 1 2    3        1
(1)
 4
(3)
 
 
 
 
菊池 由宣   准教授
   1 3  1 1       1
 3
(1)
 
 
 
 
森山 彩子   助教
       2       
 
 
 
 
 
 1 1  4 0  2  3
(2)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














島田 英昭   教授
医学博士
       2  1
(1)
 
 
中村 陽一   教授
博士(医学)
 1   3     1
(1)
 
 
菊池 由宣   准教授
  1  1     1
 
 
森山 彩子   助教
         
 
 
 1 1  4 0  2  3
(2)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Shiratori F, Suzuki T, Yajima S, Oshima Y, Nanami T, Funahashi K, Shimada H:  Preoperative low serum calcium levels predict poor prognosis for patients with esophageal cancer.  Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery  28 (2) :96 -102 , 2022
2. Ishioka N, Suzuki T, Yajima S, Murakami K, Ohkura Y, Fukuda T, Yagi K, Okamura A, Hoshino I, Kunisaki C, Nakajima Y, Narumiya K, Ogawa R, Shimada H:  Prognostic Impact of Pretreatment Serum CYFRA Status in 1047 Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma Who Underwent Radical Resection: A Japan Esophageal Society Promotion Research.  Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery  28 (3) :163 -170 , 2022
3. Nagaoka S, Yamashita H, Seto Y, Fujisaki M, Mitsumori N, Oshima Y, Yajima S, Kikuchi Y, Otsuka K, Murakami M, Fujita S, Futawatari N, Shimada H:  Taxane-based versus platinum-based chemotherapy in early recurrent gastric cancer after radical surgery with S-1 adjuvant chemotherapy: A multi-institutional retrospective analysis.  Asia-Pacific journal of clinical oncology  18 (6) :540 -545 , 2022
4. Nagata Y, Kageyama S, Ishikawa T, Kokura S, Okayama T, Abe T, Murakami M, Otsuka K, Ariyoshi T, Kojima T, Taniguchi K, Kobayashi S, Shimada H, Yajima S, Suzuki T, Hirano S, Tsuchikawa T, Shichinohe T, Ueda S, Kanetaka K, Yoneda A, Wada H, Doki Y, Yamaue H, Katsuda M, Ohi M, Yasuda H, Kondo K, Kataoka M, Kodera Y, Koike M, Shiraishi T, Miyahara Y, Goshima N, Fukuda E, Yamaguchi K, Sato E, Ikeda H, Yamada T, Osako M, Hirai K, Miyamoto H, Watanabe T, Shiku H:  Prognostic significance of NY-ESO-1 antigen and PIGR expression in esophageal tumors of CHP-NY-ESO-1–vaccinated patients as adjuvant therapy.  Cancer immunology, immunotherapy  71 (11) :2743 -2755 , 2022
5. Suzuki T, Yajima S, Okamura A, Yoshida N, Taniyama Y, Murakami K, Ohkura Y, Nakajima Y, Yagi K, Fukuda T, Ogawa R, Hoshino I, Kunisaki C, Narumiya K, Tsubosa Y, Yamada K, Shimada H; Japan Esophageal Society Promotion Research: p53 Antibody Multicenter Research Group.:  Prognostic impact of carcinoembryonic antigen in 1822 surgically treated esophageal squamous cell carcinoma: multi-institutional study of the Japan Esophageal Society.  Diseases of the esophagus  :Online ahead of print , 2022
