東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2012年度 | 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 麻酔科学講座(佐倉)
 Department of Anesthesiology (Sakura)

教授:
  北村 享之
助教:
  三部 徳恵
  菅野 敬之
  甲田 賢一郎
  小出 可奈子
  鵜澤 將
レジデント:
  木村 悠香
客員教授:
  花岡 一雄
  田上 惠
客員講師:
  小山 典宏
  津高 省三
  佐藤 泰雄
■ 概要
周術期代謝管理の適正化
手術予後の改善を目的とする周術期代謝管理方法の改善・改良に取り組む
麻酔深度モニタリング
脳波を用いた麻酔深度評価と麻酔薬の血中濃度を用いた麻酔深度評価を比較する
脊髄くも膜下麻酔下での循環動態に関する研究
脊髄くも膜下麻酔下での末梢循環およびそれに対する鎮静薬の影響を検討する
■ Keywords
周術期代謝管理, 麻酔深度モニター, 末梢循環
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  北村 享之 :印旛地域救急業務メディカルコントロール協議会委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  北村 享之 :日本麻酔科学会学術集会企画専門部会麻酔科関連ワーキンググループサテライトメンバー, 日本臨床麻酔学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















北村 享之   教授
 1 5  3          1
 4
(1)
 
 
 2
(1)
 
鵜澤 將   助教
  2            
 2
 
 
 
 
小出 可奈子   助教
    2          
 1
 
 
 
 
甲田 賢一郎   助教
 4   1          1
 1
 
 
 
 
三部 徳恵   助教
  2            
 2
 
 
 
 
菅野 敬之   助教
  2    2 2       
 2
 
 
 
 
 5 0  2 0  0  2
(0)
 0
(0)
 2
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Li X, Kitamura T, Kawamura G, Mori Y, Sato K, Araki Y, Sato R, Yamada Y:  Comparison of mechanisms underlying changes in glucose utilization in fasted rats anesthetized with propofol or sevoflurane: Hyperinsulinemia is exaggerated by propofol with concomitant insulin resistance induced by an acute lipid load.  Bioscience Trends  8 (3) :155 -162 , 2014
2. Kawamura G, Inoue R, Araki Y, Mori Y, Sato K, Yamada Y, Kitamura T:  The effects of preoperatively administered carbamazepine and phenytoin on rocuronium-induced neuromuscular block under sevoflurane anesthesia: a retrospective clinical study.  Masui. The Japanese journal of anesthesiology  63 (8) :877 -880 , 2014
3. Mori K, Yamada K, Fukuda T, Mitsui T, Kitamura T, Yamaguchi D, Ando J, Wada I, Nomura S, Shimizu N, Seto Y:  Landiolol hydrochloride for early postoperative tachycardia after transthoracic esophagectomy.  Surgery Today  44 :848 -854 , 2014
4. Aldi S, Takano K, Tomita K, Koda K, Chan NY, Marino A, Salazar-Rodriguez M, Thurmond RL, Levi R.:  Histamine H4-Receptors Inhibit Mast Cell Renin Release in Ischemia/Reperfusion via Protein Kinase C{varepsilon}-Dependent Aldehyde Dehydrogenase Type-2 Activation.  The Journal of pharmacology and experimental therapeutics  349 (3) :508 -517 , 2014
総説及び解説
1. 甲田賢一郎, 北村享之, 田上惠:  レミフェンタニルとシバリング:現状での理解と予防策.  麻酔  63 (9) :1018 -1024 , 2014
2. 河村 岳,北村享之,山田芳嗣:  全身麻酔下手術症例における人工呼吸管理中のopen lung approachについて.  臨床呼吸生理  46 :43 -45 , 2014
3. 甲田賢一郎, 北村享之:  手術侵襲や麻酔管理が周術期免疫能に及ぼす影響:手術予後改善のために何を考えるか?.  臨床麻酔  39 (2) :147 -152 , 2015
症例報告
1. 甲田賢一郎, 木村悠香, 鵜澤將, 三部徳恵, 菅野敬之, 北村享之, 田上惠:  重症筋無力症合併直腸がん患者の腹腔鏡下切除術の筋弛緩薬非使用全身麻酔管理.  麻酔  63 (10) :1135 -1138 , 2014
2. 甲田賢一郎, 鵜澤將, 木村悠香, 原田雅樹, 三部徳恵, 菅野敬之, 井手康雄, 北村享之, 田上惠:  チャーグ・ストラウス症候群患者の腹腔鏡下胆嚢摘出術の麻酔経験.  麻酔  63 (9) :1039 -1042 , 2014
その他
1. 北村享之:  私が麻酔科医を志した理由.  臨床麻酔  38 (11) :1527 -1527 , 2014
■ 著書
1. 菅野敬之:  突然のEtCO2の低下.  ICU完全攻略トラブルシューティング162  138-139.  中外医学社,  東京、日本, 2015
2. 菅野敬之:  分離肺換気時における換気トラブル.  ICU完全攻略トラブルシューティング162  142-143.  中外医学社,  東京、日本, 2015
3. 菅野敬之:  血管確保のコツ 〜立体的な視点を身につけよう!.  レジデントノート別冊ズバリ!日常診療の基本講座3救急や病棟で必ず役立つ基本手技  52-57.  羊土社,  東京、日本, 2014
4. 菅野 敬之:  鎮痛薬.  救急ICU薬剤ノート  76-87.  羊土社,  東京、日本, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. 北村享之: 術中糖代謝管理の適正化を目指して―全身麻酔薬が糖利用に及ぼす影響―.  大森代謝内分泌フォーラム,  東京,  2015/01
2. 甲田賢一郎, 木村悠香, 鵜澤將, 三部徳恵, 菅野敬之, 北村享之: 妊娠13週で腰椎椎間板ヘルニア摘出術を全身麻酔で施行した1症例.  日本臨床麻酔学会第34回大会,  東京,  2014/11
3. 北村享之: ERASプロトコールを導入するにあたって.  代謝性疾患の周術期管理を考える会,  佐倉,  2014/09
4. 木村悠香, 甲田賢一郎, 鵜澤將, 三部徳恵, 菅野敬之, 北村享之: 無症候性肺血栓塞栓症患者に対する術前の下大静脈フィルター挿入の是非.  関東甲信越・東京支部第54回合同学術集会,  東京,  2014/08
5. ◎河村岳, 北村享之, 森芳映, 荒木裕子, 小出(佐藤)可奈子, 山田芳嗣: 長期間にわたるプロポフォール前処置がセボフルラン麻酔下絶食ラットの代謝に及ぼす影響.  日本麻酔科学会第61回学術集会,  横浜,  2014/05
6. ◎大谷綾子, 福田英嗣, 新山史朗, 鈴木智香子, 武藤真由子, 中橋澄江, 長島義宜, 青山幸生, 森下英理子, 向井秀樹: プロテインS欠乏症による難治性下腿潰瘍の1例..  第113回日本皮膚科学会総会,  京都,  2014/05
その他
1. ◎北村享之: 手術麻酔管理.  東邦佐倉会,  佐倉,  2014/05
2. ◎北村享之: HES 130 vs HES 70:ラット血管内容量療法モデルでの検討と臨床使用経験に基づく評価.  Perioperative Care Seminar,  千葉,  2014/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者