東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 眼科学講座(大橋)
 Department of Ophthalmology (Ohashi)

教授:
  富田 剛司
准教授:
  石田 恭子
  八木 文彦
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















富田 剛司   教授
  2  3          1
(1)
 6
 
 2
 
 
石田 恭子   准教授
  2 1 2          
 5
 
 2
 
 
八木 文彦   准教授
              1
(1)
 2
 
 
 
 
安樂 礼子   助教
  2     1       3
(3)
 4
 1
 1
 
 
伊藤 浩幸   助教
  1            
 
 
 
 
 
榎本 暢子   助教
  2  1          
 2
 
 2
 
 
 0 1  0 0  0  5
(5)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 内匠哲郎、伊藤浩幸、安樂礼子、竹山明日香、榎本暢子、石田恭子、富田剛司:  プロスタグランジン関連薬点眼治療介入前後における視神経乳頭血流変化と乳頭周囲脈絡網膜萎縮との関連の解析.  あたらしい眼科  34 (5) :734 -739 , 2017
2. 塚原瞬、榎本暢子、石田恭子、伊藤浩幸、安樂礼子、富田剛司:  リパスジル点眼液による眼圧下降効果の検討.  臨床眼科  71 (4) :611 -616 , 2017
3. Kuroda , Enomoto N , Ishida K , Shimazawa M , Noguchi T , Horai N , Onoe H , Hara H , Tomita G:  Movement of retinal vessels toward the optic nerve head after increasing intraocular pressure in monkey eyes with experimental glaucoma.  Experimental eye Research  162 :110 -115 , 2017
4. Araie M, Iwase A, Sugiyama K, Nakazawa T, Tomita G, Hangai M, Yanagi Y, Murata H, Taihara H, Burgoyne CF, Chauhan BC:  Determinants and characteristics of Bruch's membrane openinig and bruch's membrane opening-minimum rim width in a normal Japanese population.  Investigative ophthalmology & visual science  58 (10) :4106 -4113 , 2017
5. Ishida K, Moroto N, Murata K, Yamamoto T.:  Effect of glaucoma implant surgery on intraocular pressure reduction, flare count, anterior chamber depth, and corneal endothelium in primary open-angle glaucoma.  Japanese Journal of Ophthalmology  :[Epub ahead of print] , 2017
6. Inoue K, Matsumoto M, Ishida K, Tomita G:  Efficacy and safety of switching from prostaglandin analog therapy to prostaglamdin/timolol fixed combination or prostaglamdin/brimonidine therapy.  Open Ophthalmolgy Journal  11 :156 -163 , 2017
症例報告
1. Mochizuki K, Nishida T, Murata K, Ishida K, Sunada A, Asari S, Ohkusu K, Tanaka K.:  Roussoella solani causing keratomycosis, with an observed both sexual and asexual morphs.  Journal of Infection and Chemotherapy  :[Epub ahead of print] , 2017
■ 著書
1. 安樂礼子:  緑内障点眼薬の持つ血流改善作用.  眼科グラフィック  332-344.  メディカ出版,  大阪、日本, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. 富田剛司: 緑内障視神経乳頭の不思議に迫る.  第71回日本臨床眼科学会,  東京,  2017/10
2. ◎安樂礼子: 緑内障の黄斑血流.  第71回 日本臨床眼科学会,  東京、日本,  2017/10
3. ◎正井智子、安樂礼子、石田恭子、内匠哲郎、富田剛司: 緑内障眼における 線維柱帯切除術前後と点眼前後の 視神経乳頭血流波形変化の比較.  第71回 日本臨床眼科学会,  東京、日本,  2017/10
4. ◎安樂礼子: 緑内障と血流・臨床の観点から.  第28回 日本緑内障学会,  広島市、日本,  2017/09
5. ◎飯田 純也、安樂 礼子、石田 恭子、内田 望、竹山 明日香、富田 剛司: 広義原発開放隅角緑内障病期別における 黄斑部血管密度の解析.  第28回 日本緑内障学会,  広島市、日本,  2017/09
6. ◎竹内玲美, 榎本暢子, 石田恭子, 安樂礼子, 富田剛司: 広義開放隅角緑内障における上方あるいは下方半視野障害に関与する因子.  第28回日本緑内障学会,  広島市、日本,  2017/09
7. ◎安樂礼子: 緑内障における 黄斑部血流の評価.  第34回 日本眼循環学会,  大阪、日本,  2017/07
8. ◎林盛人, 八木文彦, 石井匡, 富田剛司, 岩渕聡: 頚動脈ステント留置術による網膜循環への影響 短期および中長期変化の検討.  第34回日本眼循環学会,  大阪,  2017/07
9. ◎林盛人, 石井匡, 伊古田雅史, 岩間淳哉, 藤田聡, 平井希, 齋藤紀彦, 青木和哉, 中山晴雄, 八木文彦, 岩渕聡: 頚動脈ステント留置前後における網脈絡膜血流の変化.  第4回日本心血管脳卒中学会学術集会,  福岡,  2017/06
10. ◎内匠哲郎, 榎本暢子, 石田恭子, 富田剛司: 開放隅角緑内障眼における線維柱帯切除後の視神経乳頭構造の変化.  第121回日本眼科眼科学会総会,  東京、日本,  2017/04
11. ◎内田 望、安樂 礼子、竹山 明日香、石田 恭子、富田 剛司: 半視野障害の原発開放隅角緑内障におけるOCTangiographyによる黄斑部血管密度の解析.  第121回 日本眼科学会総会,  東京、日本,  2017/04
12. ◎八木文彦, 斉田芳久, 田中友里, 増渕孝子, 風間利文, 富田剛司: 当院における転倒・転落イベントの発生件数およびその特徴の検討.  第121回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
国際学会
1. ◎Atsumi Kuroda, Nobuko Enomoto, Kyoko Ishida, Masamitu Shimazawa, Tetsuro noguchi, Naoto Horai, Hirotaka Onoe, Goji Tomita: Movement of retinal vessels toward the optic nerve head layer afterincreasing intraocular pressure in monkey eyes with experimental glaucoma.  World Glaucoma Congress,  ヘルシンキ、フィンランド,  2017/06
2. ◎Ayako Anraku, Kyoko Ishida, Nobuko Enomoto, Goji Tomita: Effects of prostagrandin analogs on optic nerve head microcirculation in untreated normal tension glaucoma.  World Glaucoma Congress,  ヘルシンキ、フィンランド,  2017/06
3. ◎Haruka Moroi, Ayako Anraku, Kyoko Ishida, Goji Tomita: Related Factors For The Right- Left Differences Of Visual Field Defects In Untreated Normal Tension Glaucoma.  World Glaucoma Congress,  ヘルシンキ、フィンランド,  2017/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者