東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  シノハラ ミエ   Shinohara Mie
  篠原 美絵
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大森病院)
   職種   助教
    (最終更新日:2017-10-06 19:36:22)
■ 刊行論文
1. 原著  Sorafenib prevents escape from host immunity in liver cirrhosis patients with advanced hepatocellular carcinoma 2013/01
2. 症例報告  Visualization of segmental arterialization with arrival time parametric imaging using Sonazoid-enhanced ultrasonography in portal vein thrombosis 2012/12
3. 原著  アルコ-ル性肝炎診断基準への新提案:Hepatic bruitおよび肝動脈枝拡張におけるPPCS(pseudo-parallel channel sign)、造影超音波の診断的意義について 2012/09
4. 原著  Effects of mutation number in interferon sensitivity determining region on peripheral blood CD4+ T cell subsets(Th1, Th2) in chronic hepatitis C patients with hepatitis C virus genotype 1b and high viral load. 2012/06
5. 原著  Usefulness of arrival time parametric imaging in evaluating the degree of liver disease progression in chronic hepatitis C infection 2012/03
6. 原著  Peripheral Blood CD4-positive T Cell Substrate (Th1, Th2) in Chronic Hepatitis C Ptients with Genotype 1 Hepatitis C Virus and Amino Acid Substitution in Core Region 70 2011/11
7. 原著  腹膜垂炎の1例 2011/09
8. 原著  Peripheral Blood CD-4 positive T Cell Subsets(Th1,Th2) in Chronic Hepatitis C Patients with Genotype 1 Hepatitis C Virus and Amino Acid Substitution in Core Region 70 2011/06
9. 症例報告  慢性活動性EBウイルス感染症関連の亜広範肝壊死の1例 2010/12
10. 原著  Effect of therapeutic history in patients with liver cirrhosis and advanced hepatocellular carcinoma treated by combined intra-arterial chemotherapy. 2010/09
全件表示(31件)
■ 学会発表
1. インフリキシマブ二次無効により消化管穿孔を生じたクローン病の一例 (口頭発表,一般) 2013/05/30
2. テラプレビル・リバビリン・インターフェロン3剤併用療法における末梢血白血球分画インターフェロンαレセプター発現と治療早期効果との関連 (口頭発表,一般) 2013/03
3. PEG-IFN/RBV併用療法により多発性硬化症が顕性化したC型慢性肝炎の1例 (口頭発表,一般) 2012/12
4. ソラフェニブを用いた集学的治療にて著効が得られた切除不能進行肝細胞癌の一例 (口頭発表,一般) 2012/12
5. ダウン症候群合併C型慢性肝炎にインターフェロン治療を行いウィルス学的著効を得た1例 (口頭発表) 2012/12
6. 難治のC型肝硬変に対するPEG-IFN2a少量間歇投与が奏功した1例 (口頭発表) 2012/12
7. 術前診断に苦慮した肝限局性結節性過形成(FNH)の1例 (口頭発表,一般) 2012/11/10
8. 進行肝細胞癌に対する集学的治療におけるソラフェニブ併用投与の延命効果 (ポスター,一般) 2012/10
9. 進行肝細胞癌の集学的治療における放射線とsorafenib+FP療法の有用性 (ポスター,一般) 2012/10
10. C型肝炎ウイルス関連肝硬変症例に対してインターフェロン治療が奏功した場合の胃・食道静脈瘤の経過 (口頭発表) 2012/09
全件表示(68件)
■ 職歴
1. 2009/04~ 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 助教