東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 外科学講座 一般・消化器外科学分野(大橋)
 Division of General and Gastroenterological Surgery, Department of Surgery (Ohashi)

教授:
  草地 信也
  斉田 芳久
准教授:
  中村 陽一
  渡邉 学
講師:
  浅井 浩司
  榎本 俊行
  岡本 康
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















草地 信也   教授
 1 2  3          
 42
(18)
 2
(2)
 6
(2)
 
 3
(2)
斉田 芳久   教授
 1 3  4          1
(1)
 35
(10)
 
 9
(5)
 
 4
(2)
中村 陽一   准教授
              1
(1)
 4
(4)
 
 
 3
(3)
 2
(2)
渡邉 学   准教授
 2 5  5          3
(1)
 36
(12)
 
 7
(4)
 
 2
(1)
浅井 浩司   講師
 1 1 1 4          7
(5)
 25
(8)
 1
(1)
 6
(3)
 1
(1)
 1
榎本 俊行   講師
 1 2  1          2
 30
(7)
 
 3
 1
(1)
 4
(2)
岡本 康   講師
              
 8
(4)
 
 1
 
 1
秋山 美和   助教
    1          1
 
 
 
 
 
桐林 孝治   助教
    1          2
(1)
 10
(6)
 1
 3
(2)
 1
 1
(1)
齋藤 智明   助教
 2 2  2          3
(1)
 23
(11)
 
 5
(4)
 
 1
(1)
髙橋 亜紗子   助教
 2             1
 10
(2)
 
 1
 
 1
(1)
長尾 さやか   助教
              2
 11
(3)
 
 1
 1
(1)
 
西牟田 浩伸   助教
              1
(1)
 6
(4)
 
 3
(2)
 
 1
樋口 格   助教
 1             5
(1)
 6
(1)
 1
 
 
 1
(1)
松清 大   助教
  2  2          3
 17
(9)
 1
 2
(2)
 
 1
(1)
渡邊 良平   助教
              
 16
(4)
 
