東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2009年度 | 2010年度 | 2011年度
 理学部 生物分子科学科 分子医学部門
 Division of Molecular Medicine

教授:
  小林 芳郎
准教授:
  永田 喜三郎
  柳内 和幸
■ 概要
死細胞が誘発する炎症応答に対する老化の影響(永田)
好中球依存的性周期維持とその生理的意義(小林)
アポトーシス細胞の取り込みに伴う生体の応答とその調節(小林)
個人の体質を左右する遺伝子多型情報の解析(柳内)
我々は、酵母を使った改良型Y1H法を開発に成功しており、抵コストで効率的なヒトゲノムの機能解析を進めている。特に、転写因子が結合する部位の遺伝的個人差に着目し、遺伝子診断の実用化に貢献できるような転写因子結合部位の解析を進めている。
再生医療に関する技術開発(柳内)
多能性幹細胞の樹立に重要な因子を厳密に発現コントロールできる新規の誘導型遺伝子発現ベクターの構築や、遺伝子導入動物の作製、新規多能性誘導関連遺伝子の探索、多能性獲得の分子メカニズムの解析などを行うことで、再生医療の発展へ貢献することを目指した研究を進めている。
■ Keywords
小林、永田:アポトーシス細胞, マクロファージ, 好中球, ケモカイン, マウス , 老化, 性周期, 柳内:SNP, 遺伝子多型, 遺伝子診断, テーラーメイド医療、再生医療、iPS細胞、ES細胞、トランスジェニック動物、モデル動物
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究C
 研究課題:好中球のアポトーシスとマクロファージによる貪食応答を介した炎症の終息機  (研究代表者:小林芳郎)
 研究補助金:700000円  (代表)
2.  平成23年度文部科学省科学研究費 基盤研究C  (研究課題番号:21590078)
 研究課題:ネクローシス細胞が誘発する炎症応答の発症および終息におけるDAMPsの役割  (研究代表者:永田喜三郎)
 研究補助金:700000円  (代表)
その他
1.  平成23年度東邦大学共同研究
 研究課題:機能性タンパク質の生細胞内移動の可視化による細胞機能解析  (研究分担者:小林芳郎)
 研究補助金:750000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  小林芳郎 :日本薬学会PHシンポジウム(世話人)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小林 芳郎   教授
薬学博士
  1  2          
 4
 
 
 
 
永田 喜三郎   准教授
薬学博士
    2          
 5
 
 
 
 
柳内 和幸   准教授
農学博士
    1          
 
 
 1
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Iwasa, T., Takahashi, R., Nagata, K., Kobayashi, Y.:  Suppression of MIP-2 production by annexin A1 and A4 during coculturing of macrophages with late apoptotic human peripheral blood neutrophils.  Biochimica et biophysica acta  1822 :204 -211 , 2012
2. Umemoto, T., Yamato, M., Ishihara, J., Shiratsuchi, Y., Utsumi, M., Morita, Y., Tsukui, H., Terasawa, M., Shibata, T., Nishida, K., Kobayashi, Y., Petrich, B.G., Nakauchi, H., Eto, K., Okano, T.:  Integrin-αvβ3 regulates thrombopoietin-mediated maintenance of hematopoietic stem cells.  Blood  119 :83 -94 , 2012
3. Sasaki, S., Tamaki, Y., Nagata, K., Kobayashi, Y.:  Regulation of the estrous cycle by neutrophils via opioid peptides.  J Immunol  187 :774-780 , 2011
4. Yoshioka K, Kunitomo M, Yanai K, Shimizu H, Nakasono S, Negishi T, Dateki M.:  Hepatocyte nuclear factor 1β induced by chemical stress accelerates cell proliferation and increases genomic instability in mouse liver.  Journal of Receptors and Signal Transduction  31 (2) :132 -138 , 2011
5. Higai K, Matsumoto S, Kimura M, Imaizumi Yuzo, Yanai Kazuyuki, Azuma Y, Matsumoto K.:  NKG2D: binding properties for glycan ligands, and mutagenesis analysis.  The Open Biotechnology Journal  5 :33-38 , 2011
■ 著書
1. Yoshiro Kobayashi:  Multiple Mechanisms Underlying Silent Cleanup of Apoptotic Cells.  Handbook of Macrophages  401-411.  Nova Science Publishers, Inc.,  Hauppauge, USA, 2012
■ 学会発表
国内学会
1. 篠田 千尋、桧貝 孝慈、伊藤 健一郎、櫻井 瑞葉、柳内 和幸、東 祐太郎、松本 宏冶郎: NCRsの糖鎖リガンドの解析.  第55回日本薬学会関東支部大会,  千葉,  2011/10
2. 桧貝 孝慈、Xin Xin、伊藤 あゆみ、松本 早代、木村 恵、柳内 和幸、東 祐太郎、松本 宏治郎: Killer lectin-like receptorsの糖鎖リガンドの解析.  第55回日本薬学会関東支部大会,  千葉,  2011/10
3. 桧貝 孝慈、今泉 雄三、Xin Xin、松本 早代、伊藤 あゆみ、鈴木 千穂、木村 恵、柳内 和幸、東 祐太郎、松本 宏治郎: キラーレクチン受容体の糖鎖リガンド特異性.  第84回日本生化学会大会,  京都,  2011/09
4. 高橋澪、石神昭人、永田喜三郎、小林芳郎: 老化促進モデルマウス(SMP30/GNL-/-)におけるアポトーシス細胞の貪食除去応答.  第12回Pharmaco-Hematology Symposium,  富山、日本,  2011/06
5. 玉置豊、小林芳郎、永田喜三郎: Identification of S100A9 protein producing cell in inflammatory responses induced by necrotic neutrophils.  Japanese Society for Immunology,  Chiba, Japan,  2011/11
6. 高橋澪、小林芳郎、永田喜三郎: Effect of aging on inflammatory responses to apoptotic cells.  Japanese Society for Immunology,  Chiba, Japan,  2011/11
7. 山口正昭、小林芳郎、永田喜三郎: Effect of aging on inflammatory responses to necrotic cells.  Japanese Society for Immunology,  Chiba, Japan,  2011/11
8. 富沢由、永田喜三郎、小林芳郎: 可溶性βーグルカンと粒子状βーグルカンによるマクロファージ貪食応答の制御.  日本免疫学会,  千葉,  2011/11
国際学会
1. ◎Watanabe S, Toyoshima T, Yamauchi S, Yanai K, Hasegawa T, Yanai K: Design, Synthesis and Properties of New Crosslinking Reagents to
Detect DNA-Protein Interaction.  8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS 11),  Tokyo, Japan,  2011/12
  :Corresponding Author
  :本学研究者