東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 外科学講座(佐倉)
 Department of Surgery (Sakura)

教授:
  岡住 慎一
  加藤 良二
  本村 昇
准教授:
  齋藤 綾
  長島 誠
講師:
  大城 崇司
  大城 充
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















岡住 慎一   教授
 2 3    2        3
(2)
 41
(9)
 1
 1
 
 1
加藤 良二   教授
  3            
 27
(11)
 
 
 
 
本村 昇   教授
 1     1        
 2
 
 1
 
 
齋藤 綾   准教授
       1       
 2
 1
 
 
 
長島 誠   准教授
 1 2            4
(2)
 22
(7)
 
 1
 
 
大城 崇司   講師
  5            4
(4)
 36
(4)
 
 1
 
 2
(1)
大城 充   講師
  2            1
(1)
 18
(6)
 
 1
(1)
 
 
瓜田 祐   助教
 1             1
 23
(8)
 
 
 
 
金澤 真作   助教
 1 1     1       5
(2)
 14
(5)
 
 
 
 
北原 知晃   助教
 1             2
(1)
 21
(7)
 
 
 
 
田中 宏   助教
              4
(1)
 21
(8)
 
 
 
 
森山 彩子   助教
              2
 20
(7)
 
 
 
 
吉田 豊   助教
  1            1
 23
(8)
 
 
 
