東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 内科学講座 消化器内科学分野(佐倉)
 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Internal Medicine (Sakura)

教授:
  鈴木 康夫
講師:
  高田 伸夫
  竹内 健
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















鈴木 康夫   教授
 3 4  2  1 1       2
(2)
 7
(2)
 
 1
(1)
 3
(3)
 4
(4)
高田 伸夫   講師
              
 3
 
 
 
 
竹内 健   講師
 3  1   1  1      5
(5)
 2
 1
(1)
 
 
 
岩佐 亮太   助教
              
 5
(1)
 
 
 
 
菊地 秀昌   助教
              1
 8
 
 
 
 
 6 1  2 1  0  8
(7)
 1
(1)
 3
(3)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Suzuki Y1, Iida M, Ito H, Nishino H, Ohmori T, Arai T, Yokoyama T, Okubo T, Hibi T.:  2.4 g Mesalamine (Asacol 400 mg tablet) Once Daily is as Effective as Three Times Daily in Maintenance of Remission in Ulcerative Colitis: A Randomized, Noninferiority, Multi-center Trial.  Inflamm Bowel Dis  23 (5) :822 -832 , 2017
2. Toshifumi Hibi, RemoPanaccione, Miiko Katafuchi, Kaoru Yokoyama, Kenji Watanabe,Toshiyuki Matsui,Takayuki Matsumoto,
Simon Travis,Yasuo Suzuki:  The 5C Concept and 5S Principles in Inflammatory Bowel Disease Management.  Journal of Crohn's and Colitis  :1 -7 , 2017
総説及び解説
1. 竹内 健、鈴木康夫:  炎症性腸疾患における新しい便中マーカー:カルプロテクチンを中心に.  Mebio  34 (7) :88 -95 , 2017
2. 竹内 健、鈴木康夫:  特集:潰瘍性大腸炎の治療選択
潰瘍性大腸炎治療薬の特徴と適応
抗TNF-α抗体製剤.  消化器の臨床  20 (4) :276 -281 , 2017
3. Ken Takeuchi, Takahiro Shimoyama, Takayuki Yamamoto:  Comparison of Safety and Efficacy of Tacrolimus versus Infliximab for Active Ulcerative Colitis.  Digestive Disease  :1 , 2017
その他
1. 竹内 健、新井典岳、鈴木康夫:  便中カルプロテクチンはバルーン小腸内視鏡とCTエンテログラフィーで確認した小腸クローン病の重症度と相関する.  INTESTINE  21 (3) :276 -278 , 2017
2. 鈴木康夫:  炎症性腸疾患治療最前線.  Medical Tribune  50 (14) :13 , 2017
3. 鈴木康夫:  なんでも健康相談・消化器内科.  NHKテキスト きょうの健康  :114 , 2017
4. 鈴木康夫:  先生の知りたい最新医学がここにある
「潰瘍性大腸炎」.  健  46 (5) :33 -36 , 2017
5. 鈴木康夫:  対談:クローン病治療におけるステラーラの可能性-乾癬治療で示されたステラーラの有効性と安全性から考える-.  日経メディカル  (596) :59 -61 , 2017
■ 著書
1. 竹内 健:  画像診断「CT」.  プリンシプル消化器疾患の臨床2
腸疾患診療の現在  103-106.  株式会社中山書店,  東京, 2017
2. 鈴木康夫:  炎症性腸疾患
「潰瘍性大腸炎」.  プリンシプル消化器疾患の臨床2  214-220.  株式会社中山書店,  東京, 2017
3. 山田哲弘、鈴木康夫:  虚血性大腸炎.  1336専門家による私の治療 2017-18年度版  395-396.  日本医事新報社,  東京, 2017
