東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 理学部 化学科 錯体化学教室
 Laboratory of Coordination Chemistry

教授:
  北澤 孝史
准教授:
  加知 千裕
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















北澤 孝史   教授
   1 1          
 4
 1
 
 
 
 0 1  0 0  0  0
(0)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Ueki Y, Okabayashi J, Kitazawa T:  Guest molecule inserted spin crossover complexes: Fe[4-(3-Pentyl)pyridine]2[Au(CN)2]2・Guest.  Chemistry Letters  46 (5) :747 -749 , 2017
2. Kitazawa T, Kishida T, Kawasaki T, Takahashi M:  Spin crossover behaviour in Hofmann-like coordination polymer Fe(py)2[Pd(CN)4] with 57Fe Mossbauer spectra.  Hyperfine Interactions  238 (1) :1 -9 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎植木悠介, 岡林潤, 北澤孝史: ゲスト分子を包接した2次元ホフマン型錯体のスピンクロスオーバー挙動.  錯体化学会第67回討論会,  札幌(北海道), 日本,  2017/09
2. ◎川﨑武志, 北澤孝史: 分岐アルキル鎖を持つエチレングリコール系エーテルを含んだ新規シアン化カドミウム配位高分子の合成と結晶構造.  錯体化学会第67回討論会,  札幌(北海道), 日本,  2017/09
3. ◎北清航輔, 岡林潤, 北澤孝史: 4-methylpyrimidine を用いた二次元 Hofmann 型構造を持つ二段階スピンクロスオーバー錯体.  錯体化学会第67回討論会,  札幌(北海道), 日本,  2017/09
4. ◎Kosone T, Kitazawa T: Modulation of the cooperativeity on new spin crossover Hofmann-type compounds with template structure.  The 67th Conference of Japan Society of Coordination Chemistry,  Sapporo (Hokkaido), Japan,  2017/09
国際学会
1. ◎Kitazawa T, Shiina H, Takahashi M: Mossbauer Spectroscopic Characterization of Spin Crossover 2D Hofmann-like Coordination Polymer Materials.  3rd Mediterranean Conference on the Applications of the Mössbauer Effect (MECAME 2017),  Jerusalem, Israel,  2017/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者