東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 理学部 生物分子科学科 分子生物学部門 藤崎研究室(生物化学)
 Laboratory of Biological Chemistry

教授:
  藤崎 真吾
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第27回イソプレノイド研究会例会  (世話人 : イソプレノイド研究会 )  ,船橋  2017/09
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















藤崎 真吾   教授
              
 3
 
 1
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎川上直輝,嶋田圭純,藤田高彬,金坂伊須萌,小林寅喆,藤崎真吾: 黄色ブドウ球菌におけるウンデカプレニルリン酸生成に関わるリピドホスファターゼ遺伝子およびリピドキナーゼ遺伝子の同定および機能解析.  第27回イソプレノイド研究会例会,  船橋,  2017/09
2. ◎川上直輝,嶋田圭純,藤田高彬,金坂伊須萌,小林寅喆,藤崎真吾: 黄色ブドウ球菌においてウンデカプレニルリン酸生成に関わるリピドホスファターゼの同定.  日本生物高分子学会2017年度大会,  草津,  2017/09
3. ◎嶋田圭純,藤田高彬,川上直輝,金坂伊須萌,小林寅喆,藤崎真吾: 黄色ブドウ球菌のリピドホスファターゼ遺伝子およびリピドキナーゼ遺伝子破壊株の作成と遺伝子破壊株のウンデカプレニルリン酸代謝の測定.  日本生物高分子学会2017年度大会,  草津,  2017/09
国際学会
1. ◎I. Kanesaka, T. Ishikawa, A. Katsuse Kanayama, H. Takahashi, S. Fujisaki, I. Kobayashi : Analysis of Daptomycin-Resistant MRSA Isolates with Reduced MICs Following Passage in Non-Selective Medium.  ASM microbe2017,  New Orleans, 米国,  2017/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者