4. Ken Takeuchi, Miyuki Miyamura, Tsunetaka Arai, Rumiko Ishikawa, Akihiro Yamada and Yasuo Suzuki:  Current Progress of Endoscopy in Inflammatory Bowel Disease: CT Enterography and CT Colonography in Inflammatory Bowel Disease.  Advances in Endoscopy in Inflammatory Bowel Disease  43-55.  Springer Japan,  Tokyo, Japan, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. 竹内 健、鈴木康夫: 便中カルプロテクチン測定間隔の潰瘍性大腸炎の予後予測に対する影響への検討.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  博多、日本,  2017/11
2. 竹内健: IBD診療における便中カルプロテクチンの使い方.  第54回日本消化器免疫学会総会,  東京, 日本,  2017/09
3. 岩下裕明、高田伸夫、佐々木大樹、勝俣雅夫、宮村美幸、菊地秀昌、岩佐亮太、長村愛作、中村健太郎、竹内 健、鈴木康夫、清水直美、笹井大督、徳山宣、蛭田啓之: B型肝炎加療中に悪性リンパ腫を発症した一例.  日本消化器病学会関東支部第345回例会,  東京,  2017/07
4. 柴本麻衣、木村道明、大内裕香、古川潔人、岩下裕明、佐々木大樹、勝俣雅夫、菊地秀昌、岩佐亮太、長村愛作、中村健太郎、竹内 健、高田伸夫、鈴木康夫: 若年および高齢者潰瘍性大腸炎に対する血球成分除去療法の有効性の検討.  日本消化器病学会関東支部第345回例会,  東京,  2017/07
5. ◎蛭田啓之, 稲岡 努, 笹井大督, 徳山 宣, 粕谷秀輔, 寺田一志, 岩佐亮太, 土谷一晃: 診断に苦慮した多発性骨髄腫の1例.  第50回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会,  東京,  2017/07
6. 鈴木康夫: 難治性潰瘍性大腸炎における最新治療戦略.  日本消化器病学会東北支部第203回例会/第159回日本消化器内視鏡学会東北支部例会,  岩手,  2017/07
7. 竹内健: 潰瘍性大腸炎の長期寛解とモニタリングー潰瘍性大腸炎治療における
疾患活動性モニタリングの意義ー.  第103回日本消化器病学会,  東京,  2017/04
8. 竹内 健: 潰瘍性大腸炎の長期寛解とモニタリング.  第103回日本消化器病学会総会,  東京,  2017/04
9. 鈴木康夫: UCにおけるこれからの抗体製剤治療を整理する~臨床成績から~.  第103回日本消化器病学会総会,  東京,  2017/04
10. 竹内 健、岩佐亮太、鈴木康夫: 潰瘍性大腸炎におけるインフリキシマブ導入2週間後のCRPレベルは長期有効性を予測する.  日本消化器病学会,  東京,  2017/04
11. ◎蛭田啓之, 稲岡 努, 岩佐亮太, 笹井大督, 徳山 宣, 粕谷秀輔, 寺田一志: 診断に難渋した多発性骨腫瘍の1例.  第45回日本病理学会関東支部千葉地区集会,  千葉,  2017/04
国際学会
1. Ken Takeuchi, Ryuichi Furukawa, Daiki Sasaki and Yasuo Suzuki: The Early Response to Tacrolimus is likely to be a Predictor of the Long-term Outcome in the Patients with Ulcerative Colitis.  The 5th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis,  Seoul, Korea,  2017/06
その他
1. 鈴木康夫: IBDの新規治療.  第21回県北東部IBD(炎症性腸疾患)研究会,  千葉,  2017/09
2. 鈴木康夫: 「IBD治療におけるインフリキシマブのLCM(Life Cycle Management)と そのインパクト~医療現場のニーズに応えた育薬~」.  第181回県北薬剤師勉強会,  茨城,  2017/09
3. 鈴木康夫: 潰瘍性大腸炎治療の新展開.  潰瘍性大腸炎治療の最前線,  茨城,  2017/08
4. 鈴木康夫: 潰瘍性大腸炎治療の基本から応用へ.  第21回K-NET 病診連携懇話会~IBD診療の実態について~,  埼玉,  2017/07
5. 鈴木康夫: 「クローン病治療up date」~最適なBioの使い方~.  Hitachiクローン病セミナー,  茨城,  2017/07
6. 鈴木康夫: 炎症性腸疾患における新治療戦略.  第19回IBD治療研究会,  名古屋,  2017/06
7. 鈴木康夫: IBD難治症例に対する治療戦略.  水戸協同病院病診連携講演会,  茨城,  2017/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者