東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ムラカミ シンゴ   Murakami Shingo
  村上 慎吾
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師
    (最終更新日:2017-10-23 20:19:01)
■ 刊行論文
1. 原著  Computer modeling defines the system driving a constant current crucial for homeostasis in the mammalian cochlea by integrating unique ion transports 2017/08
2. 原著  The unique ion permeability profile of cochlear fibrocytes and its contribution to establishing their positive resting membrane potential 2016/09
3. 総説  The unique electrical properties in an extracellular fluid of the mammalian cochlea; their functional roles, homeostatic processes, and pathological significance 2016/08
4. 原著  Mechanisms of astrocytic K+ clearance and swelling under high extracellular K+ concentrations. 2016/03
5. 総説  アセチルコリン感受性カリウム電流における短期脱感作のシミュレーション解析 2016/01
6. 原著  Invariance in current dipole moment density across brain structures and species: physiological constraint for neuroimaging. 2015/05
7. 原著  Short-term desensitization of muscarinic K+ current in the heart. 2013/09
■ 学会発表
1. ヒト心室筋細胞モデルを用いた活動電位延長予測のための再分極予備能の定量化 (口頭発表,一般) 2017/10/21
2. Computer simulation-based prediction of drug-induced arrhythmia by evaluating repolarization reserve (口頭発表,一般) 2017/10/03
3. Quantification of repolarization reserve for the predictions of drug-induced arrhythmia (口頭発表,一般) 2017/09/14
4. 再分極予備能による心筋細胞における活動電位延長の特性の定量化 (ポスター,一般) 2017/03/30
5. 再分極予備能によるIKr遮断薬の活動電位延長の危険性予測 (口頭発表,一般) 2017/03/16
6. 内耳の恒常性維持システムと特殊な電気化学的性質を示す細胞との協関:理論と実験を併用した解析 (口頭発表,一般) 2017/03/16
7. 薬物影響下での再分極予備能定量化による薬物誘発性不整脈の危険性予測 (ポスター,一般) 2017/03/11
8. 再分極予備能の定量的評価による活動電位延長の予測 (口頭発表) 2016/10/25
9. アストロサイトの生体膜を介したイオン輸送機構のシミュレーション解析 (口頭発表) 2016/07/04
■ 学歴
1. 1998/04~2001/03 東京大学 工学系研究科 電子工学専攻 博士課程修了
■ 職歴
1. 2001/04~2002/12 ニューメキシコ大学 医学部神経内科 Post-Doctorial Scientist
2. 2002/12~2005/01 ニューメキシコ大学 医学部神経内科 Research Scientist
3. 2005/01~2006/03 ニューメキシコ大学 医学部神経内科 Research Assistant Professor
4. 2006/04~2016/03 大阪大学大学院 医学系研究科薬理学講座(分子・細胞薬理学) 助教
■ 所属学会
1. 2007/10~ 日本薬理学会
2. 2017/04~ ∟ 評議員
3. 2008/01~ 日本生理学会
4. 2015/04~ ∟ 評議員
5. 日本循環薬理学会
6. 日本神経回路学会
7. 日本不整脈心電学会