東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 脳神経外科学講座(大橋)
 Department of Neurosurgery (Ohashi)

教授:
  岩渕 聡
准教授:
  青木 和哉
講師:
  伊藤 圭介
  齋藤 紀彦
  櫻井 貴敏
  中山 晴雄
  林 盛人
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















藤田 聡   助教
              
 1
 
 1
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎伊藤圭介, 長張浩昌, 櫻井貴敏, 岩渕聡, 武者芳朗: 仙腸関節障害における疼痛関連部位の特徴.  第33回日本脊髄外科学会,  奈良,  2018/06
2. ◎原田侑弥, 髙橋美咲, 安田葉月, 藤田 聡, 福田英嗣: 頭蓋内黄色腫に合併した扁平黄色腫の1例..  第117回日本皮膚科学会総会,  広島,  2018/06
3. ◎伊藤圭介, 長張浩昌, 金城純人, 伊志嶺洋平, 池上博泰, 武者芳朗: 腰椎変性すべり症を有する腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲後方除圧単独施行例の長期成績(術後5年以上フォロー症例の検討).  第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会,  神戸,  2018/04
4. ◎伊藤圭介, 長張浩昌, 金城純人, 伊志嶺洋平, 金子卓男, 池上博泰, 武者芳朗: 仙腸関節障害における疼痛関連部位の特徴.  第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会,  神戸,  2018/04
国際学会
1. ◎Saito N, Aoki K, Hirai N, Fujita S, Nakayama H, Hayashi M, Sakurai T, Iwabuchi S: Role of Notch signaling in bevacizumab-induced vascular normalization in glioblastoma (Poster).  American Association for Cancer Research Annual Meeting 2018 (AACR),  Chicago, USA,  2018/04
その他
1. ◎中山晴雄: MRSAによる術後頭蓋内硬膜外膿瘍の症例.  第11回病院連携感染制御研究会,  東京,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者