東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 薬学部 薬物学教室
 Department of Pharmacology

教授:
  田中 光
准教授:
  行方 衣由紀
講師:
  濵口 正悟
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















田中 光   教授
    1          
 5
 
 
 
 1
行方 衣由紀   准教授
              
 5
 
 
 
 1
濵口 正悟   講師
              
 5
 
 
 
 1
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Cao X, Aimoto M, Fukumoto M, Nagasawa Y, Tanaka H, Takahara A:  Influence of chronic volume overload-induced atrial remodeling on electrophysiological responses to cholinergic receptor stimulation in the isolated rat atria.  Journal of Pharmacological Sciences  :in press , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎三上義礼, 伊藤雅方, 杉本結衣, 濵口正悟, 冨田太一郎, 村上慎吾, 行方衣由紀, 田中光, 赤羽悟美: 心筋細胞内Ca2+シグナル制御破綻に起因する拡張障害の分子機構.  第27回日本循環薬理学会,  愛知県名古屋市,  2017/12
2. ◎三上義礼, 伊藤雅方, 杉本結衣, 濵口正悟, 冨田太一郎, 村上慎吾, 行方衣由紀, 田中光, 赤羽悟美: 糖尿病性心筋症における心筋Ca2+シグナル異常と左室拡張障害.  生理学研究所 研究会2017 「心臓・血管系の頑健性と精緻な制御を支える分子基盤の統合的解明」,  生理学研究所(愛知県岡崎市),  2017/10
3. ◎三上義礼, 伊藤雅方, 杉本結衣, 濵口正悟, 冨田太一郎, 村上慎吾, 行方衣由紀, 田中光, 赤羽悟美: 糖尿病モデルマウスにおける心筋Ca2+シグナル異常と拡張障害.  第136回日本薬理学会関東部会,  東京,  2017/07
4. ◎三上義礼, 伊藤雅方, 濵口正悟, 村上慎吾, 冨田太一郎, 行方衣由紀, 田中光, 赤羽悟美: Defective SR Ca2+ uptake in the heart of diabetic mouse.  第95回日本生理学会大会,  香川県高松市,  2018/03
5. ◎三上義礼, 伊藤雅方, 杉本結衣, 濵口正悟, 冨田太一郎, 村上慎吾, 行方衣由紀, 田中光, 赤羽悟美: Molecular mechanisms underlying dysregulation of intracellular Ca2+ signaling in diabetic cardiomyopathy model mouse heart.  2017年度生命科学系学会合同年次大会 (ConBio2017),  兵庫県神戸市,  2017/12
その他
1. 三上義礼, 伊藤雅方, 濵口正悟, 村上慎吾, 冨田太一郎, 行方衣由紀, 田中光, 赤羽悟美: 糖尿病に合併した心機能障害 -心筋細胞内カルシウムシグナル制御破綻のメカニズム-.  第14回 東邦大学5学部合同学術集会,  東京都,  2018/03
  :Corresponding Author
  :本学研究者