 
 7 0  3 0  0  27
(13)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 金坂伊須萌, 金山明子, 宍戸律子, 内野卯津樹, 長島誠, 藤崎真吾, 小林寅喆:  Daptomycin投与後に分離された同薬低感受性Methicillin-Resistant Staphylococcus aureusの検討.  感染症学雑誌  90 (4) :493 -498 , 2016
2. 岡住慎一:  本邦の肥満症に対する外科治療の目指すもの 肥満症治療学会データベース解析.  成人病と生活習慣病  46 (5) :550 -555 , 2016
3. 林 果林、加藤祐樹、山口崇、齋木厚人、大城崇司、龍野一郎、白井厚治、黒木宣夫、桂川修一:  高度肥満症患者に併存する精神疾患;うつ症状を中心に.  日本心療内科学会誌  20 (4) :267 -272 , 2016
4. 金居理恵子, 齋木厚人, 木下恵理, 古賀みどり, 鮫田真理子, 秋葉崇, 寺山圭一郎, 小川明宏, 今村榛樹, 大城崇司, 龍野一郎:  肥満外科治療後のフォーミュラ食が、著明な体脂肪減少と骨格筋量の維持に寄与しえた1例.  日本臨床栄養学会雑誌  38 (2) :97 -103 , 2016
5. 三塚幸夫, 金澤真作, 丸山憲一, 工藤岳秀, 八鍬恒芳, 久保田伊哉, 齋藤芙美, 吉田美穂, 緒方秀昭, 原田昌彦:  JABTS36/ワークショップ3/フローイメージング研究部会企画
乳房造影超音波のプロトコルとレポートの標準化に向けて
当院における乳房造影超音波検査のプロトコルとレポート 良悪性判定.  乳腺甲状腺超音波医学  6 (1) :87 -90 , 2017
総説及び解説
1. 岡住慎一:  重症肥満症のげか遅漏.  ドクターサロン  60 (10) :743 -746 , 2016
2. 本村昇:  特集 医療ビッグデータと外科
2.NCD設立の経緯と現状.  外科  78 (5) :462 -464 , 2016
3. 金澤真作, 三塚幸夫, 緒方秀昭, 加藤良二:  JABTS36/ワークショップ3/フローイメージング研究部会企画
乳房造影超音波のプロトコルとレポートの標準化に向けて
乳腺診療における乳房蔵置超音波検査のプロトコルとレポート.  乳腺甲状腺超音波医学  6 (1) :85 -86 , 2017
4. 長島誠:  麻酔科医に重要ながん薬物療法の知識.  臨床麻酔  41 (増) :349 -356 , 2017
症例報告
1. 瓜田祐, 大城崇司, 鍋倉大樹, 吉田豊, 川満健太郎, 門屋健吾, 大城充, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二:  噴門側胃切除後の難治性狭窄に対し内視鏡下狭窄部切開ステント留置を行った1例.  東邦医学会雑誌  63 (3) :195 -200 , 2016
2. 北原知晃, 大城崇司, 大城充, 徳山宣, 蛭田啓之, 岡住慎一, 加藤良二:  潰瘍性大腸炎術後の回腸嚢炎経過中に回腸嚢癌を発症した1例.  日本消化器外科学会雑誌  49 (8) :797 -803 , 2016
3. 高木隆二,岡住慎一:  開腹スリーブ状胃切除後の難治性逆流性食道炎に対して腹腔鏡下修正手術を要した1例.  日本内視鏡外科学会雑誌  21 (3) :323 -329 , 2016
その他
1. 齋木厚人, 林果林, 大城崇司, 龍野一郎:  クリニカルカンファレンスから 知的面のアンバランスを医療者側が理解して対応したことで、術前・術後の行動修正が得られた双極性障害合併の高度肥満症例.  肥満症治療学展望  (9) :6 -8 , 2016
■ 著書
1. 岡住慎一:  食道疾患.  イヤーノート 27版  A30-A44.  メディックメディア,  東京 日本, 2017
2. 岡住慎一:  食道疾患.  クエスチョンバンク2018  A52-A83.  メディックメディア,  東京 日本, 2017
3. 本村昇、齋藤綾:  冠動脈バイパス術(CABG)
NCD/JACVSDからみたCABG.  最新冠動脈疾患学(上)  446-451.  株式会社日本臨牀社,  大阪市、日本, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎寺井幸子, 内野卯津樹, 増田雅行, 佃晶子, 長島誠, 金坂伊須萌, 勝頼(金山)明子, 小林寅喆: 医療職における耳ピアス孔と手指表面に分布する細菌に関する検討.  第32回日本環境感染学会総会・学術集会,  神戸,  2017/02
2. ◎大城崇司, 鍋倉大樹, 吉田豊, 瓜田祐, 川満健太郎, 北原知晃, 佐藤礼実, 門屋健吾, 森山彩子, 田中宏, 大城充, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: 潰瘍性大腸炎(UC)に対する腹腔鏡下大腸全摘出術の手術手技とその工夫.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜,  2016/12
3. ◎大城崇司, 鍋倉大樹, 吉田豊, 瓜田祐, 川満健太郎, 北原知晃, 佐藤礼実, 門屋健吾, 森山彩子, 田中宏, 大城充, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: 本邦における肥満・糖尿病に対する内視鏡下手術の現状と問題点.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜,  2016/12
4. ◎北原知晃, 大城崇司, 鍋倉大樹, 川満健太郎, 門屋健吾, 佐藤礼実, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 大城充, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: Peutz-Jeghers 症候群に合併した胃噴門部GIST に対する1 切除例.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜,  2016/12
5. ◎瓜田祐, 大城崇司, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 川満健太郎, 佐藤礼実, 北原知晃, 森山彩子, 吉田豊, 田中宏, 金澤真作, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: イレウスに対する腹腔鏡下手術の適応と成績.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