 1
 
 1
(1)
 11 1  0 0  0  32
(12)
 6
(3)
 7
(6)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 草地信也, 大江慶司, 奥田恭行, 佐々木淳一, 前谷容, 渡邉学, 田熊清継, 折戸悦朗, 清水潤三:  Levofloxacin注射剤の外科領域感染症を対象とした臨床試験.  日本科学療法学会雑誌  65 (3) :445 -455 , 2017
2. 浅井浩司,渡邉 学,松清 大,齋藤智明,鯨岡 学,草地信也:  単孔式腹腔鏡下手術用デバイスを応用した急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術における手術指導の工夫.  日本内視鏡外科学会雑誌  22 :827 -832 , 2017
3. ◎鯨岡学, 斎藤智明, 浅井浩司, 渡邊学, 松清大, 石井智貴, 中村陽一, 片田夏也, 斉田芳久, 原英彦, 前谷容, 草地信也:  膵頭十二指腸切除術後の仮性動脈瘤出血および門脈内血栓に対して血管内治療を施行し救命し得た1例.  日本腹部救急医学会雑誌  37 (4) :637 -641 , 2017
4. Asai K, Watanabe M, Kusachi S, Matsukiyo H, Saito T, Ishii T, Kujiraoka M, Katagiri M, Katada N, Saida Y:  Evaluating the timing of laparoscopic cholecystectomy for acute cholecystitis in an experienced center based on propensity score matching.  Asian Journal of Endoscopic Surgery  10 (2) :166 -172 , 2017
5. Hata Y, Kiribayashi T, Kishi K, Nagashima M, Nakayama T, Ikeda S, Kadokura M, Ozeki Y, Otsuka H, Murakami Y, Takagi K, Iyoda A:  Adherence and feasibility of 2 treatment schedules of S-1 as adjuvant chemotherapy for patients with completely resected advanced lung cancer: a multicenter randomized controlled trial.  BMC Cancer  17 (1) :581 , 2017
6. Nakamura Y ,Takamiya Y, Saito M, Kuroko K, Shiratsuchi T, Oshima K, Ito Y, Miyake S:  A survey of palliative edicine education in Japan's undergraduate medical curriculum.  BMC Palliative Care  16 :38 , 2017
7. Kujiraoka M, Kuroda M, Asai K, Sekizuka T, Kato K, Watanabe M, Matsukiyo H, Saito T, Ishii T, Katada N, Saida Y, Kusachi S:  Comprehensive Diagnosis of Bacterial Infection Associated with Acute Cholecystitis Using Metagenomic Approach.  Front Microbiol  1 (1) :1 -1 , 2017
8. Iwashita Y, Hibi T, Oyama T, Umezawa A, Takada T, Strasberg SM, Asbun HJ, Pitt HA, Han HS, Hwang TL, Suzuki K, Yoon YS, Choi IS, Yoon DS, Huang WS, Yoshida M, Wakabayashi G, Miura F, Okamoto K, Endo I, de Santibanse E, Gimenez ME, Windsor JA, Garden J, Gouma DJ, Cherqui D, Belli G, Dervenis C, Deziel DJ, Jonas EC, Jagannath P, Supe AN, Singh H, Liau KH, Chen XP, Chan ACW, Lau WY, Fan WY, Chen MF, Kim MH, Honda G, Sugioka A, Asai K, Wada K, Mori Y, Higuchi R, Misawa T, Watanabe M, Hirata K, Sumiyama Y, Inui K, Yamamoto M:  Delphi consensus on bile duct injuries during laparoscopic cholecystectomy: An evolutionary cul-de-sac or the birth pangs of a new technical framework.  J Hepatobiliary Pancreat Sci  24 (11) :591 -602 , 2017
