東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 内科学講座 消化器内科学分野(佐倉)
 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Internal Medicine (Sakura)

教授:
  鈴木 康夫
講師:
  高田 伸夫
  竹内 健
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















鈴木 康夫   教授
 1 2 1           
 4
 
 
 
 
高田 伸夫   講師
              
 1
 
 
 
 
菊地 秀昌   助教
              1
 6
 
 
 
 
 1 1  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Suzuki Y1, Iida M, Ito H, Nishino H, Ohmori T, Arai T, Yokoyama T, Okubo T, Hibi T.:  2.4 g Mesalamine (Asacol 400 mg tablet) Once Daily is as Effective as Three Times Daily in Maintenance of Remission in Ulcerative Colitis: A Randomized, Noninferiority, Multi-center Trial.  Inflamm Bowel Dis.  23 (5) :822 -832 , 2017
総説及び解説
1. 竹内 健、鈴木康夫:  炎症性腸疾患における新しい便中マーカー:カルプロテクチンを中心に.  Mebio  34 (7) :88 -95 , 2017
その他
1. 竹内 健、新井典岳、鈴木康夫:  便中カルプロテクチンはバルーン小腸内視鏡とCTエンテログラフィーで確認した小腸クローン病の重症度と相関する.  INTESTINE  21 (3) :276 -278 , 2017
2. 鈴木康夫:  炎症性腸疾患治療最前線.  Medical Tribune  50 (14) :13 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎蛭田啓之, 稲岡 努, 笹井大督, 徳山 宣, 粕谷秀輔, 寺田一志, 岩佐亮太, 土谷一晃: 診断に苦慮した多発性骨髄腫の1例.  第50回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会,  東京,  2017/07
2. 横山薫、竹内 健: 潰瘍性大腸炎の長期寛解とモニタリング.  日本消化器病学会,  東京,  2017/04
3. 竹内 健: 潰瘍性大腸炎の長期寛解とモニタリング.  第103回日本消化器病学会総会,  東京,  2017/04
4. 竹内 健、岩佐亮太、鈴木康夫: 潰瘍性大腸炎におけるインフリキシマブ導入2週間後のCRPレベルは長期有効性を予測する.  日本消化器病学会,  東京,  2017/04
5. ◎蛭田啓之, 稲岡 努, 岩佐亮太, 笹井大督, 徳山 宣, 粕谷秀輔, 寺田一志: 診断に難渋した多発性骨腫瘍の1例.  第45回日本病理学会関東支部千葉地区集会,  千葉,  2017/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者