6. ◎吉田豊, 岡住慎一, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 川満健太郎, 佐藤礼実, 北原知晃, 森山彩子, 瓜田祐, 田中宏, 金澤真作, 大城崇司, 大城充, 長島誠, 加藤良二: 虫垂癌術後、腹腔内再発巣・肺転移巣切除により長期生存を得られた1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
7. ◎佐藤礼実, 岡住慎一, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 北原知晃, 高木隆一, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 大城崇司, 大城充, 川満健太郎, 長島誠, 加藤良二: 当院で経験した巨大な嚢胞状リンパ管腫の1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
8. ◎大城崇司, 鍋倉大樹, 吉田豊, 瓜田祐, 川満健太郎, 北原知晃, 佐藤礼実, 門屋健吾, 森山彩子, 田中宏, 大城充, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: 腹腔鏡下スリーブバイパス手術~われわれの工夫~.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
9. ◎鍋倉大樹, 門屋健吾, 佐藤礼実, 川満健太郎, 北原知晃, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 金澤真作, 大城崇司, 大城充, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術後に脾梗塞を発症した1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
10. ◎金澤真作, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 川満健太郎, 佐藤礼実, 北原知晃, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 大城崇司, 大城充, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: 乳房温存手術における全身麻酔下手術体位での乳房造影超音波ガイド下マーキングの経験.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
11. ◎長島誠, 森山彩子, 鍋倉大樹, 川満健太郎, 門屋健吾, 佐藤礼実, 北原知晃, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 金澤真作, 大城崇司, 大城充, 岡住慎一, 加藤良二: 難治性気胸に対する外科治療.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
12. ◎北原知晃, 岡住慎一, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 川満健太郎, 佐藤礼実, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 大城崇司, 大城充, 長島誠, 加藤良二: 当院における潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術術後の排便状況の検討.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
13. ◎門屋健吾, 岡住慎一, 鍋倉大樹, 川満健太郎, 佐藤礼実, 北原知晃, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 金澤真作, 大城崇司, 大城充, 長島誠, 加藤良二: 術前PET-CTにて軽度集積を認めた十二指腸平滑筋腫の1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
14. ◎岡住慎一, 大城崇司, 田中宏, 瓜田祐, 吉田豊, 北原知晃, 佐藤礼実, 門屋健吾, 川満健太郎, 鍋倉大樹, 長島誠, 金澤真作, 森山彩子, 加藤良二: 造影MD-CT画像再構築による組織効果質的判定法を用いた、Clinical T4食道癌に対するCRT後down staging判定による切除施行例の成績.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
15. ◎森山彩子, 長島誠, 鍋倉大樹, 川満健太郎, 門屋健吾, 佐藤礼実, 北原知晃, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 金澤真作, 大城崇司, 岡住慎一, 加藤良二: 難治性高度がん性疼痛に対するメサドン塩酸塩の有効性の検討.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
16. ◎川満健太郎, 吉田豊, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 佐藤礼実, 北原知晃, 森山彩子, 瓜田祐, 田中宏, 大城崇司, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: 長期間のNSAIDs内服に起因する多発小腸潰瘍からイレウスを繰り返した1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
17. ◎大城崇司, 鍋倉大樹, 吉田豊, 瓜田祐, 川満健太郎, 北原知晃, 佐藤礼実, 門屋健吾, 森山彩子, 田中宏, 大城充, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の体重減少・糖尿病改善効果.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
