東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ナカジマ アラタ   Nakajima Arata
  中島 新
   所属   東邦大学  医学部 医学科(佐倉病院)
   職種   准教授
    (最終更新日:2017-10-06 19:36:22)
■ 刊行論文
1. 原著  Health assessment questionnaire-disability index (HAQ-DI) score at the start of biological disease-modifying antirheumatic drug (bDMARD) therapy is associated with radiographic progression of large joint damage in patients with rheumatoid arthritis. 2017/03
2. 症例報告  Less invasive lumbopelvic fixation technique using a percutaneous pedicle screw system for unstable pelvic ring fracture in a patient with severe multiple traumas 2017/02
3. 原著  Serum level of reactive oxygen metabolites (ROM) at 12 weeks of treatment with biologic agents for rheumatoid arthritis is a novel predictor for 52-week remission. 2017/02
4. 原著  Radiographic progression of large joint damage in patients with rheumatoid arthritis treated with biological disease-modifying antirheumatic drugs 2016/07
5. 原著  Relative expression and correlation of tumor necrosis factor-α, interferon-γ, and interleukin-17 in the rheumatoid synovium 2016/07
6. 総説  骨折の治癒過程 2016/06
7. 原著  Identification of genes required for the spontaneous repair of partial-thickness cartilage defects in immature rats 2016/05
8. 原著  Identification of genes required for the spontaneous repair of partial-thickness cartilage defects in immature rats. 2015/12
9. 原著  Radiographic progression of large joint damage in patients with rheumatoid arthritis treated with biological disease-modifying anti-rheumatic drugs. 2015/12
10. 原著  Influence of pelvic incidence-lumbar lordosis mismatch on surgical outcomes of short-segment transforaminal lumbar interbody fusion. 2015/08
全件表示(43件)
■ 学会発表
1. 関節リウマチ患者におけるFINE人工足関節置換術の中期成績 (口頭発表,一般) 2016/11/17
2. Serum level of reactive oxygen metabolities (ROM) at 12 weeks of treatment with biologic agents for rheumatoid arthritis is a novel predictor for 52-week remission (ポスター,一般) 2016/11
3. 著明な肝萎縮で突然死した一例 (口頭発表,一般) 2016/10/06
4. 生物学的製剤投与中の関節リウマチ患者における大関節破壊進行の実態とその危険因子 (口頭発表,一般) 2016/05/15
5. 腰椎椎間板ヘルニアにおける腰痛の性状、局在と手術による変化、遺残腰痛の性状についての検討-状況別詳細VASを用いて- (ポスター,一般) 2016/05/14
6. 圧迫性脊髄症急性増悪期における神経細胞への障害様式-臨床髄液検体の解析- (口頭発表,一般) 2016/05/12
7. 解剖学的二重束前十字靭帯再建術における大腿骨孔作製法の違いによる移植腱の成熟への影響の検討 (ポスター,一般) 2016/05/12
8. 関節リウマチの生物学的製剤効果不十分例に対するトリアムシノロンアセトニド関節注射併用療法の多施設共同観察研究:K-methodの有効性と安全性 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2016/04/23
9. 関節リウマチに対する人工膝関節置換術後に生じたPCL損傷1例 (ポスター,一般) 2016/04/22
10. 生物学的製剤投与開始時のHAQは大関節破壊進行の危険因子である―経過観察期間1-3年の結果から― (ポスター,一般) 2016/04/21
全件表示(17件)
■ 職歴
1. 2010/04~2012/11 東邦大学 医学部 医学科(佐倉病院) 講師
2. 2012/12~ 東邦大学 医学部 医学科(佐倉病院) 准教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~2014/03  ヒト分離滑膜細胞と細切軟骨片を用いた一期的自家軟骨移植用インプラントの作製 基盤研究(C) 
2. 2011/04~2014/03  関節リウマチにおけるIL-17の役割と部位特異的な関節破壊機序の解明 基盤研究(C) 
3. 2011/04~2014/03  腰痛の診断治療における神経栄養因子の応用 基盤研究(C) 
4. 2011/04~2012/03  自然免疫を制御するToll様受容体による関節破壊機序の解明  
5. 2011/04~2014/03  自然免疫を制御するToll様受容体シグナルによる骨軟骨破壊機序の解明 基盤研究(C) 
6. 2012/04~2015/03  フィブロインのcell delivery機能を利用した若年者重度関節症に対する新しい治療法の開発 医療機器開発推進研究事業 
7. 2012/04~2013/03  関節リウマチ滑膜中のTh17分画とIL-17の発現および実臨床における関節破壊に関する研究 平成24年度 東邦大学医学研究科推進研究費 
8. 2012/04~2013/03  骨粗鬆症治療薬による脊椎圧迫骨折の骨癒合促進および早期機能回復を目指した治療法の確立 平成24年度交通事故医療研究助成 
9. 2013/04~2014/03  関節リウマチ滑膜のマクロファージ、T細胞由来サイトカインによる骨軟骨破壊制御機構の解明  
10. 2014/04~2015/03  トシリズマブによる血中酸化ストレスの制御効果  
全件表示(30件)