9. Tanabe K, Takahashi M, Urushihara T, Nakamura Y, Yamada M, Lee S-W, Tanaka S, Miki A, Ikeda M, Nakada K:  Predictive factors for body weight loss and its impact on quality of life following gastrectomy.  World Journal of Gastroenterology  23 (26) :4823 -4830 , 2017
総説及び解説
1. 齋藤智明,渡邉 学:  肝離断面.  "消化器外科NURSING 2017  22 (6) :47 -50 , 2017
2. 中村陽一:  緩和ケアを受ける場とその選択 急性期病棟や一般病棟での緩和ケアチームとしてのサポート方法 緩和ケアチーム.  癌の臨床  63 :133 -139 , 2017
3. 齋藤智明,渡邉 学:  膵空腸吻合部・膵断端.  消化器外科NURSING  22 (6) :43 -46 , 2017
4. 髙橋亜紗子,榎本俊行,斉田芳久:  低位前方切除術.  消化器外科NURSING  (282) :143 -147 , 2017
5. 樋口 格:  頸部.  消化器外科NURSING 2017  22 (6) :7 -15 , 2017
6. 渡邉 学:  胆石.  赤ちゃんとママ  52 (1) :30 -30 , 2017
7. 斉田芳久:  閉塞性大腸癌に対するアプローチ-大腸ステント.  臨牀 消化器内科  32 (7) :165 -170 , 2017
8. Fujita.S,Mizusawa.J,Kanemitsu.Y,Ito.M,Kinugasa.Y,Komori.K,Ohue.M,Ota.M,Akazai.Y,Shiozawa.M,Yamaguchi.T,Bandou.H,Katsumata.K,Murata.K,Akagi.Y,Takiguchi.N,Saida.Y,Nakamura.K,Fukuda.H,Akasu.T,Moriya.Y:  Mesorectal Excision With or Without Lateral Lymph Node Dissection for Clinical Stage Ⅱ/Ⅲ Lower Rectal Cancer.  Annals of surgery  :1 -7 , 2017
症例報告
1. 渡邉 学,齋藤智明:  胆嚢摘出術.  消化器外科  40 (4) :441 -449 , 2017
2. 髙橋亜紗子,榎本俊行,斉田芳久:  結腸切除術.  消化器外科NURSING  (282) :136 -142 , 2017
3. Kazuya Arao, Shiro Niiyama, Yuki Yokouchi, Manabu Watanabe, Hidetsugu Fukuda:  Green pigmentation on the sole with hyper-bilirubinaemia.  European journal of dermatology : EJD  * (*) :* -* , 2017
4. Nakamura Y, Tokuhisa J, Asai K, Enomoto T, Watanabe M, Enomoto Y, Kikuchi Y, Saida Y, Shimada H, Kusachi S:  Pericardial effusion-induced subcutaneous edema in the trunk and lower limbs after percutaneous drainage for carcinomatous pericarditis: report of a case.  International Cancer Conference Journal  :Online first , 2017
5. Shirai.Y,Enomoto.Y,Harada.T,Asai.K,Ashizuka.S,Ikegami.M,
Takahashi.K,Shimizu.N,Sekine.T:  Solid pseudopapillary neoplasm expresses inhibin-α and Tcf-3.  Pathology International  67 :228 -229 , 2017
その他