18. ◎田中宏, 岡住慎一, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 川満健太郎, 佐藤礼実, 北原知晃, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 金澤真作, 大城崇司, 長島誠, 加藤良二: クローン病手術における消化管吻合例の検討.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京,  2016/11
19. 藤尾幸司、大城充、澤谷哲央、加藤礼、大嶋陽幸、豊岡正裕、菊地博達、村上雅彦: 胆嚢結石症に対する体外衝撃波による結石破砕(ESWL)の検討.  第78回日本臨床外科学会,  東京,  2016/11
20. ◎金澤真作,鍋倉大樹,門屋健吾,北原知晃,森山彩子,瓜田佑,吉田豊,田中宏,長島誠,岡住慎一,加藤良二: 全身麻酔下手術体位での乳房造影超音波ガイド下マーキングが麻酔時間に与える影響.  第37回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  川越,  2016/10
21. ◎ 山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 野口雅代, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 当院における肥満外科治療の長期成績と体重減少不良例の要因解析.  第37回日本肥満学会,  東京都,  2016/10
22. ◎山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 姜美子, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 武城英明, 龍野一郎: 可溶性LR11は脂肪細胞機能と関連し肥満外科術後の体重減少を規定する.  第37回日本肥満学会,  東京都,  2016/10
23. ◎金居理恵子, 齋木厚人, 木下恵理, 古賀みどり, 鮫田真理子, 野口雅代, 山口崇, 大城崇司, 岡住真一, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療後の栄養管理におけるにフォーミュラ食の有効性について ~術後3年間の検討~.  第38回日本臨床栄養学会総会・第37回日本臨床栄養協会総会 第14回大連合大会,  大阪,  2016/10
24. ◎齋木厚人, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 大城崇司, 岡住慎一, 龍野一郎: 高度肥満に対する内科・外科治療の効果と通院継続率の違い ~当院における2年間の実態調査~.  第13回日本病院総合診療医学会学術総会,  東京都,  2016/09
25. ◎ 山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 齋木厚人, 野口雅代, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療の4年経過時成績と外科治療抵抗例の要因解析.  第17回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  東京都,  2016/09
26. ◎山口 崇, 田中 翔, 渡辺 怜奈, 渡邉 康弘, 今村 榛樹, 佐藤 悠太, 番 典子, 川名 秀俊, 齋木 厚人, 姜 美子, 鍋倉 大樹, 大城 崇司, 岡住 慎一, 武城 英明, 龍野 一郎: 血中可溶性LR11(sLR11)は高度肥満において高く肥満外科治療後の体重減少を規定する.  第17回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  東京,  2016/09
27. ◎磯崎未帆, 増田雅行, 長島誠, 真坂亙: 当院で発生したC.difficile感染症に対する静注用メトロニダゾールの使用とリスク因子の評価.  日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会,  千葉,  2016/08
28. ◎田中宏, 岡住慎一, 門屋健吾, 川満健太郎, 北原知晃, 瓜田祐, 吉田豊, 大城崇司, 大城充, 加藤良二: 2系統造影MD-CTを用いた術前診断と抗TNF-α抗体維持療法によるクローン病手術の再発防止の成績.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島,  2016/07
29. ◎山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 野口雅代, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療4年経過時の代謝成績と体重減少不良例の要因解析.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
30. ◎山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 姜美子, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 武城秀明, 龍野一郎: 可溶性LR11は脂肪細胞機能と関連し肥満外科術後の体重減少を規定する.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
31. ◎渡邉康弘, 齋木厚人, 大城崇司, 藤井悠, 山口崇, 岡谷しのぶ, 周東佑樹, 長尾元嗣, 久保田芳明, 黒木宣夫, 岡住慎一, 龍野一郎: 都内の大学病院との連携で肥満外科治療を施行しえた、離島在住の心不全合併高度肥満の一例.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
32. ◎天野功二郎, 堀下貴文, 西澤大輔, 三枝勉, 辻田美紀, 長島誠, 加藤良二, 長谷川準子, 北村晶, 川崎貴士, 林田眞和, 池田和隆: SCN9A遺伝子の一塩基多型rs6746030のマイナーアレル保有者に対する術後鎮痛法の、相関研究および電気生理学的研究に基づく検討.  第46回日本神経精神薬理学会年会,  ソウル、韓国,  2016/07
33. ◎金居理恵子, 齋木厚人, 木下恵理, 古賀みどり, 鮫田真理子, 野口雅代, 山口崇, 大城崇司, 岡住真一, 白井厚治, 龍野一郎: フォーミュラ食の1食置換え法を用いた肥満外科治療後の栄養管理 ~術後3年の検討~.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
