東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 薬学部 薬品分析学教室
 Department of Analytical Chemistry

教授:
  福島 健
講師:
  一場 秀章
■ 刊行論文
原著
1. Iizuka H, Harashima T, Takahashi S, Kuwabara R, Naito Y, Sakamoto T, Onozato M, Ichiba H, Fukushima T:  Chromatographic profiles of tryptophan and kynurenine enantiomers derivatized with (S)-4-(3-isothiocyanatopyrrolidin-1-yl)-7-(N,N-dimethylaminosulfonyl)-2,1,3-benzoxadiazole using LC-MS/MS on a triazole-bonded column.  Chirality  1 (1) :1 -2 , 2017
2. Onozato M, Nakazawa H, Ishimaru K, Nagashima C, Fukumoto M, Hakariya H, Sakamoto T, Ichiba H, Fukushima T:  D-Serine levels in rat plasma and striatum following D-serine administration and their nicergoline-induced alterations: an in vivo microdialysis study.  Heliyon  1 :1 -2 , 2017
3. Matsumoto Y, Niwa M, Mouri A, Noda Y, Fukushima T, Ozaki N, Nabeshima T:  Adolescent stress leads to glutamatergic disturbance through dopaminergic abnormalities in the prefrontal cortex of genetically vulnerable mice.  Psychopharmacology  1 (1) :1 -2 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小野里 磨優、小畑 香菜、一場 秀章、福島 健: HPLCによるヒト血清エクソソーム溶出画分に含まれる低分子物質の分析.  第61回 日本薬学会関東支部大会,  東京,  2017/09
2. ◎坂本 達弥, 小沼 利穂, 古川 祥子, 小野里 磨優, 一場 秀章, 福島 健: トリアゾール型固定相を用いたLC-MS/MS法の検討:生体試料中アミノ酸定量への応用.  第30回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2017),  東京,  2017/08
3. ◎坂本 達弥, 小沼 利穂, 古川 祥子, 小野里 磨優, 一場 秀章, 福島 健: トリアゾール型HILIC固定相を用いたLC-MS/MSによるNMDA受容体調節分子の一斉定量法の開発.  第24回クロマトグラフィーシンポジウム,  仙台,  2017/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者