東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ナガシマ マコト   Nagashima Makoto
  長島 誠
   所属   東邦大学  医学部 医学科(佐倉病院)
   職種   准教授
    (最終更新日:2017-11-16 20:24:58)
■ 刊行論文
1. 原著  Proximal Gastrectomy with Double Tract Reconstruction Is an Alternative Revision Surgery for Intractable Complications After Sleeve Gastrectomy 2017/09
2. 原著  Adherence and feasibility of 2 treatment schedules of S-1 as adjuvant chemotherapy for patients with completely resected advanced lung cancer: a multicenter randomized controlled trial 2017/08
3. 原著  Association beween polymorphisms in the purinergic P2Y12 receptor gene and severity of both cancer pain and postoperative pain 2017/07
4. 総説  麻酔科医に重要ながん薬物療法の知識 2017/03
5. 原著  Associations between the orexin (hypocretin) receptor 2 gene polymorphism Val308Ile and nicotine dependence in genome-wide and subsequent association studies 2015/08
6. 症例報告  Primary enteric adenocarcinoma with predominantly signet ring features of the lung: A case report with clinicopathological and molecular findings 2015/05
7. 原著  Association between the rs1465040 single-nucleotide polymorphism close to the transient receptor potential subfamily C member 3 (TRPC3) gene and postoperative analgesic requirements 2015/03
8. 原著  Efficacy and tolerability of controlled-release oxycodone for oxaliplatin-induced peripheral neuropathy and the extension of FOLFOX therapy in advanced colorectal cancer patients 2014/06
9. 原著  Percutaneous transesophageal gastro-tubing for management of gastric leakage after sleeve gastrectomy. 2014/06
10. 原著  Genome-wide association study identifies a potent locus associated with human opioid sensitivity 2014/01
全件表示(80件)
■ 著書
1. 部分執筆  胸壁。胸膜疾患「ナースの外科学」 2017/09
2. 部分執筆  第2章 がん分子標的治療薬における副作用の疫学データと発現機序、診断・治療の現状
第3節 消化管穿孔「副作用軽減化 新薬開発」 2012/09
3. 部分執筆  緩和ケア・がん性疼痛治療の進歩「がん治療最前線-米国癌学会(ASCO)のトピックスを中心に-」 2010/10
4. 部分執筆  Association between analgesic requirements after major abdominal surgery and polymorphisms of the opioid metabolism-related gene ABCB1, Acute Pain: Causes, Effects and Treatment 2009/09
■ 学会発表
1. Efficacy of controlled-release oxycodone for oxaliplatin-induced peripheral neuropathy in advanced colorectal cancer patients. (ポスター,一般) 2017/06/24
2. 高齢者の難治性気胸に対する治療戦略 (ポスター,一般) 2017/04/27
3. 難治性気胸に対する外科治療 (口頭発表,一般) 2016/11/25
4. 高齢者の難治性気胸に対する胸腔鏡下・肺切除手術の検討 (ポスター,一般) 2016/04/16
5. 腸型印環細胞癌の特徴を示した肺原発腺癌の一例 (ポスター,一般) 2015/11/26
6. がん性疼痛、オキサリプラチン誘発神経障害性疼痛に対するオキシコドン投与の有効性 (口頭発表) 2015/10/31
7. Bacteriological Properties of MRSA with reduced susceptibility to Daptomycin recovered from patients undergoing Daptomycin treatment (ポスター,一般) 2015/09/19
8. Importance of supportive care for cancer treatment (口頭発表,特別・招待講演等) 2015/07/26
9. COPD合併・高齢者に発症した難治性気胸に対する胸腔鏡下手術の検討 (口頭発表,一般) 2015/04/18
10. COPD合併・高齢者に発症した気胸に対する鏡視下手術の検討 (口頭発表) 2014/11/21
全件表示(103件)
■ 職歴
1. 2007/12~2010/06 東邦大学 医学部 医学科(佐倉病院) 講師
2. 2010/07~ 東邦大学 医学部 医学科(佐倉病院) 准教授
3. 2012/04~ 東邦大学医療センター佐倉病院 感染対策室 室長
4. 2015/07~ 東邦大学医療センター佐倉病院 外科 院長補佐
■ 現在の専門分野
胸部外科学, 人類遺伝学, 細菌学(含真菌学) (キーワード:呼吸器外科、緩和ケア、外科感染症) 
■ 所属学会
1. 日本外科学会
2. 日本外科感染症学会
3. 日本感染症学会
4. 日本緩和医療学会
5. 日本癌学会
6. 日本癌治療学会
7. 日本胸部外科学会
8. 日本呼吸器外科学会
9. 日本呼吸器内視鏡学会
10. 日本内視鏡外科学会
全件表示(18件)
■ 受賞学術賞
1. 1999/08 Federal Technology Transfer Award from the National Institutes of Health
2. 2008/10 日本癌治療学会優秀演題
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/04~2004/03  p53コアクチベーターINGファミリーのがん細胞中における変異および機能の解析 がん特定領域 (キーワード:ING、がん抑制遺伝子、転写因子)
2. 2003/04~2004/03  抗癌剤感受性試験および遺伝子解析による癌細胞の悪性度診断  (キーワード:抗癌剤感受性試験、肺癌)
3. 2004/04~2005/03  INGファミリー遺伝子の機能および変異の解析  (キーワード:ING、がん抑制遺伝子、転写因子)
4. 2005/04~2007/03  遺伝子多型検査によるテーラーメイド疼痛治療法の開発 萠芽的先端医療技術推進研究事業(ファーマコ001) (キーワード:オピオイド、遺伝子多型)
5. 2007/04~2008/03  遺伝子多型検査によるテーラーメイド疼痛治療法の開発 創薬基盤推進研究事業 (キーワード:オピオイド、遺伝子多型)
6. 2010/04~2017/03  肺がんにおけるEGFR遺伝子変異と関連する遺伝子多型の解析 特定研究「遺伝子多型と喫煙ー肺がんを中心としてー (キーワード:肺がん、EGFR、遺伝子多型)