東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 看護学部 看護学科 感染制御学研究室
 Department of Infection Control and Prevention

教授:
  小林 寅吉
講師:
  勝瀬(金山)明子
助教:
  金坂 伊須萌
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小林 寅吉   教授
博士(保健学)
  3  3  1        
 14
 1
 3
 
 1
勝瀬(金山)明子   講師
博士(医学)
  3 2           
 7
 1
 3
 
 1
金坂 伊須萌   助教
修士(理学)
 2 1  1          4
 10
 1
 3
 
 1
 2 2  1 0  0  4
(0)
 3
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 伊藤隆光, 金坂伊須萌, 倉地里枝, 金山明子, 小林寅喆:  短期間に異なる7名の患者より検出されたmeropenem耐性Escherichia coliの検討.  感染症学雑誌  91 (2) :132 -136 , 2017
2. 金坂伊須萌, 勝瀬(金山)明子, 松崎薫, 松本哲, 李秀華, 小林寅喆:  中国基幹病院における院内高頻度接触部位および医療従事者の手指より分離された薬剤感受性の異なるP. aeruginosa およびA. baumannii に関する検討.  日本化学療法学会雑誌  65 (6) :817 -820 , 2017
3. 金坂伊須萌, 勝瀬(金山)明子, 山根夏枝, 松崎薫, 松本哲, 古屋隆三郎, 田中正利, 金子明寛, 小林寅喆:  口腔由来Neisseria sp.の各種抗菌薬に対する薬剤感受性に関する検討.  日本性感染症学雑誌  28 (1) :73 -78 , 2017
4. Katsuse Kanayama A, Takahashi H, Yoshizawa S, Tateda K, Kaneko A, Kobayashi I:  Staphylococcus aureus surface contamination of mobile phones and presence of genetically identical strains on the hands of nursing personnel.  American journal of infection control  45 (8) :929 -931 , 2017
5. Akiko Kanayama Katsuse, Hiroshi Takahashi, Sadako Yoshizawa, Kazuhiro Tateda,
Yasuhiro Nakanishi, Akihiro Kaneko, Intetsu Kobayashi:  Public health and healthcare-associated risk of electric, warm water bidet toilets.  Journal of Hospital Infection  97 (3) :296 -300 , 2017
6. Naoyuki Miyashita, Intetsu Kobayashi, Futoshi Higa, Yosuke Aoki, Toshiaki Kikuchi, Masafumi Seki, Kazuhiro Tateda, Nobuko Maki, Kazuhiro Uchino, Kazuhiko Ogasawara, Satoe Kurachi, Tatsuya Ishikawa, Yoshito Ishimura, Izumo Kanesaka, Hiroshi Kiyota, Akira Watanabe:  In vitro activity of various antibiotics against clinical strains of Legionella species isolated in Japan.  Journal of Infection and Chemotherapy  in :press , 2018
■ 著書
1. 小林 寅喆:  細菌培養検査-有意義な検体の採取法と留意点.  小児臨床検査のポイント2017  504-507.  東京医学社,  東京, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎金坂伊須萌, 山根夏枝, 小山英明, 松本哲, 金子明寛, 勝瀬(金山)明子, 小林寅喆: 口腔内常在Neisseria sp.に対する各種抗菌薬感受性および第3世代cephem耐性化に関する検討.  第38回日本歯科薬物療法学会学術大会,  東京,  2018/03
2. ◎松本哲, 岸直子, 長谷川美幸, 小山英明, 金坂伊須萌, 勝瀬(金山)明子, 小林寅喆: 血流感染症患者由来Pseudomonas aeruginosaの2017年分離状況および抗菌薬感受性について.  第52回緑膿菌感染症研究会,  仙台,  2018/02
3. ◎川上直輝,嶋田圭純,藤田高彬,金坂伊須萌,小林寅喆,藤崎真吾: 黄色ブドウ球においてウンデカプレニルリン酸生成に関わるリピドホスファターゼ遺伝子の同定.  第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会合同大会,  神戸,  2017/12
4. ◎嶋田圭純,藤田高彬,川上直輝,金坂伊須萌,小林寅喆,藤崎真吾: 黄色ブドウ球菌におけるウンデカプレニルリン酸生成に関わるリピドホスファターゼ遺伝子およびリピドキナーゼ遺伝子の単独および多重破壊株の作成と解析.  第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会合同大会,  神戸,  2017/12
