東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2012年度 | 2013年度
 理学部 生物学科 遺伝・進化部門 細胞構造学研究室
 Laboratory of Cell Morphology
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















宮地 和幸   教授
    2          
 1
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kuriyama T., Misawa H., Miyaji K., Sugimoto M., Hasegawa M.:  Pigment cell mechanisms underlying dorsal color-pattern polymorphism in the japanese four-lined snake.  Journal of morphology  274 (12) :1353-1364 , 2013
2. Morita S, Tagai C, Shiraishi T, Miyaji K, Iwamuro, S:  Differential mode of antimicrobial actions of arginine-rich and lysine-rich histones against Gram-positive Staphylococcus aureus..  Peptides  48 :75 -82 , 2013
■ 学会発表
国内学会
1. ◎松村幸枝,多賀井千尋,稲田豊里,宮地和幸,岩室祥一: 生体防御における細胞外ヒストンの二面性.  日本動物学会第66回関東支部大会,  東京大学大気海洋研究所,柏,  2014/03
  :Corresponding Author
  :本学研究者