東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2012年度 | 2013年度 | 2014年度
 看護学部 看護学科 感染制御学研究室
 Department of Infection Control and Prevention

教授:
  小林 寅吉

助教:
  金山 明子
■ 概要
近代化した社会とともに衛生環境が向上し感染症も大きく変遷している。かつての赤痢やコレラなどの強毒菌による感染流行から黄色ブドウ球菌や緑膿菌などの弱毒菌による日和見感染へと感染様式も変化している。特に医療技術の向上と平均寿命の延長により高齢者や免疫不全患者などの易感染者への日和見感染が増加している。これらのうちメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や多剤耐性菌は社会的問題にまで発展している。一方、新型インフルエンザやSARSなど過去にはなかった新しい病原体による新興感染症や、一時、制圧できていたかに見えた結核や百日咳などの再興感染症など、人類はふたたび感染症によって危機的状況におかれているといっても過言ではない。このような環境のもと感染症およびその対策である感染制御を正しく理解し、医療施設はもとより地域および地球規模で感染対策を実践できる医療従事者を育成することを目標に教育、研究を行っている。研究室における主な研究内容は (1)臨床微生物の性状と感染症に関する基礎的研究、(2) 病原微生物の抗菌薬耐性化と疫学調査研究、(3) 医療関連施設内感染と防止対策に関する研究、(4) 感染症診断に関する細菌学的研究、(5) 常在菌の役割とプロバイオティクスに関する研究、などである。
■ Keywords
臨床微生物, 抗菌薬, 消毒薬, 耐性菌, 医療施設関連感染, PK-PD, 感染症診断, プロバイオティクス
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成25年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金), 基盤研究(C)  (研究課題番号:23590816)
 研究課題:病院内温水洗浄便座装置の細菌汚染に関する調査研究  (研究代表者:研究代表者:小林寅吉、研究分担者:金山明子)
 研究補助金:500000円  (代表)
2.  平成26年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金), 基盤研究(C)  (研究課題番号:26460783)
 研究課題:新たな医療関連感染の要因としての医療職における耳ピアス孔の細菌汚染に関する検討  (研究代表者:研究代表者:金山明子、研究分担者:小林寅吉、菊地京子、瀧島章子、高田紗希)
 研究補助金:800000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小林 寅吉   教授
保健学博士
 1   2  1        
 19
(1)
 1
 5
 
 1
勝瀬(金山)明子   助教
看護学修士
   1 1  1        4
(1)
 15
(1)
 1
 5
 
 1
 1 1  2 0  0  4
(1)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 小林寅吉:  Helicobacter pylori耐性菌の現状とその対策 耐性菌サーベイランスの動向.  Helicobacter Resarch  18 (2) :22(118) -29(125) , 2014
2. Akiko Kanayama, Intetsu Kobayashi, Kazutoshi Shibuya:  Distribution and antimicrobial susceptibility profile of extended-spectrum β-lactamase-producing Proteus mirabilis strains recently isolated in Japan.  International Journal of Antimicrobial Agents  45 :113 -118 , 2015
3. Ho Namkoong, Youjyu Kameyama, Hiroyuki Yasuda,Sohei Nakayama, Hiroshi Kaneko, Chieko Kawashima, Tomoko Terajima, Kayoko Maezawa,Takeshi Hayashi, Mitsuru Sandoh, Makoto Ishii, Sadatomo Tasaka, Akiko Kanayama, Intetsu Kobayashi, Tomoko Betsuyaku, Junko Kizu,Satoshi Iwata, Yoshitake Sato, Naoki Hasegawa:  The efficacy, safety, and pharmacokinetics of biapenem administered thrice daily for the treatment of pneumonia in the elderly.  Journal of Infection and Chemotherapy  20 (6) :356 -360 , 2014
