東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 内科学講座 呼吸器内科学分野(大橋)
 Division of Respiratory Medicine, Department of Internal Medicine (Ohashi)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















松瀬 厚人   教授
 7 5 1   5        5
(5)
 7
 1
(1)
 1
 
 
北原 麻子   助教
              
 5
 
 
 
 
黒瀬 嘉幸   助教
 1   1          1
 5
 
 
 
 
小高 倫生   助教
 1   1          1
 5
 
 
 
 
中野 千裕   助教
 1   2          2
 
 
 
 
 
三浦 淳生   助教
 1   1          
 
 
 
 
 
山岸 亨   助教
 1   1          
 6
 
 
 
 
 12 1  5 0  0  9
(5)
 1
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 山岸亨、松瀬厚人:  【アレルギー用語解説シリーズ】 Microbiome(マイクロバイオーム).  アレルギー  64 :1281 -1283 , 2015
2. 小高倫生、松瀬厚人:  【アレルギー用語解説シリーズ】 IL33.  アレルギー  64 :735 -736 , 2015
3. 松瀬厚人:  アレルギー性気管支肺真菌症の診断・治療のための調査研究.  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業(免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業免疫アレルギー研究分野)平成26年度 総括・分担研究年度終了報告書  :38 -41 , 2015
4. Matsuse H, Yamagishi T, Kodaka N, Miura A, Kurose Y, Nakano C, Oshio T.:  Tiotropium bromide as add-on therapy to inhaled corticosteroids for treating asthma.  Expert Opinion on Pharmacotherapy  16 :1403 -1409 , 2015
総説及び解説
1. 松瀬厚人:  【特集】慢性咳嗽 ―しつこい咳に潜む疾患― 咳嗽診療と治療の原則.  Current therapy  33 :554 -558 , 2015
2. 三浦淳夫、松瀬厚人:  【特集】「せき」の鑑別、アプローチ、専門家の診かた 閉塞性肺疾患に関連する咳(気管支喘息、COPD).  Mebio  32 :46 -52 , 2015
3. 松瀬厚人:  これでわかる!最新のバイオマーカー 感染症のバイオマーカー:肺真菌症.  Respiratory Medical Research  3 :118 -120 , 2015
4. 中野千裕、松瀬厚人:  【特集】外来で出会う呼吸器common疾患 気胸 外来での対応.  medicina  52 :1575 -1578 , 2015
5. 松瀬厚人:  【特集】気道ウイルスと気管支喘息―病態から治療まで― 3 ライノウイルスと気管支喘息.  アレルギーの臨床  35 :227 -230 , 2015
6. 松瀬厚人:  【特集】アレルギー疾患の診療のpitfalls好酸球の臨床―アレルギー炎症の主役にfocus on! 真菌とアレルギー疾患(アレルギー性気管支肺アスペルギルス症を中心に.  診断と治療  103 :643 -647 , 2015
7. 黒瀬嘉幸、松瀬厚人:  【特集】喘息急性増悪の病態と治療 Up-To-Date ウイルス感染による喘息増悪の病態.  喘息  28 :122 -126 , 2015
症例報告
1. Endo H, Fukuda H, Yokouchi Y, Nakano C, Mukai H:  Diaminodiphenyl sulfone induced eosinophilic pneumonia in a patient with pemphigus foliaceus.  European Journal of Dermatology  25 :267 -268 , 2015
その他
1. 松瀬厚人、磯部和順、石田一雄:  【特集】外来で出会う呼吸器common疾患 座談会 外来で診る呼吸器疾患.  medicina  52 :1440 -1446 , 2015
2. 松瀬厚人:  研究の周辺から 感染とアレルギーの狭間で.  呼吸  34 :125 -126 , 2015
■ 著書
1. 松瀬厚人:  Ⅱ 重症難治性喘息の病態と治療・最近の話題(3)感染と合併症 2.真菌抗原の関与(ABPAを含む).  THE ROKKO CONFERENCE  52-56.  ライフサイエンス出版株式会社,  日本, 2015
