東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ミカミ ヨシノリ   Mikami Yoshinori
  三上 義礼
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   助教
    (最終更新日:2017-12-05 10:48:47)
■ 刊行論文
1. 総説  Essential Roles of Natural Products and Gaseous Mediators on Neuronal Cell Death or Survival 2016/09
2. 原著  Nitric Oxide-induced Activation of the Type 1 Ryanodine Receptor Is
Critical for Epileptic Seizure-induced Neuronal Cell Death 2016/08
3. 原著  Whisker experience-dependent mGluR signaling maintains synaptic strength in the mouse adolescent cortex 2016/06
4. 総説  細胞内カルシウムストア 2016/06
5. 原著  Chlorogenic acid, a polyphenol in coffee, protects neurons against glutamate neurotoxicity 2015/10
6. 原著  Polysulfides are possible H2S-derived signaling molecules in rat brain 2013/06
7. 原著  Hydrogen sulfide is produced by cystathionine γ-lyase at the steady-state low intracellular Ca2+ concentrations 2013/02
8. 総説  A mechanism of retinal protection from light-induced degeneration by hydrogen sulfide 2012/03
9. 原著  Development of a highly selective fluorescence probe for hydrogen sulfide 2011/11
10. 原著  Hydrogen sulfide protects the retina from light-induced degeneration by the modulation of Ca2+ influx 2011/09
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 心筋細胞内Ca2+シグナル制御破綻に起因する拡張障害の分子機構 (口頭発表,一般) 2017/12/01
2. Involvement of Nitric Oxide-Induced Calcium Release (NICR) Through Type 1 Ryanodine Receptor in Extinction of Cerebellum-Dependent Motor Learning (ポスター,一般) 2017/10/22
3. 糖尿病性心筋症における心筋Ca2+シグナル異常と左室拡張障害 (ポスター,一般) 2017/10/12
4. てんかん誘発性神経細胞死を担う一酸化窒素依存性 1 型リアノジン受容体活性化 (口頭発表) 2017/09/15
5. 糖尿病モデルマウスにおける心筋Ca2+シグナル異常と拡張障害 (口頭発表,一般) 2017/07/08
6. てんかんモデルマウスにおける1型リアノジン受容体のS-ニトロシル化を
介した神経細胞死 (ポスター,一般) 2017/03/29
7. 神経細胞の生死を司るガスメディエーターの病態生理学的役割 (口頭発表) 2017/03/17
8. 一酸化窒素は1型リアノジン受容体のS-ニトロシル化修飾を介して神経細胞死を誘導する (ポスター,一般) 2016/11/30
9. Exocrine Organs Imaged in Aqueous Solution by Atmospheric Scanning Electron Microscopy (ASEM) (口頭発表) 2016/11/18
10. 1型リアノジン受容体のS-ニトロシル化修飾による活性化と神経細胞死 (ポスター,一般) 2016/08/05
全件表示(70件)
■ 学歴
1. 1998/04~2002/03 東北大学 理学部 化学科 卒業 学士(理学)
2. 2002/04~2004/03 東京大学 大学院 医学系研究科 医科学専攻 修士課程 修士課程修了 修士(医科学)
3. 2004/04~2008/08 東京大学 大学院 医学系研究科 機能生物学専攻 博士課程修了 博士(医学)
■ 職歴
1. 2006/04~2008/03 東京大学 大学院医学系研究科 分子神経生物学 日本学術振興会特別研究員DC2
2. 2008/09~2012/05 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 神経薬理研究部 流動研究員
3. 2012/05~2013/03 東京大学 大学院医学系研究科 細胞分子薬理学 特任研究員
4. 2012/07~2013/03 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 神経薬理研究部 客員研究員
5. 2013/04~2016/03 東京大学 大学院医学系研究科 細胞分子薬理学 日本学術振興会特別研究員PD
6. 2016/04~ 東京大学大学院医学系研究科 細胞分子薬理学 客員研究員
7. 2016/04~ 東邦大学 医学部 医学科 生理学講座 統合生理学分野 助教
8. 2016/04~ 東邦大学 看護学部 兼担講師
9. 2017/04~ 昭和女子大学 生活科学部 管理栄養学科 非常勤講師
■ 現在の専門分野
生理学一般, 薬理学一般, 神経生理学・神経科学一般, 神経化学・神経薬理学, 細胞生物学 (キーワード:カルシウムシグナル、カルシウムチャネル、一酸化窒素、硫化水素、神経細胞、心筋、骨格筋) 
■ 科研費研究者番号
80532671
■ 所属学会
1. 2003~ 日本神経科学学会
2. 2004/05~ Society for Neuroscience
3. 2005/10~ 日本薬理学会
4. 2017/04~ ∟ 学術評議員
5. 2009/03~ 日本生化学会
6. 2015/11~ 日本生理学会
7. 2016/05~ 日本筋学会
8. 2016/07~ 日本分子生物学会
9. 2017/09~ 日本循環薬理学会
■ 受賞学術賞
1. 2001/06 ヨシ・エス・クノ奨学賞
2. 2001/07 荻野博・和子賞
3. 2010/10 JB論文賞
4. 2012/03 Most Promising 若手賞(NCNP)
5. 2016/11 優秀ポスター発表賞(日本分子生物学会)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2008/03  グルタミン酸受容体デルタ2の小脳シナプス形成における分子機構の解明 特別研究員奨励費 
2. 2011/04~2013/03  硫化水素の生産・放出と神経細胞保護作用 若手研究(B) 
3. 2013/04~2016/03  一酸化窒素によるカルシウム放出が誘導する神経細胞死の分子機構解析 特別研究員奨励費 
4. 2015/04~  筋疾患の新規治療標的の創出をめざす一酸化窒素依存的カルシウム放出の生理機能解析 基盤研究(C) 
5. 2016/07~2017/06  臓器間神経ネットワークを介したエネルギー代謝調節の分子機序解明 プロジェクト研究