東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 教育開発室
 Office of Educational Development

教授:
  佐藤 二美
  並木 温
  廣井 直樹
  藤代 健太郎
准教授:
  野中 泉
講師:
  岸 太一
  松崎 淳人
■ 概要
医学教育センター(教育開発室)は、本学の医学教育の充実と改善を図ることを目的としている。
医学部の教育の総合的支援、医学教育認証評価に関する調整、シミュレーション・ラボの運営、教員研修の企画、立案、実施学生の修学状況や入学試験・共用試験・医師国家試験に関する調査研究を行っている。また、新たな教育方法等の提案をするために、医学教育に関する研究を行っている。
① 学内各種試験と共用試験ならびに医師国家試験との関連についての分析
卒業総合試験と医師国家試験との関連についての分析の他,4年次共用試験と卒業総合試験ならびに医師国家試験,3年次および4年次における科目試験と共用試験との関連についての分析を行っている。
② 模擬患者とシミュレータを用いたテュートリアル教育に関する研究
医学教育学会で話題となっている、テュートリアル教育の「形骸化とマンネリ化」という問題点に対する解決策として、テュートリアル教育への模擬患者とシミュレータの導入を検討、推進している。
③ ロボットを用いた新たな教育方法の実践と評価に関する研究
Active-learning推進の視点から、知識修得に関する領域の授業でのロボットの活用について検討を開始している。
④ 臨床実習後客観的技能評価試験(PostCC-OSCE)の実施に関する検討
平成32年を見据えた、臨床推論と基本的診療能力を総合的に評価できるPostCC-OSCEの方法について検討している。
⑤ 医療現場に即した臨床倫理教育に関する研究
特に他職種協働の視点を重要視した、東邦大学における臨床倫理に関する生涯教育システムの構築を検討している。
⑥ 学力低下に対するリメディアル教育法の検討
医学生の学力低下を克服するためのリメディアル教育を2013年から実践している。学生の学力や就学態度に関する検討、評価を行っている。
⑦ コンフリクト・マネジメント教育の学部教育への導入に関する検討
医療者のコミュニケーション能力の醸成を目的とした教育として行われてきたコンフリクト・マネジメント教育の学部学生教育への展開を検討している。
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成29年度文部科学省科学研究費補助金 基盤(C)  (研究課題番号:16K08887)
 研究課題:模擬患者とシミュレータを導入した問題基盤型学習は医学生の学習効果を向上させるのか  (研究代表者:廣井直樹)
 研究補助金:500000円  (代表)
その他
1.  平成29年度医学部プロジェクト研究費  (研究課題番号:17-24)
 研究課題:多学部と単学部では臨床倫理討論を通した学びにどのような差があるか  (研究代表者:岸 太一)
 研究補助金:350000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















並木 温   教授
              
 4
(1)
 
 
 
 
廣井 直樹   教授
  1            2
(1)
 14
(1)
 
 
 1
(1)
 1
藤代 健太郎   教授
              2
 1
 
 
 
 
野中 泉   准教授
              
 1
 
 
 
 
岸 太一   講師
              2
 4
 
 
 
 
吉原 彩   講師
 1             
 2
 
 
 
 
岡田 弥生   助教
              5
 3
 
 
 
 
土井 範子   助教
              1
 1
 
 
 