1. 榎本俊行:  ブラックジャックセミナーを開催して.  東邦大学 医学部ニュース  147 (6) :6 -6 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. 榎本泰典, 大原関利章, 横内幸, 佐藤若菜, 斎藤智明, 高橋啓: 梅毒性リンパ節炎の1例.  第17回世田谷区医師会医学会,  東京,  2017/12
2. ◎齋藤智明, 渡邉学, 浅井浩司, 松清大, 鯨岡学, 森山穂高, 新妻徹, 高橋亜紗子, 長尾さやか, 渡邊良平, 榎本俊行, 岡本康, 中村陽一, 斉田芳久, 草地信也: 待機的虫垂切除に対する初回保存的加療時の抗菌薬選択.  第79回日本臨床外科学会,  東京,  2017/11
3. ◎森山穂高, 樋口格, 渡邊良平, 榎本俊行, 浅井浩司, 中村陽一, 渡邉学, 斉田芳久, 草地信也: 術前に診断しえた食道類基底細胞腫の1例.  第79回日本臨床外科学会,  東京,  2017/11
4. ◎渡邉学, 浅井浩司, 松清大, 齋藤智明, 鯨岡学, 榎本俊行, 中村陽一, 斉田芳久, 草地信也: 腹腔鏡下胆嚢摘出術−胆道損傷を回避するための手技の工夫-.  第79回日本臨床外科学会,  東京,  2017/11
5. ◎柿崎奈々子, 樋口格, 渡邊良平, 森山穂高, 榎本俊行, 浅井浩司, 中村陽一, 渡邉学, 斉田芳久, 草地信也: 眼窩転移により眼瞼下垂を呈した進行胃癌の1例.  第79回日本臨床外科学会,  東京,  2017/11
6. ◎坂本菜央, 岡本康, 有馬陽一, 能戸保光, 萩原令彦, 西牟田浩伸, 桐林孝治, 榎本俊行, 浅井浩司, 渡邉学, 中村陽一, 斉田芳久, 草地信也, 横内幸: 線維腺腫に併存した若年性浸潤性乳管癌の一例.  第79回日本臨床外科学会,  東京,  2017/11
7. ◎荒尾和哉, 新山史朗, 横内幸, 渡邊学, 福田英嗣: 黄疸患者の足底に生じたビリルビン沈着の1例..  第81回日本皮膚科学会東京支部学術大会,  東京,  2017/11
8. ◎榎本俊行, 長尾さやか, 高橋亜紗子, 渡邊良平, 齋藤智明, 中村陽一, 斉田芳久: 進行直腸癌に対する術前化学療法の有効性の検討.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡,  2017/11
9. ◎長尾さやか, 榎本俊行, 高橋亜紗子, 渡邊良平, 中村陽一, 齋藤智明, 新妻徹, 斉田芳久: 切除不能大腸悪性狭窄に対する緩和的大腸ステント留置の検討.  第72回日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡,  2017/11
10. ◎片桐美和, 荻原令彦, 渡邊学, 櫻井貴敏, 草地信也: 二次救急医療機関である当院救急外来での初期研修医,レジデント教育パッケージの作成(ポスター).  第45回日本救急医学会総会・学術集会,  大阪,  2017/10
11. ◎桐林孝治, 西牟田浩伸, 萩原令彦, 新妻徹, 伊藤一樹, 斉田芳久, 渡邉学, 中村陽一, 岡本康, 浅井浩司, 榎本俊行, 草地信也: 当科における肺腺癌に対するTS-1化学療法の検討.  第55 回日本癌治療学会学術集会,  横浜,  2017/10
12. ◎中村陽一, 島田英昭, 菊池由宣, 徳久順也, 榎本俊行, 浅井浩司, 桐林孝治, 岡本 康, 渡邉 学, 斉田芳久, 草地信也: 客観的指標による終末期がん患者の予後予測.  第55回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2017/10
13. ◎樋口格, 渡邊良平, 髙橋亜紗子, 長尾さやか, 榎本俊行, 中村陽一, 渡邉学, 斉田芳久, 草地信也: 食道狭窄を呈した深達度SMの食道癌肉腫の一例.  第55回日本癌治療学会学術集会,  横浜,  2017/10
14. ◎松清大, 渡邉学, 浅井浩司, 齋藤智明, 斉田芳久, 片田夏也, 中村陽一, 榎本俊行, 高橋啓, 草地信也: 腹腔鏡下胆嚢摘出術における滞在性胆嚢癌治療の問題点とその工夫.  第25回日本消化器関連学会週間,  福岡,  2017/10
15. ◎渡邉学, 浅井浩司, 松清大, 齋藤智明, 鯨岡学, 榎本俊行, 中村陽一, 片田夏也, 斉田芳久, 草地信也: 消化器外科汚染手術症例における術後遠隔感染症の検討.  第25回日本消化器関連学会週間,  福岡,  2017/10
16. ◎齋藤智明, 渡邉学, 浅井浩司, 松清大, 鯨岡学, 森山穂高, 榎本俊行, 中村陽一, 片田夏也, 斉田芳久, 草地信也: 肝胆膵悪性腫瘍に対して腹腔静脈シャントを施行した7例.  第25回日本消化器関連学会週間,  福岡,  2017/10
17. ◎浅井浩司,渡邉 学,松清 大,齋藤智明,鯨岡 学,森山穂高,新妻 徹,榎本俊行,片田夏也,斉田芳久,草地信也: 単孔式腹腔鏡下手術用デバイスを応用した急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術における手術指導の工夫.  第15回日本消化器外科学会大会,  博多,  2017/10