34. ◎原敬一, 齋木厚人, 府川和樹, 西村功史, 山口崇, 大城崇司, 岡住慎一, 龍野一郎, 白井厚治, 真坂亙: 高度肥満治療における薬剤数および薬剤費の推移 ~内科治療と外科治療の比較~.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
35. ◎齋木厚人, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 野口雅代, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 内科・外科治療患者における体重、糖脂質代謝、血圧の推移と通院継続率の違い ~当院の高度肥満治療、2年間の実態調査~.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
36. ◎緒方 秀昭, 齊藤 芙美, 吉田 美穂, 馬越 俊輔, 尾作 忠知, 久保田 伊哉, 金澤 真作, 吉川 芙久美, 須磨崎 真, 三塚 幸夫, 金子 弘真: 後期高齢者(75歳以上)乳癌患者診療における予後因子の検討.  第24回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2016/06
37. ◎金澤 真作, 三塚 幸夫, 齊藤 芙美, 尾作 忠知, 久保田 伊哉, 馬越 俊輔, 門屋 健吾, 佐藤 礼美, 森山 彩子, 瓜田 祐, 吉田 豊, 田中 宏, 根本 哲生, 渋谷 和俊, 緒方 秀昭: Trastuzumabが乳癌腫瘍内血流におよぼす影響の検討.  第24回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2016/06
38. ◎長島誠: がん治療と緩和ケアを支える疼痛管理の重要性.  東葛北部がん疼痛治療セミナー,  柏,  2016/06
39. ◎田中宏, 岡住慎一, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 川満健太郎, 佐藤礼実, 北原知晃, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 大城崇司, 大城充, 長島誠, 加藤良二: 壊死性遊走性紅斑で発見されたグルカゴノーマの1例.  第25回日本癌病態治療研究会,  千葉,  2016/06
40. 岡住慎一: 上部消化管がんの質的病態画像診断と治療の今後について.  第25回日本癌病態治療研究会,  千葉 日本,  2016/06
41. ◎金澤真作, 三塚幸夫, 緒方秀昭, 加藤良二: 乳房造影超音波のプロトコルとレポートの標準化み向けて.  第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  京都,  2016/05
42. ◎三塚幸夫, 金澤真作, 丸山憲一, 工藤岳秀, 八鍬恒芳, 馬越俊輔, 久保田伊哉, 齊藤芙美, 尾作忠知, 緒方秀昭, 原田昌彦: 当院における乳房双栄超音波検査のプロトコルとレポート -良悪性判定-.  第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  京都,  2016/05
43. ◎三塚幸雄, 金澤真作, 丸山憲一, 工藤岳秀, 八鍬恒芳, 馬越俊輔, 久保田伊哉, 齊藤芙美, 緒方秀昭, 原田昌彦: ドプラ、SMI、造影超音波による血流描出の比較.  日本超音波医学会第89回学術集会,  品川,  2016/05
44. ◎ 山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太,番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 野口雅代, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満患者の内科・外科治療選択における実態調査および治療成績の比較.  第89回日本内分泌学会学術総会,  京都市,  2016/04
45. ◎今村榛樹, 齋木厚人, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 岡谷しのぶ, 小川明宏, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: フォーミュラ食を用いた肥満外科治療後のln Body変化について~術後24週の経過~.  第89回日本内分泌学会学術総会,  京都市,  2016/04
46. ◎山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 姜美子, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 武城英明, 龍野一郎: 高度肥満が生体の酸化ストレスに及ぼす影響 ~肥満外科治療前後におけるd-ROMSを用いた検討~.  第89回日本内分泌学会学術総会,  京都市,  2016/04
47. ◎大城充, 加藤良二, 岡住慎一: StageⅢ結腸癌治癒切除例にたいする補助化学療法としてのmFOLFOX6/XELOXの臨床第Ⅱ相試験:安全性について(FACOS study)=70歳以上高齢者と非高齢者の比較=.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪,  2016/04
48. ◎長島誠, 森山彩子, 鍋倉大樹, 川満健太郎, 門屋健吾,佐藤礼実, 北原知晃, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 金澤真作, 大城崇司, 大城充, 岡住慎一, 加藤良二: 高齢者の難治性気胸に対する胸腔鏡下・肺切除手術の検討.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪,  2016/04
49. ◎川名秀俊, 山口崇, 岡谷しのぶ, 齋木厚人, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療後の体組成・糖脂質代謝に関する追跡調査~3年次報告~.  第113回日本内科学会総会・講演会,  東京都,  2016/04
50. ◎田中宏, 岡住慎一, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 川満健太郎, 佐藤礼実, 北原知晃, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 金澤真作, 大城崇司, 大城充, 長島誠, 加藤良二: クローン病術後抗TNF-α抗体維持療法の成績と再燃例の検討.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪,  2016/04
