東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 薬学部 医療薬学教育センター/実践医療薬学研究室
 

教授:
  石井 敏浩
准教授:
  藤枝 正輝
  渡辺 朋子
講師:
  有山 智博
  木下 雅子
  田中 博之
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石井 敏浩   教授
  1  1   1       
 2
 
 
 
 
藤枝 正輝   准教授
    1   1       
 1
 
 
 
 
渡辺 朋子   准教授
       1       
 1
 
 
 
 
有山 智博   講師
              
 1
 
 
 
 
木下 雅子   講師
              
 1
 
 
 
 
田中 博之   講師
 1             1
 2
(1)
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 田中博之, 持田有希子, 石井敏浩.:  日本における直接経口抗凝固薬(DOAC)の2014年度処方状況:日本のレセプト情報・特定検診等情報データベース(NDB)オープンデータを用いた疫学調査.  心臓  49 (11) :in press , 2017
2. Takigawa M, Masutomi H, Kishimoto Y, Shimazaki Y, Hamano Y, Kondo Y, Arai T, Lee J, Ishii T, Mori Y, Ishigami A:  Time-Dependent Alterations of Vancomycin-Induced Nephrotoxicity in Mice.  Biological & Pharmaceutical Bulletin  40 (7) :975 -983 , 2017
3. Yamazaki H, Fujieda M, Shimizu M, Shiotani A, Shimabukuro M, Mure K, Takeshita T, Ishikawa H:  Effects of meat intake frequency and polymorphic cytochrome P450 2A6 activity on individual colorectal tumour risk in a Japanese cohort.  Journal of Cancer Therapy  8 (7) :645 -652 , 2017
■ 著書
1. 石井敏浩、藤枝正輝、渡辺朋子:    薬局管理学  1-191.  京都廣川書店,  東京、日本, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. 持田有希子, 田中博之, 千葉達夫, 有山智博, 木下雅子, 藤枝正輝, 渡辺朋子, 日浦寿美子, 小林秀樹, 石井敏浩: 非弁膜症性心房細動患者に対するアピキサバンの安全性と治療継続性の評価.  日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会,  前橋,  2017/08
2. 田中博之, 持田有希子, 石井敏浩: NDBオープンデータからみた日本における直接経口抗凝固薬の2014年度処方状況.  日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会,  前橋,  2017/08
3. 佐藤光利, 田中博之: 薬物療法の有効性・安全性向上に向けて薬剤師が果たす役割-マグネシウム製剤が起こす副作用とマグネシウム製剤による副作用対策-.  第3回日本医薬品安全性学会学術大会,  熊本,  2017/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者