18. ◎浅井浩司, 渡邉学, 松清大, 齋藤智明, 鯨岡学, 森山穂高, 新妻徹, 榎本俊行, 中村陽一, 片田夏也, 斉田芳久, 草地信也: 単孔式腹腔鏡下手術用デバイスを応用した急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術における手術指導の工夫.  第25回日本消化器関連学会週間,  福岡,  2017/10
19. ◎岩間淳哉, 伊古田雅史, 平井希, 藤田聡, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 林盛人, 伊藤圭介, 齋藤智明, 松清大, 浅井浩司, 渡辺学, 青木和哉, 岩渕聡: 他科手術に求められる脳血管外科技術(ポスター).  日本脳神経外科学会第76回学術総会,  名古屋,  2017/10
20. ◎松清大, 渡邉学, 浅井浩司, 齋藤知明, 斉田芳久, 中村陽一, 榎本俊行, 前谷容, 新後閑弘章, 草地信也: ERCP関連穿孔に対する緊急手術のタイミングと手技の工夫.  第9回Acute Care Surgery学会学術集会,  札幌,  2017/09
21. ◎浅井浩司,黒田 誠,鯨岡 学,渡邉 学,松清 大,齋藤智明,草地信也: 急性胆道炎における新しい胆汁細菌同定方法-メタゲノム解析による次世代網羅的病原体検出―.  第53回日本胆道学会学術集会,  山形,  2017/09
22. ◎森山穂高, 渡邉学, 浅井浩司, 松清大, 齋藤智明, 斉田芳久, 中村陽一, 榎本俊行, 草地信也: 整容性と手術操作性を両立させた単孔式腹腔鏡下虫垂切除術.  第9回日本Acute Care Surgery学会学術集会,  札幌,  2017/09
23. ◎浅井浩司,黒田 誠,鯨岡 学,渡邉 学,松清 大,齋藤智明,榎本俊行,片田夏也,斉田芳久,草地信也: 次世代シークエンサーを用いた急性胆嚢炎の起因菌迅速同定および病態解析.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢,  2017/07
24. ◎浅井浩司、渡邉 学、松清 大、齋藤智明、石井智貴、鯨岡 学、草地信也: 腹腔鏡下尾側膵切除の膵断端処理の工夫と術後膵液瘻に関する検討.  第48回日本膵臓学会大会,  京都,  2017/07
25. ◎田中貴志, 新後閑弘章, 徳久順也, 斎藤倫寛, 権勉成, 斎藤智明, 松清大, 浅井浩司, 渡邉学, 草地信也, 佐藤若菜, 前谷容: 十二指腸乳頭部神経内分泌腫瘍の一例.  日本消化器病学会関東支部第345回例会,  東京,  2017/07
26. ◎松清大, 渡邉学, 浅井浩司, 齋藤智明, 斉田芳久, 片田夏也, 中村陽一, 榎本俊行, 髙橋啓, 草地信也: Incidental Gallbladder Cancer after Laparoscopic Cholecystectomy –治療成績と問題点-.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢,  2017/07
27. ◎斉田芳久, 榎本俊行, 竹下惠美子, 髙橋亜紗子, 中村陽一, 長尾さやか, 渡邊良平, 樋口格, 片田夏也, 草地信也: 消化器領域に対する緊急内視鏡診断と大腸ステント留置術.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢,  2017/07
28. ◎竹下惠美子, 榎本俊行, 長尾さやか, 髙橋亜紗子, 中村陽一, 渡邊良平, 渡邉学, 片田夏也, 斉田芳久, 草地信也: 高齢者大腸癌手術における術前栄養状態評価と術後合併症.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢,  2017/07
29. ◎樋口格, 片田夏也, 渡邊良平, 長尾さやか, 竹下惠美子, 榎本俊行, 中村陽一, 渡邉学, 斉田芳久, 草地信也: 高齢者胃癌症例における術後合併症予測因子の検討.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢,  2017/07
30. ◎中村陽一: 緩和医療における胃瘻の位置づけ.  第22回日本緩和医療学会学術大会,  横浜,  2017/06
31. ◎中村陽一, 髙宮有介, 斎藤真理, 黒子幸一, 白土辰子, 大嶋健三郎, 伊藤優子, 三宅智: 大学医学部・医科大学に緩和医療学講座が存在すると緩和医療学卒前教育カリキュラムは変わるのか?.  第22回日本緩和医療学会学術大会,  横浜,  2017/06
32. ◎樋口格,片田夏也,渡辺良平,長尾さやか,榎本俊行,中村陽一,斉田芳久,横内幸,草地信也: 特殊型食道癌2例の治療経験.  第71回日本食道学会学術集会,  長野,  2017/06
33. ◎榎本俊行, 斉田芳久, 長尾さやか, 髙橋亜紗子, 渡邊良平, 樋口格, 浅井浩司, 中村陽一, 渡邉学, 片田夏也, 草地信也: 人工肛門閉鎖術における局所陰圧閉鎖療法の使用経験.  第42回日本外科系連合学会学術集会,  徳島,  2017/06
