東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 眼科学講座(大橋)
 Department of Ophthalmology (Ohashi)

教授:
  富田 剛司
准教授:
  石田 恭子
  八木 文彦
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石田 恭子   准教授
   1 1          
 
 
 
 
 
八木 文彦   准教授
              1
(1)
 2
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  1
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Ishida K, Moroto N, Murata K, Yamamoto T.:  Effect of glaucoma implant surgery on intraocular pressure reduction, flare count, anterior chamber depth, and corneal endothelium in primary open-angle glaucoma.  Japanese Journal of Ophthalmology  :[Epub ahead of print] , 2017
症例報告
1. Mochizuki K, Nishida T, Murata K, Ishida K, Sunada A, Asari S, Ohkusu K, Tanaka K.:  Roussoella solani causing keratomycosis, with an observed both sexual and asexual morphs.  Journal of Infection and Chemotherapy  :[Epub ahead of print] , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎林盛人, 八木文彦, 石井匡, 富田剛司, 岩渕聡: 頚動脈ステント留置術による網膜循環への影響 短期および中長期変化の検討.  第34回日本眼循環学会,  大阪,  2017/07
2. ◎林盛人, 石井匡, 伊古田雅史, 岩間淳哉, 藤田聡, 平井希, 齋藤紀彦, 青木和哉, 中山晴雄, 八木文彦, 岩渕聡: 頚動脈ステント留置前後における網脈絡膜血流の変化.  第4回日本心血管脳卒中学会学術集会,  福岡,  2017/06
3. ◎八木文彦, 斉田芳久, 田中友里, 増渕孝子, 風間利文, 富田剛司: 当院における転倒・転落イベントの発生件数およびその特徴の検討.  第121回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者