東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2012年度 | 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 麻酔科学講座(大橋)
 Department of Anesthesiology (Ohashi)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小竹 良文   教授
 4 3 1 2  5 1       7
(7)
 4
(3)
 1
 
 
 
青山 幸生   准教授
 1 3            4
(4)
 2
(1)
 1
(1)
 
 
 
荒川 真之   講師
              
 1
(1)
 
 
 
 
小野寺 潤   助教
              
 
 
 1
 
 
篠田 重男   助教
  3            
 
 
 1
 
 
冨地 恵子   助教
              
 
 
 1
 
 
豊田 大介   助教
 1 5 2 1  1 1       
 3
(3)
 
 1
 
 
 6 3  6 0  0  11
(11)
 2
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Daisuke Toyoda, Rie Yasumura, Mitsue Fukuda, Ryoichi Ochiai, Yoshifumi Kotake:  Evaluation of multiwave pulse total-hemoglobinometer during general anesthesia.  J anesth  28 (3) :463 -466 , 2014
2. Yoshifumi Kotake, Mitsue Fukuda, Aya Yamagata, Ririko Iwasaki, Daisuke Toyoda, Takashi Terada, Nobukazu Sato, Ryoichi Ochiai:  Low molecular weight pentastarch is more effective than crystalloid solution in goal-directed fluid management in patients undergoing major abdominal surgery.  Journal of Anesthesia  28 (2) :180 -188 , 2014
3. Toyoda D, Fukuda M, Iwasaki R, Terada T, Sato N, Ochiai R, Kotake Y:  The comparison between stroke volume variation and filling pressure as an estimate of right ventricular preload in patients undergoing renal transplantation.  Journal of Anesthesia  29 (1) :40 -46 , 2015
総説及び解説
1. 豊田大介, 小竹良文:  Goal-directed intraoperative therapy.  Anet  18 (2) :26 -30 , 2014
2. 牧裕一, 豊田大介, 小竹良文:  体液管理における代用血漿とアルブミン製剤の功罪.  ICUとCCU  38 (11) :737 -743 , 2014
3. 牧裕一, 豊田大介, 小竹良文:  人工呼吸中の輸液管理.  救急・集中治療  9・10 (26) :1355 -1361 , 2014
4. 小竹良文, 豊田大介, 篠田重男, 牧裕一:  侵襲時のHESその光と影 Part 2:controversial issues.  体液・代謝管理  30 :9 -15 , 2014
5. 小竹良文, 豊田大介, 篠田重男, 牧 裕一:  代用血漿の適切な使用法.  日本臨床麻酔学会誌  34 (4) :549 -555 , 2014
6. 小竹良文, 篠田重男, 牧裕一, 豊田大介:  高リスク手術における輸液管理.  日本臨床麻酔学会誌  35 (1) :41 -47 , 2015
症例報告
1. 青山幸生, 広門靖正, 包 隆穂, 永田勝太郎:  心因性疼痛に対して身体的アプローチおよび実存的アプローチが有効であった1症例.  全人的医療  13 (1) :81 -87 , 2014
2. 広門靖正, 青山幸生, 永田勝太郎:  実存的アプローチの奏功した特発性三叉神経痛の1例.  全人的医療  14 (1) :50 -60 , 2014
3. 櫻井貴敏, 青山幸生, 齋藤紀彦:  救急外来における疼痛軽減に対する芍薬甘草湯の有効性.  日本東洋医学雑誌  66 (1) :34 -39 , 2015
4. 櫻井貴敏, 青山幸生, 伊藤圭介, 伊豆蔵英明, 岩渕聡:  トラマドール塩酸塩・アセトアミノフェン配合剤にて軽快した外傷性頚部症候群の一例.  慢性疼痛  33 (1) :115 -116 , 2014
その他
1. 岡本裕美, 平尾健, 青木文明, 斎藤拓郎, 日野由香里, 加藤文彦, 大沢光行, 別所郁夫, 森下正樹, 小竹良文:  当院のチーム医療におけるピットフォール-急性血液浄化における臨床工学士の立場から-.  日本急性血液浄化学会雑誌  5 (1) :103 -107 , 2014
■ 著書