34. ◎齋藤智明, 渡邉学, 浅井浩司, 松清大, 鯨岡学, 榎本俊行, 桐林孝治, 岡本康, 中村陽一, 片田夏也, 斉田芳久, 草地信也: 肝切除後難治性腹水に対し腹腔静脈シャントを施行した3例.  第42回日本外科系連合学会学術集会,  徳島,  2017/06
35. ◎伊藤一樹,桐林孝治,西牟田浩伸,萩原令彦,石井智貴,新妻 徹,榎本泰典,草地信也: 自己免疫疾患合併しない胸腺原発MALTリンパ腫に対する1切除例.  第34回日本呼吸器外科学会総会,  福岡,  2017/05
36. ◎西牟田浩伸,桐林孝治,萩原令彦,新妻 徹,伊藤一樹,草地信也: 当院における悪性胸水に対する胸膜癒着術の検討.  第34回日本呼吸器外科学会総会,  福岡,  2017/05
37. ◎桐林孝治,西牟田浩伸,萩原令彦,石井智貴,新妻 徹,伊藤一樹,斉田芳久, 片田夏也,渡邉 学,中村陽一,岡本 康,浅井浩司,榎本俊行,草地信也: 自然気胸術後における再喫煙症例の検討.  第34回日本呼吸器外科学会総会,  福岡,  2017/05
38. ◎新妻 徹,桐林孝治,岡本 康,西牟田浩伸,萩原令彦,石井智貴,伊藤一樹, 草地信也: 当科における乳癌術後肺腫瘍手術症例に対する検討.  第34回日本呼吸器外科学会総会,  福岡,  2017/05
39. ◎齋藤倫寛,権勉成,徳久順也,成木良瑛子,田中貴志,齋藤智明,松清大,浅井浩司,竹田幸子,榎本泰典,渡邊学,前谷容: Self-expandable metallic stent 閉塞をSpyGlass DS にて観察し適切に対処し得た2例.  第93回日本消化器内視鏡学会総会,  大阪,  2017/05
40. ◎髙橋亜紗子, 斉田芳久, 榎本俊行, 竹下惠美子, 長尾さやか, 中村陽一, 渡邊良平, 樋口格, 浅井浩司, 渡邉学, 片田夏也, 草地信也: 切除不能閉塞性大腸癌穿孔に対し保存的加療後に大腸ステント留置による症状緩和を得た一例.  第93回日本消化器内視鏡学会総会,  大阪,  2017/05
41. ◎長尾さやか、斉田芳久、榎本俊行、竹下惠美子、髙橋亜紗子、渡邊良平、樋口格、中村陽一、渡邉学、片田夏也、草地信也: 当科における大腸ステント留置後合併症症例の検討.  第93回日本消化器内視鏡学会総会,  大阪,  2017/05
42. ◎浅井浩司,渡邉 学,松清 大,齋藤智明,榎本俊行,桐林孝治,岡本 康,片田夏也,斉田芳久,草地信也: 急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術―術者間別の治療成績の検討と最近の手技の工夫―.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜,  2017/04
43. ◎鯨岡 学,黒田 誠,浅井浩司,渡邉 学,松清 大,齋藤智明,石井智貴,片田夏也,斉田芳久,草地信也: メタゲノム解析を用いた急性胆嚢炎の病態解析および起因菌の迅速診断としての有用性の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜,  2017/04
44. ◎樋口格, 片田夏也, 渡邊良平, 髙橋亜紗子, 長尾さやか, 竹下惠美子, 榎本俊行, 浅井浩司, 中村陽一, 渡邉学, 斉田芳久, 草地信也: 血液透析患者における胃癌手術成績と問題点.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜,  2017/04
45. ◎樋口格,片田夏也,髙橋亜紗子,渡邊良平,長尾さやか,榎本俊行,渡邉学,斉田芳久,草地信也: 血液透析患者における胃癌手術成績と問題点.  日本外科学会,  横浜,  2017/04
46. ◎渡邉学,浅井浩司,松清大,齋藤智明,石井智貴,鯨岡学,桐林孝治,榎本俊行,中村陽一,片田夏也,斉田芳久,草地信也: 1.0w/v%クロルヘキシジングルコン酸塩含有擦式エタノール製剤を用いたウォーターレス法の手指消毒効果および経済効果の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜,  2017/04
47. ◎鯨岡 学,黒田誠,浅井浩司,渡邉 学,桐林孝治,西牟田浩伸,渡邊良平,齋藤智明,新妻 徹,: 急性胆嚢炎迅速診断におけるメタゲノム解析の有用性に関する検討.  第65 回日本化学療法学会学術集会,  東京,  2017/04
48. ◎大塚昌信,中山晴雄,草地信也,松瀬厚人: 当院における抗酸菌の検出状況と年齢層の分布.  第91回日本感染症学会総会・学術講演会,  東京,  2017/04
49. ◎中山晴雄,太田登志子,草地信也: 本邦における効果的なASPの実践.  第65回日本化学療法学会学術集会,  東京,  2017/04
50. ◎八木文彦,斉田芳久,田中友里,増渕孝子,風間利文,富田剛司: 当院における転倒・転落インシデントの発生件数およびその特徴の検討.  日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
