東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ヨダ ヒトシ   Yoda Hitoshi
  与田 仁志
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大森病院)
   職種   教授
    (最終更新日:2017-10-06 19:36:22)
■ 刊行論文
1. 原著  One-stage repair of interrupted aortic arch in combination with aortopulmonary window--preoperative three-dimensional computed tomography 2011/01
2. 原著  Radical surgery for a ventricular septal defect associated with trisomy 18 2010/05
3. 原著  極低出生体重児で出生した21トリソミーの臨床的検討 2011/01
4. 原著  当センターにおける臍帯潰瘍を合併した先天性小腸閉鎖4症例の検討 2010/04
5. 総説  胎内診断された形態異常の長期予後から見た至適分娩時期 2010/12
6. 総説  品胎児の予後 2010/04
7. 総説  新生児遷延性肺高血圧症の診断と治療
“肺高血圧”内科的治療の最前線―この難病疾患に挑む― 2010/07
8. 総説  周産期診療指針2010
心不全 2010/11
9. 総説  心血管作動薬の使いかた (新生児医療必修基礎知識) 2010/09
10. 総説  周産期診療指針2010
胎児水腫 2010/11
全件表示(17件)
■ 著書
1. 部分執筆  先天性心疾患:診断から治療方針決定まで「小児科臨床ピクシス16 新生児医療を身につける」 2010/04
2. 部分執筆  未熟児PDAの診断と管理「EBM小児科疾患の治療」 2011/02
3. 部分執筆  新生児疾患の治療指針 59 ショック「周産期医学 2010 Vol.40増刊号 周産期診療指針2010」 2010/12
4. 部分執筆  双胎児の長期予後と予後にかかわる周産期因子「多胎妊娠 一般管理とハイリスク妊娠・分娩・新生児管理まで」 2015/09
5. 部分執筆  新生児遷延性肺高血圧症「今日の小児治療指針 第16版」 2015/05
6. 部分執筆  Respiraory tract Disorder「ネルソン小児科学 Nelson textbook of pediatrics 19ed 日本語翻訳版」 2015/04
■ 学会発表
1. 当院で経験したオルニチントランスカルバミラーゼ欠損症保因者妊婦の管理 (口頭発表,一般) 2011/02/26
2. 我が国におけるNICUの現状と周産期トピックス (口頭発表,特別・招待講演等) 2011/02/24
3. FLP後の機能的肺動脈閉鎖が残存したTTTS受血児の1例 (口頭発表,一般) 2011/02/19
4. 心房粗動・上室性頻拍合併の胎児頻脈に経胎盤治療が奏功した新生児WPW症候群の一例 (口頭発表,一般) 2011/02/18
5. 胎児水腫を合併した先天性完全房室ブロックのダウン症の1例 (口頭発表,一般) 2011/02/18
6. 新生児科医から見た未熟児網膜症~眼科の先生に聞いてほしい事~ (口頭発表,特別・招待講演等) 2011/02/03
7. 周産期医療と女性医師支援 (口頭発表) 2011/01/29
8. 新生児心肺蘇生法について (口頭発表) 2011/01/09
9. 新生児蘇生法について2010アップデート版 (口頭発表) 2011/01/09
10. 胎児心エコー検査の実際―胎児の心臓はどうチェックするー (口頭発表,特別・招待講演等) 2010/12/15
全件表示(42件)
■ 学歴
1. 1977/04~1983/03 日本医科大学 医学部 卒業
■ 職歴
1. 2010/04~ 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 教授
■ 所属学会
1. ハイリスクフォローアップ研究会
2. 京浜新生児医療研修会
3. ∟ 代表幹事
4. 首都圏ネオフォーラム
5. ∟ 幹事
6. 城南新生児・未熟児研究会
7. ∟ 代表幹事
8. 東京循環器治療AGORA
9. ∟ 幹事
10. 東京小児呼吸器ケアHOT(在宅酸素療法)研究会
全件表示(27件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/09~2015/03  出生前介入可能な周産期医療人材育成プランー地域連携・女性医師支援を視野にいれてー 「周産期医療に関する専門的スタッフの養成」プログラム 
2. 2014/04~2017/03  ビオチンを添加したたんぱく質低減人工乳の栄養評価に関する研究