■ 著書
1. 金山明子:  1.抗菌薬を知る ③グラム染色と抗菌薬感受性検査の読み方
2.抗菌薬・抗ウイルス薬・抗真菌薬 ③嫌気性菌検出の工夫.  歯科におけるくすりの使い方 2015-2018  20-65.  デンタルダイヤモンド社,  東京都, 2014
2. 小林寅吉:  1.抗菌薬を知る ⑦歯科感染症原因菌と抗菌薬耐性と抑制
2.抗菌薬・抗ウイルス薬・抗真菌薬 ⑤嫌気性キノロン―シタフロキサシン―.  歯科におけるくすりの使い方 2015-2018  40-73.  デンタルダイヤモンド社,  東京都, 2014
■ 学会発表
国内学会
1. ◎金山明子, 小林寅喆, 金子明寛
(会員外協力者:菊地京子、長能みゆき、瀧島章子、高田紗希 東邦大学医療センター大橋病院 看護部): 医療従事者の耳ピアス孔および手指におけるS. aureusの分布.  第30回日本環境感染学会総会・学術集会,  兵庫県神戸市,  2015/02
2. ◎瀧川元子, 松崎薫, 長谷川美幸, 松本哲, 金山明子, 小林寅吉: 血流感染症患者由来Pseudomonas aeruginosa 2005年~2014年分離株の各種抗菌薬感受性.  第49回緑膿菌感染症研究会,  東京都,  2015/02
3. ◎伊藤隆光, 金山明子, 小林寅吉: 短期間に8名の患者より検出されたmeropenem耐性腸内細菌の検討.  第26回日本臨床微生物学会総会,  東京都,  2015/01
4. ◎金坂伊須萌, 宍戸律子, 内野卯津樹, 金山明子, 小林寅吉: Daptomycin投与後に同薬低感受性MRSAが分離された4例.  第26回日本臨床微生物学会総会,  東京都,  2015/01
5. ◎井村幸恵, 金山明子, 小林寅喆: 生殖器および咽頭より検出したNeisseria gonorrhoeae(淋菌)の疫学的検討.  第14回東邦看護学会学術集会,  東京都,  2014/12
6. ◎小沢恵子, 羽柴由夏, 岩松千聡, 二瓶和子, 長能みゆき, 松岡千賀子, 小林敏子, 中山雄, 小林寅吉, 金山明子: 感染予防対策の一環として実施される清潔な環境整備に対する意識付け前後の携帯端末汚染の比較調査.  第14回東邦看護学会学術集会,  東京都,  2014/12
7. ◎井村幸恵, 金山明子, 小林寅吉, 尾上泰彦: 近年、川崎市において分離されたNeisseria gonorrhoeaeの遺伝学的性質と細菌学的背景について.  日本性感染症学会 第27回学術大会,  兵庫県神戸市,  2014/12
8. ◎古屋隆三郎, 田中正利, 金山明子, 小林寅吉, 伊与田貴子, 雑賀威: 福岡市における各種薬剤耐性淋菌の分離状況.  日本性感染症学会 第27回学術大会,  兵庫県神戸市,  2014/12
9. ◎金坂伊須萌, 内野卯津樹, 増田雅行, 長島誠, 金山明子, 小林寅吉: フルオロキノロン系抗菌薬耐性Escherichia coliの分離状況と患者背景因子について.  第61回日本化学療法学会東日本支部総会,  東京,  2014/10
10. ◎金山明子, 伊与田貴子, 松崎薫, 松本哲, 小林寅吉: 多数の医療機関より分離されたESBL産生Proteus mirabilisの地域分布に関する検討.  第61回日本化学療法学会東日本支部総会,  東京都,  2014/10
11. ◎金子明寛, 中西康大, 鈴木崇嗣, 金山明子, 小林寅吉: 歯性感染症から分離したceftriaxone耐性Prevotella属におけるβ-lactamaseに関する検討.  第61回日本化学療法学会東日本支部総会,  東京都,  2014/10
12. ◎金子明寛, 鈴木崇嗣, 傳田祐也, 新井俊弘, 窪田弘幸, 天野綾子, 鈴木真言, 小山英明, 松崎薫, 金山明子, 小林寅吉: 歯性感染症起炎菌の検出頻度および歯性感染症分類別の抗菌薬感受性について.  第61回日本化学療法学会東日本支部総会,  東京都,  2014/10
13. ◎伊藤隆光, 金山明子, 小林寅吉: 短期間に異なる7名の患者より検出されたmeropenem耐性E. coliの検討.  第63回日本感染症学会東日本地方会学術集会,  東京都,  2014/10
14. ◎福井康雄, 小林寅吉, 金山明子: ダプトマイシン投与中に耐性化が認められたMRSAによる感染性仮性動脈瘤の1例.  第63回日本感染症学会東日本地方会学術集会,  東京都,  2014/10
15. ◎金山明子: 市中・医療施設に分布する抗菌薬耐性菌.  日本防菌防黴学会第41回年次大会,  東京都,  2014/09
16. 酒井良太, 金坂伊須萌, 小林寅喆, ◎藤崎真吾: バンコマイシン感受性により分類された黄色ブドウ球菌の臨床分離株におけるウンデカプレニルリン酸代謝の測定.  第24回イソプレノイド研究会,  岡山,  2014/09
17. ◎井村幸恵, 金山明子, 小林寅吉, 尾上泰彦: 2012年~2013年に川崎市において分離されたNeisseria gonorrhoeaeの抗菌薬感受性と遺伝学的性状について.  第88回日本感染症学会学術講演会,  福岡県福岡市,  2014/06
18. ◎吉田直美, 金山明子, 小林寅吉, 飯田英信: 病院およびクリニックの耳鼻咽喉科外来において患者耳漏から検出されたS. aureusの各種抗菌薬感受性とCA-MRSAの背景.  第88回日本感染症学会学術講演会,  福岡県福岡市,  2014/06