1. 豊田大介, 小竹良文:  症例検討1. 結腸癌手術.  症例で学ぶ周術期の輸液管理  30-39.  メディカルサイエンスインターナショナル,  東京, 2014
2. 小竹良文:  体液・代謝管理.  麻酔科学文献レビュー2015-2016  92-110.  学研メディカル秀潤社,  東京, 2015
3. 小竹良文:  吸入麻酔薬の肝毒性と腎毒性.  吸入麻酔  178-190.  克誠堂出版,  東京, 2014
4. 小竹良文:  スガマデクスによる筋弛緩の拮抗.  麻酔科研修ノート改訂第2版  424-425.  診断と治療社,  東京, 2014
5. 小竹良文:  循環モニタリング.  集中治療専門医テキスト第2版  247-264.  総合医学社,  東京, 2015
6. 小竹良文, 豊田大介, 牧裕一:  脳外科術後のQT延長.  循環器疾患:治療過程で遭遇する諸問題の解決法  128-134.  日本医事新報社,  東京、日本, 2014
■ 学会発表
国内学会
1. ◎青山幸生, 広門靖正, 永田勝太郎: 慢性疼痛の特徴とその治療戦略.  第44回日本慢性疼痛学会,  横浜市、日本,  2015/02
2. ◎青山幸生, 広門靖正, 包 隆穂, 荒川真之, 小竹良文, 永田勝太郎: 慢性疼痛ー患者と治療者を埋めるもの.  第44回日本慢性疼痛学会,  横浜市、日本,  2015/02
3. ◎牧裕一, 豊田大介, 川原小百合, 小竹良文: 片肺全摘の周術期に経肺熱希釈法による水分管理を行った1例.  第42回日本集中治療医学会学術集会,  東京,  2015/02
4. 小竹良文: 集中治療医学会誌の近況.  第42回日本集中治療医学会学術集会,  東京,  2015/02
5. 小竹良文、豊田大介、牧 裕一: 心拍出量を知る.  第34回日本臨床麻酔学会,  東京,  2014/11
6. 小竹良文、豊田大介、牧 裕一: 筋弛緩モニタリングの変遷と種類.  第34回日本臨床麻酔学会,  東京,  2014/11
7. 小竹良文: 予後を見据えた周術期輸液管理.  第28回東海外科医会,  津,  2014/10
8. ◎青山幸生, 広門靖正, 包 隆穂, 永田勝太郎: 心因性疼痛に対して、身体的疼痛治療が大きな役割を果たした1症例ー全人的治療の実践を通じてー.  第27回日本疼痛心身医学会,  浜松、日本,  2014/09
9. ◎青山幸生: 慢性疼痛の特徴と治療戦略.  ケア・ワーク研究会 第8回学術総会,  福岡、日本,  2014/09
10. ◎加藤文彦, 青木文明, 平尾健, 斎藤拓郎, 岡本裕美, 日野由香里, 大沢光行, 別所郁夫, 森下正樹, 小竹良文, 中村正人: Instant Wave-Free Ratio(瞬時血流予備量比:iFR)の臨床使用経験.  第23回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2014/07
11. ◎櫻井貴敏, 齋藤紀彦, 青山幸生: 変形性腰痛症に伴う疼痛、しびれに対する牛車腎気丸の症状緩和への有用性―NCVを用いた客観的評価―.  第65回日本東洋医学会学術総会,  東京,  2014/06
12. ◎林盛人, 佐藤健一郎, 横内哲也, 谷真理子, 青木和哉, 伊藤圭介, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 原科純一, 石井匡, 岩間淳哉, 服部尚史, 飯塚有応, 五味達哉, 岩渕聡: 頚動脈プラーク性成分別カラーイメージを用いた不安定プラークの検討-CAS後DWI所見との相関.  第20回日本血管内治療学会総会,  和歌山,  2014/06
13. 小竹良文: 周術期輸液のbasic.  第61回日本麻酔科学会学術集会,  横浜,  2014/05
14. 小竹良文: 麻酔中のリクルートメント手技による肺合併症予防の可能性.  第61回日本麻酔科学会学術集会,  横浜,  2014/05
15. 小竹良文: 低侵襲血行動態モニタ.  第61回日本麻酔科学会学術集会,  横浜,  2014/05
16. 小竹良文: 低侵襲血行動態モニタを用いた輸液管理.  第25回日本臨床モニター学会,  天童,  2014/04
国際学会
1. Yoshifumi Kotake, Hiroki Kimura, Daisuke Toyoda, Shigeo Shinoda, Keiko Tomichi, Jun Onodera: Stroke volume is more important than cardiac output to maintain adequate central venous oxygen saturation in patients undergoing major hepatobiliary surgery.  American Society of Anesthesiologists Annual Meeting,  New Orleans, LA, USA,  2014/10
2. ◎Aoyama Y, Nagata K, Hirokado Y, Tsutsumi T: Chronic pain and its management in primary care.  The 16th Congress of Asian College of Psychosomatic Medicine,  Jakarta, Indonesia,  2014/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者