5. ◎金坂伊須萌, 勝瀬(金山)明子, 伊與田貴子, 天野綾子, 松崎薫, 松本哲, 小林寅喆, 尾上泰彦: 関東地方において分離されたNeisseria gonorrhoeaeに対する抗菌薬感受性の推移について.  日本性感染症学会第30回学術大会,  札幌,  2017/12
6. ◎金坂伊須萌、宍戸律子、勝瀬(金山)明子、小林寅喆: 血液由来S. aureusに対するVancomycinのDirect MICに関する検討.  第66回 日本感染症学会東日本地方会学術集会,  東京,  2017/11
7. 倉地里枝、金坂伊須萌、勝瀬(金山)明子、小林寅喆、山田和範: 入院時患者における糞便からの抗菌薬耐性菌の検出状況について.  第66回 日本感染症学会東日本地方会学術集会,  東京,  2017/11
8. 金子明寛, 中西康大, 鈴木崇嗣, 傳田裕也, 渡辺大介, 松本哲, 金坂伊須萌, 勝瀬(金山)明子, 小林寅喆: ミノサイクリン塩酸塩の口腔細菌に対する抗菌活性.  第66回日本感染症学会東日本地方会学術集会,  東京,  2017/11
9. ◎川上直輝,嶋田圭純,藤田高彬,金坂伊須萌,小林寅喆,藤崎真吾: 黄色ブドウ球菌におけるウンデカプレニルリン酸生成に関わるリピドホスファターゼ遺伝子およびリピドキナーゼ遺伝子の同定および機能解析.  第27回イソプレノイド研究会例会,  船橋,  2017/09
10. ◎川上直輝,嶋田圭純,藤田高彬,金坂伊須萌,小林寅喆,藤崎真吾: 黄色ブドウ球菌においてウンデカプレニルリン酸生成に関わるリピドホスファターゼの同定.  日本生物高分子学会2017年度大会,  草津,  2017/09
11. ◎嶋田圭純,藤田高彬,川上直輝,金坂伊須萌,小林寅喆,藤崎真吾: 黄色ブドウ球菌のリピドホスファターゼ遺伝子およびリピドキナーゼ遺伝子破壊株の作成と遺伝子破壊株のウンデカプレニルリン酸代謝の測定.  日本生物高分子学会2017年度大会,  草津,  2017/09
12. ◎金坂伊須萌, 勝瀬(金山)明子, 山根夏枝, 松崎薫, 松本哲, 金子明寛, 小林寅喆: 口腔内常在Oral StreptococciおよびNeisseria sp.の各種抗菌薬感受性について.  第37回日本歯科薬物療法学会学術集会,  愛知,  2017/06
13. ◎金子明寛, 中西康大, 渡部大介, 水沢伸仁, 松崎薫, 松本哲, 金坂伊須萌, 小林寅喆: ミノサイクリン塩酸塩の口腔嫌気性菌に対する抗菌活性.  第37回日本歯科薬物療法学会学術集会,  愛知,  2017/06
14. ◎金子明寛, 松本哲, 松崎薫, 中西康大, 鈴木崇嗣, 渡部大介, 金坂伊須萌, 小林寅喆Candida albicansCandida parapsilosisを混合させMBEC Assayのデバイス上に形成させたバイオフィルムに対する検討.  第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会,  東京,  2017/04
国際学会
1. ◎I. Kobayashi, I. Kanesaka1, A. Katsuse, T. Itou, U. Uchino, H. Koyama, K. Matsuzaki, S. Matsumoto: Evaluation of the BD Phoenix ID yeast for Species Identification of Clinical Yeast-Like Organisms.  ASM microbe2017,  New Orleans, 米国,  2017/06
2. H. Koyama, K. Oomori, N. Kishi, M. Takigawa, M. Hasegawa, K. Matsuzaki, S. Matsumoto, A. Katsuse, I. Kanesaka, I. Kobayashi: Antimicrobial Susceptibility of Pseudomonas aeruginosa from Bloodstream and Other Speciments of Same Patients of Japan in 2016.  ASM microbe2017,  New Orleans, 米国,  2017/06
3. ◎I. Kanesaka, T. Ishikawa, A. Katsuse Kanayama, H. Takahashi, S. Fujisaki, I. Kobayashi : Analysis of Daptomycin-Resistant MRSA Isolates with Reduced MICs Following Passage in Non-Selective Medium.  ASM microbe2017,  New Orleans, 米国,  2017/06
4. ◎Akiko Katsuse Kanayama, Satoe Kurachi, Izumo Kanesaka, Hiroshi Takahashi, Intetsu Kobayashi, Akihiro Kaneko: An investigation into how Staphylococcus aureus colonization develops in pierced earring holes.  ASM microbe2017,  New Orleans, 米国,  2017/06
その他
1. ◎石村善登, 金坂伊須萌, 勝瀬(金山)明子, 小林寅喆: ネイルアートにより生じた色素沈着が認められる爪より分離された細菌についての検討.  第14回 東邦大学5学部合同学術集会,  大森キャンパス,  2018/03
  :Corresponding Author
  :本学研究者