東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(大橋)
 Division of Diabetes, Metabolism and Endocrinology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  柴 輝男
助教:
  坂本 健太郎
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















柴 輝男   教授
 3  1 2  1        
 8
(7)
 
 3
(1)
 
 
坂本 健太郎   講師
  2 1    1       2
(1)
 6
(6)
 2
 1
(1)
 
 
岡畑 純江   助教
  1            3
(3)
 5
(4)
 1
(1)
 2
 
 
坂本 健太郎   助教
  2 1    1       2
(1)
 6
(6)
 2
 1
(1)
 
 
三松 貴子   助教
  1     1       
 8
(7)
 
 2
 
 
 3 3  1 0  0  7
(5)
 5
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Shiba T, Ishii S, Okamura T, Mitsuyoshi R, Pfarr E, Koiwai K.:  Efficacy and safety of empagliflozin in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: A sub-analysis by body mass index and age of pooled data from three clinical trials.  Diabetes Reseach and Clinical Practice  131 (9) :169 -178 , 2017
2. Sakamoto K, Kawamura M, Watanabe T, Ashidate K, Kohro T, Tanaka A, Mori Y, Tagami M, Hirano T, Yamazaki T, Shiba T; RESEARCH Study Group.:  Effect of ezetimibe add-on therapy over 52 weeks extension analysis of prospective randomized trial (RESEARCH study) in type 2 diabetes subjects.  Lipids in Health and Disease logoLipids in Health and Disease  16 (1) :122 -131 , 2017
3. Ueki K, Sasako T, Okazaki Y, Kato M, Okahata S, Katsuyama H, Haraguchi M, Morita A, Ohashi K, Hara K, Morise A, Izumi K, Ishizuka N, Ohashi Y, Noda M, Kadowaki T; J-DOIT3 Study Group.:  Effect of an intensified multifactorial intervention on cardiovascular outcomes and mortality in type 2 diabetes (J-DOIT3): an open-label, randomised controlled trial.  The Lancet Diabetes & Endocrinology  (12) :951 -964 , 2017
総説及び解説
1. 柴 輝男・坂本健太郎・岡畑純江・三松貴子:  SGLT2阻害薬のクラス~化学構造や効果・副作用の観点からみた薬剤間の差異~.  月刊糖尿病  9 (12) :38 -46 , 2017
2. 柴 輝男、坂本健太郎:  診断と治療のABC
網膜症 2. 内科的治療.  診断と治療のABC  124 (別冊) :59 -72 , 2017
その他
1. 柴 輝男:  高齢化社会における生活習慣病.  東邦医学会雑誌  65 (1) :1 -2 , 2018
■ 著書
1. 柴 輝男、坂本健太郎、三松貴子:  高齢者薬物療法について教えてください.  糖尿病診療・療養指導Q&A  96-97.  中山書店,  東京、日本, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎田中翔士, 坂本健太郎, 近藤佑子, 三松貴子, 岡畑純江, 柴 輝男: 強化インスリン療法に不応の2型糖尿病、抗インスリン抗体陽性の1例.  第55回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,  新潟,  2018/01
2. 近藤佑子, ◎坂本健太郎, 田中翔士, 三松貴子, 岡畑純江, 柴 輝男: 免疫抑制剤投与中インスリン中止によりDKAを発症し1型糖尿病と診断した1例.  第55回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,  新潟,  2018/01
3. ◎岡畑純江,坂本 健太郎,田中翔士,近藤佑子,三松貴子,柴 輝男: 2型糖尿病患者におけるロスバスタチンが 炎症・腎症・動脈硬化に与える影響(第2報).  第31回日本糖尿病学会合併症学会,  東京,  2017/10
4. ◎坂本健太郎,岡畑 純江,三松 貴子,柴 輝男: 食事負荷試験で見るGLP-1受容体作動薬の遊離脂肪酸への効果.  第60回日本糖尿病学会年次学術集会,  名古屋,  2017/05
5. ◎田中 翔士,大木 佑子,坂本 健太郎,三松 貴子,岡畑 純江,柴 輝男: 食事負荷試験における新規グルカゴン測定サンドイッチ法の評価.  第60回日本糖尿病学会年次学術集会,  名古屋、日本,  2017/05
6. ◎岡畑純江、坂本 健太郎、三松 貴子、柴 輝男: 糖尿病新規発症predictorとしてのd-ROMs,BAPの可能性の検討.  第60回日本糖尿病学会年次学術集会,  愛知県熱田市,  2017/05
7. ◎岡橋愛子 , 三松貴子, 田中翔士, 岡畑純江, 坂本健太郎, 柴輝男: 著明な高血糖(1620mg/dL)で意識障害が遷延した一例.  日本内科学会総会,  東京,  2017/04
8. ◎岡畑 純江、 坂本 健太郎、 田中 翔士、大木 佑子、三松 貴子、 柴 輝男: カナグリフロジンとテネリグリプチン併用療法の効果を食負荷検査を用いて検証.  第114回日本内科学会総会,  東京,  2017/04
国際学会
1. ◎S. Okahata, K. Sakamoto, M. Yano, Y. Ishizuka, M. Yamakado, T. Shiba: d-ROMs and BAP as potential predictive factors for new-onset diabetes (NOD).  International Diabetes Federation 2017,  Abu Dhabi, UAE,  2017/12
2. KENTARO SAKAMOTO, SUMIE OKAHATA, TAKAKO MITSUMATSU, TERUO SHIBA: Effect of GLP-1 Analogues on Free Fatty Acid.  American Diabetes Association 77th Scientific Sessions,  San Diego, CA, USA,  2017/06
3. Kentaro Sakamoto, SumieOkahata, Takako Mitsumatsu, TeruoShiba: EFFECT OF GLP-1 RECEPTOR AGONISTS ON FREE FATTY ACIDS AND IMPLICATION FOR PREVENTING ATHEROSCLEROSIS.  85th EAS Congress,  Prague, Czech Republic,  2017/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者