6. Nakajima Y, Tachimori H, Miyawaki Y, Fujiwara N, Kawada K, Sato H, Miyata H, Sakuramoto S, Shimada H, Watanabe M, Kakeji Y, Doki Y, Kitagawa Y:  A survey of the clinical outcomes of cervical esophageal carcinoma surgery focusing on the presence or absence of laryngectomy using the National Clinical Database in Japan.  Esophagus  19 (4) :569 -575 , 2022
7. Ito M, Hiwasa T, Yajima S, Suzuki T, Oshima Y, Nanami T, Sumazaki M, Shiratori F, Li SY, Iwadate Y, Sugimoto K, Mori M, Kuwabara S, Takizawa H, Shimada H:  Low anti-CFL1 antibody with high anti-ACTB antibody is a poor prognostic factor in esophageal squamous cell carcinoma.  Esophagus  19 (4) :617 -625 , 2022
8. Hu L, Liu J, Shimada H, Ito M, Sugimoto K, Hiwasa T, Zhou Q, Li J, Shen S, Wang H.:  Serum Anti-BRAT1 is a Common Molecular Biomarker for Gastrointestinal Cancers and Atherosclerosis.  Frontiers in Oncology  12 :870086 , 2022
9. Ushigome M, Shimada H, Kaneko T, Miura Y, Nagashima Y, Suzuki T, Kagami S, Kurihara A, Funahashi K:  Preoperative CRP(-)/CEA(-)/CA19-9(-)/non-T4 in Stage III Colorectal Cancer Is Favorable Risk for Recurrence.  Journal of the anus, rectum and colon  6 (4) :264 -273 , 2022
10. Suzuki T, Oshima Y, Shiratori F, Nanami T, Yajima S, Sumazaki M, Ushigome M, Sugita H, Eberl M, Ogata H, Hayashida T, Nakamura S, Nakagawa T, Shimada H:  Comparison between a new assay system, Elecsys® Anti-p53, and conventional MESACUP™ for the detection of serum anti-p53 antibodies: A multi-institutional study.  Molecular and Clinical Oncology  17 (2) :130 , 2022
11. Okada R, Otsuka Y, Yokosuka O, Kato N, Imazaki F, Hoshino I, Sugiura N, Mizumoto H, Azemoto R, Kato K, Shimada H:  Six autoantibodies as potential differential biomarkers of hepatocellular carcinoma versus liver cirrhosis and chronic hepatitis: a prospective multi-institutional study.  Oncology letters  24 (4) :367 , 2022
12. Narushima K, Nishii R, Okazumi S, Shimada H, Akutsu Y, Maeda T, Yasuda S, Yamada S, Shuto K, Tamura K, Yamazaki K, Shinoto M, Ishikawa H, Mori M, Matsubara H:  [S-methyl-11C]-L-methionine positron emission tomography/computed tomography imaging parameters to evaluate early response for esophageal cancer with neoadjuvant carbon ion radiotherapy.  Scientific Reports  12 (1) :13694 , 2022
13. Yamazaki N, Oshima Y, Shiratori F, Nanami T, Suzuki T, Yajima S, Funahashi K, Shimada H:  Prognostic significance of preoperative low serum creatine kinase levels in gastric cancer.  Surgery today  52 (11) :1551 -159 , 2022
14. Dan Nobuhiro, Yamaguchi Kazuhisa, Fuchinoue Kazuhiro Hijikata Kazunori Toba, Takahito, Kikuchi Yoshinori, Igarashi Yoshinori:  Clinical Changes in Emergency Endoscopic Hemostasis for Gastroduodenal Ulcer.  Toho Journal of Medicine  8 (2) :71 -78 , 2022
15. Moriyama J, Suzuki T, Oshima Y, Nanami T, Yajima S, Shiratori F, Funahashi K, Shimada H:  Postrecurrence prognostic impact of squamous cell carcinoma antigen and serum p53 antibody at the time of recurrence on the patients with esophageal squamous cell carcinoma.  Toho Journal of Medicine  8 (2) :78 -88 , 2022
