東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 薬学部 薬品分析学教室
 Department of Analytical Chemistry

教授:
  福島 健
講師:
  一場 秀章
助教:
  小野里 磨優
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費補助金基盤研究(C)
 研究課題:ARMS患者血清中低分子濃度解析ならびに新規ARMS診断分析法の開発  (研究代表者:福島 健)
 研究補助金:1000000円  (代表)
2.  科学研究費補助金若手研究(B)
 研究課題:精神病発症危険状態(ARMS)患者における血清中不飽和脂肪酸濃度の変動解析  (研究代表者:小野里磨優)
 研究補助金:3100000円  (代表)
その他
1.  平成29年度東邦大学学内共同研究補助金
 研究課題:シェーグレン症候群新規分子マーカーの探索  (研究分担者:小野里磨優, 福島 健)
 研究補助金:2500000円  (分担)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















福島 健   教授
    4          
 9
 
 2
 
 3
一場 秀章   講師
    3          
 7
 
 2
 
 2
小野里 磨優   助教
   1 2          3
 6
 1
 1
 1
 2
 0 1  0 0  0  3
(0)
 1
(0)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Sakamoto T, Onuma R, Furukawa S, Hayasaka A, Onozato M, Nakazawa H, Iizuka H, Ichiba H, Fukushima T:  Liquid chromatography-mass spectrometry with triazole-bonded stationary phase for N-methyl-D-aspartate receptor-related amino acids: Development and application in microdialysis studies.  Analytical and bioanalytical chemistry  409 (30) :7201 -7210 , 2017
2. Iizuka H, Harashima T, Takahashi S, Kuwabara R, Naito Y, Sakamoto T, Onozato M, Ichiba H, Fukushima T:  Chromatographic profiles of tryptophan and kynurenine enantiomers derivatized with (S)-4-(3-isothiocyanatopyrrolidin-1-yl)-7-(N,N-dimethylaminosulfonyl)-2,1,3-benzoxadiazole using LC-MS/MS on a triazole-bonded column.  Chirality  29 :603 -609 , 2017
3. Onozato M, Nakazawa H, Ishimaru K, Nagashima C, Fukumoto M, Hakariya H, Sakamoto T, Ichiba H, Fukushima T:  D-Serine levels in rat plasma and striatum following D-serine administration and their nicergoline-induced alterations: an in vivo microdialysis study.  Heliyon  3 :e00399 , 2017
4. Matsumoto Y, Niwa M, Mouri A, Noda Y, Fukushima T, Ozaki N, Nabeshima T:  Adolescent stress leads to glutamatergic disturbance through dopaminergic abnormalities in the prefrontal cortex of genetically vulnerable mice.  Psychopharmacology  234 (20) :3055 -3074 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎古川 祥子, 福田 瑞穂, 佐々木 美侑, 坂本 達弥, 植草 秀介, 小野里 磨優, 一場 秀章, 福島 健: 新規キラル誘導体化試薬COXA-OSuの開発とアミノ酸光学分割への応用.  第138回日本薬学会年会,  金沢,  2018/03
2. ◎小野里 磨優, 辻野 尚久, 雅樂 晏里沙, 岡西 佑紀奈, 奥村 郁実, 小沼 利穂, 小畑 香菜, 庄司 礼子, 田形 弘実, 舩渡川 智之, 山口 大樹, 片桐 直之, 坂本 達弥, 一場 秀章, 根本 隆洋, 水野 雅文, 福島 健: 精神病発症危険状態(ARMS)における血清中代謝物濃度の比較解析.  第138回日本薬学会年会,  金沢,  2018/03
3. ◎福田 瑞穂, 古川 祥子, 佐々木 美侑, 坂本 達弥, 小野里 磨優, 一場 秀章, 長濱 辰文, 福島 健: HPLCによるS-COXA-光学活性アミノ酸の定量および生体試料への応用.  第138回日本薬学会年会,  金沢,  2018/03
4. ◎田形弘実, 辻野尚久, 小野里磨優, 舩渡川智之, 山口大樹, 片桐直之, 根本隆洋, 福島健, 水野雅文: 精神病発症危険状態(ARMS)における末梢血グルタミン酸代謝物の解析.  第21回 日本精神保健・予防学会学術集会,  沖縄,  2017/12
5. ◎小野里磨優,小山田紘子,一場秀章,福島健,辻野尚久,舩渡川智之,田形弘実,根本隆洋,水野雅文: 精神病発症危険状態(ARMS)における血清中代謝物濃度の比較解析.  第47回 日本神経精神薬理学会,  札幌,  2017/09
6. ◎小野里 磨優、小畑 香菜、一場 秀章、福島 健: HPLCによるヒト血清エクソソーム溶出画分に含まれる低分子物質の分析.  第61回 日本薬学会関東支部大会,  東京,  2017/09
7. ◎坂本 達弥, 小沼 利穂, 古川 祥子, 小野里 磨優, 一場 秀章, 福島 健: トリアゾール型固定相を用いたLC-MS/MS法の検討:生体試料中アミノ酸定量への応用.  第30回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2017),  東京,  2017/08
8. ◎坂本 達弥, 小沼 利穂, 古川 祥子, 小野里 磨優, 一場 秀章, 福島 健: トリアゾール型HILIC固定相を用いたLC-MS/MSによるNMDA受容体調節分子の一斉定量法の開発.  第24回クロマトグラフィーシンポジウム,  仙台,  2017/06
国際学会
1. ◎Onozato M, Sakamoto T, Ichiba H, Fukushima T: Alteration in plasma and striatal levels of D-serine after D-serine administration with or without nicergoline: an in vivo microdialysis study.  10th Joint Seminar on Biomedical Sciences,  Tokyo,  2017/11
2. ◎Shoji A, Onozato M, Oyamada H, Ichiba H, Fukushima T, Tsujino N, Funatogawa T, Tagata H, Nemoto T, Mizuno M: Analyses of endogenous metabolites in serum from at-risk mental state subjects.  10th Joint Seminar on Biomedical Sciences,  Tokyo,  2017/11
その他
1. ◎坂本達弥, 古川祥子, 福田瑞穂, 小野里磨優, 植草秀介, 一場秀章, 福島 健: 新規LC-MS/MS用キラル誘導体化試薬COXA-OSuの開発と生体D-,L-アミノ酸分析への応用.  第14回東邦大学5学部合同学術集会,  東京,  2018/03
2. ◎小野里磨優, 辻野尚久, 雅樂晏里沙, 岡西佑紀奈, 奥村郁実, 小沼利穂, 小畑香菜, 庄司礼子, 田形弘実, 舩渡川智之, 山口大樹, 片桐直之, 坂本達弥, 一場秀章, 根本隆洋, 水野雅文, 福島 健: 精神病発症危険状態(ARMS)における血清中代謝物濃度の比較解析.  第14回東邦大学5学部合同学術集会,  東京,  2018/03
3. ◎田中 ゆり子, 小野里 磨優, 福島 健, 近藤 元就: シェーグレン症候群新規分子マーカーの探索 ~平成29年度学内共同研究中間報告~.  第14回東邦大学5学部合同学術集会,  東京,  2018/03
  :Corresponding Author
  :本学研究者