51. ◎新妻 徹,草地信也,渡邉 学,浅井浩司,齋藤智明,竹末芳生: 術後SSI分離菌の術後経過と薬剤感受性に対する検討-三学会合同抗菌薬感受性サーベイランス(SSI2010年)のサブ解析-.  第65回日本化学療法学会学術集会,  東京,  2017/04
52. ◎浅井浩司,草地信也,渡邉 学,齋藤智明,鯨岡 学: 急性胆嚢炎の胆汁細菌からみた抗菌薬適正使用に関する検討.  第65回日本化学療法学会学術集会,  東京,  2017/04
53. ◎八木文彦, 斉田芳久, 田中友里, 増渕孝子, 風間利文, 富田剛司: 当院における転倒・転落イベントの発生件数およびその特徴の検討.  第121回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
国際学会
1. ◎Tominaga K, Maetani I, Yoshida S, Isayama H, Yamada T, Sumida Y, Kyo R, KUwai T, Tomita M, Kushiyama Y, Kikkawa M, Saito S, Saida Y: Factors associated with the technical difficulty of double-wire woven uncovered self-expandable metallic stent placement for malignant colorectal obstruction.  UEG Week 2017 (United European Gastroenterology Week 2017),  Barcelona, Spain,  2017/10
2. ◎Asai K,Watanabe M,Matsukiyo H,Saito T,Kusachi S: Timing of laparoscopic cholecystectomy in an experienced center for acute cholecystitis using propensity score matching.  6th biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association,  横浜,  2017/06
3. ◎Matsukiyo H, Watanabe M, Asai K, Saito T, Ishii T, Saida Y, Katada N, Nakamura Y, Enomoto T, Takahashi K, Kusachi S: Treatment strategy for incidental gallbladder cancer after laparoscopic cholecystectomy.  Joint Congress of The 6th Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association The 29th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery,  Yokohama,  2017/06
4. ◎Higuchi T, Katada N, Takahashi A, Watanabe R, Nagao S, Enomoto T, Asai K, Nakamura Y, Watanabe M, Saida Y, Kusachi S: Carcinoscrcoma of the esophagus presenting as esophageal stenosis.  The 63rd Annual Congress of International College of Surgeons Japan Section,  Tokyo,  2017/06
5. ◎Kiribayashi T, Saida Y, Katada N, Watanabe M, Nakamura Y, Okamoto Y, Asai K, Enomoto T, Nishimuta H, Hagiwara O, Niitsuma T, Ito K, Kusachi S: Evaluation of total thoracoscopic extended thymectomy for thymoma complicated myasthenia gravis.  The 63rd Annual Congress of International College of Surgeons Japan Section,  Tokyo,  2017/06
6. ◎Kujiraoka.M,Asai.K,Watanabe.M,Matsukiyo.H,Saito.T,Katada.N, Saida.Y,Kusachi.S: Placement of an intra-arterial stent-graft for a pseudoaneurysm after pancreatic resection.  51th Annual Meeting of the Pancreas Club,  Chicago, IL, USA,  2017/05