16. Kikuchi Y, Yamaguchi K, Funahashi K, Arita Y, Shimojo N, Watanabe K, Koshikawa I, Wakabayashi M, Izawa A, Kagami S, Kaneko T, Ushigome M, Shimada H:  Management of Postoperative Patients with Colorectal Cancer Using Information and Communication Technology: A Pilot Study.  Toho Journal of Medicine  8 (3) :89 -95 , 2022
総説及び解説
1. 角甲純, 中村陽一, 西智弘, 高木雄亮, 松田能宣, 渡邊紘章, 笠原庸, 合屋将, 小原弘之, 森雅紀, 山口崇:  呼吸困難を有する慢性進行性疾患患者に対する送風療法の有効性:システマティックレビュー・メタ解析.  Palliative Care Research  17 (1) :33 -42 , 2022
2. 後藤麻佑:  画像を読む!ケアに役立つ画像の見かた.3 CT検査、4 PET-CT検査.  YORi-SOUがんナーシング  12 (5) :500 -502 , 2022
3. 中村陽一:  まだまだ聞きたい!骨転移がん患者さんの看護Q & A.  YORi-SOUがんナーシング  12 (5) :524 -525 , 2022
4. 鈴木 隆, 島田英昭:  特集 胸部外科の緊急手術up to date VIII. 食道疾患 2.食道異物.  胸部外科  75 (10) :895 -900 , 2022
5. Onagi C, Oba M, Oshima Y, Shimada H:  Systematic review and meta-analysis of reports of patients with gastric cancer aged 80 years and older.  International Cancer Conference Journal  11 (4) :224 -230 , 2022
症例報告
1. 髙地良介, 田中耕一郎, 三浦康之, 皆川輝彦, 本田善子, 千葉浩輝, 奈良和彦, 島田英昭, 船橋公彦, 瓜田純久, 島田長人:  柴苓湯と桂枝茯苓丸の併用が,再発性膿瘍形成性虫垂炎に対し有効であった 1 例.  日本病院総合診療医学会雑誌  18 (4) :290 -291 , 2022
2. Matsui T, Nagai H, Amanuma M, Kobayashi K, Ogino Y, Mukozu T, Wakui N, Okano N, Kikuchi Y, Matsumoto T, Igarashi Y:  Usefulness of partial splenic embolization for left‑sided portal hypertension in a patient with a pancreatic neuroendocrine neoplasm: a case report and review of the literature.  Clinical Journal of Gastroenterology  : , 2022
3. Sasaki Y, Nanami T, Mizumura S, Urita Y, Shimada H:  Axillary lymphadenopathy detected by FDG/PET-CT after COVID-19 mRNA vaccination.  Journal of hospital general medicine  4 (3) :165 -166 , 2022
その他
1. 島田英昭:  書評 日本内視鏡外科学会教育委員会 監 小嶋一幸 編 腹腔鏡下胃切除術公式テキスト.  外科  84 (8) :902 , 2022
2. 島田英昭:  外科医の私論 臨床系医学会の財務状況の課題.  外科  84 (9) :974 , 2022
■ 著書
1. 中村陽一:    トリ先生の がんの痛みと症状緩和&ケア ビジュアルレッスン  1-240.  メディカ出版,  大阪市, 2022
2. 中村陽一, 羽成恭子, 髙宮有介, 大津秀一, 村瀬樹太郎, 徳久順也, 正保智恵美, 野口恭子, 三田乃理子, 武村尊生, 白川賢宗, 戸部有希子, 長尾さやか, 喜田昌記, 小城原傑, 池田睦, 山中恵理子, 山口重樹, 後藤麻佑, 結束貴臣, 伊藤優子, 平沼彩子, 平野裕子, 清水あさみ, 黒澤亮子:    トリ先生のがんの痛みと症状緩和&ケア ビジュアルレッスン  1-240.  メディカ出版,  大阪府, 2022
3. 中村陽一, 羽成恭子, 髙宮有介, 大津秀一, 村瀬樹太郎, 徳久順也, 正保智恵美, 野口恭子, 三田乃里子, 武村尊生, 白川賢宗, 戸部有希子, 長尾さやか, 喜田昌記, 小城原傑, 池田睦, 山中恵理子, 山口重樹, 後藤麻佑, 結束貴臣, 伊藤優子, 平沼彩子, 平野裕子, 清水あさみ, 黒澤亮子:    トリ先生のがんの痛みと症状緩和&ケア ビジュアルレッスン  1-240.  メディカ出版,  大阪府, 2022
4. 古賀亜希子、菊池由宣:  シチュエーション2
がん薬物療法による悪心・嘔吐・味覚障害(予測性悪心・嘔吐を含む).  Yori-Souがんナーシング2022年6号(第12巻6号) 
特集:食欲不振 味覚障害 悪心 嘔吐 悪液質 がん患者さんの”食”を守るアセスメントとケア単行本  17-20.  メディカ出版,  大阪市 日本, 2022
5. 後藤麻佑:  吐き気はこうして起こる 吐き気の理由もたくさんある ~メカニズム(機序)~.  トリ先生の がんの痛みと症状緩和&ケア ビジュアルレッスン  170-176.  メディカ出版,  大阪市, 2022
6. 菊池由宣:    腫瘍内科医が教える 一発明解 見えるがん化学療法  1-277.  南山堂,  東京、日本, 2022
■ 学会発表
国内学会
