東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  カノ オサム   Kano Osamu
  狩野 修
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大森病院)
   職種   講師
    (最終更新日:2017-11-16 20:24:58)
■ 刊行論文
1. 原著  ALSの緩和ケアを重視した医療 2017/05
2. 原著  Safety and efficacy of edaravone in well defined patients with amyotrophic lateral sclerosis: a randomised, double-blind, placebo-controlled trial. 2017/05
3. 症例報告  Kikuchi-Fujimoto disease (histiocytic necrotizing lymphadenitis) with atypical encephalitis and painful testitis: a case report. 2017/02
4. その他  AD治療の未来 ー家族のための薬物治療から本人と家族のための薬物療法へー 2016/12
5. 原著  Anhedonia and its correlation with clinical aspects in Parkinson's disease 2016/11
6. 総説  特集 レジデントが処方する「ステロイド」の使い方 神経疾患 2016/10
7. 原著  A rapid functional decline type of amyotrophic lateral sclerosis is linked to low expression of TTN 2016/08
8. 原著  Investigation of metabolism of exogenous glucose at the early stage and onset of diabetes mellitus in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats using [1, 2, 3-13C] glucose breath tests. 2016/08
9. 総説  レビー小体型認知症 2016/08
10. 原著  A Japanese multicenter survey characterizing pain in Parkinson's disease. 2016/06
全件表示(127件)
■ 著書
1. 部分執筆  筋萎縮「看護学生のための神経内科学」 2016/02
2. 部分執筆  浸透圧性髄鞘崩壊症「神経症候群(第2版)」 2014/11
3. 部分執筆  脳腫瘍によるパーキンソニズム「神経症候群」 2014/06
4. 部分執筆  脳腫瘍によるパーキンソニズム「神経症候群(第2版)」 2014/03
■ 学会発表
1. Prognosis of Japanese patients with amyotrophic lateral sclerosis according to motor phenotype (口頭発表,一般) 2017/09/19
2. The effect of noninvasive positive pressure ventilation in amyotrophic lateral sclerosis patients from a Japanese multicenter prospective cohort. (ポスター,一般) 2017/09/19
3. Monosymptomatic rest tremor: a unique clinical course of PD? (口頭発表) 2017/09/14
4. Sputum Substance P Concentration And Peak Cough Experimental Flow In Patients With Als After Administration Of Enalapril (ポスター,一般) 2016/12/08
5. 筋萎縮性側索硬化症患者のエナラプリル内服による唾液中サブスタンスPと呼吸機能の変化 (口頭発表,一般) 2016/11/05
6. 眼筋型重症筋無力症に対するnaphazoline nitrate点眼薬の有用性:著効例の報告 (口頭発表,一般) 2016/11/03
7. 「MCIスクリーニング検査」はCSF Aβ40/42と相関しMCIの臨床治験に有用な可能性がある (口頭発表) 2016/09/17
8. マイコプラズマ感染症が先行し、NMDA型グルタミン酸受容体抗体が陽性を示した辺縁系脳炎の症例 (口頭発表,一般) 2016/09/17
9. 大学病院での認知症患者への取り組み方~大学病院から地域医療機関との連携そしてアウトリーチへ~ (口頭発表) 2016/09/17
10. パーキンソン病診断のポイントと治療の進歩 (口頭発表,特別・招待講演等) 2016/09/16
全件表示(112件)
■ 学歴
1. 1993/04~1999/03 東邦大学 医学部 卒業 博士(医学)
■ 職歴
1. 1999/05~2001/03 東邦大学医学部付属大橋病院第4内科 研修医
2. 2002/05~2002/07 順天堂大学順天堂医院放射線科 研究員
3. 2002/08~2002/10 東京都神経科学総合研究所 研究員
4. 2002/11~2003/04 国立・精神神経センター武蔵病院(現:国立精神・神経医療研究センター) 神経内科 研究員
5. 2003/05~2005/02 東邦大学医療センター大森病院 神経内科 レジデント
6. 2005/04~2006/03 NTT東日本関東病院 神経内科 医員
7. 2006/04~2007/09 東邦大学医療センター大森病院 神経内科 シニアレジデント
8. 2007/10~2011/03 Weill Cornell Medical College Methodist Neurological Institute Researcher
9. 2011/04~2013/01 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 助教
10. 2013/02~ 東邦大学医学部医学科(大森) 神経内科 講師
全件表示(11件)
■ 現在の専門分野
神経内科学 
■ 所属学会
1. 1999~ 日本内科学会
2. 2000~ 日本神経学会
3. 2001~ 日本神経治療学会
4. 2002~ American Academy of Neurology
5. 2004/04~ ∟ 協会会員
6. 2005~ 日本頭痛学会
7. 2005~ 日本脳卒中学会
8. 2005~ 日本臨床神経生理学会
9. 2011~ 日本認知症学会
10. 2011/04~ Society for Neuroscience
全件表示(15件)
■ 受賞学術賞
1. 2007/10 第36回かなえ医薬振興財団 海外助成留学金受賞
2. 2008/10 上原記念生命科学財団 リサーチフェローシップ受賞
3. 2010/04 第63回米国神経学会 Highlight Poster賞受賞
4. 2011/12 東邦大学医学部柳瀬武司奨学基金受賞
5. 2012/03 東邦大学大学院医学研究科推進研究費受賞
6. 2013/10 新井・水吉奨学金受賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~2012/03  筋萎縮性側索硬化症モデルマウスを用いた神経筋接合部における形態学的初発変化の特定  
2. 2012/04~2013/03  筋萎縮性側索硬化症モデルマウスを用いた神経筋接合部における形態学的初発変化の特定  
3. 2014/04~2015/03  筋萎縮性側索硬化症の末梢神経をターゲットとした治療に向けた研究  
4. 2014/04~  神経回路から説明する網膜が行う高次視覚情報処理 基盤研究(C) 
5. 2015/04~  筋萎縮性側索硬化症の形態学的初発変化の特定と新規治療ターゲットの提示 基盤研究(C)