東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 臨床生理機能学研究室(佐倉)
 Department of Clinical Functional Physiology (Sakura)

講師:
   高田 伸夫
   清水 一寛
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















高田 伸夫   講師
              
 
 
 
 
 
清水 一寛   講師
              
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Tomoyuki Yamamoto, Kazuhiro Shimizu, Mao Takahashi, Ichiro Tatsuno, Kohji Shirai:  The Effect of Nitroglycerin on Arterial Stiffness of the Aorta and the Femoral-Tibial Arteries -Monitoring with a Stiffness Parameter β- Derived Vascular Index-.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  24 (10) :1048 -1057 , 2017
2. Kohji Shirai, Kazuhiro Shimizu, Masanobu Takata, Kenji Suzuki:  Independency of the cardio-ankle vascular index from blood pressure at the time of measurement.  Journal of Hypertension  35 :1521 -1523 , 2017
■ 著書
1. 清水一寛:  ワルファリンによる血栓治療.  ドクターサロン  5-8.  キョーリンメディカルサプライ株式会社,  東京、日本, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎田端強志, 杉山恵, 丹治直映, 蘭藤佑哉, 斉藤綾, 本村昇, 徳山宣, 蛭田啓之, 清水一寛、高田伸夫: ヘパリン自己注射管理中にstuck valveをきたした機械弁置換術後の1例.  第29回日本超音波学会関東甲信越地方会,  東京、日本,  2017/11
2. ◎田端強志, 佐々木健, 金徳男, 蘭藤佑哉, 斉藤綾, 本村昇, 清水一寛, 高田伸夫: 繰り返す肺血栓塞栓症の原因と診断された膝窩静脈瘤の1例.  第58回日本脈管学会,  名古屋, 日本,  2017/10
  :Corresponding Author
  :本学研究者