東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 薬学部 微生物学教室
 Department of Microbiology

教授:
  安齊 洋次郎
講師:
  福本 敦
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















安齊 洋次郎   教授
    2          
 3
 
 2
 
 
福本 敦   講師
    1          
 3
 1
 1
 
 
飯坂 洋平   助教
   1           1
 
 1
 1
 
 
 0 1  0 0  0  1
(0)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Iizaka Y, Takeda R, Senzaki Y, Fukumoto A, Anzai Y:  Cytochrome P450 enzyme RosC catalyzes a multistep oxidation reaction to form the non-active compound 20-carboxyrosamicin.  FEMS microbiology letters  364 (12) :fnx110 , 2017
2. Benito P, Alonso-Vega P, Aguado C, Luján R, Anzai Y, Hirsch AM, Trujillo ME:  Monitoring the colonization and infection of legume nodules by Micromonospora in co-inoculation experiments with rhizobia.  Scientific Reports  7 :110501 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎國武博文, 岸本拓也, 達川綾香, 木梨陽康, 福本敦, 安齊洋次郎, 荒川賢治: 二次代謝生合成・制御系の合目的改変により取得したアゾキシアルケン化合物KA57-Aの生合成及び生物活性.  第59回天然有機化合物討論会,  札幌,  2017/09
2. ◎達川綾香, 岸本拓也, 福本敦, 安齊洋次郎, 荒川賢治: 特異生合成マシナリーの解明を目指したアゾキシアルケン化合物の構造および生合成遺伝子解析.  2017年度(第32回)日本放線菌学会大会,  長野,  2017/09
3. ◎飯坂洋平, 福本敦, 太田瑛文, 酒井藍, 桑原千雅子, 杉山英男, 加藤文男, 安齊洋次郎Streptomyces sp. K202 におけるK+チャネルKcsA2 とCs+の蓄積に関する研究.  2017年度(第32回)日本放線菌学会大会,  長野,  2017/09
国際学会
1. ◎FUKUMOTO A, IIZAKA Y, KATO F, ANZAI A: Maniwamycins: New Quorum-Sensing Inhibitors against Chromobacterium violaceum CV026 Were Isolated from Streptomyces sp. TOHO-M025.  18th International Symposium on the Biology of Actinomycetes,  Jeju, Korea,  2017/05
2. ◎IIZAKA Y, FUKUMOTO A, KATO F, ANZAI Y: Effective Production of New Rosamicin Derivatives by Engineered Micromonospora rosaria Mutants with Disruption of a Cytochrome P450 Gene and Introduction of the D-mycinose Biosynthetic Genes.  18th International Symposium on the Biology of Actinomycetes,  Jeju, Korea,  2017/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者