1. ◎栗原聰元, 三浦康之, 吉野 優, 吉野 翔, 鈴木孝之, 吉田公彦, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 鏡 哲, 金子奉暁, 塩川洋之, 牛込充則, 大塚由一郎, 島田英昭, 船橋公彦: ビデオシンポジウム03「標準的な痔核手術」当科における単純化された痔核切除術について.  第84回日本臨床外科学会総会,  福岡市(オンデマンド配信),  2022/11
2. ◎大久保和範, 鈴木 隆, 渡邉健太郎 , 山川輝記, 白鳥史明, 名波竜規, 谷島 聡, 島田英昭, 船橋公彦: 食道癌術後再建胃管癌に対して腹腔鏡下切除した一例.  第84回日本臨床外科学会総会,  福岡市(オンデマンド配信),  2022/11
3. ◎別所孝篤, 三浦康之, 谷島 聡 , 鈴木孝之, 鏡 哲, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 金子奉暁, 牛込充則, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦, 栃木直文, 渋谷和俊: 食道胃接合部癌術後の回盲部リンパ節への孤立性リンパ節転移の1例.  第84回日本臨床外科学会総会,  福岡市(オンデマンド配信),  2022/11
4. ◎渡邉健太郎, 谷島 聡, 山川輝記 , 別所孝篤, 大嶋陽幸, 鈴木 隆, 名波竜規, 大久保和範, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: 開腹腫瘍摘出術を施行した巨大副脾の一例.  第84回日本臨床外科学会総会,  福岡市(オンデマンド配信),  2022/11
5. ◎山川輝記, 谷島 聡, 大嶋陽幸 , 名波竜規, 渡邉健太郎, 大久保和範, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: 十二指腸・膵頭部間の剥離に超音波凝固切開装置が有用であった十二指腸浸潤胃癌の一切除例.  第84回日本臨床外科学会総会,  福岡市(オンデマンド配信),  2022/11
6. ◎菊池由宣, 山口和久, 山田悠人, 清水 良, 小林康次郎, 伊藤悠子, 松本 悠, 黒瀬泰子, 岡野直樹, 大塚由一郎, 渋谷和俊, 松田尚久, 島田英昭:: FGFR2融合遺伝子陽性の胆管細胞癌にペミガチニブが奏効した1例.  第60回日本癌治療学会学術集会,  神戸市(ハイブリッド開催),  2022/10
7. ◎山口和久, 菊池由宣, 中川皓貴, 密田亜希, 若山 恵, 栃木直文, 渋谷和俊, 松田尚久: MSI-Hを示す原発不明癌に対してペムブロリズマブが奏功した1例.  第60回日本癌治療学会学術集会,  神戸市(ハイブリッド開催),  2022/10
8. ◎栗原聰元, 三浦康之, 吉野 優, 酒井 悠, 吉田公彦, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 鈴木孝之, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 島田英昭, 船橋公彦: 単純化された革新的な痔核切除術,LinearPinchedHemorrhoidectomy(LPH).  第77回日本大腸肛門病学会学術集会,  千葉市,  2022/10
9. 島田英昭: イブニングセミナー4
大腸癌の実臨床における血液バイオマーカーの可能性~血清p53抗体を中心に~
(共催:ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社).  第77回日本大腸肛門病学会学術集会,  千葉市,  2022/10
10. ◎後藤麻佑, 宮田祥一, 中村陽一: 表計算ソフトExcelを用いた正確で迅速なオピオイド注射剤の処方設計をめざして.  第4回日本緩和医療学会関東・甲信越支部学術大会,  川越市,  2022/10
11. 中村陽一: 死の臨床・緩和医療学の卒前医学教育の現状.  第27回日本臨床死生学会年次大会,  東京・オンライン配信のハイブリッド開催,  2022/09
12. ◎山﨑信人, 大嶋陽幸, 鈴木 隆, 名波竜規, 白鳥史明, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌手術症例において術前血清Creatine Kinase低値は予後不良因子か?.  第77回日本消化器外科学会学会総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/07
13. ◎森山 仁, 谷島 聡, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 名波竜規, 白鳥史明, 船橋公彦, 島田英昭: 食道扁平上皮癌術後再発時におけるSCC抗原/p53抗体は再発予後へ影響するのか?.  第77回日本消化器外科学会学会総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/07
14. ◎大嶋陽幸, 白鳥史明, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌患者における術前血清コレステロール値の意義.  第77回日本消化器外科学会学会総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/07
15. ◎難波七海, 大庭真梨, 菊池由宣, 島田英昭: AFP産生胃癌の予後:医学中央雑誌掲載症例報告のメタ解析.  第77回日本消化器外科学会学会総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/07
16. ◎白鳥史明, 鈴木 隆, 谷島 聡, 伊藤正朗, 名波竜規, 大嶋陽幸, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌患者における乳酸デヒドロゲナーゼ対アルブミン比の予後予測因子としての有用性.  第77回日本消化器外科学会学会総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/07