2. 松瀬厚人:  7. 胸部・呼吸器の症候 咳嗽.  今日の診断指針  312-313.  医学書院,  日本, 2015
3. 松瀬厚人:  13. アレルギー疾患 アレルギー性気管支肺真菌症.  今日の治療指針 私はこう治療している  775-776.  医学書院,  日本, 2015
4. 松瀬厚人:  5 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症.  深在性真菌症のマネジメント  226-234.  医薬ジャーナル社,  日本, 2015
5. 松瀬厚人、河野 茂:  24 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症.  『呼吸』エッセンシャルズ 呼吸器疾患のピットフォール  110-114.  呼吸研究,  日本, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎中山晴雄, 松岡千賀子, 太田登志子, 大塚昌信, 小玉健太郎, 渋谷和俊, 草地信也, 松瀬厚人, 岩渕聡: 細菌性髄膜炎における髄液中バンコマイシン動態(ポスター).  第31回日本環境感染学会総会・学術集会,  京都,  2016/02
2. 松瀬厚人: 難治性喘息 3.成人難治性喘息の対策.  第2回アレルギー講習会,  横浜,  2015/12
3. 井出志穂、中野千裕、山岸 亨、小高倫生、北原麻子、黒瀬嘉幸、渡邉賀代、押尾剛志、日山久美子、松瀬厚人: 局所麻酔下胸腔鏡下生検で確定診断を得た EML-ALK 融合遺伝子陽性肺腺癌の一例.  第217回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2015/11
4. 宮崎紘一、山岸 亨、日山久美子、押尾剛志、中野千裕、渡邉賀代、黒瀬嘉幸、北原麻子、小高倫生、松瀬厚人: Birt-Hogg-Dubé 症候群の 1 例.  第217回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2015/11
5. 松瀬厚人: 飲酒と生活習慣病のup-to-date 飲酒と喘息.  平成27年度アルコール・薬物依存関連学会,  神戸,  2015/10
6. 松瀬厚人: 3肺アスペルギルス症 アレルギー性気管支肺真菌症(ABPM)の診断と治療の問題点.  4. 第36回関東医真菌懇話会,  東京,  2015/06
7. 黒瀬 嘉幸,押尾 剛志,鎌田 勇樹,岸本 久美子,中野 千裕 ,渡邉 賀代,小高 倫生,山岸 亨,松瀬 厚人: 原因不明の胸水貯留症例に対する局所麻酔下胸腔鏡検査の臨床的検討.  第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  東京,  2015/06
8. 中野千裕,山岸亨,小高倫生,北原麻子,黒瀬嘉幸,渡邉賀代, 岸本久美子,押尾剛志, 新妻久美子 ,松瀬厚人: 咳喘息における強制オシレーション法と呼気NO測定の意義.  第64回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2015/05
9. 松瀬厚人: 教育セミナー12喘息の合併症を考える One Airway, One Diseaseの治療戦略.  第64回日本アレルギー学会総会,  東京,  2015/05
10. 小高倫生,山岸亨,北原麻子,黒瀬嘉幸,渡邊賀代,岸本久美子, 中野千裕,押尾剛志,
平山可菜子,魚住知里,新妻久美子,松瀬厚人: 当科におけるT スポット&reg;.TBの臨床的検討.  第55回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2015/04
11. 松瀬厚人: 成人喘息新たな治療戦略 高齢者喘息の治療戦略.  第55回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2015/04
12. 中野千裕,山岸亨,小高倫生,北原麻子,黒瀬嘉幸,渡邉賀代, 岸本久美子,押尾剛志, 新妻久美子,松瀬厚人: 当院における外科的治療を要した気胸症例の検討.  第55回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2015/04
国際学会
1. ◎Nakayama H, Ota T, Shirane N, Matsuoka C, Ohtsuka M, Matsuse H: Utilization of DPC data for advancing the antimicrobial stewardship program (Poster).  14th East Asian Conference on Infection Control and Prevention (EACIC2015),  福岡,  2015/11
2. Matsuse H: therapeutic strategy for ABPA.  The 25th Congress of Interasma Japan,  横浜,  2015/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者