東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ナカガワ コウイチ   Nakagawa Koichi
  中川 晃一
   所属   東邦大学  医学部 医学科(佐倉病院)
   職種   教授
    (最終更新日:2017-10-06 19:36:22)
■ 刊行論文
1. 原著  Health assessment questionnaire-disability index (HAQ-DI) score at the start of biological disease-modifying antirheumatic drug (bDMARD) therapy is associated with radiographic progression of large joint damage in patients with rheumatoid arthritis. 2017/03
2. 症例報告  Less invasive lumbopelvic fixation technique using a percutaneous pedicle screw system for unstable pelvic ring fracture in a patient with severe multiple traumas 2017/02
3. 原著  Serum level of reactive oxygen metabolites (ROM) at 12 weeks of treatment with biologic agents for rheumatoid arthritis is a novel predictor for 52-week remission. 2017/02
4. 原著  化膿性膝関節炎に対する関節鏡視下デブリドマンの治療成績 複数回手術のリスク因子に関して 2016/12
5. 原著  Radiographic progression of large joint damage in patients with rheumatoid arthritis treated with biological disease-modifying antirheumatic drugs 2016/07
6. 原著  Relative expression and correlation of tumor necrosis factor-α, interferon-γ, and interleukin-17 in the rheumatoid synovium 2016/07
7. 総説  早期変形性膝関節症の関節鏡所見 2016/07
8. 総説  (医学の窓;各科の話題 整形外科)関節軟骨の再生医療 2016/06
9. 総説  【症例から学ぶMRIの基礎-臨床に直結する知識-】 骨軟部 2016/06
10. 総説  十字靭帯断裂の術後画像 2016/06
全件表示(91件)
■ 著書
1. 部分執筆  運動器系疾患 変形性膝関節症「日常診療に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE 2016-2017」 2016/12
2. 部分執筆  Ⅲ 炎症性疾患-非感染性筋炎-その他の炎症性ミオパチー, 偽血栓性静脈炎症候群「別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズNo.32 骨格筋症候群(第2版)その他の神経筋疾患を含めて (上)Ⅲ」 2015/05
3. 全体執筆  「肥満症の総合的治療ガイド」 2013/06
4. 部分執筆  Management of spinal fractures in ankylosing spondylitis., Ankylosing Spondylitis, Symptoms, Treatment and Potential Complications. 2013/04
5. 部分執筆  関節リウマチに対する手術手技とコツ「スキル関節鏡下手術アトラスシリーズ;膝関節鏡下手術」 2010/05
■ 学会発表
1. 佐倉病院救急センターの現状と課題 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/03/18
2. FINE人工膝関節術後の下肢アライメントと患者立脚型評価の関連 (口頭発表,一般) 2017/02/25
3. 人工膝関節全置換術における深部静脈血栓症発生の危険因子の検討 (口頭発表,一般) 2017/02/24
4. 育成年代トップレベルの女子サッカー選手における年代別傷害発生状況の検討 〜第2報〜 (口頭発表,一般) 2017/01
5. 腰椎片側進入両側除圧術前後での腰痛の性状の変化と脊柱矢状面アライメントとの関連 (口頭発表,一般) 2016/12
6. 内側型変形性膝関節症における骨形態と骨粗鬆症との関係 (口頭発表,特別・招待講演等) 2016/11/11
7. Serum level of reactive oxygen metabolities (ROM) at 12 weeks of treatment with biologic agents for rheumatoid arthritis is a novel predictor for 52-week remission (ポスター,一般) 2016/11
8. Reversible axonal damage is remarkable in patients with acutely worsening symptoms of compression myelopathy: analysis of human cerebrospinal fluid samples. (口頭発表,一般) 2016/10/05
9. 環軸関節固定術症例における後頭部痛の性状と変化 (口頭発表,一般) 2016/10
10. 当院における脊椎手術部位感染例の検討 (口頭発表,一般) 2016/10
全件表示(365件)
■ 学歴
1. 1984/04~1990/03 千葉大学 医学部 卒業
2. 1993/04~1997/03 千葉大学 医学研究科 博士課程修了 医学博士
■ 職歴
1. 2002/02~2003/06 ラッシュ医科大学 整形外科 研究員
2. 2003/07~2004/06 ラッシュ医科大学 整形外科 講師
3. 2005/01~2008/03 千葉大学医学部附属病院 整形外科 助教
4. 2008/04~2009/11 千葉大学大学院医学研究院 整形外科学 助教
5. 2009/11~2010/03 千葉大学大学院医学研究院 整形外科学 講師
6. 2010/04~2011/12 東邦大学 医学部 医学科(佐倉病院) 准教授
7. 2012/01~2012/05 東邦大学 医学部 医学科(佐倉病院) 教授
8. 2012/06~ 東邦大学 医学部 医学科(佐倉病院) 教授
■ 受賞学術賞
1. 2012/11 最優秀演題賞(若手部門)
2. 2013/02 最優秀賞
■ 取得特許
1. 2013/09/27 滑膜細胞および細切軟骨辺の軟骨修復における使用(特許第5373427号)
■ その他
フィブロインのcell delivery機能を利用した若年者重度関節症に対する新しい治療法の開発.
厚生労働科学研究費補助金(医療技術実用化総合研究事業)平成24年度研究報告書,2013.
中川晃一、富田直秀、玉田 靖、中島 新
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1997  遺伝子操作を用いた関節軟骨欠損部修復法の基礎的研究  
2. 1998  遺伝子導入を併用した新しい関節軟骨修復法の開発  
3. 1999~2001  ヒアルロン酸合成酵素遺伝子導入を併用した関節軟骨修復法の開発 基盤研究(B) 
4. 2001  ARC法を用いた関節軟骨修復に関する研究  
5. 2001  遺伝子導入を併用した関節軟骨修復法の開発  
6. 2005~2007  Platelet Rich Plasma(PRP)を利用した骨軟骨欠損修復法の開発 基盤研究(B) 
7. 2006~2010/03  脂肪由来の間葉系幹細胞を用いた関節軟骨修復法の開発とMRIによる組織評価 基盤研究(C) 
8. 2007~2010/03  一期的自家細切軟骨移植と間葉系幹細胞移植を組み合わせた新しい関節軟骨修復法の開発 基盤研究(C) 
9. 2007~2008  人工コラーゲン・アパタイト複合体と生体活性セメントを用いた骨軟骨欠損の修復 基盤研究(C) 
10. 2008  培養軟骨マトリックスのMRIによる三次元構造組成解析法の開発  
全件表示(31件)