51. ◎金澤真作, 緒方秀昭, 藺藤祐哉, 鍋倉大樹, 川満健太郎, 佐藤礼実, 門屋健吾, 高木隆一, 田中宏, 岡住慎一, 加藤良二: 乳房造影超音波検査のtime to peakで解析した術前化学療法効果判定が乳癌手術に与える影響.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪,  2016/04
52. ◎森山彩子, 長島誠, 藺藤佑哉, 川満健太郎, 門屋健吾, 佐藤礼実, 北原知晃, 高木隆一, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 金澤真作, 大城崇司, 大城充, 齋藤綾, 本村昇, 岡住慎一, 加藤良二: 50歳未満の自然気胸の再発予防に対する、肺部分切除と胸膜補強術の有用性の検討.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪,  2016/04
53. Shinichi Okazumi: The outcome of the bariatric and metabolic surgery in Japan studied with Japanese registry by JSTO.  日本消化器外科学会総会,  徳島,  2016/07
国際学会
1. ◎Nishizawa D, Kasai S, Hasegawa J, Sato N, Yamada H, Tanioka F, Nagashima M, Ujike H, Hashimoto R, Arai T, Mori S, Sawabe M, Naka-Mieno M, Yamada Y, Yamada M, Sato N, Muramatsu M, Tanaka M, Hayashida M, Sugimura H, Ikeda K.: Associations between the orexin (hypocretin) receptor 2 gene polymorphism Val308Ile and nicotine dependence in genome-wide and subsequent association studies.  The 13th International Congres of Human Genetics,  Kyoto,  2016/04
2. ◎Ban N, Tanaka S, Watanabe R, Watanabe Y, Sato Y, Imamura H, Yamaguchi T, Kawana H, Saiki A, Oshiro T, Okazumi S, Shirai K, Tatsuno I: Bariatric surgery versus intensive medical therapy for weight reduction and diabetes in Japanese morbid obesity patients.  Obesity Week 2016,  New Orleans,USA,  2016/11
3. ◎Aya Saito, Noboru Motomura, Yuya Ito, Kazuhiro Shimizu, Mao Takahashi, Akira Takahara, Koji Shirai: Changes of aortic stiffness during aortic clamp / declamp maneuver.  The 26th Meeting of the International Society of Hypertension (Hypertension Seoul 2016),  ソウル, 韓国,  2016/09
4. ◎Okazumi S, Narushima K, Akutsu Y, Kato R, Shimada H, Matsubara H: The analysis method of the histological effect of heavy ion radiotherapy for esophageal cancer using 11C-methionine PET-CT.  The 15th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus(ISDE 2016),  Singapore,  2016/09
5. Hiroshi Tamagawa, Hiroyuki Uetake, Megumi Ishiguro, Nobuyuki Mizunuma, Yusuke Kinugasa, Izumi Mochizuki, Tetsuya Hamaguchi, Junichi Hasegawa, Kenji Katsumata, Keiichiro Ishibashi, Yutaka Ogata, Yasumasa Takii, Mitsuru Ooshiro, Tatsuo Kagimura, Kenichi Sugihara TRICC0808 group: A multicenter phase II trial of mFOLFOX6 plus bevacizumab as treatment for liver-only metastases from colorectal cancer unsuitable for upfront resection (TRICC0808): Final analysis for survival.  ASCO GI 2016,  Chicago,  2016/06
その他
1. ◎渡邉康弘, 齋木厚人, 大城崇司, 山口崇, 林果林, 辻紗耶香, 周東佑樹, 長尾元嗣, 久保田芳明, 岡住慎一, 龍野一郎: 繰り返す心不全を有する離島在住、生活保護の高度肥満に対する手術適応.  第8回 肥満症総合治療セミナー,  佐倉,  2017/03
2. ◎金居理恵子, 齋木厚人, 木下恵理, 古賀みどり, 鮫田真理子, 辻沙耶佳, 野口雅代, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: Formula Diet を活用した 当院の術前行動変容プログラム.  第2回肥満外科栄養研究会,  東京,  2017/01
  :Corresponding Author
  :本学研究者