17. ◎鈴木 隆, 谷島 聡, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 船橋公彦, 島田英昭: 郭清指数からみた胸部中下部食道癌における頸部リンパ節郭清の意義.  第77回日本消化器外科学会学会総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/07
18. ◎岡田 嶺, 大塚由一郎, 横須賀 収, 今関文夫, 島田英昭: 肝細胞癌,肝硬変,慢性肝炎における血清自己抗体の有効性.  第77回日本消化器外科学会学会総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/07
19. ◎吉田公彦, 日和佐隆樹, 伊藤正朗, 牛込充則, 船橋公彦, 島田英昭: 大腸癌切除例における血清Jumonji domain-containing 6抗体の予後因子としての意義.  第77回日本消化器外科学会学会総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/07
20. ◎大久保和範, 谷島 聡, 白鳥史明, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 島田英昭, 船橋公彦: アルコール性腐食性食道炎の一切除例.  第77回日本消化器外科学会学会総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/07
21. ◎谷島 聡, 鈴木 隆, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 大久保和範, 山川輝記, 栃木直文, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌術後再発症例におけるPD-L1発現とICI治療後の臨床経過.  第77回日本消化器外科学会学会総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/07
22. 島田英昭: ランチョンセミナー1
オプジーポによる胃癌一次治療の飛躍〜Late lineからFront lineへ〜【共催:小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社】.  第77回日本消化器外科学会総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/07
23. ◎角甲純, 中村陽一, 西智弘: 送風療法. 呼吸器症状緩和ガイドライン改定の全容 〜公開討論:パブコメください!!〜【ガイドライン統括委員会】.  第27回日本緩和医療学会学術大会,  神戸,  2022/07
24. ◎中村陽一: 卒前医学教育における緩和医療学教育のありかた.  第27回日本緩和医療学会学術大会,  神戸,  2022/07
25. ◎田中啓輔, 鈴木 隆, 谷島 聡, 名波竜規, 大嶋陽幸, 大熊新之介, 藤井毅郎, 根本哲生, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌(T1aN0M0)術後#112Aoリンパ節再発に対し切除・下行大動脈置換術を施行し術後5年間無再発生存した1例.  第189回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  東京(ハイブリッド開催),  2022/06
26. ◎角甲純, 合屋将, 笠原庸子, 越智拓良, 長谷川貴昭, 中野泰, 十九浦宏明, 西智弘, 中村陽一: がん患者の呼吸困難に対する看護ケア〜システマティックレビューから見えてきたもの〜.  第7回日本がんサポーティブケア学会学術大会,  下関・Webハイブリッド,  2022/06
27. 島田英昭(教育講演): 編集委員会で注目している英文論文執筆のポイント.  第47回日本外科系連合学会学術集会,  盛岡市(オンデマンド配信),  2022/06
28. ◎岡田 嶺, 島田英昭, 松本 悠, 木村和孝, 石井 淳, 前田徹也, 土屋 勝, 大塚由一郎, 船橋公彦: 肝胆膵領域癌における血清programmeddeath ligand-1の有用性.  第47回日本外科系連合学会学術集会,  盛岡市(オンデマンド配信),  2022/06
29. ◎牛込充則, 船橋公彦, 池田裕一, 鏡 哲, 笹嶋奈津子, 長嶋康雄, 三浦康之 金子奉暁, 栗原聰元, 島田英昭: StageII/III 大腸癌患者における術前炎症マーカーによる長期予後リスク因子の検討.  第122回日本外科学会定期学術集会,  熊本市(ハイブリッド開催),  2022/04
30. ◎栗原聰元, 三浦康之, 吉野 優, 酒井 悠, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 吉田公彦, 吉野 翔, 鏡 哲, 金子奉暁, 塩川洋之, 牛込充則, 大塚由一郎, 島田英昭, 船橋公彦: 未来を拓く手術手技の伝承:直腸脱(native tissue repair による手術手技).  第122回日本外科学会定期学術集会,  熊本市(ハイブリッド開催),  2022/04
31. ◎松本 悠, 島田英昭, 白鳥史明, 名波竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡. 船橋公彦: 胃癌に対するニボルマブ投与前血液生化学データを用いたirAE および予後予測因子の検討.  第122回日本外科学会定期学術集会,  熊本市(ハイブリッド開催),  2022/04
32. ◎大嶋陽幸, 白鳥史明, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌患者における術前後の血清CA72-4 値の変化と再発との関連について.  第122回日本外科学会定期学術集会,  熊本市(ハイブリッド開催),  2022/04
33. ◎谷島 聡, 伊藤正朗, 白鳥史明, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 大久保和範, 大塚由一郎, 船橋公彦, 日和佐隆樹, 島田英昭: 胃癌手術症例における血清抗Enolase1 抗体の解析.  第122回日本外科学会定期学術集会,  熊本市(ハイブリッド開催),  2022/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者