19. ◎金山明子, 山田和範, 小林寅吉: 脳神経外科領域において分離されたESBL産生E. coliのフルオロキノロン系抗菌薬耐性に関する検討.  第62回日本化学療法学会総会,  福岡県福岡市,  2014/06
20. ◎渡辺大介, 水澤伸仁, 窪田弘幸, 金子明寛, 山根伸夫, 小山英明, 松崎薫, 長谷川美幸, 池田文昭, 金山明子, 小林寅吉: 歯性感染症分離菌の検出率および各種抗菌薬感受性の経年変化について.  第62回日本化学療法学会総会,  福岡県福岡市,  2014/06
国際学会
1. ◎Akiko Kanayama, Intetsu Kobayashi, Sadako Yoshizawa, Kazuhiro Tateda, Akihiro Kaneko: An Investigation of Resistant Bacteria Found in Automated Electronic Warm Water Bidet Toilets in a University Hospital Setting.  American Society for Microbiology, 114th General Meeting,  Boston, 米国,  2014/05
2. ◎Hideaki Koyama, Kaoru Matsuzaki, Makoto Suzuki, Naoko Kishi, Kaori Oomori, Eriko Fujihara, Ayako Amano, Miyuki Hasegawa, Fumiaki Ikeda,
Akiko Kanayama, Intetsu Kobayashi: Antimicrobial susceptibility profile of Pseudomonas aeruginosa isolates from bloodstream infections in Japan, 2005 to 2013.  American Society for Microbiology, 114th General Meeting,  Boston, 米国,  2014/05
3. ◎Intetsu Kobayashi, Akiko Kanayama, Kohtaro Hayakawa, Akihiro Kaneko: Bacteria Isolated from Cases of Nail Pigmentation and Their Etiologic Significance.  American Society for Microbiology, 114th General Meeting,  Boston, 米国,  2014/05
4. ◎Izumo Kanesaka, Shingo Fujisaki, Utsuki Uchino, Hideaki Bujo, Akiko Kanayama, Akihiro Kaneko, Intetsu Kobayashi: The influence of antimicrobial susceptibility methodology as well as frozen-storage on Staphylococcus glycopeptide susceptibility.  American Society for Microbiology, 114th General Meeting,  Boston, USA,  2014/05
5. ◎Naomi Yoshida,T. Ikematsu, H. Sunose, K. Hayasaki, K. Hirano, H. Iida, Akiko Kanayama, Intetsu Kobayashi: Characterization of Staphylococcus aureus Isolates from Ear Discharges of Outpatients of Hospitals and Clinics: Antimicrobial Susceptibility Profile and Distribution of CA-MRSA Isolates.  American Society for Microbiology, 114th General Meeting,  Boston, 米国,  2014/05
6. ◎Yukie Imura, Akiko Kanayama, Yasuhiko Onoye, Intetsu Kobayashi: Sequence Type and antimicrobial susceptibility profile of Neisseria gonorrhoeae isolates from urogenital and pharyngeal sites in Japan.  American Society for Microbiology, 114th General Meeting,  Boston, 米国,  2014/05
その他
1. ◎金坂伊須萌,金山 明子,小林 寅喆,藤崎 真吾,内野 卯津樹,長島 誠: Daptomycin投与後に同薬低感受性MRSAが分離された4例.  第11回東邦大学4学部合同学術集会,  東邦大学習志野キャンパス,  2015/03
  :Corresponding Author
  :本学研究者