7. Kuwai.T,Kyo.R,Yoshida.S,Isayama.H,Yamada.T,Maetani.I,Sumida.Y,Tomita.M,Matsuzawa.T,Moroi.R,Kushiyama.Y,Matsushita.H,Saito.S,Hirakawa.T,Saida.Y: A PROSPECTIVE,MULTICENTER STUDY OF PALLIATIVE COLONIC STENTING FOR MALIGNANT COLORECTAL OBSTRUCTION IN JAPAN:LONG-TERM EFFICACY AND SAFETY IN 87 PATIENTS.  DDW2017(Digestive Disease Week),  Chicago.USA,  2017/05
8. ◎Kuwai T, Kyo R,Yoshida S, Isayama H, Yamada T,Maetani I, Sumida Y, Tomita M, Matsuzawa T, Moroi R,Kushiyama Y, Matsushita H, Saito S, Hirakawa T, Saida Y: A prospective, multicenter study of palliative colonic stenting for malignant colorectal obstruction in Japan: long-term efficacy and safety in 87 patients.  Digestive Disease Week 2017,  Chicago, USA,  2017/05
9. ◎Kusachi.S,Takesue.Y,Niitsuma.T,Watanabe.M,Asai.K,Nishimuta.H,Saito.T,Kujiraoka.M,Kiribayashi.T,Katada.N,Saida.Y: Nationwide susceptibility surveillance of isolated bacteria associated with the course of surgical site infections(SSI)in Japan:sub-set analysis of first nationwide susceptibility surveillance in 2010.  27th ECCMID(EUROPEAN CONGRESS OF CLINICAL MICROBIOLOGY AND INFECTIOUS DISEASES),  Austria,  2017/04
10. ◎Kusachi.S,Takesue.Y,Nishimuta.H,Watanabe.M,Asai.K,Saito.T,Kujiraoka.M,Niitsuma.T,Kiribayashi.T,Katada.N,Saida.Y: Are bacterial isolates after gastrointestinal surgery different between operated organ and type of surgical site infections(SSI)-sub-set analysis of first Japanese nationwide susceptibility surveillance.  27th ECCMID(EUROPEAN CONGRESS OF CLINICAL MICROBIOLOGY AND INFECTIOUS DISEASES),  Austria,  2017/04
その他
1. ◎浅井浩司,渡邉 学,松清 大,齋藤智明,鯨岡 学,桐林孝治,榎本俊行,中村陽一,斉田芳久,草地信也: 急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術-より安全に施行するための手術手技の工夫―.  The 6th Summer Seminar in Okinawa,  沖縄,  2017/06
2. ◎桐林孝治, 西牟田浩伸, 萩原令彦, 新妻徹, 伊藤一樹, 斉田芳久, 片田夏也, 渡邉学, 中村陽一, 岡本康, 浅井浩司, 榎本俊行, 草地信也: 進行非扁平上皮型非小細胞肺癌におけるペメトレキセド維持療法の検討.  第39回日本癌局所療法研究会,  京都,  2017/06
3. ◎長尾さやか, 斉田芳久, 榎本俊行, 竹下惠美子, 高橋亜紗子, 渡邊良平, 樋口格, 坂本菜央, 中村陽一, 片田夏也, 草地信也: 大腸悪性狭窄症状緩和のための大腸ステント留置の検討.  第26回日本癌病態治療研究会,  横浜,  2017/06
4. ◎榎本俊行: 進行直腸がん周術期の工夫点~術前化学療法を施行して~.  第2回Colorectal Cancer Conference,  東京,  2017/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者