 
村上 邦夫   助教
              
 
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  12
(1)
 0
(0)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
症例報告
1. 吉原 彩, 安田睦子, 廣井直樹, 南雲彩子, 杉山あや子, 毒島保信, 松崎英雄, 薬師寺史厚:  顎口腔領域感染により顎顔面膿瘍を発症した糖尿病患者3症例の検討.  糖尿病  60 (4) :314 -320 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎廣井直樹: 東邦大学医療センター大森病院患者相談窓口の取り組み.  第13回医療安全大会,  千葉,  2017/11
2. ◎齊藤芙美, 吉原 彩, 並木 温, 緒方秀昭: 大学病院における女性乳腺内分泌外科医の立場から.  第50回日本甲状腺外科学会学術集会,  福島市,  2017/10
3. ◎岡田弥生, 石川文雄, 齊藤芙美, 緒方秀昭: TNタイプ乳癌細胞の骨転移におけるCXCR4、RANK発現とAkt-mTORシグナル伝達との関係.  第76回日本癌学会学術総会,  横浜市,  2017/09
4. ◎岡田弥生, 廣井直樹, 佐藤二美: 医学部における自主参加型補習講義の実施.  日本リメディアル教育学会第13回全国大会,  大分,  2017/08
5. ◎岡田弥生, 中田亜希子, 並木 温, 廣井直樹: 模擬患者参加型臨床推論PBLの展開~シミュレータ活用の学習効果.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
6. ◎杉 真惠, 中田亜希子, 岡田弥生, 端詰勝敬, 廣井直樹: 模擬患者養成講座への学生参加の効果.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
7. ◎川田 礼, 中田亜希子, 長谷部瑞希, 松本愛子, 鈴木隆一, 丸岩裕磨, 廣井直樹: 人型ロボットPepperを用いた近未来の教育の在り方について考える.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
8. ◎中村陽一, 高宮有介, 斎藤真理, 黒子幸一, 大嶋健三郎, 伊藤優子, 三宅 智: 次世代緩和ケア卒前教育の問題点 −医学生のための緩和ケア教育授業実践大会から.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
9. ◎中田亜希子, 伊吹友秀, 岸 太一, 松井健志, 並木 温, 田代志門: 研究者の行動選択の評価ツールの開発: 信頼性妥当性の検討.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
10. ◎中田亜希子, 渕本雅昭, 神部雅子, 木村伊都紀, 祖父江由紀子, 永井由美子, 平田香苗, 松本幸則, 島田長人, 廣井直樹: 臨床倫理教育パッケージを用いた「多職種で考える臨床倫理検討会」.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
11. ◎土井範子, 藤代健太郎, 岸 太一, 吉原 彩, 薬師寺史厚, 和田はるみ, 廣井直樹: 皮内注射手技教育における装着型シミュレータの必要性.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
12. ◎藤代健太郎, 松崎淳人, 杉山公仁, 酒井 謙, 黒崎久仁彦, 岸 太一, 廣井直樹, 佐藤二美: PBL Tutorialの症例要約のRubric評価とCBTの症例設問の成績との比較.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
13. ◎藤代健太郎, 松崎淳人, 廣井直樹, 佐藤二美: E-learningによる臨床推論演習に対する学生の感想.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
14. ◎岡田弥生, 岸 太一, 中田亜希子, 廣井直樹, 佐藤二美, 端詰勝敬: ボランティア参加は1年次コミュニケーション教育に良い影響をあたえるか.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
15. ◎岸 太一, 廣井直樹, 佐藤二美, 高松 研: MMIの妥当性の検討.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
16. ◎岸 太一, 廣井直樹, 佐藤二美, 高松 研: 入学後の成績から見たMMIの有用性に関する検討.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
17. ◎亀谷美恵, 阿部幸一郎, 野中 泉, 廣井直樹, 矢部久美子, 林 宏幸, 小林恵一, 町 淳二, 川田浩志: 多大学参加型ハワイ語学研修プログラムによる医学英語教育の取り組み.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
18. ◎廣井直樹, 吉原 彩, 中田亜希子, 岡田弥生, 土井範子, 小林正明, 佐藤二美: 1年次学生が主体的に学修する早期臨床医学教育の取り組み.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
19. ◎岡田弥生, 石川文雄, 齊藤芙美, 緒方秀昭: CXCR4は乳癌骨転移と関係し、低酸素状態で発現が増強する.  第25回日本乳癌学会学術総会,  博多市,  2017/07
20. ◎成田康弘, 松本幸則, 大坪利恵, 廣井直樹, 川谷弘子, 藤浪正実, 吉尾めぐみ: 患者相談窓口担当者の懸案解消を目的とした「苦情相談ネットワーク」の取り組み.  第19回日本医療マネジメント学会学術総会,  仙台,  2017/07
21. ◎中田亜希子, 岡田弥生: ヒト型ロボットを活用した教育プログラムの立案・実施による医学生の教育効果.  第150回東邦医学会例会,  東京,  2017/06
22. ◎中田亜希子, 並木 温: 研究者の行動選択の評価ツールの開発.  第150回東邦医学会例会,  東京,  2017/06
23. 泉 美貴, 神代龍吉, 青木昭子, 阿部幸恵, 小田康友, 小林直人, 辻 美隆, 中村真理子, 長谷川仁志, 廣井直樹, 三木洋一郎: 明日からできる、アクティブ・ラーニング ~さまざまなアクティブ・ラーニング・モデルを共有する~.  第64回医学教育セミナーとワークショップ,  東京,  2017/04
その他
1. ◎成田康弘, 松本幸則, 大坪利恵, 小原雅子, 廣井直樹: 「院内コンフリクトマネジメント研修」の取り組み.  第67回日本病院学会,  神戸,  2017/07
2. ◎Hiroi N: Active learning in Toho University Faculty of Medicine.  10th Joint Seminar on Biomedical Sciences,  Tokyo,  2017/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者